平泉『中尊寺』は岩手一のおすすめ観光地!料金やアクセス・駐車場紹介!

岩手県の平泉にある「中尊寺」は。世界遺産にも登録されている場所です。今回は、中尊寺の成り立ちや境内のおすすめスポット、料金やアクセス、駐車場についてまとめました。みちのくの浄土と呼ばれる平泉の中心地である中尊寺で、心静かなひとときを過ごしてみませんか?

平泉『中尊寺』は岩手一のおすすめ観光地!料金やアクセス・駐車場紹介!のイメージ

目次

  1. 1世界遺産・平泉のメインスポット「中尊寺」
  2. 2平泉の中尊寺とは?
  3. 3平泉・中尊寺の成り立ち
  4. 4平泉・中尊寺の歴史
  5. 5平泉と中尊寺のキーワード「奥州藤原氏」
  6. 6平泉・中尊寺の参拝時間や料金は?
  7. 7平泉・中尊寺のおすすめスポット1:金色堂
  8. 8平泉・中尊寺のおすすめスポット2:本堂
  9. 9平泉・中尊寺のおすすめスポット3:讃衡蔵
  10. 10平泉・中尊寺のおすすめスポット4:峯薬師堂
  11. 11平泉・中尊寺のおすすめスポット5:弁慶の墓・弁慶堂
  12. 12平泉・中尊寺のおすすめスポット5:中尊寺ハス
  13. 13平泉・中尊寺の「藤原まつり」
  14. 14平泉・中尊寺へのアクセス1:電車
  15. 15中尊寺へのアクセス2:バス
  16. 16中尊寺へのアクセス3:自家用車
  17. 17中尊寺の駐車場
  18. 18中尊寺で味わいたい岩手・平泉のご当地グルメ
  19. 19平泉・中尊寺の御朱印
  20. 20平泉・中尊寺に行くなら「四寺廻廊」もおすすめ
  21. 21世界遺産・中尊寺に出掛けよう

世界遺産・平泉のメインスポット「中尊寺」

26066414 773139936211719 491616344840601600 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
ayanosekai0822

世界遺産にも登録されている平泉は、岩手県を代表するエリアです。特に「中尊寺」は、平泉観光では絶対にはずせないおすすめスポットです。今回は、旅の前に知っておきたい中尊寺や奥州藤原氏の歴史から境内おすすめのスポット、拝観料金・アクセス方法・駐車場などの基本情報まで、中尊寺参拝がより一層楽しくなる情報をご紹介します。

平泉の中尊寺とは?

18812140 214646582382013 5101086898877628416 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
chiyomi_in_wonder

中尊寺は、岩手県西磐井郡平泉町にある山寺です。歴史の教科書でおなじみの「中尊寺金色堂」をはじめ、平安時代に花開いた平泉の文化財が多数現存していることから、世界遺産にも登録されています。岩手県を代表する観光スポットであると共に、近年は岩手県きってのパワースポットとしても人気を集めています。

平泉・中尊寺の成り立ち

25007362 135951547086630 4335873307556446208 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
jim.chen.750546

中尊寺は、中心的存在である本堂と、金色堂など大小合わせて10の御堂、宝物館である讃衡蔵、白山神社から構成されています。境内は大変広く、「月見坂」と呼ばれる表参道の入口から金色堂までは徒歩15分ほどの坂道を上ります。参道は舗装されていますが急な坂道が続くので、スニーカーなどの歩きやすい靴で行くのがおすすめです。

平泉・中尊寺の歴史

中尊寺のはじまり

26224456 143517536346788 6998312225697955840 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
sqk_____1

中尊寺は、850年に比叡山延暦寺の慈覚大師円仁によって開かれたと伝わっています。円仁は日本の天台宗の開祖である最澄の弟子で、最澄や空海と共に「入唐八家」と呼ばれる高僧です。円仁が開山・再興した寺は、中尊寺の他にも関東と東北に500以上あると言われています。その中には、東京の浅草寺や目黒不動など現在でも有名な寺もあります。

