「おうすの里」は京都で話題の梅専門店!店舗やおすすめの人気商品は?

京都にあるあ「おうすの里」は、とても有名な梅専門店です。さまざまな種類の商品があり、お土産にもぴったりである、とても人気となっています。京都にある「おうすの里」について、選りすぐりの情報をピックアップして紹介していきます。

「おうすの里」は京都で話題の梅専門店!店舗やおすすめの人気商品は?のイメージ

目次

  1. 1京都の「おうすの里」で梅干しを買おう!
  2. 2【京都】話題の梅専門店「おうすの里」とは?
  3. 3「おうすの里」が人気の理由
  4. 4「おうすの里」のおすすめ商品
  5. 5「おうすの里」の口コミ
  6. 6「おうすの里」の店舗情報とアクセス
  7. 7京都の梅専門店「おうすの里」へ足を運んでみよう!

京都の「おうすの里」で梅干しを買おう!

京都にある「おうすの里」は、とても話題となっている梅専門店です。梅干しなどのたくさんの種類の商品が並んでいて、どれもとても美味しいと評判です。お土産にも大変おすすめなものばかりです。京都にある「おうすの里」について、店舗などの詳細情報をまとめて紹介します。是非、満点の美味しさの梅商品を買いに行ってみてください。

【京都】話題の梅専門店「おうすの里」とは?

「おうすの里」は、京都府内のあちこちに複数の店舗が展開されている、とても話題性の高い梅専門店です。

選りすぐりの梅を使った梅干しなどの商品はとても美味しいと評判になっていて、どの店舗でもいつもたくさんの人で賑わっています。

店頭では、ゆっくりじっくりと店員さんと相談しながら商品選びをすることができ、お気に入りの逸品をみつけることができます。

お土産やプレゼント・ギフト・手土産などとして大切な人に手渡すのにぴったりな商品もたくさんあり、どれも喜ばれること間違いなしです。

京都に観光または仕事などで行く予定があるときには、ほんのちょっぴり時間を見つけて「おうすの里」へ行ってみることをおすすめします。後悔しない商品と出会うことができるでしょう。

「おうすの里」が人気の理由

京都にある「おうすの里」は、超絶人気があり、いつもいっぱいの人が一つ一つ手に取りながら丁寧に商品選びをしています。

「おうすの里」がこれほどまでに人気となっているのには、いくつかの理由がある、と考えられています。

「おうすの里」がとても人気のあるその理由について、選りすぐりの情報を2つだけ紹介していきます。

充実の梅干しの種類

「おうすの里」が人気がある理由のその第一には、「充実の梅干しの種類」が揃っているからなのではないか、と考えられています。

「おうすの里」には、さまざまな種類の梅干しが揃っていて、それぞれによって特徴や味・趣が異なっています。

どの梅干しも満点の美味しさである、と話題になっていますが、個々人の好みや予算・目的などに合わせて上手に選んでみると良いでしょう。

どの梅干しにするか、選ぶのに悩んでしまったら、店員さんに尋ねてみると、いろいろなアドバイスを頂けるのでおすすめです。

また、梅干し以外にも、梅酒やジャム・梅こぶ茶・梅茶漬けなどのさまざまなジャンルの梅を使った商品も展開されています。

お土産としても使える

「おうすの里」が人気がある理由のその第二には、「お土産としても使える」ものが豊富にあるからなのではないか、と考えられています。

「おうすの里」には、気軽に家庭で味わうことができるプラスチック容器に入ったものから、桐箱やしっかりと包装された商品などさまざまなタイプの商品が充実しています。

京都のお土産や帰省のお土産などにもぴったりな商品もたくさんあり、安心して手渡すことができるものとなっています。

日本の伝統的な食べ物の一つである梅干しは、とても人気があり、お土産として買って行く人も大変多くなっています。

お土産とする場合には、しっかりと相手のことを考えながらあれこれとじっくり眺めて商品選びをすると良いです。

「おうすの里」のおすすめ商品

京都にある「おうすの里」には、いろいろな種類の商品が揃っていて、選ぶのにとても迷ってしまうことでしょう。

「おうすの里」にある充実した商品の中でも、特に人気があって誰もにおすすめしたい商品を厳選して紹介します。

京一輪

「おうすの里」で人気があっておすすめしたい商品の一つ目は、「京一輪」です。料金は、10粒入りが3240円、15粒入りが4860円となっています。

「おうすの里」の「京一輪」は、完熟した梅をはちみつを使って少し甘めに仕上げた梅干しであり、酸っぱさと甘さのハーモニーが素晴らしく、まろやかな味わいで誰もが食べやすくなっています。塩分は約4パーセントとなっています。

