夜のエギングでアオリイカを釣るコツは?選ぶカラーや釣りポイントまで徹底解説!

コツを掴めばデイエギングよりも釣果が期待できると言われる夜のエギングは、エギング初心者にもおすすめです。ここでは夜のエギングを成功させるための場所選びからエギのおすすめカラー、釣り方のコツを中心に、夜のエギングについて詳しく紹介していきます。

夜のエギングでアオリイカを釣るコツは?選ぶカラーや釣りポイントまで徹底解説!のイメージ

目次

  1. 1夜のエギングでアオリイカを釣るには?
  2. 2夜のエギングに挑戦してみよう!
  3. 3夜のエギングでアオリイカを釣るのにおすすめスポット
  4. 4夜のエギングでアオリイカを釣るコツ
  5. 5夜のエギングのおすすめカラーとは?
  6. 6夜のエギングにトライした人のアオリイカ釣果
  7. 7夜のエギングでアオリイカを釣ってみよう!

夜のエギングでアオリイカを釣るには?

「エギング」を楽しむ人の中で近年人気となっているのが、夜のエギングです。エギングとは磯や防波堤でアオリイカを釣ることを指し、使用するルアーを「餌木」と呼ぶことからエギングと呼ばれるようになったと言われています。

昼にエギングを楽しむことを「デイエギング」、夜にエギングを楽しむことを「ナイトエギング」と呼ぶのが一般的とされていますが、あえて夜にエギングを楽しむのには理由があります。

視力が高く警戒心の強いアオリイカを釣り上げるには昼間よりも夜が適しているとされており、近年では夜にエギングを楽しむという人の姿を多く見かけるようになったと言います。

夜のエギングに挑戦してみよう!

今回は夜のエギングに興味のある人や、夜のエギングに挑戦したものの釣果が上がらないという人に注目の情報を紹介します。

アオリイカを釣るための定番人気スポットや穴場スポット、釣り上げるためのコツやおすすめのエギのカラー選択まで、夜のエギングをより楽しむための情報が満載です。

夜のエギングはコツを知らずに挑戦しても難易度が高いとされています。ここで夜のエギングを制するためのポイントをしっかりと押さえてから挑戦してみてはいかがでしょうか。

夜のエギングでアオリイカを釣るのにおすすめスポット

早速ここでは夜のエギングでアオリイカを釣るためのおすすめスポットを紹介します。夜のエギングで釣果を上げる際の人気スポットは限定されていると考えられています。

夜のエギングの定番人気スポットとなっているのが「常夜灯周辺」ですが、必ずしも常夜灯周辺でなければ釣果が上げられないわけではないことをご存じでしょうか。ここでは常夜灯周辺で釣果を上げるコツや、理由についても詳しく見ていきましょう。

常夜灯周辺以外のスポットで夜にエギングでアオリイカの釣果を上げたい時に見落としがちな穴場的スポットについても詳しく紹介していきます。2つのおすすめスポットを攻略して、夜のエギングをより楽しみましょう。

常夜灯周辺

先ほども紹介したように、夜のエギングでアオリイカの釣果を上げるのにおすすめのスポットの上位には「常夜灯周辺」が挙げられます。

常夜灯周辺はまぎれもなく夜のエギングでアオリイカを狙う際の定番人気スポットであり、釣果を上げるのにおすすめのスポットの一つです。アオリイカに限らず夜のエギングを楽しむ際に釣果を上げるのであれば、常夜灯周辺は人気スポットの代名詞です。

月の明るさや常夜灯の光量、角度や天候などによって左右されるため一概に言えませんが、灯りに群がるプランクトンの習性を利用してアオリイカを釣り上げることはそう難しくありません。

プランクトンを捕食するベイトをアオリイカが追って、アオリイカが常夜灯周辺に自然と集まります。単純な理由ですが実際に常夜灯周辺には多くのアオリイカが集まる傾向にあります。

もちろん条件次第ですが常夜灯周辺は夜のエギングでアオリイカの釣果を上げたい時、とりあえず足を運んで損のないおすすめスポットと言えます。初心者・上級者問わず夜のエギングを楽しむ人の間で常夜灯周辺は定番スポットです。

特に初めて夜のエギングに挑戦する人は通いやすい場所にある常夜灯を見つけることから始めることをおすすめします。

近くに常夜灯がない時は?

