調神社は浦和の兎だらけのパワースポット!御朱印や人気のお守りは?

埼玉県さいたま市の浦和にある「調神社」は、兎だらけのパワースポットとして人気があります。境内のあちこちに兎がいて、御朱印やお守りなども兎がモチーフです。境内のおすすめスポットや御朱印、お守りなど、「調神社」についてお伝えします。

調神社は浦和の兎だらけのパワースポット!御朱印や人気のお守りは?のイメージ

目次

  1. 1【浦和】兎だらけの人気パワースポット?調神社とは?
  2. 2調神社の特徴
  3. 3調神社のご利益
  4. 4調神社の境内
  5. 5調神社のお守り
  6. 6調神社の御朱印
  7. 7調神社はアニメの聖地としても人気
  8. 8調神社の基本情報とアクセス
  9. 9浦和のおすすめパワースポットの調神社へ参拝してみよう!

【浦和】兎だらけの人気パワースポット?調神社とは?

埼玉の浦和にある「調神社(つきじんじゃ)」をご存じですか?神社には普通あるはずの鳥居や狛犬がなく、代わりにかわいい狛兎が出迎えてくれる珍しい神社です。狛兎以外にも、拝殿や手水舎、池の噴水、お守り、御朱印など、境内のあちこちに兎がいます。

「つきじんじゃ」という社名から、「ツキを呼ぶ」神社ともいわれていて、勝負運や金運のパワースポットとしても人気です。初詣やお祭りなどは多くの参拝客で賑わいます。

この記事では、浦和の人気パワースポット「調神社」についてご紹介します。「調神社」に伝わるスピリチュアル七不思議をはじめ、ご利益や境内のおすすめスポット、お守り、御朱印、アクセスなどをまとめてご紹介しますので、気になる方は要チェックです。

調神社の特徴

調神社(つきじんじゃ)は、埼玉県さいたま市浦和区岸町にある神社です。地元の人には「つきのみや」と呼ばれることが多いです。寛文8年(1668年)に編纂された調宮縁起によると、第9代天皇の開化天皇の時代に奉納の社として創建されたといわれています。

また、第10代崇神天皇の時代に、伊勢神宮を創設したとされる倭姫命(やまとひめのみこと)がこの場所に伊勢神宮に献上する調物(貢ぎ物)を集めるための倉を建てて、武蔵野(関東一帯)の初穂米や調の集積所と定めたのが始まりともいわれています。

2000年以上の歴史があり、埼玉県でも指折りの古社です。月と同じ読み方をすることから、古くから月待信仰があります。月待とは、多くの人が集まって月にお供え物をしたり酒宴を催したりしながら、月が出るのを待って除災と幸福を祈る行事です。

調神社に伝わるスピリチュアル七不思議

調神社には、スピリチュアル的な七不思議の伝説があります。スピリチュアル七不思議の1つ目は、「鳥居がないこと」です。調神社に鳥居がないのは、伊勢神宮への貢ぎ物の運搬の邪魔になることから倭姫命の命令で鳥居をなくした名残だといわれています。

ただし、調神社の入口には、鳥居の代わりに注連柱(しめばしら)がありますので、何もないというわけではありません。注連柱は二本の石柱の上に注連縄を渡したもので、鳥居の原型といわれています。また、裏参道や境内社には鳥居が設置されています。

スピリチュアル七不思議の2つ目は、「松の木がないこと」です。弟神の素盞嗚尊(すさのおのみこと)が大宮へ出かけ、姉神の天照大御神(あまてらすおおみかみ)が待っていてもなかなか戻って来なかったため「もう待つのは嫌だ」といったのが由来とされています。

スピリチュアル七不思議の3つ目は、「御手洗の池に魚を放つと必ず片目になること」です。スピリチュアル七不思議の4つ目は、「兎が神使であること」です。月と同じ読み方であることから、月神の使いとされる兎が神社の守り神になったのです。

スピリチュアル七不思議の5つ目は、「日蓮聖人駒つなぎのケヤキ」です。日蓮が佐渡に流される途中に、ケヤキに馬をつないで難産で苦しむ女性のために安産祈祷をしたところ無事に出産したため、そのケヤキが安産の守護神として信仰の対象になったといわれています。

スピリチュアル七不思議の6つ目は「蠅がいないこと」、スピリチュアル七不思議の7つ目は「蚊がいないこと」です。蠅と蚊がいない理由は神様が嫌うからだそうです。

かわいい御朱印

先ほど、調神社に伝わるスピリチュアル七不思議でご紹介したように、調神社では兎が神様の使いです。そのため、神社のあちこちに兎がモチーフとして使われています。狛犬が兎だったり、手水舎の水口や池の噴水が兎だったり、いろいろなところに兎がいます。

神社で参拝した後に御朱印を頂く方も多いかと思いますが、調神社では御朱印にも兎の印が押されるため、御朱印がかわいい神社としても人気です。御朱印だけでなく、兎がデザインされたお守りもあります。兎好きにおすすめの神社です。

