「桐生が岡動物園・遊園地」は入園料が無料?人気のアトラクションを紹介!

群馬県桐生市の「桐生が岡動物園・遊園地」は家族で楽しめる人気レジャースポットです。入園料が無料なのも嬉しいポイントで、かわいい動物と触れ合い体験を楽しんだり、さまざまなアトラクションで遊んだりできます。「桐生が岡動物園・遊園地」で1日たっぷりと楽しみましょう。

「桐生が岡動物園・遊園地」は入園料が無料?人気のアトラクションを紹介!のイメージ

目次

  1. 1【群馬】話題のスポット「桐生が岡動物園・遊園地」とは?
  2. 2「桐生が岡動物園・遊園地」が人気の理由
  3. 3「桐生が岡動物園・遊園地」の遊園地の人気アトラクション
  4. 4「桐生が岡動物園・遊園地」の動物園の概要
  5. 5「桐生が岡動物園・遊園地」の動物園のおすすめポイント
  6. 6「桐生が岡動物園・遊園地」へのアクセス
  7. 7「桐生が岡動物園・遊園地」の口コミ
  8. 8「桐生が岡動物園・遊園地」周辺の観光スポット
  9. 9人気の「桐生が岡動物園・遊園地」へ行ってみよう!

【群馬】話題のスポット「桐生が岡動物園・遊園地」とは?

群馬県桐生市にある桐生が岡動物園・遊園地は、子供に大人気のスポットです。桐生が岡動物園は無料、遊園地は安い料金でアトラクションに乗ることができ、お財布に優しい施設としておすすめです。

桐生が岡動物園は無料でありながら、ライオンやキリンなどの大型動物、鳥類や爬虫類などさまざまな動物が飼育されています。遊園地は小さな子供が楽しめるアトラクションが多く、休日は多くの家族連れで賑わいます。

桐生が岡動物園・遊園地は、群馬県桐生市の桐生が岡公園内にあります。桐生市の市街地から2kmほど離れた小高い丘の上にあり、地元では桜の名所としても人気があります。またツツジやアジサイ、紅葉など四季を通じて豊かな自然が楽しめます。

「桐生が岡動物園・遊園地」が人気の理由

群馬県桐生市の桐生が岡動物園・遊園地では、地元ではたいへん人気があるレジャースポットです。平日はそれほどではありませんが、連休や夏休みなどには周囲の道路が混雑し、動きが取れないほどです。

また、桐生が岡動物園・遊園地がある桐生が岡公園は、群馬県で有数の桜の名所として知られています。子供から大人まで楽しく過ごすことができ、休日のお出かけスポットとして人気があります。

入園料無料

群馬県桐生市の桐生が岡動物園・遊園地が人気の理由は、何といっても入園料が無料という点にあります。桐生が岡動物園・遊園地は市立の施設でなので、子供も大人も無料で入園できます。しかも年中無休なので、いつでも訪れることができます。

桐生が岡遊園地は入園料は無料ですが、アトラクションを利用するには料金が必要です。しかし1回の利用両機は子供100円ととても安く、家族で1日遊んでもあまりお金がかからず、お財布に優しい遊び場ごしてたいへん人気があります。

遊園地と動物園がセット

桐生が岡動物園・遊園地は無料で入園できるのですが、施設が充実していて無料とは思えないほどです。動物の種類は多く、かわいい動物をすぐ近くで見ることができます。遊園地はほどよい広さで、小さな子供が楽しめるアトラクションが多く揃っています。

動物園と遊園地が隣接しているのが最大のポイントで、両方を行き来して遊ぶこともできます。3世代で訪れたり、お友達と1日たっぷりと遊んだりするのにおすすめのスポットです。

桐生が岡動物園・遊園地では、連休や夏休みなどにショーやイベントなどが開催されます。さらに、大道芸のパフォーマンスや子供への風船プレゼント、さまざまな体験型イベントなども催されています。

子供が遊べる広場がある

小さな子供は動物を見るだけでは飽きてしまうかもしれません。しかし遊園地側には広場があり、レジャーシートを広げてお弁当を食べたり、子供たちが体を動かして遊んだりすることができます。

動物園を出たところには大きな広場があり、ボールで遊んだりフリスビーをしたりすることができます。広場の一角には飛行機の模型があり、子供たちが登って遊ぶこともできます。

「桐生が岡動物園・遊園地」の遊園地の人気アトラクション

桐生が遊園地は桐生が岡動物園に隣接しており、こちらも入園料は無料です。桐生が岡遊園地は噴水がある中央広場を中心にアトラクションが並んでいます。

大型のアトラクションはミニレール・スカイヘリ・アドベンチャーシップ・観覧車・メリーゴーランド・サイクルモノレール・メルヘンカップの7種類です。料金は2歳~中学生の子供は1回100円、大人は200円と格安で、回数券もあります。