通いやすい範囲に常夜灯がない時、また月明かりがほとんどない時には夜のエギングを楽しめないのでしょうか。

常夜灯周辺は夜のエギングのおすすめスポットであることに変わりありませんが、アオリイカの習性を知れば常夜灯以外でもエギングを楽しめる可能性は十分にあります。

アオリイカは光の届かないボトムにも生息しているため、常夜灯の明かりが届かないボトムを狙ってエギングを楽しむというのも釣果を上げるコツです。コツはアオリイカの警戒心の強さを利用してエギングに挑むことです。

月の光量が多かったり常夜灯が明るすぎる場合、アオリイカが警戒し常夜灯に近寄らなくります。そのようなスポットではエギングを楽しむことは難しいため、反対に光の届かないボトムを狙うことがおすすめと言えるでしょう。

イワシやアジなどのベイトの捕食を好むアオリイカですが常夜灯周辺では警戒してしまうだけでなく、ベイトからも発見されやすくなるため、ボトム周辺でベイトの捕食を待ち構えていることも多いのです。

船道エリア

常夜灯周辺以外にも夜のエギングの隠れた人気スポットがあることをご存じでしょうか。常夜灯周辺で釣果を上げられなかった場合や、理想的な光量を持つ常夜灯が見当たらない場合は「船道エリア」でエギングに挑戦してみることがおすすめです。

こちらもアオリイカの習性を利用したエギングの方法の一つです。アオリイカは夕方から夜にかけて漁港内に向かいます。アオリイカは漁港内に入る際、非常に高い確率で船道を経由するという習性があります。

夜のエギングのコツをしっかりと把握した上で、船道エリアを通過する際にアオリイカを狙えば通常よりも大きな釣果が得られることが期待できます。

船道エリアは明かりが少ないことがほとんどのため、アオリイカの警戒心が下がるというのも船道エリアをおすすめしたい理由です。常夜灯周辺はエギング以外でアオリイカを狙うライバルがいることも多いかもしれません。

常夜灯周辺はエギングだけでなくシーバス釣りを楽しむ人の人気スポットでもあります。常夜灯周辺はアオリイカが多く集まるスポットでもありますが、同時に警戒心をあおるスポットでもあるのです。

反対に船道エリアにはライバルも少ないことがほとんどであり、エギングのコツを掴めばさらに多くの釣果を望むことも不可能ではありません。

夜のエギングでアオリイカを釣るコツ

常夜灯周辺、そして船道エリアこそが夜のエギングでアオリイカを釣り上げやすいスポットですが、夜のエギングのコツを知らなければアオリイカの釣果を上げることは難しいでしょう。

はじめて夜のエギングに挑む人の多くはなかなかコツを掴むことができず、何をしているのかもわからない状態でエギングを終了してしまう人も多いと言われています。

夜のエギングを成功させるには定番人気スポットを把握することも重要ですが、釣りあげるためのコツを知っておくことはさらに重要と言えます。夜のエギングのコツはたくさんありますが、ここでは代表的な2つのコツとテクニックについて紹介します。

「スローなシャクリ」と「カーブフォール」は夜のエギングを制するために欠かせないコツとテクニックです。コツが掴めず夜のエギングがなかなか楽しめないという人は参考にしてみてはいかがでしょうか。

スローなシャクリ

夜のエギングを成功させるコツは「スローなシャクリ」にこそあると言えるでしょう。シャクリとはエギを動かして興味を引き、アオリイカを寄せるための動作を指します。ゆっくりとしたシャクリをマスターすることが夜のエギングの釣果を上げるためのコツです。

スローなシャクリをおすすめする理由にはアオリイカの生態が関係しています。夜になると警戒心の強いアオリイカはスローな動きに反応するという傾向があり、激しいエギングはむしろマイナスになると言われています。

夜のエギングではアオリイカにしっかりとエギを見せ、そしてゆっくりとアオリイカにエギを抱かせるイメージで釣り上げることがコツです。3回から5回に分けてゆっくりエギにアクションを加え、アオリイカの興味を引きましょう。

カーブフォール

スローなシャクリのコツを掴んだら「カーブフォール」もマスターしておくと良いでしょう。エギングでは3種類のフォールを使い分けることが基本ですが、夜のエギングで釣果を上げるのであればカーブフォールを多用することが重要です。

カーブフォールとはラインを張った状態をキープして手前へ弧を描くようにエギを落とすフォールを指します。カーブフォールでラインを常に張ることによって、アオリイカのアタリや着底を感じやすくなります。

視界に頼ることが難しい夜のエギングにおいて、アタリがとても分かりやすいカーブフォールは特にエギング初心者におすすめのテクニックと言えるでしょう。ポイントは糸ふけを回収し竿先を下に向けてラインをしっかりと張ることです。

