辛口の日本酒人気ランキングベスト21!プレゼントにおすすめの高級銘柄も!

日本酒と一概に言っても、純米酒や吟醸酒、甘口や辛口など、細かく分ければその種類はたくさんあります。そんな中、今回の記事では、本当に美味しい辛口の日本酒ランキングをご紹介していきます。辛口日本酒の世界をどうぞお楽しみください。

辛口の日本酒人気ランキングベスト21!プレゼントにおすすめの高級銘柄も!のイメージ

目次

  1. 1辛口の日本酒を徹底比較してランキングベストを発表!
  2. 2日本酒は米の種類や精米歩合によって様々な味わいに
  3. 3辛口日本酒おすすめ人気ランキング第21位から第11位
  4. 4辛口日本酒おすすめ人気ランキング第10位から第8位
  5. 5辛口日本酒おすすめ人気ランキング第7位から第6位
  6. 6辛口日本酒おすすめ人気ランキング第5位から第4位
  7. 7辛口日本酒おすすめ人気ランキング第3位:石川酒造「多満自慢 純米無濾過」
  8. 8辛口日本酒おすすめ人気ランキング第2位:旭酒造「獺祭 純米大吟醸45」
  9. 9辛口日本酒おすすめ人気ランキング第1位:高木酒造「十四代 本丸 秘伝玉返し」
  10. 10自分好みの辛口日本酒を見つけよう!

辛口の日本酒を徹底比較してランキングベストを発表!

はるか昔から、日本の酒造りの先頭に立っているお酒といえば、米からアルコール発酵させて醸す日本酒です。全国には日本酒の酒蔵がたくさん点在しており、本当に数え切れないほどの銘柄が存在しています。

本記事では、数ある日本酒の中から辛口の日本酒にスポットを当てて、ランキングベスト21をご紹介していきます。高級料亭にもある超有名な銘柄から、辛口好きがこぞって絶賛する本格辛口日本酒まで、注目度マックスの内容となっています。

日本酒は米の種類や精米歩合によって様々な味わいに

日本酒は主に米と米麹というシンプルな素材から造られますが、完成した味わいは銘柄によって全然違うものとなります。日本酒には特定名称という種類分けがあり、製造方法や精米歩合によって純米酒、純米吟醸、大吟醸など、全部で8種類に区分されます。

高いランクの純米大吟醸酒や大吟醸酒になると、雑味がなく透き通った味わいのものが多いです。さらに、洋梨を思わせるフルーティーな香りをまとった銘柄もあり、日本酒という同じジャンルなのに、まるで全く違うお酒に感じるのが日本酒の奥深いところ。

辛口日本酒おすすめ人気ランキング第21位から第11位

さっそく辛口日本酒のランキングベスト編へと突入していきます。まず最初のトピックでお届けするのが、ランキング第21位から第11位までとなります。

下位とは言いましても、世の中に数え切れないほど存在する辛口日本酒のうちの21位ですので、選びに選び抜かれた本当に美味しい日本酒です。辛口日本酒の入門編にもおすすめですので是非チェックしてみてください。

第21位:秋田酒類製造「高清水 上撰本醸造辛口」

ランキング第21位にご紹介するのは、秋田酒類製造「高清水 上撰本醸造辛口」です。古くから稲作が盛んな秋田の地で醸造された人気の辛口日本酒となります。高清水は秋田が誇る銘酒のひとつとして知られており、地元民だけでなく全国にファンがいるとのこと。

日本酒造りに欠かせない水には、酒蔵の地下に湧く清冽な秋田の軟水を使っているそうです。こちらの上撰本醸造辛口は、辛口の日本酒初心者から上級者まで楽しめるようなクオリティで、スッキリとした辛さと満足する飲みごたえを兼ね備えています。

初心者におすすめな飲み方は、冷蔵庫でしっかり冷やしてから飲むと、アルコールアタックをあまり感じないで飲めます。一方、辛口を飲み慣れている方には、冷やかお燗でいただくのがおすすめ。冬に飲む辛口の熱燗は最高です。

第20位:宮尾酒造「〆張鶴 純」

ランキング第20位にご紹介するのは、宮尾酒造「〆張鶴 純」です。1819年創業、現在まで200年以上も続く新潟県村上市にある老舗の酒蔵であり、質の良い酒造好適米と澄んだ水をもって美味しい日本酒を造っています。