大型のアトラクションの他、バッテリカーやマシン式の乗り物などがあり、1回50円と安い料金で乗れます。ゲームセンターには昔懐かしいゲームが揃い、1回20円~50円で遊べます。

ミニレール

ミニレールは桐生が遊園地の人気アトラクションです。高い位置にレールが敷かれていて、遊園地をぐるりと1周回ることができます。

電車のような乗り物に乗って1周回るアトラクションで、車窓からは桐生市の市街地を眺めることができます。子供だけではなく、大人の方にもおすすめです。

アドベンチャーシップ

アドベンチャーシップは、他の遊園地ではバイキングと呼ばれることが多いアトラクションです。大きな船が急滑降・急上昇するアトラクションで、桐生が遊園地で随一の絶叫系アトラクションです。

アドベンチャーシップは、身長1mに満たない子供は乗ることができないので注意してください。見た目よりも激しく前後に動くので、スリルを味わいたい方におすすめです。夏にはミストが噴出されるそうです。

観覧車

観覧車は桐生が遊園地の中でも特に人気があるアトラクションです。桐生が遊園地は標高約172mの小高い丘の上にあるのですが、観覧車はその中でも高い場所に設置されています。

そのため観覧車に乗ると、桐生市内をぐるりと見渡すことができ、気持ちのいい景観が楽しめると人気があります。子供も大人も一緒に楽しめるおすすめアトラクションです。

サイクルモノレール

サイクルモノレールは、足でこぎながら高いところに作られたレールの上をぐるりと1周するアトラクションです。2人乗りで、2歳未満は利用できません。

遊園地の風景をのんびりと楽しみながら1周するアトラクションです。桜の季節は桜のトンネルをくぐったり、桜の花を間近に見たりすることができるので、おすすめのアトラクションです。

「桐生が岡動物園・遊園地」の動物園の概要

桐生が岡動物園は群馬県桐生市で唯一の公立動物園で、無料で入園できます。1953年(昭和28年)に開園した歴史のある動物園で、鳥類や両生類、爬虫類などを含め85種400頭以上の生き物が飼育されています。

淡水魚を飼育している水族館や子供と小動物が触れ合えるコーナーもあり、動物園と遊園地を合わせれば、家族で1日たっぷりと過ごすことができるでしょう

「桐生が岡動物園・遊園地」の動物園のおすすめポイント

桐生が岡動物園は遊園地の南側に隣接しています。遊園地は比較的平らな場所に作られていますが、動物園は山の斜面を利用して作られており、なだらかな坂道を上ったり下りたりしながら園内を歩きます。

桐生が岡動物園には大型動物から小動物までさまざまな動物が飼育されているのが魅力です。動物を間近に見ることができ、小さな子供にもおすすめです。

たくさんの種類の動物

桐生が岡動物園は小さな動物園ですが、さまざまな動物が飼育されています。ライオン・キリン・ミーアキャット・カピバラ・カンガルーなどの人気動物やサル山などもあり、すぐ近くで動物をみることができます。

以前はゾウのイズミが飼育されていました。国内の動物園で飼育されているアジアゾウのメスの中では最高齢だったのですが、2017年に永眠しました。

ライオンはオス・メスのペアが飼育されていて、子供も生まれています。新しいライオン舎も作られていて、元気に動き回る様子を見ることができます。キリンも数頭、飼育されていて、動物園の人気物になっています。

桐生が岡動物園には「こどもどうぶつコーナー」があり、ウサギやモルモットなどの小さな動物と触れ合い体験をすることができます。ポニーやヒツジなどの姿も見ることができます。

鳥類も多く、カルガモ・クジャク・フラミンゴ・フクロウなどが飼育されていて、ゆっくりと観察することができます。動物が好きな子供たちにおすすめです。

水族館も併設

桐生が岡動物園は淡水魚を飼育しているミニ水族館かがあります。アジアアロワナとピラニアの他、ワニやカメなども見ることができます。

すぐ近くまで近寄ってみることができるので、普段あまり見るチャンスのない水の生き物をじっくりと観察するのにおすすめのスポットといえるでしょう。

「桐生が岡動物園・遊園地」へのアクセス

桐生が岡動物園・遊園地へのアクセスをお知らせしましょう。電車でのアクセスは、JR両毛線桐生駅から約2kmあり、なだらかな坂道を歩いて約20分です。上毛電気鉄道西桐生駅からは徒歩約15分となります。また東武鉄道新桐生駅からは車で約15分です。

車で桐生が岡動物園・遊園地へアクセスする場合は、北関東自動車道太田桐生ICから約30分、東北自動車道佐野藤岡ICから約50分です。専用駐車業が7つあり、収容台数は合計382台となります。駐車料金は無料です。

平日は楽に車を停めることができますが、週末はたいへん混雑します。特に連休やゴールデンウイークは早くから駐車場が満車になり、周囲の道路も混雑するので注意が必要です。

