LCCの機内持ち込み手荷物情報まとめ!スーツケースのサイズ・重量を比較!

皆さんは、LCCと呼ばれる格安航空会社を利用されたことがあるでしょうか。機内持ち込みなども必要最低限のサービスによって、航空運賃を大幅に安くした航空会社です。LCCの機内持ち込み手荷物のスーツケースのサイズ・重量を比較してご紹介します。

LCCの機内持ち込み手荷物情報まとめ!スーツケースのサイズ・重量を比較!のイメージ

目次

  1. 1LCCの機内持ち込み手荷物について解説
  2. 2日本に就航しているLCC航空会社とは?
  3. 3LCCの機内持ち込み手荷物のサイズ
  4. 4LCCの機内持ち込み手荷物の個数
  5. 5LCCの機内持ち込み手荷物の重量
  6. 6LCCの機内持ち込み手荷物の持ち込み不可のもの
  7. 7LCCの機内持ち込み手荷物の重量を増やすオプションも
  8. 8LCCの受託手荷物は有料なので注意
  9. 9LCCの機内持ち込み手荷物は公式サイトを要チェック!
  10. 10LCCの機内持ち込み手荷物の重量・個数に注意しよう!

LCCの機内持ち込み手荷物について解説

皆さんは、ローコストキャリアと言われる通称LCCという航空会社を利用して旅をしたことはありますでしょうか。2004年には航空業規制緩和が行われ、それを機に、日本を含むアジアではLCCの風が吹きました。

一気に知名度を上げたLCC(格安航空)は、従来型の航空会社である「レガシーキャリア」のお株を奪う成長を見せました。LCC(格安航空会社)が急成長した背景には、機内持ち込みできるスーツケースのサイズ・重量制限や食事などのサービスも必要最低限にしてコストを大幅にカットして運賃を抑えて運航したためです。

LCC(格安航空会社)は、運賃は安いですが、機内持ち込みできるスーツケースのサイズ・重量制限などもあるので注意が必要です。機内持ち込みできるスーツケースのサイズ・重量制限を守らないと追加料金などが発生することもあります。

機内持ち込みできるスーツケースのサイズ・重量制限や食事などのサービスなどのルールを守ると、格安で日本国内や海外に旅行もできるのでおすすめです。LCC(格安航空会社)の機内持ち込み手荷物でスーツケースなどのサイズ・重量を比較してご紹介します。

日本に就航しているLCC航空会社とは?

LCC(格安航空会社)の機内持ち込み手荷物でスーツケースなどのサイズ・重量を比較してご紹介する前に、日本で就航している人気のLCC(格安航空会社)をいくつかご紹介しておきましょう。

かつては、エアアジアジャパンもLCCとして日本で就航していましたが、今は撤退しています。日本で現在、就航している人気のLCC(格安航空会社)から、「ピーチ・アビエーション」と「ジェットスター・ジャパン」、「春秋航空日本」をご紹介します。

また、スカイマークやソラシドエアが格安の航空運賃を提供していますが、これらの航空会社はLCC格安航空会社ではないため、今回のご紹介からは除外します。

「ピーチ・アビエーション」と「ジェットスター・ジャパン」、「春秋航空日本」ともに、公式サイトがあり、現在の運行状況などについても詳しく掲載されていますので、利用前にはチェックをしましょう。

ピーチ・アビエーション

ピーチ・アビエーションは、関西国際空港を拠点にしている格安航空会社で、成田空港からも発着しています。ANAホールディングス株式会社の連結子会社でもあります。最近では、バニラエアとの経営統合も行われました。

ピーチ・アビエーションは、沖縄線も強い格安航空会社で、バンコクから沖縄などの便もあり、最近では、タイの方も沖縄をよく訪れています。設立は、2011年になります。

ジェットスター・ジャパン

ジェットスター・ジャパンは、2011年に、カンタス航空グループと日本航空、三菱商事が設立した格安航空会社になります。成田国際空港と関西国際空港、中部国際空港を拠点にしています。

現在、国内線は、日本航空(JAL)とのコードシェア便として運航されています。ローソンのLoppiで航空券を購入できてとても便利です。

春秋航空日本

春秋航空日本は、「しゅんじゅうこうくうにほん」と読み、SPRING JAPAN(スプリング・ジャパン)と呼ばれています。中国の格安航空会社春秋航空によって、2012年から日本で運航をしている格安航空会社になります。

東京・成田から札幌・新千歳と広島、佐賀などに就航しています。現在は、需要が少ないこともあり、週末土日運航しています。海外便では、東京・成田から南京や上海などにも就航しています。

ThumbLCCセール情報まとめ!時期や航空会社メールなどお得な入手方法を紹介
国内・海外旅行がお得な価格で楽しめる「LCCセール」。LCCセールはあまりお金のない学生や、...