おすすめの辛口日本酒である「〆張鶴 純」は、旨みもしっかりと感じられる純米吟醸酒です。淡麗さだけでなく優しい甘みも感じられ、雑味の少ない澄み切った味わいの辛口日本酒という印象となります。料理の味を邪魔しないので食中酒にもおすすめ。

日本酒にまだ飲み慣れていない方から、がっつり日本酒好きな方まで美味しくいただける1本です。お世話になっている人への贈答用にもピッタリ。

第19位:齋彌酒造「雪の茅舎 純米吟醸」

ランキング第19位にご紹介するのは、齋彌酒造「雪の茅舎 純米吟醸」です。たくさんある辛口日本酒の中でも、全体的なバランスが良い1本で、家族との食事シーンや晩酌など色んなシチュエーションで活躍します。

自社培養酵母によって醸されたお酒は、一口飲んだだけで分かるふくよかな味わい。辛口があまり得意でない方でもスイスイ飲めるような品があります。

さらに、低温貯蔵&高性能火入れ装置を採用することにより、旨みと芳醇な香りをそのまま閉じ込めています。高品質なのにお手頃価格なので、是非一度味わってみてはいかがでしょう。

第18位:朝日酒造「久保田 萬寿」

ランキング第18位にご紹介するのは、朝日酒造「久保田 萬寿」です。久保田といったら、新潟県長岡市にある朝日酒造の代表銘柄であり、全国的にも人気の高級日本酒として知られています。新潟の米と水を用いて醸造された、新潟の恵みが詰まったお酒です。

ランキングベストに連ねる久保田 萬寿は1986年にリリースされた日本酒で、奥深い味わいと華やかな香りが見事にマッチ。辛口というより、辛さと甘みが調和した秀逸な出来栄えで、酒米のコクがしっかり出ているインパクトある味わいの日本酒です。

プレゼント用にもおすすめで、日本酒好きの友人やお世話になっている方へプレゼントすれば、きっと喜んでもらえることでしょう。

第17位:加藤喜八郎酒造「大山 燗麗辛口」

ランキング第17位にご紹介するのは、加藤喜八郎酒造「大山 燗麗辛口」です。辛口日本酒の中でも、こちらはお燗専用に造られた日本酒であり、冬のシーズンになるとついつい飲みたくなります。

加藤喜八郎酒造が「気軽に美味しいお燗酒を」との強い思いによって生み出したそうで、燗酒にすると高級日本酒にも負けないくらい美味しくなるとのこと。

本醸造ならではの荒々しさに加え、キレのあるテイストを特徴に持っています。お燗専用に造られた銘柄ではありますが、冷やまたは冷酒でいただいても十分美味しいです。

第16位:出羽桜酒造「出羽桜 桜花吟醸酒」

ランキング第16位にご紹介するのは、出羽桜酒造「出羽桜 桜花吟醸酒」です。出羽桜酒造といえば、日本国内だけでなく世界的にも知られる有名酒造であり、世界一の称号である「チャンピオン・サケ」を2度も獲得しています。

出羽桜の中でも、たくさんの方から愛される定番酒というのが、こちらの桜花吟醸酒となります。最初に発売されたのが1980年にさかのぼり、現在の吟醸ブームの火付け役になったとも言われています。

これを飲んでから日本酒の美味しさに目覚めたという方も多くいるそうで、辛口日本酒をまだ飲んだことない方への入門編としてもおすすめ。値段もお手頃なのに高級酒にも劣らないクオリティで、コスパの面でも魅力的です。

第15位:神亀酒造「神亀純米清酒」

ランキング第15位にご紹介するのは、神亀酒造「神亀純米清酒」です。こちらの神亀酒造は埼玉県に蔵を構える、1848年創業の老舗蔵元で純米酒にこだわってお酒造りに勤しんでいるとのこと。酒米と米麹には、酒造好適米の代名詞である山田錦を使っています。

こちらの神亀純米清酒は、山田錦の精米歩合60%で醸された辛口純米酒であり、柔らかさとキレの良さを兼ね備えた奥深い味わいの1本となります。淡麗辛口ではなく濃醇辛口のお酒なので、最初にふっくらさを感じ、後からスーッと消えていくような印象です。

第14位:立山酒造「本醸造立山」

ランキング第14位にご紹介するのは、立山酒造「本醸造立山」です。富山県にある酒蔵「立山酒造」の人気銘柄で、芳醇な香りとキリッとした辛口の美味しさ際立つ本醸造酒となります。質の高い味わいなのに、手に取りやすい価格帯なので普段飲みにピッタリ。