調神社のご利益

続いては、浦和の「調神社」のご利益についてご紹介しましょう。「調神社」の御祭神は、天照大御神(あまてらすおおみかみ)、豊宇気姫命(とようけひめのみこと)、素盞嗚尊(すさのおのみこと)の3柱となっています。

天照大御神は、ご存じの通り日本神話の最高神で、あらゆる願い事を聞いてくれるといわれています。豊宇気姫命は、食物・穀物を司る神様です。素盞嗚尊は、多くのご利益がありますが、厄除けや五穀豊穣、学問上達、縁結びなどが代表的です。

「つきじんじゃ」という社名から、調神社は「ツキを呼ぶ」神社ともいわれています。そのため、勝負運や金運のパワースポットとしてもおすすめです。浦和レッズの選手や監督もシーズン前に必勝祈願で訪れます。また、宝くじ当選の祈願などでも人気です。

調神社の境内

続いては、浦和の「調神社」の境内のおすすめスポットについてご紹介しましょう。「調神社」の社殿は、1858年(安政5年)に建てられた権現造の社殿です。権現造は本殿と拝殿が一体となっているのが特徴で、日光東照宮や北野天満宮などが代表的です。

拝殿の飾りや境内社・稲荷神社の彫刻など、境内のいろいろなところに兎がいますので、ぜひたくさんの兎を探してみてください。全部で何羽の兎がいるのかは、神主さんでもわからないそうです。参拝客には見えない場所にもいるようです。

また、境内にはケヤキやムクノキの巨木が生い茂っていて、古木林が形成されています。「調神社の境内林」として、さいたま市の指定天然記念物に認定されています。

神楽殿

境内のおすすめスポットの1つ目は、「神楽殿」です。「調神社」の境内では、社殿以外にもさまざまな建造物を見ることができ、そのうちの1つが「神楽殿」です。

神に奉納するために奏する舞楽のことを神楽といい、その神楽を舞うための建物を神楽殿といいます。「調神社」の駐車場の隣にある建物が神楽殿です。

神楽殿の舞台には、その年の干支が書かれた大きな絵馬が飾られています。また、右手上部には大きな熊手も飾られています。この熊手は、「十二日まち」のものです。

十二日まちとは明治時代から続く大歳市で、毎年12月12日に「調神社」とその周辺で開かれます。約1000店の露店が出店し、境内ではかっこめ(熊手)が授与されます。

神池の兎

境内のおすすめスポットの2つ目は、「神池の兎」です。神楽殿の近くには「神池」という池があり、その池にも兎がいます。七不思議の池とは別の池です。

神池の中央に兎の石像が設置されていて、その兎の口から水が勢いよく池に注がれています。神池には亀も住んでいるのですが、こちらは本物の生きている亀です。

神池に架かっている橋を渡ると朱色の鳥居が立っていて、さらにその先に石造りの鳥居があり、その鳥居の奥に「調神社」の境内社である「稲荷神社」が鎮座しています。その稲荷神社の社殿に使われているのは、「調神社」の旧本殿です。

1733年(享保18年)に造営されたもので、現在は覆殿に覆われています。さいたま市指定の有形文化財です。2017年に修復工事が行われ、造営当時に近い姿が蘇っています。稲荷神社の向拝蟇股や脇障子にも兎がいますので、見逃さないようにしましょう。

狛兎

境内のおすすめスポットの3つ目は、「狛兎」です。一般的な神社には狛犬がいますが、調神社では狛兎が出迎えてくれます。全国的に見ても珍しいです。

紅色の御影石で作られています。右側の狛兎は親兎が子兎を優しく抱いているような像で、左側の狛兎は子兎が親兎を見上げているような像となっています。

入口にあるのは、先代の狛兎を基に2013年に復刻したものだそうです。境内に先代の狛犬も置かれています。先代の狛犬は、1861年(蔓延2年)に奉納されたものです。

狛兎の前を通り過ぎて、注連柱のしめ縄をくぐると、右側に手水舎があります。手水舎にも兎の石像が設置されていて、兎の口からチョロチョロと水が出る造りになっています。かなり大きな像で、横から見るとインパクトがありますが、とてもかわいいです。

調神社のお守り

続いては、浦和の「調神社」のお守りについてご紹介しましょう。浦和の「調神社」のお守りはいろいろな種類がありますが、やはり兎がモチーフになったお守りが多いです。

白と銀を基調とした調神社御守は、定番の袋タイプのお守りで、裏側に法被を着た兎の刺繍が施されています。初穂料は1000円です。他には、交通安全のお守り、安産のお守り、病気平癒のお守り、学業成就のお守り、合格のお守りなどが揃っています。

