ロストバゲージへの対策や対処法を調査!原因や補償・対応内容なども紹介!

今回は、旅行を楽しむために役立つロストバゲージへの対策や対処方法についてご紹介していきたいと思います。ロストバゲージの原因や補償、対応内容などについてもご紹介します。旅行を楽しいものとするために自分自身ではどのようなことができるのでしょうか。

ロストバゲージへの対策や対処法を調査!原因や補償・対応内容なども紹介!のイメージ

目次

  1. 1旅先でのトラブル対処法・ロストバゲージの対応方法をご紹介
  2. 2ロストバゲージとは?
  3. 3荷物がない!ロストバゲージの原因
  4. 4事前準備で安心・ロストバゲージ対策
  5. 5ロストバゲージの補償や保険について
  6. 6もし荷物がなかったら・ロストバゲージの対応方法をご紹介
  7. 7ロストバゲージ対策をして旅行を存分に楽しもう

旅先でのトラブル対処法・ロストバゲージの対応方法をご紹介

楽しい旅行を計画していたのに、旅先でのトラブルに巻き込まれたということはありますか。今回は、旅先でのトラブルの1つとして挙げることができるロストバゲージへの対策や対応方法などについてご紹介したいと思います。ロストバゲージの原因や補償、そしてロストバゲージの対応内容などについてもご紹介していきます。

ロストバゲージという旅先でのトラブルにあわないようにするため、自分自身ではどのようなことができるでしょうか。ぜひ、ロストバゲージの対策など参考にし旅行を楽しんでください。

ロストバゲージとは?

今回ご紹介する「ロストバゲージ」について初めにご紹介したいと思います。ロストバゲージとは、空港で自分が預けた荷物を紛失されてしまうことです。また、出発した空港で荷物を預けたものの、紛失してしまった荷物のことを指してロストバゲージといいます。

出発した空港で荷物を預けたのに、到着して自分の荷物を待っていても出てこず、手元に荷物こない場合は、ロストバゲージが起こってしまったかもしれません。

荷物がない!ロストバゲージの原因

これから、出発した空港で荷物を預けたのに、到着した空港で荷物がでてこないというトラブルが生じたら焦ってしまうことでしょう。でも、事前にロストバゲージについて知っておくならパニックになるような状態を避けることができるでしょう。

これから、ロストバゲージの原因についてご紹介したいと思います。ロストバゲージの原因にはどのようなことが挙げられるでしょうか。今回は、ロストバゲージの原因について2つの点を挙げてみたいと思います。

ロストバゲージの原因として挙げることができるのは、航空会社のミスや誰かの間違いという原因があります。まずは、ロストバゲージの原因から考えてみましょう。

航空会社のミス

ロストバゲージの原因の1つ目に挙げることができるのは、航空会社のミスという点を挙げることができます。航空会社のミスというのはどのようなことなのでしょうか。

それは、出発した空港で航空会社が荷物を積み忘れたことによりロストバゲージが起こってしまう場合があるということです。

また、航空会社に預ける荷物には行先などを記したタグが航空会社より発行されますが、このタグを発行する際に起きる航空会社のミスというのもロストバゲージの原因となります。

航空会社のタグのミスというのは原因としては少ないようですが、早いうちにトラブルを回避するためにも、航空会社に荷物を預ける際に手渡される半券の行先や便名などをすぐにチェックして、間違いがないかを確認しておくことをおすすめします。

誰かが間違って持っていってしまう

ロストバゲージの原因の2つ目に挙げることができるのは、誰かが間違って荷物を持って行ってしまうという原因があります。これは、ロストバゲージの原因として多いようです。

自分のものと色や形などが似ている荷物だったり、急いでいる場合など、他の人が荷物を間違って持って行ってしまうということが原因となりロストバゲージが起こってしまうかもしれません。

自分が他の人たちのロストバゲージの原因にならないようにするためにも荷物を預けた際に渡される半券と荷物についているタグが同じかを確認することは必要です。預けた荷物が自分のものかしっかりと確認をします。

また、急ぎすぎていると自分が原因となることもあるかもしれません。時間には十分余裕をもって行動し、トラブルにならないように確認をするための時間の余裕と気持ちの余裕も必要です。