辛口ながら旨みも程よく感じられ、何杯飲んでもクドさがないので、日本酒初心者の方でも飲みやすいでしょう。冷やでもお燗でも美味しくいただけるのも、この銘柄が愛される理由のひとつ。

第13位:黒龍酒造「黒龍 純吟」

ランキング第13位にご紹介するのは、黒龍酒造「黒龍 純吟」です。黒龍酒造といえば福井県を代表する歴史ある酒蔵として有名で、普段飲み用のお酒からプレゼントに人気の高級日本酒まで揃っています。

本銘柄はプレゼント用というより、晩酌や家飲みにおすすめしたい一本となっております。通年販売している人気銘柄で、比較的近くの酒屋さんでも手に入りやすいです。

福井県産の米「五百万石」を使用しており、精米歩合は55%とのこと。低音でじっくり時間をかけて仕込むことにより、酒米の旨みを目いっぱい引き出しフレッシュな飲み心地に仕上がっています。

食中酒としても非常に優秀で、さばの味噌煮や茄子と豚肉のピリ辛味噌炒めといった、ジャンル問わず味噌を使った料理との相性が良いとのこと。

第12位:今西清兵衛商店「春鹿 純米 超辛口」

ランキング第12位にご紹介するのは、今西清兵衛商店「春鹿 純米 超辛口」です。本銘柄は、普通の辛口じゃ物足りないという方にピッタリな、日本酒度+12の超辛口となります。辛口好きの友人へプレゼントしたら喜ばれること間違いなし。

超辛口ながら上品な香りとふくよかな旨みも楽しめる飲み口で、色んな要素が複雑に絡み合っています。さらに、辛口らしいシャープさは一級品で終盤にかけてのキレ味の鋭さは、さすが超辛口といったところ。

第11位:宮坂醸造「真澄 純米吟醸 辛口生一本」

ランキング第11位にご紹介するのは、宮坂醸造「真澄 純米吟醸 辛口生一本」です。本銘柄は長野県諏訪市にある宮坂醸造の看板商品であり、どなたでも美味しく飲めるような万能タイプの辛口日本酒となります。

これまで数々の品評会で実績を残してきた銘酒で、透き通るような透明感ある美味しさをコンセプトに何度も改良を重ね生まれた1本とのこと。

酒米には、長野県産美山錦、兵庫県加東市山国地区産の山田錦、長野県産山恵錦を用いているそうです。精米歩合55%で、全量自社で精米しているこだわりっぷり。飲み方は冷酒がおすすめで、ラベルがカッコいいのでプレゼントにも最適です。

Thumbスパークリング日本酒のおすすめ11選!口コミで人気の銘柄ばかり!
スパークリング日本酒は新しいトレンドとして、女性や若い世代を中心に注目されています。アルコー...

辛口日本酒おすすめ人気ランキング第10位から第8位

続いてのトピックからは、辛口日本酒ランキング第10位から第8位までをご紹介していきます。ここからいよいよトップ10へ突入となります。誰もが知る高級銘柄から、辛口日本酒マニアが絶賛するディープなお酒まで揃い踏み。

誕生日や大切な記念日に美味しい日本酒をプレゼントしたいけど、どれを選べば良いか分からないという方にも参考になるでしょう。

第10位:八海醸造「八海山 純米吟醸」

ランキング第10位にご紹介するのは、八海醸造「八海山 純米吟醸」です。八海山といえば全国的知名度のある銘酒であり、高級和食店や人気居酒屋などでも見かけます。

ただ美味しいだけでなく、食事の邪魔をしない、いつまでも飲み飽きないのが八海山というお酒の真骨頂です。辛口なんだけど、尖ったところが一切なく、旨みがありつつ軽快な口当たりで飲みやすさもバツグンとなっています。

辛口でありながら、ふくよかな旨みやまろやかな甘みも兼ね備えた、食中酒としては少し高級な1本でプレゼント用のお酒としても申し分ないです。

第9位:酔鯨酒造「酔鯨 特別純米酒」

ランキング第9位にご紹介するのは、酔鯨酒造「酔鯨 特別純米酒」です。特徴的な鯨のラベルが描かれた高知県のお酒となります。酒米のポテンシャルを引き出すべく精米歩合55%まで磨き上げられ、酵母と鏡川の源流水と一緒に低音でじっくり製造されました。

