横手山頂ヒュッテは標高2307ⅿにある人気のパン屋さん!宿泊もできる?

長野県賀高原の南東端に位置する日本一高い場所にあるパン屋「横手山頂ヒュッテ」。横手山頂ヒュッテは雲の上のパン屋とも呼ばれており、長蛇の列ができるほど人気を集めています。横手山頂ヒュッテは宿泊もでき、登山家には嬉しいパン屋です。

横手山頂ヒュッテは標高2307ⅿにある人気のパン屋さん!宿泊もできる?のイメージ

目次

  1. 1【長野】人気のパン屋さん・横手山頂ヒュッテとは?
  2. 2横手山頂ヒュッテが人気の理由
  3. 3横手山頂ヒュッテのおすすめパン
  4. 4横手山頂ヒュッテのレストランも人気
  5. 5横手山頂ヒュッテに宿泊できるの?
  6. 6横手山頂ヒュッテ周囲を散策しよう
  7. 7横手山頂ヒュッテの施設情報とアクセス
  8. 8標高日本一のパン屋・横手山頂ヒュッテへ行ってみよう!

【長野】人気のパン屋さん・横手山頂ヒュッテとは?

長野県で大人気のパン屋「横手山頂ヒュッテ」。横手山頂ヒュッテは標高2307mの横手山山頂に位置するパン屋になり、レストランや宿泊施設もあることから登山家にも注目されています。美味しいパン、山の絶景と普段過ごせない貴重な時間を楽しめます。

横手山頂ヒュッテはその名の通り山頂に位置しているので、周辺には珍しい高山植物に囲まれています。パン屋には毎日さまざまな種類のパンが提供されており、自分の好きな景色のポイントで食べることも可能です。

横手山頂ヒュッテは登山ではもちろん、リフトなど使用して簡単にアクセスできるので、観光がてら立ち寄ることもできます。標高の高い場所だからこそ、感動の味と絶景に出会えるおすすめのパン屋です。

横手山頂ヒュッテが人気の理由

日本一標高の高いパン屋「横手山頂ヒュッテ」は、平日でもお店の前に長蛇の列ができています。パン屋目的に横手山に訪れる方も多く、長野県でも有名なパン屋です。横手山頂ヒュッテには多くの人々から人気を集める秘密がたくさんあります。

今回はそんな横手山頂ヒュッテの人気の理由について詳しくご紹介します。初めて横手山頂ヒュッテに訪れる方は、パン屋に立ち寄る前に目を通してみてください。

手作りのこだわりパン

横手山頂ヒュッテで有名なグルメといえば「手作りパン」。木の温もりを感じる施設内に入ると、パンの良い香りが漂っています。スタンダードなパンの種類をはじめ、15種類ものパンが常備されています。どれもモチモチとした食感が特徴的。

パンは国産小麦粉を使用しており、毎朝1つ1つ手作りされています。どの種類のパンも防腐剤を一切使用しておらず、ドイツ製の窯で丁寧に焼き上げています。季節ごとの食材を使用した限定メニューもあり、宿泊者以外でも利用可能です。

横手山頂ヒュッテの手作りパンは、長野県で大人気のパン。そのため、昼前には売り切れてしまう商品もあるので、なるべく早めに訪れるのがおすすめです。レストラン内で食べるのはもちろん、山頂の好きな場所でパンを食べるのも人気。

レストランで食事も楽しめる

横手山頂ヒュッテのパンは、施設内のレストランの一画に位置しています。パンと合わせて食べることもでき、レストランではロシア料理を中心に提供しています。窓がとても広く、山頂から見られる絶景が一望できます。

春、夏は登山、秋は紅葉狩り、冬はスキーと1年中楽しめる横手山なので、レストランも1年中利用することが可能です。このレストランは「雲の上のレストラン」とも呼ばれており、メニューの種類が多いのでランチタイムに訪れるのもおすすめ。

横手山頂ヒュッテのレストランは朝の時間帯は宿泊者で、ランチには登山やスキー客で混み合っている場合があります。席のスペースは広いですが、混み具合を確認しながら時間帯をずらすのもおすすめです。席を譲りあいながら利用してください。

横手山頂ヒュッテのおすすめパン

標高の高い場所にあるパン屋「横手山頂ヒュッテ」は、人気のパンが数種類あります。山頂でのパン作りは気圧や気温の関係する中、何年も研究を重ねて今の美味しいパンになりました。まさにオーナーのこだわりあるパンを味わうことができます。

今回はそんな横手山頂ヒュッテでおすすめのパンをまとめてご紹介します。初めて横手山頂ヒュッテに訪れる方は参考にしてみてください。紹介する以外にもパンは種類豊富にあるので、テイクアウトして家で味わうのもおすすめです。

