大宮八幡宮は杉並区のパワースポット!お宮参りや安産祈願の参拝にも人気!

みなさんは東京都杉並区にあります「大宮八幡宮」をご存じでしょうか。大宮八幡宮は杉並区のパワースポットとも言われており、さまざまなご利益を授かることができます。今回は大宮八幡宮について詳しくご紹介していきますので、ぜひ参考にされてみてはいかがでしょうか。

大宮八幡宮は杉並区のパワースポット!お宮参りや安産祈願の参拝にも人気!のイメージ

目次

  1. 1東京都杉並区ってどんな街?
  2. 2【東京杉並区】人気のパワースポット『大宮八幡宮』とは?
  3. 3『大宮八幡宮』の歴史
  4. 4『大宮八幡宮』のご利益
  5. 5『大宮八幡宮』がどうして「東京のへそ」って言われているの?
  6. 6『大宮八幡宮』へ参拝するタイミング
  7. 7『大宮八幡宮』の境内
  8. 8『大宮八幡宮』のお守り
  9. 9『大宮八幡宮』の御朱印
  10. 10『大宮八幡宮』へのアクセス
  11. 11杉並区のパワースポット『大宮八幡宮』へ訪れてみよう!

東京都杉並区ってどんな街?

東京都杉並区って地名は何度も聞いたことがあるという方も多いのですが、実際に杉並区とはどんなエリアなのでしょうか。大宮八幡宮が東京都杉並区に鎮座しているということで、まずは杉並区エリアの特徴をみなさんに詳しくご紹介していきます。

東京と言えば日本の中心地ということもあり、高層ビルも多いですし飲食店や観光スポットとさまざまなお店が立ち並びます。そんな東京都の一つの区として杉並区はあるのですが、活気のある街ではあるものの、緑豊かでお年寄りの方々も多く住んでいますし、治安もいいエリアの一つですので、安心して生活ができる街の一つです。

閑静な住宅街になっているのですが、都心へのアクセスも便利になっていて、おしゃれなお店も多くマダムがよくいる街ともいわれています。また行政面でのサポートも手厚く、杉並子育て応援券がありますので子育て世代の方々にも人気の街です。

【東京杉並区】人気のパワースポット『大宮八幡宮』とは?

ではここからは東京の杉並区のパワースポットとしても知られている「大宮八幡宮」について詳しくご紹介していきます。明治時代以降大宮八幡神社と呼ばれていたのですが、昭和56年に現在の名前であります大宮八幡宮に名前を改めたとされています。

杉並区の中でもパワースポットとして人気の神社でもありますので、東京都内からはもちろんなのですが、近県などからもたくさんの方々が訪れています。とても静かでどしっとした雰囲気を感じることができる神社ですので、まだ立ち寄ったことがないという方はぜひ立ち寄ってみてください。さまざまなご利益も授かれるおすすめの神社です。

『大宮八幡宮』の歴史

では大宮八幡宮の歴史についてご紹介していきます。そもそも大宮八幡宮がある一帯は大宮遺跡とも呼ばれており、東京都内で初めて方形周溝墓が発見された場所でもあります。そんな杉並区大宮に大宮八幡宮が創建されたのは康平6年(1063年)にまでさかのぼります。そのため大宮八幡宮はとても歴史の長い神社として昔から愛されています。

その後先ほどご紹介しましたように昭和56年には現在の名前でもあります大宮八幡宮に名を改め、ますますみなさんに愛される神社へと成長しています。たくさんのご利益を授かることができる杉並区のパワースポットとしても注目の集まる神社です。

『大宮八幡宮』のご利益

では大宮八幡宮のご利益についてご紹介していきます。それぞれの神社でご利益があるのですが、大宮八幡宮には大きく3つあるとされており、ご利益が多いことでもパワースポットとして人気になっているのがわかるのではないでしょうか。

ここではそれぞれのご利益を詳しくご紹介していきますので、ぜひ大宮八幡宮でご利益を授かりたい!と考えている方は参考にされてみてはいかがでしょうか。またここでご紹介する3つのご利益以外にも厄難除けのご利益もあると言われていますので、ぜひみなさんも大宮八幡宮でたくさんのご利益を授かってみてはいかがでしょうか。

子育守護

まずご紹介するのは「子育守護」です。子育守護とは安産、子育てにご利益があるということなのですが、なぜ大宮八幡宮で子育守護のご利益を授かれるといわれているかといいますと、大宮八幡宮にまつわる応神天皇出産の話が関係していると言われています。

大宮八幡宮では応神天皇と神功皇后の親子が祀られているのですが、その昔妊娠していた神功皇后は身重な体ながら三韓成敗に出征したとされています。そして無事帰還することができその際に生まれたお子様が応神天皇なのです。その言い伝えから大宮八幡宮は子育守護に強い神社として、現在も安産祈願やお子様の成長を祈願される方が多いです。

そのためお子様のお宮参りとして大宮八幡宮を選ぶ方も多く、七五三の時期は多くのお宮参り参拝者の方々で賑わっています。お子様の成長を願い、思い出にもなるお宮参りをぜひ大宮八幡宮で行ってみてはいかがでしょうか。

