鎌倉文学館はバラの名所でも有名なスポット!見どころやアクセス方法は?

神奈川・鎌倉にある「鎌倉文学館」は、とても人気の観光スポットです。歴史を感じることができる建物の他にも、バラの名所としても知られていて、みどころ豊富です。神奈川・鎌倉にある「鎌倉文学館」について、いろいろなピックアップした情報をまとめて紹介します。

鎌倉文学館はバラの名所でも有名なスポット!見どころやアクセス方法は?のイメージ

目次

  1. 1鎌倉文学館に行ってみよう!
  2. 2バラの名所・鎌倉文学館とは?
  3. 3鎌倉文学館の歴史
  4. 4鎌倉文学館のみどころ
  5. 5鎌倉文学館の基本情報
  6. 6鎌倉文学館へのアクセス
  7. 7鎌倉文学館周辺のおすすめスポット
  8. 8人気のスポット・鎌倉文学館へ訪れてみよう!

鎌倉文学館に行ってみよう!

神奈川・鎌倉にある「鎌倉文学館」は、みどころ満載のとても評判の観光スポットです。歴史ある建物や、きれいなバラを見ることができ、見頃の時期にはよりたくさんの人が集まります。神奈川・鎌倉にある「鎌倉文学館」について、基本の情報やアクセスなどのことをあわせて一挙に紹介していきます。是非、ゆっくりと見に行ってみてください。

バラの名所・鎌倉文学館とは?

「鎌倉文学館」は、神奈川県の鎌倉市・長谷1丁目にある、歴史があって見ごたえ抜群のとても素晴らしい洋館です。

旧加賀藩主の前田家の別邸として建てられた洋館は、とても趣を感じることができる建物となっていて、一見の価値ありです。

館内にある常設展では、川端康成をはじめ夏目漱石・芥川龍之介・与謝野晶子などの鎌倉にゆかりがある文学者たちの直筆の原稿や手紙・愛用の品々などが展示されています。

また、時期や季節に合わせてさまざまな展覧会・展示会などが行われているのであわせて眺めておくと見識を深めることができるでしょう。

イベントなども行われているので、事前にホームページなどを確認して参加してみるといつもとは一味違った楽しみ方をすることができます。

さらには、庭園にはみどころの一つとして大変人気となっているバラ園があり、とても美しい花がたくさん咲き誇り、見るものを圧倒させます。

自然豊かな場所にある洋館であり、普段の喧騒から離れてほっと一息つきたい時・普段とは違った雰囲気を思う存分堪能したい時などにぴったりのスポットとなっています。

神奈川・鎌倉の近隣に観光や仕事などで行くスケジュールがあるときには、是非少しだけ時間をとって「鎌倉文学館」にも行ってみると良いです。ほっと心が安らぐ場所です。

Thumb鎌倉・江ノ島のデートスポットおすすめ15選!定番コースから穴場も!
東京から1時間半ほどでアクセスできる鎌倉と江ノ島は、どちらも人気の観光スポットでデートで訪問...
Thumb鎌倉のおすすめ美術館まとめ!アクセス・料金・見どころなど詳しく紹介!
関東の人気観光スポットである鎌倉・葉山エリアにはおしゃれでおすすめの美術館がたくさんあります...

鎌倉文学館の歴史

神奈川・鎌倉にある「鎌倉文学館」は、1890年(明治23年)頃に、旧加賀藩主で第15代前田家の当主であった前田利嗣が鎌倉の別邸としてつくったのが始まりである、とされています。

その建物は、「聴涛山荘」と名付けられとても大切にされてきましたが、1910年(明治43年)に火事で焼失してしまいました。

その後、洋風建築で再建されましたが、1923年(大正12年)に起こった関東大震災で倒壊してしまいました。のちに建て直され「長楽山荘」と名前がつけられました。

そして、1936年(昭和11年)には侯爵であった前田利為が改築をし、全体的に洋風な洋館として現在見ることができる建物となりました。

第二次世界大戦後には、デンマーク公使や内閣総理大臣であった佐藤栄作の別荘として使われたこともありました。

その後、1983年(昭和58年)に鎌倉市へと寄贈され、1985年(昭和60年)10月に「鎌倉文学館」として開館しました。2000年(平成12年)4月には、国の登録有形文化財に指定されています。