あんぱん

横手山頂ヒュッテで人気のあるパンが「あんぱん」。老若男女問わず人気があり、登山の後の甘いものを食べたい方にもおすすめです。横手山頂ヒュッテのあんぱんは「粒あん」を使用しており、甘さ控えめなので大人の味を楽しむことができます。

生地はしっとりとしており、小豆の旨味をしっかりと味わうことが可能です。一口食べるごとに口の中に粒あんの美味しさが広がっていくので、最後まで美味しく食べられます。気圧の変化で粒あんがパンの下の方に凝縮されているのも山頂のパン屋ならでは。

横手山頂ヒュッテのあんぱんは昼前に売り切れてしまう可能性が高いです。朝の宿泊者と同じタイミングで利用することで、あんぱんをゲットできる可能性が高くなります。ぜひ1度食べてみてください。

山型パン

標高の高い横手山頂ヒュッテにあるパン屋だからこそ、人気のメニューが「山型パン」。山型パンは割ってみるとフワフワとしたきめ細やかな生地に驚き、食べてみるとモチモチとした食感に心癒されます。山をイメージして作ったパンです。

山型パンは表面をカリカリに焼き上げているので、絶妙な焼き加減を楽しむことができます。レストランのスープとセットで味わう方も多く、ドイツ製の窯で焼き上げた独特の旨味を楽しめます。山型パンはテイクアウトにもおすすめのパンです。

くるみパン

横手山頂ヒュッテで数量限定の人気パンといえば「くるみパン」。くるみパンはかなり香りが高く、モチモチとした食感の生地に、カリカリとしたくるみがアクセントになり最後まで美味しく味わうことができます。

とくに焼いた直後のくるみパンは香りがよく、1つ450円とコスパが良いことも人気です。くるみパンはオーナーのお気に入りパンとしても有名で、スープやサラダなどどんな料理でも合わせやすい優しい味になっています。

くるみパンは1日数量限定で販売しているので、昼前には売り切れてしまう可能性が高いです。宿泊者からも人気のあるパンの種類になるので、くるみパンを食べたい方はなるばく午前中にはお店に訪れるようにしましょう。

横手山頂ヒュッテのレストランも人気

横手山頂ヒュッテのパン屋と併設している人気の「レストラン」。横手山頂ヒュッテのレストランは宿泊者も観光客も気軽に利用することができ、山頂で作られる美味しいロシア料理を堪能することが可能です。

今回はそんな横手山頂ヒュッテのレストランで人気のメニューを2種類ご紹介します。野菜やお肉をたっぷりと使用しているメニューなので、登山でお腹が減っている方にも充分なボリュームがあります。

ボルシチやきのこスープが美味しいと人気

標高2307mに位置する横手山頂ヒュッテレストラン。レストランで人気のあるメニューの1つが「ボルシチ」です。ボルシチとはトマトベースで、種類豊富な野菜をじっくり煮込んでいるロシアの定番料理になります。

横手山頂ヒュッテでもスキーとして人気の冬の時期におすすめのメニューで、丸ごとのジャガイモが入った贅沢なスープです。50年前、オーナーがロシア人から直伝されたと言われる本格的なボルシチは、トマトの酸味でさっぱりとしています。

ボルシチスープは、自慢の焼き立てパンと一緒に味わうことができます。山型パンはボルシチスープとの相性抜群になり、スープの残りをパンに付けて食べる方も。

横手山頂ヒュッテのレストランで、ボルシチスープと同じく人気あるのが「きのこスープ」。きのこスープはふくらんだパンをスプーンで破り、きのこたっぷりのクリームシチューにつけて食べることができます。

パンの生地もモチモチとしており、クリームシチューとの相性抜群。寒い時期に食べることで身体が温かくなり、たっぷりの野菜を一緒に煮込んでいるので栄養価も高いです。子供から大人まで人気のあるレストランメニューとなっています。

横手山頂ヒュッテに宿泊できるの?

パンで有名な標高2307mの「横手山頂ヒュッテ」は、宿泊することができます。和室、洋室と寛げる客室が揃っており、節水中ですがお風呂も毎日利用することが可能です。登山客だけでなく、観光客も利用する宿泊施設になります。

標高の高い場所にある宿泊施設なので、とにかく大自然の絶景を楽しめることでも人気があります。2名から4名部屋まで用意されており、家族連れにもおすすめ。山小屋で宿泊するプランは、寝袋など必要なので事前にチェックしておきましょう。

横手山頂ヒュッテの宿泊施設には「サンセットディナールーム」と呼ばれる宿泊者限定のディナールームが設置されています。大きな窓からは北アルプスの山々を一望することができ、天候や時期によっては雲海も見ることができます。

沈む美しい夕日を見ることができ、宿泊者1組限定となるので早めに予約しておきましょう。また、宿泊施設には子供からお年寄りまで利用できる多目的ルームがあります。グランドピアノやテーブル、椅子など天候の悪い日でも楽しく過ごせます。