LCCの機内持ち込み手荷物のサイズ

ここでは、LCCの機内持ち込み手荷物のサイズについてご紹介しましょう。ここからは、日本国内に就航しているLCCをメインにお話しをしていきます。海外LCCの機内持ち込み手荷物については、のちほどご紹介していきます。

国内LCCの航空会社はそれぞれの規定の中で、機内持ち込み手荷物のサイズについては制限を設けています。このように機内持ち込み手荷物のサイズについて制限を設けることで、コストを落として格安料金を実現させています。

ここでは、国内LCCで人気のピーチ・アビエーションやジェットスター・ジャパン、スプリング・ジャパンなどを例にご紹介しましょう。

スーツケースを持ち込む場合は注意

LCCの機内持ち込み手荷物で、スーツケースを持ち込む場合は注意が必要になります。スーツケースはどうしても重さもサイズも大きなものになりがちなので、この点は注意しましょう。それでは、それぞれのLCC国内航空会社別にみていきます。

ピーチ・アビエーションやスプリング・ジャパンの機内持ち込み手荷物ですが、サイズは、3辺の合計が115センチ以内のものに限ります。このサイズ内に収まるスーツケースであれば機内持ち込み手荷物として持ち込みできます。

ジェットスターもスーツケースなどは同じく3辺の合計が115センチ以内のものに限ります。スーツカバーなどは「高さ114センチ・幅60センチ・奥行11センチ」合計185センチと規定されています。

国内LCCの航空会社は、基本的にはサイズに関しては、3辺の合計が115センチ以内と頭に入れておくと良いでしょう。航空会社によって、ひとつひとつの辺のサイズは若干違いますので、公式サイトでチェックしましょう。

LCCの機内持ち込み手荷物の個数

こちらでは、LCCの機内持ち込み手荷物の個数についてご紹介しましょう。LCCの機内持ち込み手荷物の個数ですが、航空会社によって若干の表現の違いがありますので、それぞれ解説をしていきましょう。

ピーチ・アビエーションの機内持ち込み手荷物の持ち込み可能個数は、身の回りの品を含め1人2個までとなっています。ジェットスターは、スーツケースなどの手荷物1個とハンドバッグなどの手回り品1個の合計2個となっています。

スプリング・ジャパンについては、個数に関しては1個と公式サイトには明記されています。スプリング・ジャパンについても表現は若干違うものの身の回り品のハンドバックの他に1個となります。

LCCの機内持ち込み手荷物の重量

LCCの機内持ち込み手荷物では、サイズと個数の他に、重量も制限がかかっています。重量もまた、ガソリンなどの輸送コストに関係してくるので、制限がかけられています。

LCCの機内持ち込み手荷物の重量ですが、国内LCCの場合、ほとんどの航空会社でも基本的には同じ重量制限となっています。

日本の航空会社は7kgまで

ピーチ・アビエーションやスプリング・ジャパン、ジェットスターの機内持ち込み手荷物を公式サイトで確認をしてみると、重量が7キロまでと記載されています。この7キロですが、持ち込み個数の合計で7キロになるのでその点は注意が必要です。

ひとつひとつの重量が7キロではなく、持ち込みできる手荷物個数の合計の重量が7キロとなっています。

必ず、ご利用する航空会社の公式サイトで、サイズや重量、個数制限などを必ず確認をした上で予約などを行うようにしましょう。

重量をオーバーした場合は?

ピーチ・アビエーションやスプリング・ジャパン、ジェットスターの機内持ち込み手荷物は合計7キロまでですが、その重量を超えた場合には、どのような扱いになるのかについてご紹介しておきましょう。

どこのLCC航空会社もサイズや個数、重量を超えた場合には、受託手荷物料金を支払い預け荷物扱いとなります。このようなことになると、預け荷物の手続きとなり、定時に運航ができない事態にもなりかねないのでご注意ください。

注意したいのは、ネットショッピングなどで、機内持込スーツケースという製品名で販売されているスーツケースの中には、若干大きさが超えているものもあるので購入時には注意が必要となります。

LCCの機内持ち込み手荷物の持ち込み不可のもの

ここでは、LCCの機内持ち込み手荷物の持ち込み不可のものについてご紹介しましょう。LCCの機内持ち込み手荷物の持ち込み不可のものには、花火やクラッカーなどの火薬類、ライター用燃料など引火するもの、殺虫剤、液体バッテリー、大型磁石、漂白剤、ホルマリンなどの有害物質などです。

