TOTOミュージアム(北九州)で日本のトイレ技術を学ぼう!見学の楽しみ方!

北九州市にある「TOTOミュージアム」と言えば、日本が誇る企業TOTOの歴史や水回り製品の見学ができる人気スポットです。今回は「TOTOミュージアム」の魅力やお土産コーナーの人気グッズ、入館料金やアクセス情報を中心に「TOTOミュージアム」を紹介します。

TOTOミュージアム(北九州)で日本のトイレ技術を学ぼう!見学の楽しみ方!のイメージ

目次

  1. 1北九州のTOTOミュージアムを見学しよう
  2. 2TOTOミュージアムの魅力をたっぷりと紹介!
  3. 3TOTOミュージアムとはどんな場所?
  4. 4TOTOミュージアムと併せて楽しみたい人気スポットは?
  5. 5TOTOミュージアムは水回り全般のことを知ることができる
  6. 6TOTOミュージアムではお土産やグッズも販売!
  7. 7TOTOミュージアムの基本情報をチェック
  8. 8TOTOミュージアムへのアクセス方法とは?
  9. 9観光におすすめのTOTOミュージアムに行ってみては?

北九州のTOTOミュージアムを見学しよう

TOTO株式会社と言えば福岡県北九州市に本社を構える衛生陶器や住宅設備機器の製造・販売を行う企業です。

国内に設置されているトイレの約60パーセントがTOTOの製品と言われており、私達日本人の多くが「TOTO」のロゴになじみがあると言っていいでしょう。

今回は福岡県北九州市にあるTOTO株式会社の本社からすぐの場所にある、TOTOの技術や歴史を見学することのできる人気の観光スポット「TOTOミュージアム」について詳しくご案内します。

TOTOミュージアムの魅力をたっぷりと紹介!

ここではTOTOミュージアムの魅力はもちろん、TOTOミュージアムで名物のお土産やグッズ、TOTOミュージアムの開館時間や入館料金、アクセス情報を中心にTOTOミュージアムの見どころをたっぷりと紹介します。

TOTOミュージアムはモノ作りや工場見学に興味のある人に特におすすめのスポットです。北九州市に訪れた際ぜひ見学してみてはいかがでしょうか。

なお紹介するTOTOミュージアムの情報は2021年2月時点のものとなり、最新の情報とは内容が異なる可能性があります。最新情報はTOTOの公式ホームページにも掲載がありますので、TOTOミュージアムに訪れる際は最新情報も併せて確認しておきましょう。

TOTOミュージアムとはどんな場所?

まずは今回紹介するTOTOミュージアムがどのような場所であるのか確認をしておきましょう。TOTOミュージアムは文字通り、TOTOに関する歴史を学ぶことが出来るミュージアムとなっています。

福岡県北九州市にあるTOTOミュージアムはTOTO本社からすぐの場所にあり、TOTO小倉第一工場の見学も併せて楽しめる場所にあるミュージアムとなっています。TOTOミュージアムでは日本が世界に誇るTOTOの最新技術を見学することができます。

またお土産コーナーではTOTOミュージアムならではのグッズが売られており、見学に訪れた多くの人が購入しています。TOTOミュージアムはモノ作りに興味のある人や工場見学に強い関心がある人にとって非常に魅力的な観光スポットと言えるでしょう。

TOTOに関する歴史を学べる

TOTOミュージアムはTOTOに関する歴史をたっぷりと知ることのできるミュージアムです。

日本だけでなく世界18ヵ国のシェアを持つTOTOの技術がどのように誕生したのか、どのようにして和式から様式のへと進化していったのかなどを詳しく知ることができます。

TOTO誕生秘話を知ることのできるブースや、創業者である森村組についての歴史なども知ることができるブースが用意されており、TOTOの歴史だけでなくトイレの進化についても学ぶことができます。

またTOTOの製品と言えば忘れてはならないのは「ウォシュレット」です。TOTOミュージアムの第2展示室では1980年に誕生したウォシュレットがどのようにして誕生したのかなどを詳しく知ることができます。

TOTOのトイレなどを見学できる

TOTOミュージアムではTOTOを語る上で欠かせないトイレについて深く知ることができます。TOTOのトイレを見学できるスペースでは、創業から現在に至るまで形状や機能を変えさまざま誕生したトイレを見学することができるでしょう。

年代ごとに形状や機能の違いを目で見て学ぶことのできるスペースとなっているため、モノ作りが好きな人にはたまらないのではないでしょうか。

国会議事堂に設置されていたことのあるTOTOならではの高級トイレの展示や、貴重な初代ウォシュレットの展示もありますのでぜひチェックしておきたいところです。

またトイレの展示だけでなく、1970年までTOTOのモノ作りの技術を通じて開発されていたとされる貴重な食器類の展示もありますので見どころ満載です。

TOTOミュージアムと併せて楽しみたい人気スポットは?