一粒ずつきちんと小袋に入れられいて、桐箱に入っているので、お土産としても最高の逸品と言えるでしょう。

献上梅

「おうすの里」で人気があっておすすめしたい商品の二つ目は、「献上梅」です。料金は、10粒入っているものが3240円、15粒入っているものが4860円となっています。

「おうすの里」の「献上梅」は、甘さ・酸っぱさ・塩辛さなどのバランスが最高の絶品となっていて、京都の梅干しの最高峰であるとも言われています。塩分は約10パーセントなっています。

小袋に包まれたものが桐箱に入っていて、自分用にもお土産としても誰もが満足することができる商品の一つです。

宝玉神梅

「おうすの里」で人気があっておすすめしたい商品の三つ目は、「宝玉神梅」です。料金は、10粒入りが5400円、15粒入りが8100円となっています。

「おうすの里」の「宝玉神梅」は、丁寧に育てて収穫した梅の中でも、大きさや色合い・熟度などが最高なものばかりと集めた商品となっています。塩分は約8パーセントとなっています。

個包装のものが桐箱に入っていて、贈り物として最高級のおもてなしにぴったりの商品となっています。

梅もよう

「おうすの里」で人気があっておすすめしたい商品の四つ目は、「梅もよう」です。料金は、520グラム入りが3240円、890グラム入りが5400円となっています。

「おうすの里」の「梅もよう」は、お茶事の梅・八重の梅・雅京梅・お茶事の小梅の味わいが異なる4種類の梅干しが1セットとなっていて、味比べを楽しみたい時にぴったりな商品です。

古雅の梅

「おうすの里」で人気があっておすすめしたい商品の五つ目は、「古雅の梅」です。料金は、360グラム入りが 2160円、570グラム入りが3240円、980グラム入りが5400円となっています。

「おうすの里」の「古雅の梅」は、完熟梅をしっかりと塩漬けにして、干した後にじっくりと寝かせた、梅干しが好きな人には堪らない昔懐かしさを感じることができる商品となっています。塩分は約19パーセントとなっています。

「おうすの里」の口コミ

京都にある「おうすの里」は、とても美味しい梅干しなどの梅を使った商品を購入することができることでとても口コミやSNSなどでも人気となっています。

「とても美味しい」「お土産で喜ばれた」「また買いに行きたい」などの良い評価がされているものが豊富にあり、とても愛されているお店・商品であることがよく分かります。

京都に訪れたら、是非行っておきたいスポットの一つにも数えられていて、リピーターも大変多くなっています。

たくさんの種類の商品が揃っているので、何度行っても違った種類のものを味わうことができることで評判でもあり、新商品が登場することもあるかもしれません。

京都の「おうすの里」で満点のうまさの梅干しなどの梅商品を購入したら、感想などをSNSや口コミなどに投稿してみると、たくさんの良い反応が返ってくることでしょう。

「おうすの里」の店舗情報とアクセス

京都にある「おうすの里」は、京都府内に複数の店舗があり、それぞれの予定などにあわせて自由に行くお店をチョイスすることができます。

「おうすの里」の店舗について、営業時間やアクセスなどの詳細情報をまとめて紹介します。是非、日程に組み入れてみてください。

祇園本店

「おうすの里」の祇園本店は、京都府・京都市の東山区・四条通祇園町北側にある、複数ある店舗の中でもメインの店舗です。

営業時間は、10時30分から18時30分までとなっています。基本的には決まっている定休日はありません。

「おうすの里」の祇園本店に電車を利用してアクセスしようと思っている場合は、京阪本線の「祇園四条駅」で降りると約230メートル・徒歩約3分、阪急京都本線の「河原町駅」で降りると約470メートル・徒歩約6分、京阪本線の「三条駅」で降りると約570メートル・徒歩約8分などでアクセスすることができます。

「おうすの里」の祇園本店に自動車を利用してアクセスしようと思っている場合は、名神高速道路・「京都東IC」や「京都南IC」などで降りて、一般道の府道186号線・府道143号線・国道1号線などを利用するとアクセスすることができます。

店舗からほど近い場所にある「タイムズ祇園」は、約2台分の駐車スペースがある平地で自走式の駐車場です。24時間営業となっています。料金は、全日0時から24時までが15分220円となっています。最大料金の設定はないので、注意をしておくと良いでしょう。