キーホルダータイプのお守りやピンバッチタイプのお守り、小さな絵馬のお守りなどもあります。また、兎の形をした神楽焼のお守りも人気です。入口にある狛兎と同じように、親兎が子兎を抱いているような姿になっています。初穂料は大1000円、小500円です。

調神社の御朱印

続いては、浦和の「調神社」の御朱印についてご紹介しましょう。「調神社」の御朱印は、社殿に向かって右側にある授与所で頂けます。初穂料は500円です。

右下に「浦和鎮座」、中央に大きく「調神社」と墨書きされていて、左側に参拝した年月日が記されています。さらに、「調神社」という文字と重なるように中央に四角い朱印が押され、右上には「延喜式内社」と書かれた兎の印も押されています。

「調神社」は、オリジナルの御朱印帳も人気です。御朱印帳にもしっかり兎がいます。「調神社」の御朱印帳は白と銀を基調としていて、全体に社紋の刺繍が施されたデザインです。表紙の右上に兎の刺繍が入っていて、裏表紙には社殿の刺繍が入っています。

表紙を開くと、最初のページに「調神社神璽」と書かれた御札が貼られています。初穂料は、御朱印込みで2000円です。神社専用の御朱印帳として使うようにしてください。

取り置きはできないので注意が必要

御朱印は神様の分身のようなものですので、御朱印を頂くときにはマナーを守る必要があります。「調神社」では書き置きの御朱印の授与は行っていないため、御朱印の取り置きはできません。必ず御朱印帳を持参して、御朱印帳に御朱印を押印してもらいましょう。

また、「調神社」では、お寺の御朱印が混ざった御朱印帳を持参すると御朱印を頂けませんので注意が必要です。御朱印帳もお寺のものではなく、神社の御朱印帳や文房具店・ネットショップなどで購入した御朱印帳を持参するようにしてください。

Thumb埼玉で人気の御朱印・御朱印帳まとめ!有名な社寺を巡れるルート紹介!
バラエティーなどでは何かとネガティブに扱われることが多い埼玉県ですが、浦和レッズが代表で、サ...

調神社はアニメの聖地としても人気

兎で有名な調神社ですが、実はアニメの聖地としても人気です。2012年から放送が開始した「戦姫絶唱シンフォギア」というアニメに調神社が登場しているのです。

戦姫絶唱シンフォギアは現在までに第5期まで制作されていて、2017年に放送された第4期「戦姫絶唱シンフォギアAXZ」のエピソード9で調神社が登場しています。

聖地巡礼に訪れるファンも多く、調神社の境内にはシンフォギアのキャラクターが描かれた絵馬も奉納されています。特に、シンフォギアのライブの当選を祈願するファンが多いようです。ちなみに絵馬にも兎がデザインされています。

調神社の基本情報とアクセス

最後に、浦和の「調神社」の基本情報とアクセスについてご紹介しましょう。基本情報としては御朱印・祈祷の受付時間や主な行事、アクセス情報としては最寄駅からのアクセス方法などについてご紹介します。「調神社」へ行ってみようと考えている方は参考にしてください。

基本情報

まずは、「調神社」の基本情報についてです。「調神社」の御朱印や祈祷の受付時間は、9時~16時となっています。参拝自体は24時間可能です。

「調神社」では、一年を通してさまざまな行事が行われます。主な行事には、1月1日の歳旦祭、2月3日の節分祭、4月3日の春祭、6月30日の大祓式、7月19日の神幸祭、7月20日の例祭、11月23日の秋祭、12月12日の大歳市祭(十二日まち)があります。

アクセス

次は、「調神社」へのアクセスについてです。「調神社」へ電車でアクセスする場合には、JR浦和駅西口から徒歩10分です。県道34号(県庁通り)を西へ進み、浦和駅西口交差点で左に曲がります。県道213号(旧中山道)を南へ進んでいくと、左側にあります。

「調神社」には参拝者専用の無料駐車場がありますが、駐車できる台数は少ないです。大晦日やお正月、十二日まちの日などには駐車場が利用できず、近隣のコインパーキングも満車になる可能性が高いです。できるだけ電車などでアクセスすることをおすすめします。

住所 埼玉県さいたま市浦和区岸町3-17-25
電話番号 048-822-2254

Thumb埼玉のおすすめ神社BEST11!有名パワースポットで御朱印・お守りを入手!
埼玉県内には数多くの神社があります。個性豊かな御朱印やお守りがあったり、人気のパワースポット...

浦和のおすすめパワースポットの調神社へ参拝してみよう!

浦和の「調神社」のスピリチュアル七不思議やご利益、境内のおすすめスポット、お守り、御朱印、アクセスなどをご紹介しました。

「調神社」は境内のあちこちに兎がいることで人気となっている神社ですが、勝負運や金運をアップしたいときにおすすめのパワースポットでもあります。浦和のおすすめパワースポット「調神社」へ参拝してみてはいかがでしょうか?

関連記事

Original
この記事のライター
Hayakawa

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