カーブフォールのコツは巻き終わり時にしっかりと止めましょう。ラインが動いてしまうとエギも振動で動いてしまうため巻き終わりまで集中します。イカパンチを引き出すことができれば後は時間の問題と言っていいでしょう。

カーブフォールを使えば竿先が強烈に惹きつけられるほどのアタリの手応え感じることができます。スローなシャクリとカーブフォール、そしてアタリを待つ最後の瞬間には手の感覚だけに頼ることが夜のエギングを成功させるコツと言えるでしょう。

カーブフォールはラインをピンと張った状態をキープする方法なので強風の中エギングを楽しむ際にも役立つテクニックです。ぜひカーブフォールのコツを掴み、夜のエギングを一層楽しみましょう。

夜のエギングのおすすめカラーとは?

続いては夜のエギングを楽しむ際に気になる、エギのカラーについて紹介していきましょう。夜のエギングでよく使用される人気のカラーは限られています。夜のエギングでは明かりがあるかどうかによってエギのカラーを変えると良いでしょう。

光量のない場所でエギングを楽しむ際は、はっきりとしたシルエットが浮かびやすいカラーのエギを使用することがポイントです。光量のない場所でエギングをする時、海中は真っ暗な状態です。

クリアなカラーのエギを使用することがおすすめですが、真っ暗で何も見えないような状態でエギングをする場合は赤テープもしくは紫テープ、ゴールドテープなどのカラーを選択すると良いでしょう。

光量がある場所でのカラー選びは?

常夜灯周辺や月明かりの届く場所でエギングをする際には、ゴールドテープやシルバーテープ、ホロテープなどのフラッシング効果のあるカラーのエギを選択すると効果的です。

特にゴールドテープは光の種類にかかわらず安定したフラッシング効果が期待できるカラーです。紫外線を含む月明かりの元でエギングを楽しむ際は、紫外線に反応して発光するケイムラ加工の施されたクリア系カラーを使用するというのもおすすめです。

エギングの際のカラーの選択については、特にエギングをする場所の光量に左右されるため状況に合わせたカラー選択をすることが重要です。そのためカラーの特製について見直しておくことで、一層の釣果が期待できるでしょう。

夜のエギングにトライした人のアオリイカ釣果

今回の最後に、近年人気となりつつある夜のエギングにトライした人のアオリイカ釣果について見ていきましょう。

はじめて夜のエギングに挑戦した人の多くが口にするのが、「暗い状況の中アタリの手ごたえも感じることができないため、何をしているのか分からない」もしくは「楽しみを感じられない」というものです。

今回紹介してきたように夜のエギングで釣果を上げるには場所を選び、夜のエギングならではのテクニックを身に着けておくことが重要です。

コツを知らずに挑戦すると真っ暗な中釣果を挙げることなく時間が過ぎていくため、夜のエギングは難しいと感じる要因となるようです。しかし夜のエギングはコツさえ掴めば「デイエギングよりも簡単で楽しい」という意見も多いのも事実です。

アオリイカは視力が良く警戒心も強いことで知られています。デイエギングは人影を含め、夜よりもアオリイカの警戒心を刺激する要素がたくさんあります。またアオリイカならではの視力の高さに対抗するためにエギ選びも慎重にならざるを得ません。

そのような理由で夜のエギングよりも難易度が高いと感じる人も多いようです。デイエギングが難しいと感じ、あえて時間をずらしエギングを楽しむ人が多くなっていることが夜のエギングの人気につながっていると言います。

Thumbエギングの時期はいつがおすすめ?アオリイカの釣れる季節や時間帯を徹底調査!
季節を気にせず楽しめる釣りの中で、エギングが楽しめる時期はいつなのか。エギングの時期やアオリ...

夜のエギングでアオリイカを釣ってみよう!

夜のエギングを楽しむ為には場所選びが重要です。人気の定番スポットとなっているのが常夜灯周辺ですが、常夜灯周辺でなくても夜のエギングの釣果を上げることは可能です。

穴場となっている夕方から夜にかけての船道エリアは特に釣果を上げやすいスポットといえるでしょう。アオリイカを釣り上げるための重要なコツはスローなシャクリ、そしてカーブフォールを意識することです。

エギのカラーについては状況によって対応することが望ましいですが、夜のエギングでは定番人気とされるゴールドテープを使用することがおすすめです。

真っ暗な中コツを知らずにエギングに臨むと釣果を上げることは難しいと言われていますが、以上のポイントを守って挑むことで次第に成果が見えてくるでしょう。ここで紹介した方法を使って、夜のエギングをより楽しんでみてはいかがでしょうか。

関連記事

Original
この記事のライター
ピーナッツ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