桐生が岡動物園・遊園地へは、市街地から低速電動コミュニティバス「まゆ」を利用してアクセスすることができます。「まゆ」は無料で利用でき、土日・祝日のみ運行されています。

営業時間は、桐生が岡動物園が9時から16時、桐生が岡遊園地が9時30分から17時(11月1日から2月末日までは16時まで)で、どちらも年中無休です。

住所 群馬県桐生市宮本町4-1-1
電話番号 0277-22-7580

「桐生が岡動物園・遊園地」の口コミ

群馬県の桐生が岡動物園・遊園地は平日はガラガラで、ゆっくりと遊ぶことができますが、休日はイベントが開催されることもあり、たくさんの人が訪れるという口コミがたくさんあります。駐車場が混雑するので、注意が必要でしょう。

桐生が岡動物園・遊園地の動物園側には食堂がなく、遊園地側に食堂があります。カレーライスや麺類などを提供していますが、営業は休日のみなので、平日に出かける場合は食べ物を用意したほうがいいという口コミがあります。

お土産やお菓子・ドリンクなどを販売する売店も休日のみの営業で、桐生が岡動物園・遊園地の近くにはコンビニや飲食店はないという口コミが多いので、準備をして出かけたほうがよさそうです。

最後に群馬県の桐生が岡動物園・遊園地は無料で遊べる割には充実していて、子連れで1日たっぷりと遊べると好評です。遊園地は小学校低学年くらいまでの年齢の子供におすすめで、家族でのお出かけスポットにぴったりです。

「桐生が岡動物園・遊園地」周辺の観光スポット

群馬県の桐生が岡動物園・遊園地の周辺にはおすすめの観光スポットがいくつかあります。その中でも特に人気があるスポットを紹介しましょう。

群馬県桐生市は歴史のある街で、さまざまな見どころがあります。また自然豊かなエリアとしても知られ、桜や紅葉スポットなども多く家族で楽しむことができます。ここでは桐生が岡動物園・遊園地の近くにある吾妻公園とからくり人形芝居館をご紹介しましょう。

吾妻公園

吾妻公園は桐生が岡動物園・遊園地から徒歩で7分くらいのところにある公園です。造園業者が管理をしている公園で、年間を通して美しい花々が楽しめる人気スポットです。よく整備された花壇や温室などがあり、ガーデニングに興味のある人にもおすすめです。

春には公園いっぱいにチューリップの花が開き、フォトジェニックな光景が楽しめます。チューリップまつりや花菖蒲まつり、洋ラン展など四季のイベントが開催されており、いつ訪れても楽しめます。

特にチューリップまつりは人気があり、売店が出て写生大会なども開催されます。子供が参加できるイベントも多く開催されているので、家族でお出かけをするのにいいでしょう。

住所 群馬県桐生市宮本町3
電話番号 0277-22-8636

からくり人形芝居館

からくり人形芝居館は、桐生が岡動物園・遊園地から歩いて7分のどのところにある人気観光スポットです。

江戸時代から織物の町として発展した桐生市は、町中に織物に使く用水路が張り巡らされています。用水路には水車が設置されていたのですが、その水車の動力を使って人形を動かすからくり人形屋敷が作られていました。

からくり人形の芝居は人々の娯楽として人気がありましたが、やがて衰退し昭和の時代に姿を消してしましました。からくり人形芝居館は当時のからくり人形屋敷を復元したもので、桐生市の伝統文化を楽しむことができます。

忠臣蔵や曽我の仇討ちなど人気の演目が定期的に上演されているので、機会があったら観劇をして楽しんでください。

住所 群馬県桐生市本町2-6-32有鄰館内
電話番号 0277-46-4144

Thumb桐生市「宝徳寺」は御朱印がユニーク!奇跡の床もみじなど見どころも紹介!
素敵な御朱印をもらうことができると言うことで大人気となっている、桐生市の「宝徳寺」のおすすめ...
Thumb崇禅寺は桐生市の人気観光スポット!御朱印やご利益・アクセス方法は?
群馬・桐生市にある「崇禅寺」は、とても人気の観光スポットです。御朱印を頂くことができるお寺で...

人気の「桐生が岡動物園・遊園地」へ行ってみよう!

群馬県の桐生が岡動物園・遊園地は、ファミリーにおすすめの人気スポットです。かわいい動物と触れ合ったり、観覧車やミニレールなどに乗ったりと、1日たっぷりと遊ぶことができます。

また休日には売店が出て、ソフトクリームや焼きトウモロコシ、焼きそばなども楽しめます。ちょっとした縁日気分を味わうことができます。また広場でお弁当を広げて楽しむこともできます。

桐生が岡動物園・遊園地は花見スポットとしても人気があり、桜の季節には多くの人出があります。子供が走り回って遊べる広場もあるので、天気のいい日は家族でお出かけをして楽しんでください。

関連記事

Original
この記事のライター
Momoko

新着一覧

最近公開されたまとめ