ワンランク上質な辛口純米酒といった印象で、米のふくよかな旨みとキレ味鋭い後口がマリアージュしています。料理との相性が良いと評判で食中酒でいただくのがおすすめ。

日本酒度も+6なのでちょうどよい辛さ。さらに、アルコールアタックも控えめなので日本酒初心者にもピッタリ。お酒好きの友人や家族への記念日にプレゼントするのもグッドです。

第8位:宮泉銘醸「冩楽 純米吟醸」

ランキング第8位にご紹介するのは、宮泉銘醸「冩楽 純米吟醸」です。福岡県会津若松市にある蔵元「宮泉銘醸」イチ押しの辛口日本酒となっています。2014年度に開催された「SAKE COMPETITION」にて2冠を獲得し、一気に有名になりました。

全国的にたくさんのファンを抱える銘柄で、普段飲みから正月用、記念日など色んなシーンで飲まれているとのこと。少し高級ランクの日本酒ということもあり、プレゼントとして選ぶのにもおすすめです。

辛味と酸味のバランスが抜群で、なんと言っても口に含んだ瞬間のフルーティーな口当たりが魅力とのこと。あまりに飲みやすくて、気づいたら1本空けてしまっていることも。

辛口日本酒おすすめ人気ランキング第7位から第6位

辛口日本酒のおすすめ人気ランキングとして、続いてのトピックは第7位から第6位までを発表します。ランキング上位間近ですが、ここまで来たらどの銘柄が上位にランクインしてもおかしくないレベルとなってきます。

下記では、ディープな辛口日本酒マニアが好きそうな人気酒がラインナップ。超有名な銘柄も良いですが、ちょっと通な日本酒を知っておいても面白いです。

第7位:亀の井酒造「くどき上手 純吟辛口」

ランキング第7位にご紹介するのは、亀の井酒造「くどき上手 純吟辛口」です。プレゼント用にもおすすめな日本酒で、辛口好きも思わずうなるほどの味わいだとか。標準タイプのくどき上手は旨口ですが、こちらは日本酒度+10のがっつり辛口となります。

日本画が描かれた高級感のあるラベルも素敵で、飲み終わったあともインテリアとして飾っておくのもアリかも。父の日のプレゼントに贈るお酒としても人気があるそうです。

辛口でありながら上品な甘みと旨みがあり、純米酒にありがちな重たさもないので非常に飲みやすいお酒です。さらに、超辛口レベルなのに、それを感じさせないスッキリした後口が癖になるとのこと。

第6位:花の舞酒造「花の舞 超辛口純米酒」

ランキング第6位にご紹介するのは、花の舞酒造「花の舞 超辛口純米酒」です。花の舞酒造は静岡県にある1864年創業の老舗酒蔵であり、本銘柄は純米酒好きにピッタリの人気酒となっています。

静岡県産米100%、酵母には静岡県酵母を使用しており、静岡の地酒にふさわしいと言えます。より淡麗な飲み口に仕上げるために、じっくり長い期間仕込むことにより洗練された辛口に仕上がっています。

辛口日本酒の中でもかなり高い評価を得ている銘柄ですが、意外にも値段はリーズナブルで高級酒にも劣らないクオリティの高さをのぞかせます。しっかり冷蔵庫で冷やして飲むと、よりシャープさに磨きがかかった口当たりになるとのこと。

Thumb飲みやすい日本酒の銘柄ランキングBEST21!初心者にもおすすめなのは?
アルコール度数が高く辛口で飲みにくい、というのは古い日本酒のイメージです。近年は甘口、フルー...

辛口日本酒おすすめ人気ランキング第5位から第4位

さて、続いてのトピックは、辛口日本酒おすすめ人気ランキング第5位から第4位までをご紹介していきます。いよいよ上位にランクインした銘柄たちの登場です。

ここからピックアップするのは、日本酒好きなら一度は飲んでおきたいと思うような、たくさんの評価を集めている人気のお酒ばかり。キレ味抜群の本格辛口日本酒たちのお目見えです。

第5位:諸橋酒造「越乃景虎 超辛口 本醸造」

ランキング第5位にご紹介するのは、諸橋酒造「越乃景虎 超辛口 本醸造」です。仕込み水に超軟水を使用した日本酒+12の辛口酒となります。超軟水で仕込むことにより、超辛口なのにそれを感じさせない味わいに仕上がるそう。