基本的には、常識の範疇と行った感じのものばかりです。持ち込み不可以外には、機内持ち込みはできるものの預けるのに条件があるものもあります。

ライター・マッチは、喫煙用で1人1個までです。お茶などの飲料水は問題ありませんが、アルコール度数が70度を超えるようなものは制限があります。スマホなどの予備バッテリーですが、100Whを超え160Wh以下はひとり2個まで可能です。

LCCの機内持ち込み手荷物の重量を増やすオプションも

LCCの機内持ち込み手荷物の重量を増やすオプションもあるので、それについて解説しましょう。

この機内持ち込み手荷物の重量を増やすオプションを受け付けている航空会社は、ジェットスターのみが取り扱っています。その他のLCC航空会社では対応していないのでご注意ください。

ジェットスターの機内持ち込み手荷物の重量を増やすオプションについてご紹介しましょう。エコノミークラスの「Starter FlexiBiz」運賃やビジネスクラス運賃でお支払いをしている方は、機内持込手荷物1個あたりの重量が10キロ以内の場合、合計14キロまで可能となっています。

また、プラス7キロのオプションを追加でお支払いした方も同じように対応してもらえます。これは、重量を増やすオプションということで、サイズや個数に関しては増やすことはできないのでご注意ください。

プラス7キロのオプションですが、予約が完了したあとにも追加オプションを公式サイトから申し込みできます。ただし、この追加オプションは、数に限りがあります。予約とともに事前購入の場合は国内線1290円からで、予約後の購入は2060円になります。

オンライン以外では、空港チェックインカウンターでは4000円、空港搭乗ゲートでは4500円になります。予め、重量が超えそうな場合には、早めの申込がお得です。

LCCの受託手荷物は有料なので注意

ここでは、LCCの受託手荷物についての取り扱いについてご紹介しましょう。LCCの受託手荷物は有料なので注意が必要です。予め、重量やサイズ、個数などの規定を各航空会社の公式サイトで確認の上、制限を超えないようにしましょう。

最近では、サイズや重量のチェックも厳しくなっている傾向にあるので、しっかりとサイズや重量をチェックしましょう。LCCの受託手荷物は、どこのLCC航空会社も有料となっています。また、その料金も4000円以上とどこも高めの設定なのでご注意ください。

LCCの機内持ち込み手荷物は公式サイトを要チェック!

LCCで2泊くらいの国内旅行を楽しむ際には、手荷物だけで気軽に出かけたいものです。LCCで国内旅行をすると、航空運賃もリーズナブルなのでおすすめです。ただし、無料で利用できる機内持ち込み手荷物の制限を超えてしまうと追加料金も馬鹿になりません。

ですので、予約を予定しているLCC国内航空会社の公式サイトで、サイズや個数、重量などの制限を予めチェックしてから利用するようにしましょう。ほとんどの国内LCCの場合は、重量や個数、サイズなども一部の航空会社を除いて同じと思っていただいて良いです。

海外LCCの機内持ち込み手荷物について

こちらでは、海外LCCの機内持ち込み手荷物についてご紹介しましょう。海外LCCで日本人がよく利用するエアアジアを例にご紹介すると、基本的には国内LCCと機内持ち込み手荷物に関する限度は同じと考えて良いでしょう。

各辺の長さが56センチ・36センチ・23センチ以内のスーツケースと40センチ・30センチ・10センチ以内のハンドバッグなどの手回り品の合計2個までが、機内持ち込み手荷物の規定になります。

重量に関しても国内LCCと同じく、合計で7キロの制限となっていますので、ご注意ください。このLCCの機内持ち込み手荷物については規定も変わることもあるので、最新の規定については、公式サイトを必ず確認しましょう。

LCCの機内持ち込み手荷物の重量・個数に注意しよう!

LCCの機内持ち込み手荷物のサイズや重量・個数について詳しくご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。年々、LCCの需要が伸びているのと同じく、機内持ち込み手荷物のサイズや重量・個数は厳格なルールが定められてきました。

最近では、以前よりも増して、LCCの機内持ち込み手荷物のサイズや重量・個数のチェックは厳しくなっています。そのため、航空券を予約をする際には、必ず、利用する航空会社の公式サイトにて、機内持ち込み手荷物の規定を確認をしてから予約をしましょう。

LCCは、格安航空会社ということもあり、安い航空運賃が魅力です。機内持ち込み手荷物のサイズや重量・個数のオーバーで追加料金が発生するのはもったいないです。LCCの機内持ち込み手荷物のサイズや重量・個数をチェックして、気軽に旅行を楽しみましょう。

関連記事

Noimage
この記事のライター
phoophiang

新着一覧

最近公開されたまとめ