奥州藤原氏の時代

14052241 295838447440325 1450507228 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
akiko3458

奥州藤原氏が平泉に入ると、初代・藤原清衡によって中尊寺に多数の堂塔が造られました。金色堂もこの時代に造られ、平泉の文化が大いに花開いた時代でもあります。清衡が造営した大長寿院は高さ15mもあったため、平泉入りした源頼朝がこれを見て大変驚き、鎌倉に戻ってから大長寿院を模した永福寺を建立したという逸話が伝わっています。

その後の平泉

14701086 1793809857575284 1157146425281216512 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
hiromichi_t

鎌倉時代以降は、平泉は政治の中心地ではなくなり、平泉の街も中尊寺も徐々に衰退していきました。その反面で、平安文化が残る街として人気を集めるようになり、伊達政宗・松尾芭蕉・明治天皇などの歴史上の偉人たちも中尊寺に足を運んでいます。中でも、松尾芭蕉が「奥の細道」で平泉や中尊寺にまつわる句を多数残しているのは非常に有名です。

世界遺産となった平泉と中尊寺

2011年には「平泉-仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群-」が世界遺産に登録され、中尊寺も世界遺産となりました。世界遺産登録を機に平泉と中尊寺の名は海外にも知れ渡るようになり、現在では国内外から多くの観光客が訪れる、岩手県を代表する観光スポットとなっています。

平泉と中尊寺のキーワード「奥州藤原氏」

16790374 163898057451262 5563687260710240256 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
taoken8

平泉や中尊寺を観光する上で重要なキーワードとなるのが、「奥州藤原氏」です。奥州藤原氏は平安時代末期に平泉を拠点に東北一帯を支配していた一族で、平泉や中尊寺の歴史は奥州藤原氏抜きには語れません。奥州藤原氏についての知識を持っておくと、平泉や中尊寺の旅が一層楽しめます。ここでは、奥州藤原氏について簡単にご紹介します。

初代・藤原清衡

奥州藤原氏の初代・藤原清衡は、京の藤原氏の流れを汲み官僚として東北に赴任した父と、東北地方の有力豪族・安倍家出身の母との間に生まれました。前九年の役で父を亡くし、清衡の母は敵方の有力豪族・清原氏の嫡男と再婚します。後三年の役を経て、清衡は清原氏唯一の生存者だったことから、東北地方を支配する立場となりました。

12139627 856239264491410 590494309 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
syuu_01

前九年の役で実父を亡くし、後三年の役で妻子を亡くすという不遇に遭った清衡は、この2つの戦乱で亡くなった人々の霊を慰めるため、平泉の中尊寺に多くの堂塔を造りました。「東北地方を仏国土に」という理想を掲げ、金色堂を造営したのも清衡です。また、平泉の街を整備し、その後の平泉と奥州藤原氏の隆盛の基礎を作りました。

2代・藤原基衡

12519562 1531248467181556 1057663851 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
zakusuzaku

2代目の基衡は、「東北地方を仏国土に」という父・清衡の理念を引き継ぎ、毛越寺を建立しました。度重なる火災で当時の伽藍は現存していませんが、当時の毛越寺は中尊寺の規模を超える40の堂塔と500の僧坊があり、鎌倉幕府の公式記録「吾妻鏡」にはわが国に無二の霊場であるとの記載があります。毛越寺の完成を見ぬまま、基衡は急逝しました。

3代・藤原秀衡

21576756 289739041511825 7528678615886594048 n
misopaso

奥州藤原氏の最盛期を築いたのが、3代目の藤原秀衡です。秀衡の時代には、平泉は京に次ぐ国内第2の大都市であったと言われています。秀衡は鎮守府将軍に任命され、それまで黙認状態だった東北地方の支配を正式に認可されました。源頼朝も秀衡には一目置いていたと伝わる英傑で、無量光院を建立するなど平泉の文化発展にも尽力した人物です。

23161207 1095304487238750 7213698758213632000 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
maki_109s

