エギングのシャクリ方のコツや基本テクニックまとめ!初心者でも簡単!

エギングはイカを釣る釣り方のひとつです。シャクリ方がわからないといった方にコツや基本テクニックを紹介していきます。エギングをシャクリ方を知りたいといった方は必見です。シャクリ方の種類から学べます。ぜひ参考にしてみてください。

エギングのシャクリ方のコツや基本テクニックまとめ!初心者でも簡単!のイメージ

目次

  1. 1エギング初心者でも安心!シャクリ方を徹底紹介
  2. 2エギングのシャクリ方にコツってあるの?
  3. 3エギングの知っておきたいシャクリ方の種類
  4. 4エギングの初心者におすすめのシャクリ方
  5. 5エギングのシャクリ方に季節ごとの違いってあるの?
  6. 6エギングのシャクリ方のコツ
  7. 7エギングのシャクリ方を知ってトライしてみよう!

エギング初心者でも安心!シャクリ方を徹底紹介

エギングにチャレンジしたいがシャクリ方がよくわからないといった方は必見です。初心者でもエギングのシャクリ方が分かるといったコツやテクニックを紹介します。疑似餌を使ってアオリイカを狙ってみましょう。初心者でも気軽にチャレンジできます。

おすすめのシャクリ方やエギングの時期であったり、ポイントなどといったようにたくさんの情報を織り交ぜながら紹介してきます。エギングをはじめるきっかけにしてみませんか。エギングで人気のシャクリ方やコツや種類について触れていきます。

Thumbエギングの時期はいつがおすすめ?アオリイカの釣れる季節や時間帯を徹底調査!
季節を気にせず楽しめる釣りの中で、エギングが楽しめる時期はいつなのか。エギングの時期やアオリ...

エギングのシャクリ方にコツってあるの?

エギングは比較的装備するアイテムが少ないといったことや初心者でも簡単にスタートができるといった点からも人気があります。エギングをする際には「シャクリ」といったアクションが必要になります。シャクリ方のコツを紹介します。参考にしてみてください。

エギングのシャクリ方についてもいろいろとコツがあります。エギングが思う存分に楽しめるおすすめのシャクリ方もたっぷりと紹介していきます。シャクリ方の種類からコツまで触れていきますので、エギングにの際に実践してみましょう。

エギングのシャクリ方について紹介します。キャストをしてから、ボトムをとります。エギを動かしながら、イカを誘います。イカがエギに抱きついたら合わせるといった手順が基本になります。初心者でも気軽にできるコツを紹介します。

春イカを誘うといった場合には、それほど大きくシャクる必要がありません。秋イカの場合にはやや激しく大きめにシャくるなどといった感じに時期によってシャクリ方に違いがあるのも特徴です。使い分けるのもポイントです。

エギングの知っておきたいシャクリ方の種類

エギングの初心者でも実践できる種類のシャクリ方もあるので、不安がありといったかたもチャレンジしてみましょう。エギングの醍醐味を思う存分に満喫してみましょう。初心者にも人気の高いエギングを楽しんでみませんか。

エギの動かし方についての基本は、フォールにシャクリ、ジャーク、ステイといった組合わせです。ジャークはエギを横方向に動かすことによって、イカにアピールを行って食欲を掻き立てるといった動きになります。エギングで人気のシャクリ方を紹介します。

ハイピッチショートジャーク

ハイピッチジャークはワンピッチジャークをさらに高速で行うといったシャクリ方です。エギも早く反応することによって、広い範囲にアピールできるといったところが特徴です。シャクリ方のコツは同様ですので、まずはワンピッチジャークに慣れましょう。

ワンピッチジャークのシャクリ方をマスターすることによって、ハイピッチジャークも自然にこなすことができます。アオリイカは警戒心が強く、賢いといったところがあります。単調な動きだけではなく、いろいろなシャクリ方を組み合わせてみましょう。

1回の投入によって、いろいろなシャクリを組み合わせることによってアオリイカの目先を変えることもできます。イレギュラーな感じに見せかけて、反応させるといった動作も重要となってきます。

ハイピッチショートジャークは人気のシャクリ方のひとつとなっていますが、いろいろな種類と組み合わせることでより効果的になります。エギングを楽しむコツはいろいろと試してみるといったことも重要なポイントです。

