「大角玉屋」は元祖いちご大福で有名な人気和菓子店!新宿など店舗は?

多くの人たちに親しまれているいちご大福の発祥の人気和菓子店「大角玉屋」というお店をご存知ですか。今回は、元祖いちご大福で有名な「大角玉屋」に焦点をあて、人気のいちご大福についてご紹介していきたいと思います。新宿などにある店舗情報についても併せてご紹介します。

「大角玉屋」は元祖いちご大福で有名な人気和菓子店!新宿など店舗は?のイメージ

目次

  1. 1東京「大角玉屋」は元祖いちご大福!一度は食べたい人気商品!
  2. 2「大角玉屋」は創業大正元年の和菓子の老舗
  3. 3「大角玉屋」はいちご大福発祥のお店
  4. 4「大角玉屋」いちご大福は素材にこだわった一品
  5. 5「大角玉屋」の豊富な種類の和菓子
  6. 6「大角玉屋」の元祖いちご大福の口コミ
  7. 7「大角玉屋」の店舗情報
  8. 8「大角玉屋」のいちご大福を購入できる場所
  9. 9東京「大角玉屋」は元祖いちご大福を食べてみよう!

東京「大角玉屋」は元祖いちご大福!一度は食べたい人気商品!

和菓子の中で子供から大人までに人気のいちご大福は、今やスーパーなどでも販売されている多くの人たちに親しみのある和菓子です。そんな人気の和菓子いちご大福にも発祥のお店があります。

今回は、元祖いちご大福の和菓子店、東京にある「大角玉屋」に焦点をあててご紹介していきたいと思います。元祖いちご大福で有名な人気和菓子店ではどのようないちご大福をいただくことができるのでしょうか。

東京「大角玉屋」のいちご大福についてご紹介するとともに、東京・新宿にある本店をはじめとする「大角玉屋」の店舗情報についてもご紹介したいと思います。東京「大角玉屋」のいちご大福の魅力に迫ります。

「大角玉屋」は創業大正元年の和菓子の老舗

まず、東京「大角玉屋」についてご紹介したいと思います。「大角玉屋」は創業が大正元年という和菓子の老舗です。長年にわたり、地元の人たちをはじめ多くの人たちに愛されてきた人気の和菓子店です。

後ほどご紹介しますが、「大角玉屋」の店舗は現在東京に本店を含め3店舗あります。こだわりの素材を使った美味しい和菓子をいただくことができるおすすめのお店です。

「大角玉屋」はいちご大福発祥のお店

長年にわたり多くの人たちに愛されてきた「大角玉屋」はいちご大福発祥のお店として有名な和菓子店です。今やいちご大福といったら様々な場所で購入することができますが、その当時では新しい和菓子として生み出された商品です。いちご大福発祥のお店のいちご大福の味はどのような味なのか堪能してみたいと思いませんか。

昭和60年誕生のいちご大福はお店を代表するヒット商品に

「大角玉屋」のいちご大福は昭和60年に誕生した和菓子です。発売から現在にいたるまでこのいちご大福はお店を代表するヒット商品として多くの人たちに人気です。

外側のモチモチ食感のお餅と程よい甘さの餡、その中に入っている甘酸っぱいいちごが口の中で合わさり、なんとも言えない美味しさとなります。「大角玉屋」の元祖いちご大福は、いちご大福の餅の部分に豆が入っているのも特徴となっているおすすめの和菓子です。

「大角玉屋」の元祖いちご大福には、中の餡が2種類あります。こしあんと粒あんです。お好きなタイプの餡のいちご大福をいただくことができるのも人気の秘密といえます。

この美味しいいちご大福の味を求めて「大角玉屋」には多くの人たちが訪れます。「大角玉屋」のいちご大福は海外から観光などで来られる方などにも人気がある和菓子となっています。

「大角玉屋」いちご大福は素材にこだわった一品

「大角玉屋」では、美味しいいちご大福を作り上げる素材は全て厳選されたこだわりのものが使用されています。このこだわりこそがいちご大福の美味しさを生み出し、多くの人たちに人気の秘密といえます。

「大角玉屋」の元祖いちご大福に使われているモチモチ食感の餅の材料は宮城県産の宮こがねというもち米が使われています。小豆は北海道十勝産のもの、大粒小豆は京都丹波大納言を使用しています。

砂糖は一般にザラメとも呼ばれている結晶が大きめの白双糖、そしてお水もこだわっています。元祖いちご大福を作るのにつかわれるお水は新潟県越後湯沢の深層天然温泉水が使われています。

もちろん、いちご大福の中に入っているいちごも全て合わさった時に美味しくなるようにバランスなども考えられて厳選されたものが使用されています。

賞味期限はその日のみ

東京「大角玉屋」の元祖いちご大福の賞味期限についてご紹介したいと思います。「大角玉屋」の元祖いちご大福の賞味期限はその日のみとなっています。毎日丁寧に手作りされている元祖いちご大福は保存料が一切使われていないため、その日のうちに、美味しいうちにいただくことができます。