秀衡は、平泉に滞在した源義経を庇護した人物として、源平合戦の時代を描いた小説やドラマには必ずと言っていいほど登場する人物です。秀衡が病気で亡くなった後、秀衡という強力な後ろ盾を失った義経がたどった悲しい運命や、隆盛を誇った奥州藤原氏と平泉が急激に衰えていく様子は、多くの作品で伝えられています。

4代・藤原泰衡

20478622 118626235446260 3728723420490235904 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
cantanosuke

4代目の藤原泰衡も、父・秀衡と同様に源平合戦期を題材にした小説やドラマによく登場する人物です。泰衡は鎌倉の源頼朝から圧力を受けたことで源義経を自害に追い込みますが、泰衡自身も家臣の反逆に遭い鎌倉軍により斬首刑にされます。泰衡の死により、奥州藤原氏と華やかな平泉文化の時代は幕を下ろしたのです。

平泉・中尊寺の参拝時間や料金は?

中尊寺の参拝時間

15043400 212407429203547 2459472713786327040 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
john.budapest

中尊寺は年中無休で1年を通して参拝することができますが、参拝時間は季節によって異なります。3/1~11/3の参拝時間は8:30から17:00、11/4~2月末の参拝時間は8:30から16:30と設定されています。参拝時間終了の10分前に拝観券の発行が終了になりますので、夕方に参拝される方は特に時間にご注意ください。

中尊寺の拝観料金

中尊寺は基本的に無料で参拝をすることができますが、金色堂と讃衡蔵は拝観券が必要となります。料金は、金色堂と讃衡蔵のセットで大人800円です。団体で利用される方や障害者手帳をお持ちの方は、割引料金も設定されています。該当される方は、中尊寺公式ホームページや拝観券発行窓口で詳しい料金をご確認ください。

平泉・中尊寺のおすすめスポット1:金色堂

28752269 1454761247967603 5371971572863074304 n
sr1998det

中尊寺で絶対に見ておきたいおすすめスポットが、「金色堂」です。金箔に包まれて、螺鈿(夜光貝の細工)や漆の蒔絵などで彩られた金色堂は、見る者すべてを唸らせる美しさです。須弥壇の上にはご本尊の阿弥陀如来、その前に観音菩薩・勢至菩薩、左右に3体の地蔵菩薩が並び、最前列では持国天と増長天が仏界を保護しています。

金色堂の須弥壇の中には、奥州藤原氏の初代・清衡から3代・秀衡のご遺体(ミイラ)と、4代・泰衡の首級が安置されています。1950年には奥州藤原氏ご遺体についての学術調査が行われており、体格や健康状態、血液型まで判明しています。血筋が明らかな親子4代のご遺体は、世界でも類を見ない貴重なものだそうです。

中尊寺の長い歴史においては、火災で御堂が焼失してしまうトラブルもありました。ところが金色堂だけは火事を免れ、奥州藤原氏の時代から現存している唯一の建築物です。その歴史・文化的価値から、国宝建造物第1号に登録されています。現在は、防湿・防虫・防塵のためガラススクリーンに覆われており、ガラス越しに見学することができます。

中尊寺金色堂と「黄金の国ジパング」

27891876 595526297457830 8546046966902030336 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
hanamaki.airport

マルコ・ポーロが記した「東方見聞録」には、日本のことが「黄金の国ジパング」として紹介されています。それによると、ジパングでは莫大な量の金が産出され、宮殿や民家が黄金で出来ているとのことです。これは平泉を指していると考えられており、黄金の宮殿は中尊寺金色堂のことではないかと言われています。

13745070 310121249333920 437622788 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
dolcia_cn

マルコ・ポーロの「東方見聞録」は当時のヨーロッパの人々に大きな影響を与え、大航海時代にはコロンブスなど多くの航海士たちが黄金の国ジパングを目指して船旅に出ました。数多の航海士が一目見たいと思いながらもたどり着けなかった中尊寺金色堂は、海外の人々にとっても非常に魅力的な存在であることがうかがえます。

合わせて見学したい「金色堂旧覆堂」

16110529 1974461799448116 8076627468313690112 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
minachi0727