糸フケを出さないように素早くシャクリをすることで、エビや小魚が逃げるといった感じの動きをすることができるので、イカを引き寄せることができます。イカが早い動きに反応しているといった場合に有効なシャクリ方になります。

秋の小さな活性サイズが釣れているといったタイミングに有効なシャクリ方ですので、マスターしてみましょう。ワンピッチジャークを応用する感じとなっています。底に沈めたエギを素早く引き上げることで、エギを追ってくるイカが確認できます。

ワンピッチジャーク

1回シャクった後にはリールを半周させるといった動作を繰り返していくといった、エギングの基本ともいえるシャクリ方の種類です。ジギングの経験がある場合には、ほぼ同様といった感じですのでコツも簡単につかめます。

ワンピッチジャークについては初心者でもコツさえつかめれば、簡単にマスターすることができます。激しさのあるジャークによって、小魚の動きに見立ててから食わす間を与えます。そういった一連の動作がワンピッチジャークの意味合いです。

上下であったり、斜めにルアーを動かすことで、一瞬のフォールによって食わせの間を与えといった機械があるので、初心者であっても比較的釣りやすいといったところがおすすめの理由となっています。

ワンピッチジャークを持続して行っていると疲れがたまってきます。スポーツの際に使うようなサポーターを手首に付けておけば、疲労を軽減することができます。脇でロッドのエンド部分を挟むことによって、ロッドも安定するので試してみましょう。

シャクリの注意点としては、シャクった後にはしっかりとロッドを元の位置に戻してから、糸フケを出すこともポイントです。糸フケを出さないで、エギを引っ張るようなといった感じのシャクリでは、エギはきれいにダートしないので意識しましょう。

春に大物のアオリイカを狙うといった場合は2回から5回ほど、秋は5回から10回ほどシャクリを行いましょう。フォールさせ、イカが抱くといったタイミングを作てあげます。その日の状況によって回数の判断も行いましょう。

スラックジャーク

エギの移動距離については抑えつつ、キレがある動きをするといったシャクリ方です。春イカであったり、活性の低いイカにおすすめとなっています。エギングの基本的な種類のひとつです。

スラックジャークのメリットは、大きなイカがたくさんいるボトムが集中的に狙えるといったことにあります。エギを上げずに横に動かす誘いによってアピールできるといったこともあります。移動距離が抑えられることも挙げられます。

フォールの数が増えことによって、イカが釣れる可能性が高くなります。1日かけてジャークしていても疲れずらいといったところも人気の理由となっています。ぜひチャレンジしてみましょう。

スラックジャークにおすすめとなっているエギは「エギ番長 ノーマルシンキング 3.5号」です。軽めの力でも動きやすいところが特徴で、水切りが良いのもおすすめの理由となっています。

縦ジャーク

べイトが見えないのでエギングをしたいが獲物の位置がわからないといった場合におすすめのシャクリ方です。アピールするために広い範囲を対象として、弱ったベイトを演出するといったことが必要です。

縦ジャークのメリットとしては、水の抵抗をラインが受け難くなるといったことではないでしょうか。レンジを入れなくてもダートさせられるといったところも人気の理由となっています。

下方向へのジャークや横ジャークといった種類は手首を柔らかく使わないといけないといったこともありますが縦ジャークは血行簡単にシャクれるといったところも人気の秘密となっています。初心者にもぴったりです。

縦方向のジャークは竿を立ててから、上方向にジグを引っ張るといったジャークになります。比較的簡単にできるので、エギングの練習をするといった場合にももってこいとなっています。

段シャクリ

ラインスラッグをとって、大きくロッドを1回上げるといった動きが1段シャクリとなります。エギについても、ロッドのシャクリ方に合わながら1回大きく跳ね上がります。エギングで底付近を狙うといった場合におすすめです。

2段シャクリは下げたロッドを時計の2時くらいの位置まで跳ねてから、ラインスラッグを少しだけ巻き取って、12時の方向くらいまでロッドを跳ね上げるだけといった方法です。シャクリ方をマスターしてみましょう。

初心者である場合には、2段シャクリを覚えれば他のシャクリ方も覚えやすいと言われています。時と場面によっていろいろなシャクリ方を試してみましょう。回数を繰り返すごとにコツがわかってきます。