鎌倉文学館のみどころ

神奈川・鎌倉にある「鎌倉文学館」には、さまざまなみどころが点在しているので、是非あわせてじっくりと見て回っておくとより深く魅力を堪能することができるでしょう。

「鎌倉文学館」で押さえておきたい人気でおすすめのみどころスポットを選りすぐって2つだけ紹介します。

バラ園

「鎌倉文学館」の人気でおすすめのみどころスポットの一つ目は、「バラ園」です。本館前の庭園にあります。

「鎌倉文学館」には、約600平方メートルもの広い「バラ園」があり、約200種類・約250株ものバラをたっぷりと楽しむことができるようになっています。

「鎌倉文学館」の「バラ園」にあるバラには、鎌倉・静の舞・化粧坂・星月夜・禅などの鎌倉ならでは名前がつけられているバラもたくさんあります。

また、フランスやドイツなどの西洋のバラも豊富にあり、見頃の時期ともなると甘い香りに包まれて大変優雅な気持ちになれます。

色とりどりのとても美しいバラと洋館の調和は素晴らしく、まるで物語の世界観に飛び込んでしまったかのように思え、とてもロマンチックなひと時を楽しむことができます。

バラが見頃の時期には、バラまつりが行われることもあり、バラの解説やコンサート・ワークショップなどが開かれます。

「鎌倉文学館」のバラの見頃の時期は、例年5月中旬頃から6月下旬頃と、10月中旬頃から11月下旬頃の年に2回あります。

建築物

「鎌倉文学館」の人気でおすすめのみどころスポットの二つ目は、「建築物」です。「鎌倉文学館」の本館のことです。

「鎌倉文学館」の本館は、スパニッシュとハーフテインパーを基調とした洋風のデザインと、切妻屋根などの和風のデザインが混在していて、ここだけのオリジナルの独特な外観の建物となっています。

3階建てとなっているおしゃれ感満載の建物の内部は、アール・デコ風の様式があちこちに見られます。

玄関や暖炉には大理石が使われていて、モザイク模様の床の寄木貼り・窓にあるステンドグラスなど、とても重厚感を感じるものばかりがあり、とても素敵で美しいものとなっています。

館内は写真撮影は禁止となっていますが、とても貴重な建物をじっくりと眺めてみることをおすすめします。

Thumb鎌倉のおすすめ観光名所&穴場スポット完全網羅!見所満載の人気プランあり!
侍の都とも呼ばれている神奈川県の観光名所「鎌倉」。鎌倉には小町通りをはじめとしたおすすめの観...
Thumb鎌倉のデートスポット&コース完全ガイド!人気のランチ・食べ歩きもあり!
鎌倉でデートにおすすめのスポットやコースをご紹介します。鎌倉は関東エリアでも大変人気の観光ス...

鎌倉文学館の基本情報

「鎌倉文学館」は、神奈川県・鎌倉市の長谷1丁目にある、とても歴史を感じることができる素敵な洋館です。

開館時間は、3月から9月までが9時から17時までで最終入館時間は16時30分、10月から2月までが9時から16時30分までで最終入館時間は16時となっています。

毎週月曜日や、年末年始・展示替え期間・特別整理期間などは休館日となっています。ただし、月曜日が祝日となる場合には開館となります。また、5月・6月・10月・11月は、月1回のみ休館となります。

営業時間や休館日などは、社会的な状況や天候・その他の条件などによって、変わることもあるので、事前にホームページやSNSなどでチェックをしてから出かけると良いでしょう。

観覧料金は、それぞれの展覧会・展示会によって異なりますが、だいたい大人が500円・小中学生が200円ほどとなっています。

また、20人以上の場合は団体料金が適用となり、ちょっぴり割引料金で観覧することができるので、複数家族での旅行やグループ旅行などの時にはうまく活用してみるのもおすすめです。

鎌倉文学館へのアクセス

神奈川・鎌倉にある「鎌倉文学館」へ行ってみたい、と思った時に、知っていたらすぐに行動に移すことができ、時間を有効的に利用することができるアクセス方法について、紹介します。

小さな子どもを手を引いてのファミリーや3世代・カップル・グループなど、それぞれにあったアクセス方法をチョイスしてみてください。

公共交通機関でのアクセス

神奈川・鎌倉にある「鎌倉文学館」に電車を利用してアクセスしようと思っている場合は、江ノ島電鉄の「由比ヶ浜駅」で降りると徒歩約7分、江ノ島電鉄の「長谷駅」で降りると徒歩約9分、JRの「鎌倉駅」で降りると徒歩約20分などでアクセスすることができます。

バスを利用する場合には、JRの「鎌倉駅」から大仏方面行のバスに乗り、「海岸通バス停」で降りると徒歩約3分でアクセスすることができます。

車でのアクセスと駐車場

神奈川・鎌倉にある「鎌倉文学館」に自動車を利用してアクセスしようと思っている場合は、横浜横須賀道路・「朝比奈インターチェンジ」、さらには「逗子インターチェンジ」などで降りることができるようにしっかりとしたスケジューリングをしてからアクセスをすることをおすすめします。

一般的な道路を用いてのアクセスを考えている人は、県道311号線・県道32号線・国道134号線・県道21号線などを使うのが良いでしょう。

神奈川・鎌倉にある「鎌倉文学館」には、来館者のみが使用することができる専用の駐車場は設けられていません。自動車で行くことを考えている時には、必ずあらかじめ周辺のコインパーキングなどの駐車場情報を集めておき、当日に慌てて駐車場探しをすることがないようにしておくと良いです。

「リパーク由比ガ浜第3」は、約7台分の駐車スペースがあるフラップ板がある駐車場です。24時間年中無休営業となっています。料金は、全日8時から18時までが25分200円、18時から翌朝8時までが60分100円となっています。最大料金は、8時から18時までの平日が1200円、土・日・祝日が2000円、全日18時から翌朝8時までが300円です。