東京「大角玉屋」の元祖いちご大福は、なぜそのように賞味期限が短いのでしょうか。それは、元祖いちご大福は保存料が使われていないため、賞味期限がその日のみととても短いのです。

保存料が使われていない「大角玉屋」の元祖いちご大福は安心していただくことができますし、何より、使われているこだわりの素材の美味しさを存分に堪能することができる贅沢な逸品といえるのではないでしょうか。

「大角玉屋」の豊富な種類の和菓子

東京「大角玉屋」は元祖いちご豆大福の有名店ですが、いちご大福以外にもおすすめの和菓子がたくさんあると人気です。どのような和菓子があるのでしょうか。少し、ご紹介したいと思います。

東京「大角玉屋」には和菓子の定番ともいえる、「みたらしだんご」や「あんだんご」、甘さ控えめで粒あんの美味しさを存分に楽しめる「むしきんつば」などの生菓子があります。

他にも、粒あんと渋皮付きの栗がゴロっと入ったどら焼きや梅の甘露煮の入ったどら焼き、ブランデーをしみ込ませた生地で粒あんを挟んだどら焼きなど、おしゃれで珍しいどら焼きなども人気があります。

東京「大角玉屋」には、店舗で買っていただくことができる和菓子の他に贈答品も扱っています。美味しいと人気の元祖いちご大福は賞味期限がその日のため贈り物としては難しいですが、長年にわたり多くの人たちに愛されてきた「大角玉屋」の人気の和菓子を大事な方への贈り物として送ってみるのはいかがでしょうか。

「大角玉屋」の元祖いちご大福の口コミ

ここで、東京「大角玉屋」の元祖いちご大福の口コミについてご紹介したいと思います。これから東京「大角玉屋」の元祖いちご大福を食べてみたいと思っておられる方は、口コミなども参考にお店を訪れてみるのはいかがでしょうか。

「大角玉屋」の元祖いちご大福の口コミには、甘さ控えめで素材を生かしたクオリティの高い和菓子、粒あんの入っているいちご大福の餅は厚めでもちもちしていて餡と良く合っている、生地に練りこんである豆も良い、皮に豆の入っているいちご大福は珍しいなどの口コミがあります。

また、甘さより爽やかさを感じることができるいちご大福、甘すぎない餡といちごが良く合っている、何度食べても間違いない味、作り立てのいちご大福はお餅がいい具合に柔らかく美味しかった、元祖いちご大福は上品な大福などの口コミもあります。

さらに、いちごも豆も入っている大福は贅沢、豆の塩気も大福の良いアクセントになっている、いちご大福発祥のお店のいちご大福を食べることができ満足という口コミもありました。

東京「大角玉屋」は元祖いちご大福の有名なお店ですが、いちご大福以外の和菓子も定番の和菓子から季節限定の和菓子までたくさんあります。

口コミには、豊富な種類の和菓子があって良い、中にイチゴ以外の果物が入っている大福がある、和菓子には季節商品もある、季節を感じることができる和菓子がいい、どら焼きが美味しいなど元祖いちご大福以外の和菓子についての高評価の口コミも多数あります。

このように口コミからも東京「大角玉屋」の元祖いちご大福の人気の高さをうかがい知ることができます。また、口コミからは、リピーターの人たちも多いことがわかります。

多くの人たちの口コミからも、東京「大角玉屋」の元祖いちご大福の美味しさが伝わってくるのではないでしょうか。何度も足を運んで食べたくなる人気の味「大角玉屋」の元祖いちご大福はおすすめの和菓子です。季節限定の美味しい和菓子なども、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

「大角玉屋」の店舗情報

長年にわたり多くの人たちに愛されてきた「大角玉屋」の美味しいいちご大福の魅力について知ることができました。ぜひ、元祖いちご大福の味を堪能したいという方もおられるに違いありません。ここで、いちご大福を買うことのできる東京の本店を含めた店舗情報についてご紹介したいと思います。

人気和菓子店「大角玉屋」店舗、「大角玉屋本店」、「大角玉屋・銀座店」、「大角玉屋・四谷店」の3店舗の情報をご紹介していきます。

大角玉屋本店

「大角玉屋」の店舗情報の1店舗目にご紹介するのは、「大角玉屋本店」です。本店は、都営地下鉄新宿線の曙橋駅より徒歩約3分のところにあります。駅から近くアクセスの良いところにある「大角玉屋本店」にはいつもたくさんの人たちが訪れています。