家庭円満

続いてご紹介するのは「家庭円満」です。先ほどご紹介しましたように応神天皇と神功皇后の親子が祀られている大宮八幡宮は、家庭円満のご利益も授かることができると言われています。やはり大切な家族ですので、ときにはぶつかることがあったとしても、基本的には家庭円満で仲良く過ごしたいとみなさん思っているはずです。

新しく家族になるときには大宮八幡宮でお参りをするという方も多いですし、年始のお参りに家族みなさんで大宮八幡宮へ出かけ家庭円満について祈願されるという方もいます。いつまでも健康で仲のいい家族でいられるように祈願されてみてはいかがでしょうか。

所願成就

最後にご紹介するのは「所願成就」です。所願成就(しょうがんじょうじゅ)とは「神仏にかけていた願いがかなうこと」という意味を持つ言葉で、その名の通り大宮八幡宮でそれぞれの方々が祈願した願いが叶う力があるとされているのです。

そのためたしかに何事も努力が必要ではあるのですが、ときに神頼みをしたくなることもあります。そんなときには大宮八幡宮へ出かけて祈願されてみてはいかがでしょうか。所願成就のご利益があるとされている大宮八幡宮で祈願することで、より願いが叶うのではないでしょうか。ぜひみなさんも所願成就の恩恵を受けてみてください。

『大宮八幡宮』がどうして「東京のへそ」って言われているの?

実は大宮八幡宮は「東京のへそ」とも呼ばれているのですが、みなさんはなぜ東京のへそと呼ばれているかご存じですか?なにか特別な意味があるのでは?とイメージされている方も多いと思いますし、理由は知らなくてもメディアで東京のへそとして大宮八幡宮が取り上げられていることも多く、呼ばれていることは知っているという方も多いです。

ここではなぜ大宮八幡宮が東京のへそと呼ばれているのかについてご紹介していきます。ぜひみなさんも理由を知ったうえで大宮八幡宮を訪れ、よりご利益を授かれるようにしてみてはいかがでしょうか。

東京のど真ん中

なぜ大宮八幡宮が東京のへそと呼ばれているかといいますと、大宮八幡宮が鎮座している場所が関係しています。みなさんの体の中でへそはどの部分にありますか?だいたいみなさん体の真ん中あたりにあるのではないでしょうか。大宮八幡宮は実は東京の真ん中あたりの位置に鎮座しているため、東京のへそという別名でも愛されています。

実は大宮八幡宮は広さも広い神社として知られており、東京都内にある神社の中でも3番目に広い神社として有名です。またお母さんのおへそから伸びるへその緒を通して赤ちゃんに栄養が送られるということもあり、へそはとても大切な部分でもあります。

大宮八幡宮はそんな大切な部分と言われるほど、日本でも人気の神社として有名ですし、お子様とお母さんをつなぐという意味でも子育守護の力があると考えることもできます。ぜひみなさんも東京のへそと呼ばれる大宮八幡宮へ行ってみましょう。

『大宮八幡宮』へ参拝するタイミング

それぞれ神社を訪れたい!というタイミングがあるはずです。たとえばパワースポットとして訪れたい場合には、ちょっと疲れているなと感じたときや、悲しいことが重なってしまったときに訪れるのもおすすめです。

そのほかにも自分自身のタイミングというのがあるはずですし、そのタイミングで参拝するのはもちろんおすすめです。ですがここでは行事ごとに合わせて参拝したい!という方のために、より詳しくおすすめの参拝するタイミングをご紹介していきます。

安産祈願

まずご紹介するのは「安産祈願」です。大宮八幡宮は安産祈願にも強い神社として知られていますので、妊娠中のお母さんの安産祈願に訪れるのがおすすめです。初穂料は8000円以上で、安産のお守りや腹帯はもちろんのこと、マタニティーマーク入りのお守りや安産祈願絵馬を授与していただくことができるのです。

安産祈願は通常妊娠5か月に入った週の最初の戌の日に行うとされているのですが、絶対にこの日でないとダメ!というわけではありません。妊娠5か月頃はつわりが治まっていない方もいますし、そのほかにもトラブルがある方もいます。

まずはお母さんとお腹の中の赤ちゃんの体調を優先して、無理のない範囲でお参りするのがおすすめです。またどうしてもお母さんの体調が優れない場合には、旦那様や両親が代わりにお参りするのもおすすめです。ぜひお守りだけでも授かってみてください。

お宮参り

続いてご紹介するのは「お宮参り」です。お宮参りとは生まれた赤ちゃんが無事に1か月を迎えたことを感謝することです。また無事に生まれたことを感謝するとともに、これからすくすくと育ってほしいという願いを込めてお宮参りをするのです。

近年安産祈願をした神社でお宮参りをするという方も増えてきていますので、ぜひ大宮八幡宮で安産祈願をされた方はその感謝もこめてお宮参りにも訪れてみてはいかがでしょうか。もちろんお宮参りに関しても絶対に1か月で行わなければいけない!というわけではありません。お母さんと赤ちゃんの体調を第一に考えてお宮参りしましょう。

Thumb戌の日・安産祈願の服装ガイド!男性&女性の季節に合わせたコーデ紹介!
戌の日の戌は動物の犬を意味しています。犬は子だくさんでお産が軽いといったことより安産祈願の象...