中には甘いと感じる方もいるそうで、精米歩合が同じお酒でも仕込み水によって味わいはガラッと変わります。日本酒度はかなり高めだけれども、バランスの取れた淡麗で穏やかな飲み口です。初心者から上級者までのプレゼントとしてもイチ押し。

第4位:北鹿「大吟醸 北秋田」

ランキング第4位にご紹介するのは、北鹿「大吟醸 北秋田」です。全国的に酒造りが盛んな地として知られる秋田の地酒で、リーズナブルなお手頃価格なのに高級酒並の美味しさが人気を集めています。

寒さの厳しい東北秋田の冬のシーズンに丹精込めて仕込んだ逸品で、これぞ吟醸酒と言わしめる洋梨や白桃を思わせるフルーティーな香りと、スッキリとした余韻に思わずうっとりします。

5℃から10℃ほどに冷やして飲むのがおすすめとのことで、飲む2時間ほど前から冷蔵庫で冷やしておくと良いでしょう。普段飲みから友人宅へ持っていくプレゼント用としてもどうぞ。

辛口日本酒おすすめ人気ランキング第3位:石川酒造「多満自慢 純米無濾過」

ランキング第3位にご紹介するのは、石川酒造「多満自慢 純米無濾過」です。酒飲みのテーマパークとして知られる東京都福生市にある石川酒造は、1863年創業の歴史ある酒蔵で、建物自体が国の登録有形文化財に指定されています。

石川酒造が誇る「多満自慢」という銘柄は、「多摩の心をうたいつつ、多摩の自慢となるよう、多くの人達の心を満たすことができたら」という思いを込め、命名されたとのこと。

「多満自慢 純米無濾過」は、酒米の旨みと甘みを目いっぱい引き出した激ウマ純米酒で、ワインの人気おつまみであるチーズや燻製グルメとの合わせるのもおすすめ。トップ3ながら高級酒ではなく、手に取りやすい価格帯でコスパ最高のお酒です。

無濾過なのでかなりインパクトの強い味わいとなっており、食事と合わせるというよりも、これを主役に軽くつまむのが良いでしょう。ゴクゴク飲むより、ゆっくり味わいながら楽しみたい1本です。

辛口日本酒おすすめ人気ランキング第2位:旭酒造「獺祭 純米大吟醸45」

ランキング第2位にご紹介するのは、旭酒造「獺祭 純米大吟醸45」。獺祭といえば、日本酒の中でナンバーワンの知名度を誇るといっても過言ではない銘酒であり、まさに高級酒の代名詞と言えます。

全国の酒屋やデパート、居酒屋や高級懐石料理店などでも置かれてます。さらには、獺祭専門のバーも存在しているとのこと。

こちらの純米大吟醸45は、獺祭ラインナップの中でも比較的手に取りやすいお酒となっており、お祝いシーンなどでプレゼントする方も多いそうです。辛口にしてはソフトな口当たりで、軽快感のあるフルーティーな味わいとなっています。

辛口日本酒おすすめ人気ランキング第1位:高木酒造「十四代 本丸 秘伝玉返し」

ランキング第1位にご紹介するのは、高木酒造「十四代 本丸 秘伝玉返し」です。山形ナンバーワンの蔵元である高木酒造がこだわって造った逸品であり、全国の日本酒好きが一度は飲んでみたいと思うような銘酒です。

十四代といえば「幻の酒」とも呼ばれる日本一手に入りにくいお酒としても知られており、買いたくても買えない超レアな日本酒となります。もちろん希少性が高いだけでなく、香りから味わい、後口に至るまで一級品です。

酒米と米麹、仕込み水などの原料から、醸造工程に至るまで一つの妥協なく強いこだわりをもって造られているとのこと。華やかな吟醸香と、飲んだ瞬間に広がる透き通るような甘みが心地よいです。辛さも主張しすぎない絶妙な加減で飲みやすいそう。

自分好みの辛口日本酒を見つけよう!

ここまで、全国から厳選した辛口日本酒ランキングをご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?数え切れないほどの銘柄の中から選りすぐった21本は、どれも非常に味わい深い人気のお酒たちとなります。日本酒初心者の方や、辛口が飲み慣れていない方は、是非お気に入りの辛口日本酒を見つけてみてください。

関連記事

Noimage
この記事のライター
kazking

新着一覧

最近公開されたまとめ