「タイムズ鎌倉由比ガ浜第4」は、約5台分の駐車スペースがある平地で自走式の駐車場です。24時間営業なので、いつでも好きな時に入・出庫が可能です

料金は、7時から22時までの平日が30分220円、土・日・祝日が30分330円、全日22時から翌朝7時までが60分110円となっています。最大料金は、7時から22時までの平日が1320円、土・日・祝日が2200円、全日22時から翌朝7時までが550円となっています。

鎌倉文学館周辺のおすすめスポット

神奈川・鎌倉にある「鎌倉文学館」の周辺には、いろいろな見どころスポットがあるので、あわせて巡っておくことをおすすめします。

「鎌倉文学館」の近くにある、人気があっておすすめしたいみどころスポットの厳選した情報を紹介します。

鎌倉大仏殿高徳院

人気でおすすめのみどころスポットその1は、「鎌倉大仏殿高徳院」です。神奈川県・鎌倉市の長谷4丁目にある、鎌倉大仏の名前でとても有名なお寺です。

浄土宗のお寺の一つであり、山号は大異山・正式名称は大異山高徳院清浄泉寺(しょうじょうせんじ)と言います。ご本尊は国宝にも指定されているとても大きな阿弥陀如来像です。

大仏(阿弥陀如来像)の高さは約11.31メートル、台座も含めると約13.35メートル、重量は約121トンもあり、その大きさはとても迫力があります。

大きさは奈良の大仏には及びませんが、1252年(建長4年)の建築当初の様相をしっかりと保っていて、とても貴重で重要な価値のある大仏となっています。

「鎌倉大仏殿高徳院」に電車で行きたい場合には、江ノ島電鉄の「長谷駅」で降りると徒歩約7分で行くことができます。自動車では、横浜横須賀道路・「朝比奈インターチェンジ」または「逗子インターチェンジ」などの利用がおすすめです。

参拝可能時間は、4月から9月までが8時から17時30分まで、10月から3月までが8時から17時までとなっています。料金は、大人が300円、小学生が150円となっています。 

長谷寺

人気でおすすめのみどころスポットその2は、「長谷寺」です。神奈川県・鎌倉市の長谷3丁目にある、花の寺としても知られているお寺です。

浄土宗系統のお寺であり、山号を海光山・院号を慈照院と言います。ご本尊である十一面観音立像は、木彫りの仏さまとしては高さが約9.18メートルもあり、日本最大級の尊像である、とされています。

境内にある眺望散策路には、約40種類・約2500株ものアジサイの花があり、見頃の時期になるととても素晴らしい景色である、と評判です。

その他にも、紅葉をはじめ、つつじ・ぼたん・藤などの四季折々の花々を楽しむことができ、とても心が癒される、と人気となっています。

「長谷寺」に電車で行きたい時には、江ノ島電鉄の「長谷駅」で降りると歩いて約5分で行けます。自動車での時には、横浜横須賀道路・「逗子インターチェンジ」、さらには「朝比奈インターチェンジ」などで降りるのが良いでしょう。

開門時間は、3月から9月までが8時から17時までで閉山が17時30分、10月から2月までが8時から16時30分までで閉山が17時となっています。拝観料金は、大人が400円、小学生が200円となっています。

源頼朝像

人気でおすすめのみどころスポットその3は、「源頼朝像」です。神奈川県・鎌倉市の扇ガ谷4丁目にある、源氏山公園にある像です。

源氏山公園にある「源頼朝像」は、源頼朝が鎌倉に入ったその800年を記念してつくられたものであり、1180(治承4年)頃の若い時期の源頼朝の像となっています。

高さが約2メートルあり、甲冑姿のとても勇ましい「源頼朝像」であり、周囲には四季を感じることができる木々が植えられているので、季節によって眺めることができる風景が変わります。

「源頼朝像」がある源氏山公園への電車でのアクセス方法は、JRの「鎌倉駅」で降りると徒歩約25分で到着することができます。自動車でのアクセス方法は、横浜横須賀道路・「逗子インターチェンジ」であったり、「朝比奈インターチェンジ」などで降りると到着できます。

24時間好きな時に自由に行くことができる公園となっていますが、マナーを守った利用を心がけることが重要です。

Thumb高徳院(鎌倉大仏院)の見どころは?御朱印・拝観料・アクセスなどリサーチ!
神奈川県の古都の代名詞である鎌倉市。その中でも高徳院は「鎌倉大仏」が置かれる場所として、遠足...
Thumb長谷寺は鎌倉観光の名所!アクセス・見どころ・所要時間まで徹底ガイド!
神奈川県鎌倉市「長谷寺」は、「鎌倉の大仏さん」と並んで鎌倉を代表する観光スポットです。「長谷...

人気のスポット・鎌倉文学館へ訪れてみよう!

神奈川・鎌倉にある「鎌倉文学館」は、とても人気の観光スポットです。バラや洋館・展覧会などみどころ満載でとてもゆったりとした時間を過ごすことができます。神奈川・鎌倉の周辺に行く予定がある人は、是非ほんの少しだけ時間をみつけて「鎌倉文学館」へも足を延ばしてみることをおすすめします。すっと気分転換ができます。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
mina-a

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