鎌倉時代に造られた「金色堂旧覆堂」は、1962~1968年に行われた昭和の大修理までの長きにわたって、金色堂を風雨から守ってきた建物です。伊達政宗・松尾芭蕉・明治天皇といった歴史上の偉人たちは、この旧覆堂の中で金色堂を参拝したそうです。現在は木々に囲まれてひっそりとしている旧覆堂で、歴史ロマンに浸ってみてはいかがでしょうか。

平泉・中尊寺のおすすめスポット2:本堂

本堂の入口にある門は「中尊寺本坊表門」です。江戸時代に造られたもので、薬医門という形式のものです。伊達政宗の十男で、「伊達騒動」でお家断絶となった伊達兵部宗勝の屋敷にあった門を移築したものだと伝わっています。非常に重厚感があり、この門をくぐって本堂に向かうだけでも心が洗われるような気持ちになります。

19624363 743827499138320 454551344011804672 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
lucky10230702

中尊寺の本堂は、1909年に再建されたものです。金色堂のようなきらびやかさはありませんが、重厚感のある佇まいです。ご本尊は、2013年に新しく迎えられた釈迦如来坐像です。ご本尊の両脇にある灯籠は「不滅の法灯」と呼ばれており、最澄が灯して以来消えたことがないという灯を比叡山延暦寺から分けて頂いたものだそうです。

平泉・中尊寺のおすすめスポット3:讃衡蔵

10838579 1512384505698976 116821531 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
amagaeru.san

「讃衡蔵」は、中尊寺に現存する3000点以上の国宝・重要文化財を収容するミュージアムです。「讃衡蔵」という名称には、奥州藤原氏三代(清衡・基衡・秀衡)の偉業をたたえるという意味があるそうです。仏教美術に興味がない方でも思わず見入ってしまいそうな、素晴らしい仏像や美術品ばかりが展示されています。

平泉・中尊寺のおすすめスポット4:峯薬師堂

28427644 350079392065339 3334447205128863744 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
nyy_rx

月見坂を上がって本堂の先にある「峯薬師堂」は、目にご利益があると言われている珍しい御堂です。絵馬を奉納することでご利益があると言われており、目のお守りを購入することもできます。眼病快癒や視力回復の願い事はもちろん、パソコンを使ったデスクワークなどで目を酷使している方にもおすすめです。

平泉・中尊寺のおすすめスポット5:弁慶の墓・弁慶堂

弁慶の墓

11190870 532276800246020 2138576302 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
yy_tzk_725

源義経の従者であった武蔵坊弁慶も平泉で亡くなったと伝わることから、中尊寺には弁慶ゆかりのスポットもあります。「弁慶の墓」は中尊寺の表参道入口付近の広場にあります。松の木に囲まれた静かな場所で、ここには弁慶の墓と伝わる小さな五輪塔が残っています。駐車場から参道に入る場合は見逃してしまいがちなので、ご注意ください。

弁慶堂

11374681 1595942213997965 629662334 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
shinji.s1968official

弁慶堂は、中尊寺の表参道(月見坂)沿いにある御堂です。この御堂は1827年に造られたもので、当初は「愛宕堂」と呼ばれていました。後に義経と弁慶の木像が置かれたことから、明治時代から「弁慶堂」と呼ばれるようになったそうです。ご本尊は、勝軍地蔵です。スポーツ・受験・仕事のプロジェクトなどで勝運を祈願したい方におすすめです。

平泉・中尊寺のおすすめスポット5:中尊寺ハス

11378471 377066265818749 760340868 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
kiyo0126

1950年に行われた奥州藤原氏のご遺体調査の際に、4代・泰衡の首桶からハスの種が発見されました。そのうちの一粒が、1998年に800年の眠りから目覚めて見事に開花しました。この古代ハスは「中尊寺ハス」と呼ばれており、7月中旬から8月中旬には立派な花を咲かせる、中尊寺の夏の風物詩となっています。