以上のようにTOTOミュージアムではTOTOの歴史やTOTOのトイレの見学をすることができますが、TOTOミュージアムで楽しめるのはそれだけではありません。TOTOミュージアムに併設されたお土産コーナーでは名物のグッズを購入することができます。

またTOTOミュージアムに訪れた際、併せて見学しておきたいTOTO小倉第一工場の見学も楽しむことができるのです。

TOTO小倉第一工場は現在も稼働している紛れもない工場です。完成したTOTOのトイレの展示ではなく実際に製造されているTOTOのトイレの様子を見学することができます。

トイレが目の前で作られていく様子を見学することのできる貴重な機会となっていますので、TOTOミュージアムに訪れた際はぜひTOTO小倉第一工場の見学も併せて楽しむことをおすすめします。

TOTOミュージアムは水回り全般のことを知ることができる

見どころの多いTOTOミュージアムは、トイレやモノ作りに特に関心のない人でも楽しい時間が過ごせるようさまざまな展示物の見学ができるようになっています。

TOTOの技術を映像で気軽に知ることのできる第2展示室では、水回り全般に関するTOTOの知識を勉強することができます。

「水まわりの変遷」ブースでは「はるか昔」「江戸から明治」「大正から昭和の初め」「戦後から高度成長期」「昭和から平成」「未来へ」の6つのコーナーに分けて日本の水回りの歴史を紹介しています。

当時の水回り事情や問題点、どのようにしてトイレが進化していったのかを詳しく知ることのできるブースとなっており、トイレだけでなくトイレ空間や水回りを忠実に再現しているためまるでタイムスリップしたような楽しい時間を過ごすことができるでしょう。

水回りを通じて当時の暮らしや暮らしの変化を感じ、あまり知られることのなかった日本の歴史に触れてみてはいかがでしょうか。

TOTOミュージアムではお土産やグッズも販売!

見どころたくさんのTOTOミュージアムに訪れた際、併せて楽しみたいのがTOTOミュージアムのお土産コーナーでしか手に入らないグッズ探しです。

TOTOミュージアムに併設されたお土産コーナーでは、TOTOミュージアムでしか買うことのできないTOTOのトイレをモチーフにした可愛らしいお着物「超ミニチュア便器」などを販売しています。

ここではTOTOミュージアムのお土産コーナーならではの希少なグッズの紹介の中から、ぜひ押さえておきたい人気グッズの紹介をしていきましょう。

購入してみたいおすすめのお土産やグッズは?

TOTOミュージアムのおすすめのお土産やグッズと言えば、先ほども紹介した超ミニチュア便器です。

超ミニチュア便器はTOTOミュージアムの名物の一つとなっており、TOTOミュージアムのお土産コーナーに訪れた多くの人が購入するという名物グッズです。

TOTOのトイレを可愛らしいミニチュアにした超ミニチュア便器は、TOTOミュージアムのお土産コーナーに訪れた人しか手に入れることのできない希少なグッズです。もちろんその他にもTOTOミュージアムのお土産コーナーにはおすすめのグッズが多数あります。

ぜひ押さえておきたいのが「ネオレスト型石鹸」です。ネオレスト型石鹸はTOTOと同様北九州市に本社を置く北九州市の誇る企業「シャボン玉石けん(株)」とのコラボ商品です。

ネオレスト型石鹸は置物として楽しむだけでなく実際に使用することのできるトイレ型の石鹸です。1個300円というお手頃さと実用性の高さが人気の商品です。

北九州市の誇る二大企業のコラボ商品だけに、北九州市に訪れた際の観光土産にふさわしいグッズではないでしょうか。

その他にもTOTOミュージアムのお土産コーナーにはトイレットペーパーの放送にユニークな川柳やイラストが満載の「トイレ川柳トイレットペーパー」があります。

中にはTOTOミュージアムのお土産コーナーでしか買うことのできないレアなトイレ川柳トイレットペーパーもあるためぜひ一度手に取ってみましょう。

Thumb 小倉のおすすめ観光スポットまとめ!モデルコースから穴場まで一挙紹介!
福岡県の北九州にある小倉は多くの観光客が訪れる人気の観光スポットがたくさんあります。子供連れ...

TOTOミュージアムの基本情報をチェック

ここでは今回紹介してきたTOTOミュージアムの開館時間や休館日、入館料金などについて紹介します。TOTOミュージアムはとても気軽に訪れることができる観光に最適なスポットとなっています。

ただし場合によっては予約をしておく必要があり、また休館日のある施設となっているため訪れる前は基本情報をチェックしておくことをおすすめします。

ここではTOTOミュージアムの基本情報だけでなくTOTO小倉第一工場の入場時間や入場料金についても併せて紹介します。

TOTO小倉第一工場は5名以上からの予約で見学ができるスポットとなっています。なかなか見ることのできない希少なスポットではありますが機会があればぜひ訪れましょう。

開館時間と休館日は?