事前準備で安心・ロストバゲージ対策

ロストバゲージの原因についてご紹介してきましたが、ロストバゲージは事前の準備でも回避することができます。ロストバゲージに遭わないように旅行の準備段階の時にロストバゲージ対策をしておくのは賢明でしょう。

これから、旅行に行く前の事前準備をする際に、ロストバゲージ対策としてどのようなことができるかをご紹介したいと思います。少しでもロストバゲージを回避するために事前に対策をして、旅を楽しいものにすることができます。

ネームタグをつける

ロストバゲージ対策の1つ目にご紹介するのは、ネームタグをつけるということです。航空会社に荷物を預ける際には、自分の荷物と認識できるように、また他の人たちにも分かるようなしっかりとしたネームタグをつけるのをおすすめします。

ネームタグをつける時は、預けても途中で破損しやすいネームタグではなく、丈夫なネームタグをつけることが必要です。また、外側にネームタグを1つつけて、荷物の中にもネームタグを入れるという対策もできます。

ロストバゲージ対策に役立つしっかりしておしゃれなネームタグはたくさん販売されているので、ぜひロストバゲージ対策として事前に準備をしてください。

また、ネームタグ以外にも自分の荷物だとはっきり分かるようにスーツケースにベルトを巻いたりするという方法もロストバゲージ対策としておすすめです。

直行便を利用する

ロストバゲージ対策の2つ目にご紹介するのは、直行便を利用するということです。ロストバゲージが起こりやすい原因としては、飛行機の乗り継ぎをする場合というのもあります。

飛行機の乗り継ぎをする時には、荷物の移動も必要ですが、この時に荷物を積み忘れてしまうということもロストバゲージの原因となっています。それで、飛行機の乗り継ぎが原因となるロストバゲージを回避するためには直行便を利用することができます。

古いシールやタグをはがしておく

ロストバゲージ対策の3つ目にご紹介するのは、古いシールやタグをはがしておくということです。この対策をしておくのはなぜ必要なのでしょうか。古いシールやタグなどがあると、その旅行で必要な情報のタグがどれなのかハッキリすることができなくなってしまいます。

荷物を預けた時に、古いシールやタグの情報も荷物についていると、航空会社の人たちを混乱させてしまい、ロストバゲージの原因になってしまうかもしれません。

今、必要な情報のシールやタグだけをつけてロストバゲージを回避することができるように過去のシールやタグなどは事前にはがしておくことが必要です。

究極の対策・手荷物を預けない

ロストバゲージ対策の4つ目にご紹介するのは、究極の対策として手荷物は預けないということです。どんなに対策をとっていてもロストバゲージを完全に回避するというのは難しいことです。

そこで、究極の対策として貴重品や到着してすぐに使いたいもの、必需品などに関しては自分で機内に手荷物として持って行くことをおすすめします。事前の準備の際に、もしロストバゲージが起きてしまったらということを想定して、空港で預ける荷物と手荷物として機内に持ち込む物を考えて準備するのも対策のひとつとなるでしょう。

ロストバゲージの補償や保険について

自分で、旅行に行く前に事前準備の段階でロストバゲージ対策をしていたとしても、ロストバゲージに遭ってしまったという場合のロストバゲージの補償や保険についてもご紹介したいと思います。ロストバゲージの補償や保険にはどのようなものがあるのでしょうか。

クレジットカードのロストバゲージ保険

ロストバゲージの補償や保険の1つ目にご紹介するのは、クレジットカードのロストバゲージ保険です。多くのクレジットカードにはロストバゲージが起きた時に対応できる補償の付いています。クレジットカードのロストバゲージ保険を利用して補償してもらうことができます。

クレジットカードについているロストバゲージ保険には、ロストバゲージで預けた荷物が6時間以内に目的地の空港に届かなかったという場合に補償として利用することができる「受託手荷物遅延保険」があります。

また、ロストバゲージによって預けた荷物が48時間以内に目的地の空港に届かなかったという場合に補償として利用することができる「受託手荷物紛失保険」という保険があります。

旅行に行かれる際には、ご自身のクレジットカードにロストバゲージ保険がついているかを事前に確認しておくことをおすすめします。また、これからクレジットカードを作るという方は、ロストバゲージ保険のついたクレジットカードにするといざという時に便利に利用することができます。