平泉・中尊寺の「藤原まつり」

春の藤原まつり

毎年5月のゴールデンウィークに開催される「春の藤原まつり」は、毎年多くの人が見物に訪れる中尊寺の一大イベントです。特に人気なのが、5/3に行われる「源義経東下り行列」です。これは、平泉に逃げのびた源義経を、藤原秀衡が迎えた様子を再現したものです。毎年、旬の若手俳優が源義経役に起用されることもあり、特に多くの人が訪れます。

秋の藤原まつり

「秋の藤原まつり」は、毎年11/1~3に開催されています。この時期の平泉は紅葉シーズンで、紅葉と共に祭を楽しむことができます。10月下旬から11月中旬まで中尊寺境内では「菊まつり」も開催されており、秋の藤原まつり期間中は秋の草花と伝統芸能を楽しめる3日間となっています。

仙台-平泉間は「藤原まつり号」に乗ってみよう

藤原まつりに合わせて運行されているのが「藤原まつり号」です。藤原まつり号は、仙台駅と平泉駅間を往復する臨時特急です。仙台経由で平泉にアクセスする際には、是非乗車したい列車です。運行日程についてはその年によって異なりますので、興味がある方はJR東日本の公式サイト等で詳細をご確認ください。

平泉・中尊寺へのアクセス1:電車

新幹線でのアクセス

18722225 477846015889037 5124362804123402240 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
teeee1021

新幹線で平泉にアクセスする場合は、東北新幹線「一ノ関駅」が最寄りとなります。一ノ関駅から平泉駅までのアクセスは、JR東北本線で約10分、バス・タクシー・レンタカーを利用する場合の所要時間は15~20分ほどです。一ノ関駅周辺は宿泊施設や飲食店が多いので、電車でアクセスする場合には一ノ関駅周辺を拠点にするのもおすすめです。

平泉駅から中尊寺へのアクセス

14280523 138367746615332 437057204 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
tommy0531

平泉駅から中尊寺の参道入口までは、約1.4kmあります。徒歩の場合は約20分、平泉駅前にはレンタサイクルもありますので中尊寺まで自転車でアクセスするのもおすすめです。レンタサイクルの料金は2時間で500円、1日で1000円に設定されています。また、2時間3000円の料金で公道用のゴーカート(要普通免許)を貸し出しているショップもあります。

Thumb岩手・一関ランチおすすめランキングTOP7!郷土料理に人気の個室も紹介!
個性あふれる飲食店が集まる一関は、岩手南部を代表するランチスポットです。女子におすすめしたい...

中尊寺へのアクセス2:バス

平泉観光に欠かせないのが、岩手交通の平泉町巡回バス「るんるん」です。平泉駅を起点に、毛越寺・中尊寺・高館義経堂など平泉の観光スポットを巡ります。「るんるん」を利用して平泉駅から中尊寺までアクセスする場合の乗車時間は、約10分です。1乗車あたりの料金は150円、お得な1日フリー乗車券の料金は400円とリーズナブルなのも人気です。

中尊寺へのアクセス3:自家用車

23416582 492849044425015 3281171773659283456 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
mihokology

高速道路から中尊寺までアクセスする場合は、東北自動車道「平泉前沢IC」が最寄りです。マイカー利用の方に人気なのが、国道4号沿いにある「道の駅平泉」です。ここには24時間無料駐車場があり、平泉巡回バス「るんるん」の路線でもあります。車を道の駅平泉の駐車場に停めて平泉観光はバスを利用すると、駐車料金の節約になると人気です。

中尊寺の駐車場

第一駐車場・第二駐車場

26068885 200601240502527 4511221545053454336 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
kinukokikuchi

中尊寺の周辺には、いくつかの駐車場があります。最もわかりやすい駐車場が、月見坂の入口脇にある「第一駐車場」です。収容台数148台と広めですが、混雑しやすいのが難点です。料金は1回400円です。第一駐車場の反対車線にある「中尊寺第二駐車場」は、322台収容可能の大型駐車場です。料金は第一駐車場と同じく、1回400円です。

坂の上駐車場

「坂の上駐車場」は、第一駐車場から町道を上った場所にあります。中尊寺に最もアクセスしやすい駐車場で、月見坂をショートカットしたい方におすすめです。ただ、中尊寺までの道のりには急な階段があります。高齢の方や小さなお子さんが同行する場合は、第一駐車場または第二駐車場の利用がおすすめです。収容台数180台、料金は1回500円です。

中尊寺の駐車場が混雑する時期は?