TOTOミュージアムの開館時間は休肝日を除き毎日10時から17時までとなっています。季節や天候によって異なることはありませんのが、最終の入館時間は16時30分までとなっているため気を付けましょう。

休館日については毎週月曜日となっており、夏期や年末年始など一部の大型連休もお休みとなります。大型連休にTOTOミュージアムに訪れる際は一度TOTOミュージアム公式ホームページから休館日を確認しておくと良いでしょう。

続いてはTOTOミュージアムと併せて訪れておきたいTOTO小倉第一工場の入場時間についても紹介します。TOTO小倉第一工場で見学のできる時間は9時から12時までの部と、13時から16時までの部の二部制に分かれています。

ただしTOTO小倉第一工場の見学は平日の月曜日から木曜日に限られており、残念ながら金曜日と週末について見学ができません。

またTOTO小倉第一工場の見学は予約制となっており、見学を希望する日の2ヵ月から2週間前までに予約を完了しておく必要があります。

入館料金について

続いては気になるTOTOミュージアムの入館料金についてのご案内です。TOTOミュージアムの入館料金は、見学するブースやエリアに関わらず全て無料です。

TOTOミュージアムの入館料金だけでなくTOTOミュージアムからすぐの場所にあるもう一つの必見スポット、TOTO小倉第一工場の入場料金も無料となっていますので併せて見学してみてはいかがでしょうか。

どちらの見学も楽しむ際は工場見学申込窓口で相談をしておくとスムーズです。20名以上の団体での利用の場合は予約が必要となりますが、それ以外の場合は予約も必要ありませんのでぜひ気軽に訪れましょう。

住所 福岡県北九州市小倉北区中島2-1-1
電話番号 093-951-2534

TOTOミュージアムへのアクセス方法とは?

最後に今回紹介してきたTOTOミュージアムのアクセス情報を見ていきましょう。ここではTOTOミュージアムまでの公共交通機関でのアクセス情報と車でのアクセス情報を紹介します。

駐車場情報についてもご案内しますのではじめてTOTOミュージアムに訪れる時の参考にしてみてはいかがでしょうか。

公共交通機関でのアクセス

TOTOミュージアムまで公共交通機関を使いアクセスをする際のおすすめ情報のご案内です。TOTOミュージアムに訪れる際はTOTOミュージアムの最寄駅であるJR小倉駅で下車し、タクシーもしくはバスで15分ほどでアクセスするのが一般的です。

バスを利用する際はJR小倉駅から発着している西鉄バスに乗り、貴船町バス停で降りればすぐにTOTOミュージアムまで足を運ぶことができます。

北九州モノレールを利用してTOTOミュージアムまでアクセスすることができますので併せて紹介します。北九州モノレールを利用してTOTOミュージアムまで足を運ぶ際は香春口三萩野駅で降りましょう。

香春口三萩野の南口を出て国道3号線から到津方面に向かえばTOTOミュージアムまですぐにアクセスできます。

徒歩10分でアクセスできるおすすめのアクセス方法のため、タクシーやバスを使いたくない人や北九州のアクセス事情に詳しい人はぜひ北九州モノレールからのアクセスも検討してみてはいかがでしょうか。

車でアクセスする方法は?

続いては車でTOTOミュージアムまでアクセスする際のアクセス情報、そして駐車場情報についてのご案内です。TOTOミュージアムまで車でアクセスをする場合は紫川JCTの大手町ランプで下車し、西門方面もしくは衛陶工場正門方面に向かいましょう。

到津方面から国道3号線を左折すれば今回紹介してきたTOTOミュージアムにアクセスすることができます。TOTOミュージアムには館内利用者であれば駐車することのできる専用駐車場が完備されています。駐車料金については無料のため気軽に駐車しましょう。

開館時間内であれば自由に利用できる便利な駐車場となっているため、料金も時間も気にせずゆっくりとTOTOミュージアム内の見学を楽しみましょう。

観光におすすめのTOTOミュージアムに行ってみては?

TOTOミュージアムはTOTOのモノ作りの歴史や水回りの見学、人気グッズをゲットできるお土産コーナーなど充実した設備が満載のスポットとなっています。

複数人で訪れる際は併せてTOTO小倉第一工場の見学をすることもおすすめです。入館料金や入場料金も無料のTOTOミュージアムとTOTO小倉第一工場で、日本の誇るTOTOの技術や歴史に触れてみましょう。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
ピーナッツ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