「大角玉屋本店」の営業時間についてご紹介したいと思います。お店の営業時間は9時から19時30分までです。お店は年中無休で営業しています。

「大角玉屋本店」をはじめ、東京にある店舗はテイクアウトのみの販売となっています。美味しいいちご大福や他の和菓子を買って自宅でゆっくりといただいたり、手土産などにもおすすめです。

住所 東京都新宿区住吉町8-25
電話番号 03-3351-7735

大角玉屋・銀座店

「大角玉屋」の店舗情報の2店舗目にご紹介するのは、「大角玉屋・銀座店」です。店舗は、東京メトロ銀座線の銀座駅C7より徒歩約1分の銀座インズ1の1階にあります。

JR山手線の有楽町駅中央口からは徒歩約2分、東京メトロ日比谷線の日比谷駅中央口からも徒歩約2分でアクセスすることができます。ショッピングを楽しむことができる店舗の集まった銀座インズ1の中にある「大角玉屋・銀座店」は、駅近で便利に利用できるおすすめの和菓子店です。

「大角玉屋・銀座店」の営業時間についてご紹介したいと思います。お店の営業時間は、10時から20時までです。お店の定休日は1月1日となっています。

住所 東京都中央区銀座西3-1 銀座インズ1 1F
電話番号 03-3563-1535

大角玉屋・四谷店

「大角玉屋」の店舗情報の3店舗目にご紹介するのは、「大角玉屋・四谷店」です。店舗は、東京メトロ丸ノ内線の四谷三丁目駅より徒歩約1分のところにあります。都営地下鉄新宿線の曙橋駅からは徒歩約7分でアクセスすることができます。

「大角玉屋・四谷店」の営業時間についてご紹介したいと思います。お店の営業時間は、9時から19時30分までです。元祖いちご大福をはじめ、お土産などにもおすすめの様々な種類の和菓子がある地元の人たちをはじめ、多くの人たちに人気の店舗です。

住所 東京都新宿区四谷3-6
電話番号 03-3358-8612

「大角玉屋」のいちご大福を購入できる場所

美味しいと人気のいちご大福を購入することができる「大角玉屋」の店舗は東京に3店舗あります。店舗以外でこの美味しい元祖いちご大福を買うことができるところはあるのでしょうか。あります。

東京「大角玉屋」の店舗以外にも「大角玉屋」の絶品元祖いちご大福を買うことができる場所があります。店舗へ足を運ぶことができないという方でも、「大角玉屋」のいちご大福をお近くで購入することができるかもしれません。ぜひ、おすすめです。

ここで、店舗以外で「大角玉屋」のいちご大福を購入することができる場所についてご紹介したいと思います。「大角玉屋」のいちご大福は各曜日ごとに様々な場所で販売されています。いちご大福がお好きな方は、お近くの場所に足を運んでみるのをおすすめします。

東京「大角玉屋」の店舗の他に元祖いちご大福を購入することができる場所です。月曜日は池袋にあるそごう西武、火曜日は横浜のそごう西武、水曜日は日本橋三越本店と銀座三越で購入することができます。木曜日は池袋にあるそごう西武です。

金曜日は日本橋の高島屋と新宿の高島屋、土曜日は川口のそごう西武、日曜日は浦和にある伊勢丹です。土曜日や日曜日などにも店舗以外で買うことができる場所が設けられています。休みの日などに美味しいいちご大福を買って、自宅でゆったりとお茶を楽しんだりするのもおすすめです。

このように「大角玉屋」の美味しいいちご大福は、本店や他の店舗以外でも各曜日ごとに様々な場所で販売されています。お近くの場所、またはショッピングなどで訪れた際に購入してみるのはいかがでしょうか。いちご大福好きの方には、ぜひおすすめです。

Thumb銀座の和菓子ランキング!手土産におすすめの老舗や人気のカフェなど!
銀座には創業100年を超える老舗の和菓子店が多くあります。日本の伝統を伝える和菓子は、年齢を...
Thumb東京の和菓子ランキングBEST15!おすすめの老舗や人気のお土産もご紹介!
東京には美味しい和菓子が味わえる名店や有名店があります。老舗ならではの味わい深い和菓子が味わ...

東京「大角玉屋」は元祖いちご大福を食べてみよう!

東京「大角玉屋」の元祖いちご大福についてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。長年にわたり多くの人たちに愛されてきたいちご大福発祥の和菓子店の美味しいいちご大福は魅力たっぷりのおすすめ商品です。

こだわりの素材を使った元祖いちご大福は賞味期限はその日のみとなっています。ぜひ、「大角玉屋」の人気のいちご大福を購入し、美味しさを堪能してみるのはいかがでしょうか。厳選された素材で作られた絶品いちご大福を贅沢に味わうことができます。その日に食べることが可能なら、お土産などにもおすすめです。

いちご大福発祥の地「大角玉屋」の元祖いちご大福は歴史を感じることができるとともに、食べる人たちを幸せにしてくれるおすすめの逸品といえます。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
Canna

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