23161749 1899099303740764 6991746320213999616 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
zen.8823

中尊寺は、岩手県南部が紅葉シーズンを迎える毎年10月下旬~11月下旬に最も多くの人々が訪れます。この時期は、駐車場や周辺道路も混雑や渋滞が発生します。中尊寺まで車でアクセスされる方は、比較的空いている早めの時間に到着するようにしたり、中尊寺に限らず近隣の駐車場を利用するなど、混雑回避の工夫をされることをおすすめします。

中尊寺で味わいたい岩手・平泉のご当地グルメ

中尊寺第1駐車場内や中尊寺周辺には飲食店が立ち並び、岩手のご当地グルメを味わうことができます。岩手県の名物「わんこそば」はもちろん、「ずんだ餅」などの餅料理もおすすめです。平泉を含む岩手県南部は餅食文化で、この地域の餅はうるち米(ご飯用の米)で作られているのが特徴です。独特の滑らかな食感の餅料理を、ぜひご賞味ください。

Thumb平泉おすすめランチ人気店を厳選紹介!そばも前沢牛もおすすめで外せない!
平泉は平安時代後期に、奥州藤原氏三代が栄えた時代の遺跡が2011年に6月に世界文化遺産に登録...

平泉・中尊寺の御朱印

中尊寺では、本堂以外の御堂でも御朱印を書いて頂けることから、御朱印集めをしている方からも人気を集めています。中尊寺で御朱印を頂けるのは、本堂・金色堂・讃衡蔵・白山神社・大日堂・経蔵・弁財天堂・阿弥陀堂・峯薬師堂・薬師堂・地蔵堂・道祖神・弁慶堂の13ヶ所です。中には、書き置きのみの対応としている御堂も一部あります。

中尊寺で御朱印集めをする時におすすめなのが、金色堂で御朱印帳を購入することです。金色堂で購入した御朱印帳には御朱印を見開きで書いて頂けるので、これから御朱印集めを始めたい方はもちろん、既に御朱印帳を持っているという方も、中尊寺専用に新しく購入してはいかがでしょうか。料金は、御朱印帳+御朱印で2000円です。

中尊寺で秘仏御開帳をしている時には、限定の御朱印を頂くこともできます。中尊寺は御朱印を書いて頂ける御堂が多いのが魅力ですが、すべての御朱印を頂くにはかなり時間がかかります。御朱印集めを中心に参拝したい方は、日帰りではなく宿泊をして時間に余裕を持った行程で参拝されることをおすすめします。

平泉・中尊寺に行くなら「四寺廻廊」もおすすめ

11263373 940895299276111 1290597122 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
hoshi_iki

慈覚大師円仁が開いたと伝わる岩手県平泉町の「中尊寺」と「毛越寺」、そして宮城県松島町の「瑞巌寺」、山形県山形市の「立石寺(山寺)」では、「四寺廻廊御朱印」を頂くことができます。「佛法僧寶」の全4種類の御朱印の中から、中尊寺では「佛」の印を頂けます。中尊寺参拝を機に、四寺廻廊に挑戦してみてはいかがでしょうか。

世界遺産・中尊寺に出掛けよう

26072197 393285754452282 798797435257225216 n.jpg? nc ht=scontent hkt1 1.cdninstagram
megyu1988

いかがでしたか。境内が広い中尊寺は、金色堂のみならず見どころが多い魅力的なスポットです。ぜひ時間に余裕を持って、ゆっくりと拝観されることをおすすめします。岩手県一のおすすめ観光地とも言われる中尊寺で、浄土を感じる心静かな時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

関連記事

Original
この記事のライター
canariana

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