航空会社のロストバゲージ補償

ロストバゲージの補償や保険の2つ目にご紹介するのは、航空会社のロストバゲージ補償です。ロストバゲージに遭ってしまった場合、航空会社のロストバゲージ補償を利用することができますが、補償は各航空会社によって違いがあるようです。上限の金額なども定められています。

そして、航空会社のロストバゲージ補償を利用できるのは、完全に荷物が手元に届かず紛失してしまったという時のみということです。

海外旅行保険のロストバゲージ補償

ロストバゲージの補償や保険の3つ目にご紹介するのは、海外旅行保険のロストバゲージ補償です。一般的な海外旅行保険のロストバゲージ補償としては、「航空機寄託手荷物遅延等費用補償特約」があります。

出発した空港で荷物を預けたものの、到着した空港で自分の預けた荷物が手元に届かなかったという場合に補償として利用することができます。

その場合も6時間を過ぎても届かなかった時、目的地に着いてから96時間以内に生活必需品などを購入した時などの条件があります。

この場合は、1回につき10万円が上限などの補償に関する内容も決められています。そして、海外旅行保険のロストバゲージ補償を使って費用を請求する場合には、生活必需品などを購入したレシートや領収書などの購入を証明できるものを必ず残しておくことが必要となります。

もし荷物がなかったら・ロストバゲージの対応方法をご紹介

到着した空港で、荷物を待っていてもし荷物がなかったらどのようにすれば良いのでしょうか。ロストバゲージの対応方法についてご紹介したいと思います。ロストバゲージの対応を知っておくなら、いざという時に役に立つかもしれません。ぜひ、参考にしてみてください。

手荷物証明書を提示して対応を確認

ロストバゲージの対応方法の1つ目には、手荷物証明書を提示して対応を確認するという点を挙げることができます。まず、ロストバゲージに遭ってしまったと思った時には、パニックにならないように落ち着いて行動することが必要です。

到着して荷物が自分の手元に届くのに時間のかかる場合がありますが、それは荷物を下ろすのに時間がかかっているという場合もありますので、焦らずに少しの時間待ってみます。それでも、手元に荷物がこないという場合は、ロストバゲージが起こってしまったということかもしれません。

荷物引取所に行ってカウンターの職員に、荷物が手元に届かないということを伝えることができます。その時に、出発した空港で荷物を預けた時にもらうタグの半券と航空券を渡して荷物を探してもらうことができます。

その場で預けた荷物が見つかり、手元に届くこともありますが、見つからなかったという場合は、手荷物紛失証明書に必要事項を記入して提出する必要があります。この時に必ず手荷物紛失証明書の控えをもらうことです。

現地に滞在している場合に荷物が見つかったという場合は、たいていは配送してくれます。でも、空港まで取りに行かなくてはいけないという場合もあります。

航空会社にロストバゲージの補償をしてもらう

ロストバゲージの対応方法の2つ目には、航空会社にロストバゲージの補償をしてもらうという点を挙げることができます。ロストバゲージに遭ってしまった場合に、現地で生活に必要最低限のものを購入することになります。そのために補償をしてもらうことができます。

航空会社によってもロストバゲージの補償に関して異なります。利用した航空会社の約款に書かれているロストバゲージの補償内容を確認することができます。

航空会社によっては、ロストバゲージが起きてしまった場合に歯ブラシやアメニティなど生活に必要なものを用意してくれることもあります。そのことも聞いてみることができます。現地で必要なものを購入した場合には、証明となるレシートや領収書を必ずもらって残しておくようにします。

ロストバゲージ対策をして旅行を存分に楽しもう

ロストバゲージに関する情報についてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。事前にロストバゲージ対策をした準備を下としても、完全にロストバゲージが起こらないというわけではありません。でも、自分でロストバゲージ対策をしてトラブルに遭うことを未然に防ぐこともできます。

しかし、ロストバゲージが起きてしまった場合は、パニックにならないように落ち着いて職員に聞いて探してもらったり、航空会社にロストバゲージの補償をしてもらうことができます。

ロストバゲージが起きた時に役立つ補償や保険についてもご紹介しました。楽しい旅をするためにも事前にロストバゲージ対策をして、旅行を存分に楽しむことをおすすめします。

関連記事

Original
この記事のライター
Canna

新着一覧

最近公開されたまとめ