二年坂店

「おうすの里」の二年坂店は、京都府・京都市の東山区高台寺南門通下河原東入桝屋町にある、人気の観光スポットである高台寺のすぐそばにある店舗です。

営業時間は、10時30分から18時30分までとなっていて、少し早めの時間に閉店となります。特に決まった休みはありません。

「おうすの里」の二年坂店に電車を使ってアクセスしたいと考えている場合には、京阪本線の「祇園四条駅」で降りると約975メートル・徒歩約12分などでアクセスできます。

「おうすの里」の二年坂店に自動車を使ってアクセスしたいと考えている場合は、名神高速道路・「京都東IC」または「京都南IC」などで降り、一般道路である府道143号線・国道1号線・府道186号線などを使うようにすると良いでしょう。

店舗のそばの「タイムズ東山南町」は、約4台分の駐車スペースがある平地で自走式の駐車場です。24時間営業です。料金は、9時から17時までの平日が20分200円、土日祝日が20分400円、全日17時から翌朝9時までが60分100円です。最大料金は、9時から17時までの平日が1800円、土日祝日が2800円、全日17時から翌朝9時までが330円です。

産寧坂店

「おうすの里」の産寧坂店は、京都府・京都市の東山区清水寺門前産寧坂北入清水三丁目にある、有名な産寧坂の途中にある気軽に寄りやすい店舗です。

営業時間は、開店が10時30分・閉店が18時30分となっています。定休日は特には決まっていませんが、急に変わることがあることを知っておくと良いでしょう。

「おうすの里」の産寧坂店に電車でのアクセスをするときには、京阪本線の「祇園四条駅」で降りると約1041メートル・徒歩約13分ほどで到着することができます。

「おうすの里」の産寧坂店に自動車でのアクセスをするときには、名神高速道路・「京都東IC」それか「京都南IC」などで降りてから、国道1号線であったり・府道143号線であったり・府道186号線などを利用するとスムーズに行くことができます。

店舗から近い場所にある「パラカ 京都市清水第1」は、約15台分の駐車スペースがある駐車場です。24時間いつでも入庫・出庫が可能です。料金は、0時から24時までの平日が20分300円、土日祝日が15分300円となっています。最大料金は、平日のみ入庫から12時間までが1500円、全日22時から翌朝8時までが100円となっています。

嵐山店

「おうすの里」の嵐山店は、京都府・京都市の右京区嵯峨天龍寺北造路町にある、天福寺の近くにある店舗です。

営業は、開店時間が10時30分・閉店時間が18時30分となっています。基本的には年中無休営業となっています。

「おうすの里」の嵐山店に電車で行く場合には、京福電鉄嵐山本線の「嵐山駅」で降りると約264メートル・徒歩3分ですぐに行くことができる場所にあります。

「おうすの里」の嵐山店に車で行く場合には、、名神高速道路・「京都南IC」さらには「京都東IC」などで降り、府道29号線・府道135号線・府道187号線などを利用することをおすすめします。

店舗の近くにある「タイムズ天龍寺前」は、約13台分の駐車スペースがある平地・自走式の駐車場です。24時間年中無休営業です。料金は、0時から24時までの平日が30分300円、土日祝日が20分400円となっています。最大料金は、入庫当日1日24時までの平日が800円、土日祝日が2000円となっています。

宇治店

「おうすの里」の宇治店は、京都府・宇治市の宇治妙楽にある、とても人気の観光地である平等院のすぐそばにある店舗です。

営業時間は、10時に開店・18時に閉店となっていて、他の店舗よりさらに早めの時間に閉店となります。休業日は特になく無休です。

「おうすの里」の宇治店に電車でのアクセス方法は、JRの「宇治駅」で降りて北東方向に歩いて行くとすぐに到着することができます。

「おうすの里」の宇治店に車でのアクセス方法は、京滋バイパス・「宇治東IC」または「宇治西IC」で降りて、府道7号線・府道69号線・府道249号線などを使うのが良いでしょう。

「リパーク宇治橋通第3」は、約17台分の駐車スペースがあるフラップ式の駐車場です。24時間営業なので、自由に時間を使えます。料金は、全日8時から20時までが30分300円、20時から翌朝8時までが60分100円となっています。最大料金は、8時から20時までの平日が800円、土日祝日が1400円、全日20時から翌朝8時までが400円です。

京都の梅専門店「おうすの里」へ足を運んでみよう!

京都にある「おうすの里」は、とても美味しい梅干しなどを購入することができることで知られている梅専門店です。ここでしか手にすることができない商品がたくさん揃っていて、お土産にもぴったりです。京都に行くスケジュールがある人は、是非ほんの少しだけ足を延ばして最寄りの「おうすの里」の店舗に寄ってみることをおすすめします。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
mina-a

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