横手山頂ヒュッテの宿泊施設を利用する場合は、事前の予約制となっているので注意が必要です。素泊まりやご飯付きプランなどさまざまな宿泊プランを提供しているので、公式HPでチェックしながら利用してみてください。

横手山頂ヒュッテ周囲を散策しよう

標高の高い場所にある施設「横手山頂ヒュッテ」周辺には、長野県の大自然が見せる絶景を楽しめるポイントがいくつも点在しています。パンやレストランでお腹を満たし、宿泊施設を利用しながら時間ごとに変わりゆく景色を楽しむのもおすすめです。

今回はそんな横手山頂ヒュッテ周辺で見られる景色をまとめてご紹介します。長野県でも絶景ポイントとして知られており、季節や天候によって景色も変わっていきます。何度訪れても新しい景色と出会える場所です。

雲の上の絶景

長野県の標高2307mに位置する横手山頂ヒュッテは、雲の上にあります。そのため、普段は見られない雲の上の絶景を楽しむことができ、横手山頂ヒュッテから歩いて3分ほどの場所に展望台が設置されています。

展望台からは標高2307mからの絶景が広がっており、天気の良い日には北アルプスや富士山、日本海の景色まで一望できます。横手山付近は雲の発生がしやすい地域なので、時間帯やタイミングによって雲海が見られることも。

横手山頂ヒュッテに宿泊する方限定で見られる景色といえば、満天の星空。横手山頂ヒュッテは標高が高いので星を遮る光や建物がありません。また、雲の上にあるので星までの距離が近く感じ、いつまでも見ていたい絶景として人気です。

おすすめのサンセットポイント

パンの美味しい横手山頂ヒュッテは、長野県でもサンセットポイントとして有名なスポットです。雲の上から見られるサンセットはとても美しく、陸地や海で見るのとはまた違う絶景を楽しむことができます。

先ほども紹介した通り、横手山頂ヒュッテは雲の発生しやすい地域になります。そのため、日によっては雲海と夕日という、幻想的な景色を楽しめることも。プロのカメラマンが集うほどの絶景ポイントになり、忘れられない景色が広がっています。

横手山頂ヒュッテへ日帰りに訪れている方は、夕日を見る場合時間に気を付けましょう。帰りのリフトの最終時間をしっかりと確認しておき、逃さないようにしてください。ぜひ天気の良い日には横手山のサンセットを狙ってみてください。

横手山頂ヒュッテの施設情報とアクセス

長野県で人気のある観光施設「横手山頂ヒュッテ」。横手山頂ヒュッテはレストランや宿泊施設など山頂にあると便利な施設になっています。多くの登山客が利用しており、1年中賑わっている観光スポットです。

今回はそんな横手山頂ヒュッテの施設情報をはじめ、アクセス方法までまとめてご紹介します。横手山頂ヒュッテへ初めて訪れる方は、最初に目を通しておくのがおすすめです。

施設情報

横手山頂ヒュッテは、パンが焼き上げられた時間帯から営業をスタートします。レストランは9時30分から14時まで利用することができ、最終退出は15時までです。宿泊施設はチェックインが14時30分、チェックアウトが9時になります。

団体旅行で横手山頂ヒュッテを利用する場合は、パンの購入だけでも事前に予約を入れるようにしましょう。パンの数には限りがあるので、事前に予約することでパンを余分に作ってくれます。また、不定休なので事前に情報をチェックするのもおすすめです。

アクセス

横手山頂ヒュッテは長野県下高井戸郡と群馬県吾妻郡の県境に位置する横手山山頂にあります。群馬県の万座温泉を中間地点にしてアクセスする方が多く、県道292号を志賀高原方面へ進んでいきます。

道なりに進んでいくと芝峠駐車場が見え始め、そこからはリフトで山頂を目指します。リフトもしくは山の斜面に架かる「スカイレーター」がおすすめ。スカイレーターは動く歩道で、高度が上がるごとに景色が変わっていきます。

スカイレーターの場合は、終点でリフトに乗り換えて山頂を目指しましょう。中間地点から歩いて山頂を目指す方も多く、自由にルートを選ぶことが可能です。夏でも山頂は肌寒くなるので、上着を事前に用意しておくのがおすすめ。

住所 長野県下高井郡山ノ内町大字平穏7149-17
電話番号 0269-34-2430

標高日本一のパン屋・横手山頂ヒュッテへ行ってみよう!

長野県にある標高日本一の人気パン屋「横手山頂ヒュッテ」。横手山頂ヒュッテは美味しいパンをはじめ、レストランでのロシア料理、山頂からの絶景を楽しめる人気の施設です。

横手山頂ヒュッテは長野県でも有名な観光施設で、夏は登山、冬はスキーと季節ごとの楽しみ方があります。ぜひ、長野県で美味しいパン屋を探している方は「横手山頂ヒュッテ」へ足を運んでみてください。

関連記事

Original
この記事のライター
mdn

新着一覧

最近公開されたまとめ