『大宮八幡宮』の境内

ではここからは大宮八幡宮の境内についてご紹介していきます。15000坪を超える境内にはさまざまな魅力が詰まっていますし、観光で訪れるにもおすすめです。また人気の神社でもありますので、境内が混雑していることも多いですので、多少境内の状況を知っておくのは大切です。

950年以上続く神社の境内とは思えないほど、広くきれいな境内ですので、ぜひみなさんも参拝される際には隅々まで見てみてはいかがでしょうか。参拝だけではなく魅力もある神社ですので、何度でも立ち寄りたくなること間違いなしです。

大宮八幡宮・ご社殿 

まずご紹介するのは「大宮八幡宮・ご社殿」です。やはり一番の見どころでもある大宮八幡宮・ご社殿は大宮八幡宮を訪れた方全員が立ち寄る場所でもあります。都心の中とは思えない緑に囲まれた大宮八幡宮・ご社殿はその堂々たるたたずまいが人気です。

大宮八幡宮のご社殿は総檜造りとなっており、とても迫力のある造りになっています。遠くから眺めるだけでもその迫力を感じることができるのですが、やはり近づいて見てみるのが一番です。ぜひみなさんも大宮八幡宮のご社殿を訪れてみてください。

共生の木

続いてご紹介するのは「共生の木」です。かやの木に犬桜が寄生しているこの共生の木は、大宮八幡宮の境内の中でもパワースポットとして人気です。2つの異なる木が1本の幹で結ばれている姿は、夫婦生活をイメージさせてくれますし、家庭円満という意味でも家族で眺めたい場所として人気です。

多摩清水社

最後にご紹介するのは「多摩清水社」です。御神水が今もなお湧き出ている場所となっていて、大宮八幡宮を訪れた方の癒しのスポットとしても人気です。またここで湧き出ている水を別途で調達し、ご祈祷した延命祈祷水として「多摩の大宮水」を授与していただくこともできるようになっています。

『大宮八幡宮』のお守り

では大宮八幡宮のお守りについてご紹介します。神社ではそれぞれお守りを授与したいただくことができるようになっていて、大宮八幡宮でもお守りを授与していただくことができます。お守りの種類も豊富で、交通安全、商売繁盛、学業成就や合格祈願、子授けやん安産のお守りにお子様におすすめのランドセルお守りもあります。

安産祈願やお宮参りの際にお守りを買うのはもちろんなのですが、観光で訪れた方でもお守りを授与していただくことはできます。またお守りではなく心願成就の絵馬もありますので、ぜひみなさんも見てみてはいかがでしょうか。

『大宮八幡宮』の御朱印

では大宮八幡宮の御朱印についてご紹介していきます。近年御朱印集めにハマっている方も多く、おしゃれな御朱印帳も増えています。大宮八幡宮でも御朱印を授与していただくことができ、初穂料は300円となっていて社務所で授与していただけます。

またオリジナルの御朱印帳も販売されていますので、気になる方はぜひ買ってみてはいかがでしょうか。値段は1300円と1500円となっています。なおこちらも社務所にて受け取ることが可能です。安産祈願の際にも記念に授与していただいてみてください。

『大宮八幡宮』へのアクセス

では最後に大宮八幡宮へのアクセス情報をご紹介していきます。電車など公共交通機関を使ってのアクセス方法はもちろんのこと、車でアクセスされる方のために駐車場情報もご紹介していきます。ぜひ初めて訪れる方はアクセス情報も参考にして迷うことがないようにされてみてはいかがでしょうか。

公共交通機関でのアクセス

電車でアクセスされる場合最寄り駅は京王・井の頭線の西永福駅と永福町駅になります。西永福駅からの場合徒歩で約7分程度となっており、参詣道を通ってアクセスするのですがこの参詣道がおすすめです。また永福町駅からの場合徒歩で10分程度となっており、西永福駅から歩くよりは若干ではありますが距離があります。

またバスでアクセスされる場合は大宮町というバス停で下車したいただくようになります。バスも便利ではあるのですが、できれば参詣道をゆっくり歩くことのできる、西永福駅を使ったアクセス方法がおすすめになっています。

車でのアクセスと駐車場

では車でアクセスされる方におすすめの情報をご紹介します。方南通りから永福図書館前へ入っていただきアクセスするようになっており、無料の専用駐車場が用意されています。ですが混雑しているときには停めることができない場合もあります。また大きな催し物があるときには、駐車場を開放していない場合もありますので注意してください。

杉並区のパワースポット『大宮八幡宮』へ訪れてみよう!

いかがでしたでしょうか。今回は東京都杉並区になります「大宮八幡宮」についてご紹介しました。とても人気の神社ですので、観光で訪れた際に立ち寄るにもおすすめですし、安産祈願やお宮参りに訪れるにもおすすめです。ぜひみなさんも杉並区のパワースポットとしても知られる大宮八幡宮でお参りをされてみてはいかがでしょうか。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
kiki

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