水深があるポイントにおいては、アオリイカはエギが沈んでいくといったアクションごとに反応します。こういった場合には、多段シャクリを行って高く跳ね上げるといったシャクリ方もできます。

エギングの初心者におすすめのシャクリ方

日本古来よりある漁具のエギについては、アングラーがアクションを起こすことによって反応があります。エギを動かすにはシャクリであったり、ジャークといったロッドを使ってのアクションを起こす動作が必要です。

エギングのシャクリ方の種類で一番基本になるのが2段シャクリになります。2段シャクリが身に付くことで、他のシャクリ方についても流れで覚えることができるといったケースがほとんどといえます。人気のエギングを楽しみましょう。

1段目でエギを上向きにするようにして、2段目で跳ね上げさせるような感じでイメージしながら練習してみましょう。自宅で練習するといったことも可能ですが、できれば慣れた方と実際に釣り場に行ってみるといったこともおすすめの方法です。

水の抵抗であったり、イカの反応を実際に確かめることができるといったところも上達への早道です。経験を積んでから春に大物へ挑戦してみましょう。エギングにはたくさんの楽しみがあるので、まずは2段シャクリをマスターしましょう。

エギングのシャクリ方に季節ごとの違いってあるの?

4月から5月はじめにかけてがアオリイカの最盛期となるので、エギングにも最適です。大型が狙えるといったシーズンが春先です。小型の数釣りができるといった秋も楽しめることから人気があります。シーズンごとのシャクリ方も紹介します。

シーズンであったり、アオリイカの状態によってシャクリ方に変化をつけるといったことが大切となってきます。いろいろと試してエギングを思う存分に満喫してみましょう。季節ごとにシャクる回数に差をつけてみましょう。

エギのサイズは小型のアオリイカが狙えるといった秋には2.5号から3.5号を使います。大型が釣れる春先は3.5号から4.5号を使います。初めてエギングを行うといった場合は3.5号がおすすめです。3.5号は年間を通して使うことができるので便利です。

シャクリ方のコツとしては、春場の大型を狙うといった際は動かしすぎないように注意しましょう。2回から3回ほどで問題ありません。秋の小さなアオリイカの場合には4回から6回ほどシャクって広範囲にアピールを行ってみましょう。
 

エギングのシャクリ方のコツ

初心者の方がマスターしたい場合には、手首を使ってシャクることが必要です。力任せにシャクらずに軽快さを意識するといったことも大切です。あとは、糸をピンと張るといたことを意識するように心がけましょう。

エギングのシャクリ方の種類やコツをいろいろと知ることによって、多彩なパターンに対応できるといったところがメリットにになります。初心者の人でも意識すれば、シャクリ方もマスターできるといったコツや種類の数々ですので参考にしてみましょう。

ワンピッチジャークのコツは、リールのハンドルを巻くといった感じにすると上手にしシャクれます。スラックジャークは、シャクる前には糸ふけを出しましょう。エギは引っ張らずに弾くような感じで軽くシャクるのがおすすめです。

縦ジャークのコツは糸フケを巻き取ったある状態よりシャクりましょう。竿をまっすぐの状態に伸びきるまでは動かさないといったところもポイントです。2段シャクリのコツは動作を素早く行って、力強くシャクることによりエギを高く跳ね上げましょう。

大型が釣れるといった春のシーズンについては、アオリイカは産卵を意識しているといったこともあり、エサをあまり追わなくなるといった特徴があります。そういったことからゆっくりとしたアクションとなります。

逆に秋のシーズンでは小さいといったこともあり、活発にエサを捕食します。そういったことから、離れたばしょからでもエギを見つけれると食いつきます。時期によってシャクリ方を使い分けてみましょう。

エギングのシャクリ方を知ってトライしてみよう!

エギングのシャクリ方について徹底解説してきました。初心者でも安心してエギングにチャレンジすることができます。シャクリ方を実践してみましょう。エギングは手軽さや敷居の低さがあるので初心者から上級者までどなたでも楽しめます。

全国的においても人気の高い釣り方となっているので、ぜひトライしてみましょう。エギングはエサを使わないで、疑似餌を使って釣りが楽しめるといったところも人気の秘密です。いろいろとシャクリ方を試し、エギングを楽しみましょう。

関連記事

Original
この記事のライター
Rey_goal

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