カフーリゾートは沖縄の子連れにも人気のホテル!宿泊の口コミや料金は?

「カフーリゾート」は、沖縄・恩納村にあるリゾートホテルです。客室は全室オーシャンビューで、絶景を眺めながらゆったりとした時間を過ごせます。子連れに嬉しいサービスもいっぱいです。沖縄・恩納村の「カフーリゾート」の設備や口コミ、アクセスなどをご紹介します。

カフーリゾートは沖縄の子連れにも人気のホテル!宿泊の口コミや料金は?のイメージ

目次

  1. 1沖縄の人気ホテル『カフーリゾート』をご紹介!
  2. 2沖縄の人気ホテル『カフーリゾート』とは?
  3. 3沖縄『カフーリゾート』が人気の理由
  4. 4沖縄『カフーリゾート』の客室をチェックしてみよう
  5. 5アクティビティも盛りだくさんの沖縄『カフーリゾート』
  6. 6美味しいレストランもある沖縄『カフーリゾート』
  7. 7沖縄『カフーリゾート』に宿泊した人の感想
  8. 8沖縄『カフーリゾート』の基本情報とアクセス
  9. 9子連れにおすすめの沖縄『カフーリゾート』に宿泊してみよう!

沖縄の人気ホテル『カフーリゾート』をご紹介!

子連れでのんびりと沖縄旅行を楽しみたい、そんなときにおすすめなのが恩納村(おんなそん)にある「カフーリゾート フチャク コンド・ホテル」です。子連れでも快適に過ごせる設備やサービスが充実していて、ホテルの中だけで沖縄をたっぷり満喫できます。

この記事では、沖縄の人気ホテル「カフーリゾート フチャク コンド・ホテル」についてご紹介します。人気の理由をはじめ、客室、レストラン、口コミ、アクセスなどをまとめてご紹介しますので、子連れでの沖縄旅行を計画中の方はぜひ参考にしてください。

沖縄の人気ホテル『カフーリゾート』とは?

沖縄の玄関口・那覇空港から車で約50分、沖縄中央部の西海岸に位置する恩納村に「カフーリゾート フチャク コンド・ホテル」はあります。2010年3月にオープンしたリゾートホテルで、海を見渡せる高台に建っています。冨着(フチャク)ビーチのすぐ近くです。

客室は全室がオーシャンビューで、マンションのように広々としています。他にも、プールやレストラン、ショップ、ヒーリングスパ、ジム、チャペルなどを完備しているほか、マリンアクティビティや体験教室も充実していて思い思いの時間を過ごせるホテルです。

「カフー」は沖縄の方言で、「果報」を意味しています。「果報」とは、「幸せ」や「良い知らせ」のことです。ロゴマークは、海に沈む夕日と沖縄に生息する月桃(げっとう)という植物の葉を表しています。夕日が綺麗なホテルとしても人気です。

沖縄『カフーリゾート』が人気の理由

続いては、沖縄「カフーリゾート フチャク コンド・ホテル」の人気の理由についてご紹介しましょう。沖縄・恩納村にはたくさんのリゾートホテルが存在していますが、その中でもトップクラスの人気と評価を獲得しているのが「カフーリゾート フチャク コンド・ホテル」です。特に子連れのファミリーやカップルの宿泊におすすめとなっています。

「カフーリゾート フチャク コンド・ホテル」が人気となっている主な理由としては、子連れでも快適に過ごせる環境が整っていることや設備が充実していることなどが挙げられます。では、順番にもう少し詳しく見ていきましょう。

子連れでも快適に過ごせる環境

子連れで旅行へ出かけるときに重要になるのが宿泊施設選びですが、「カフーリゾート フチャク コンド・ホテル」は子連れでも快適に過ごせる環境が整っています。「カフーリゾート フチャク コンド・ホテル」の客室はオーシャンビューで、広々としているのが特徴です。1室の面積の平均は70平方メートルで、マンションのような広さです。

リビングスペースとベッドルームが別れていますので、子供を寝かせた後にはお酒を飲んだりテレビを見たり大人だけの時間をゆっくりと楽しめます。キッチン付きの客室や全自動洗濯乾燥機付きの客室もあり、宿泊スタイルに応じて客室を選べるのが嬉しいです。

子連れでレストランを利用すると、ゆっくりと食事を楽しめないことが多いです。その点、「カフーリゾート フチャク コンド・ホテル」ならデリやルームサービスなどが充実していますので、周りに気兼ねすることなく部屋でゆっくりと食事を楽しめます。

ホテルのルームサービスというと料金が高いイメージがありますが、「カフーリゾート フチャク コンド・ホテル」のルームサービスは料金がリーズナブルで気軽に利用しやすいです。味もしっかり美味しく、キッズメニューや離乳食なども用意されています。

さらに、貸し出しアイテムが豊富な点も子連れでの宿泊におすすめの理由の1つです。枕や電化製品、キッチングッズ、美容グッズなどに加え、ベビーグッズや絵本、ゲームなども用意されています。大人だけでなく、子供も退屈することなく過ごせます。

もし大人だけの時間を過ごしたいときには、一時保育サービスも利用できます。3歳以上12歳以下の子供が対象で、料金は1日(9時~17時)11000円、半日(9時~13時、13時半~17時)5500円です。日曜日・年滅年始・こどもの日・旧盆などはお休みです。

充実の設備

「カフーリゾート フチャク コンド・ホテル」は、客室以外の設備も充実しています。プールが2ヶ所にあり、片方のプールには水深が浅いプールもあるため、子連れで利用するのにもおすすめです。タオルや浮き輪などの貸し出しも行っています。

また、ショップも2ヶ所にあり、それぞれ品揃えが異なっています。お菓子や泡盛、やちむん、琉球ガラスなど沖縄ならではの商品がいろいろと販売されています。お土産を購入したいときにおすすめです。ホテルのオリジナル商品や日用雑貨なども取り扱っています。

他には、さまざまなメニューが用意されたヒーリングスパ、海が見えるチャペル、パーティーや会議での利用におすすめのバンケットなどもあります。

アメニティにもこだわり

女性にとってはアメニティも重要ですが、「カフーリゾート フチャク コンド・ホテル」はアメニティにもこだわりが感じられます。客室には、シャンプー・コンディショナー・ボディソープ・スキンケアセット・コットンセット・ヘアバンド・ヘアブラシ・ハブラシ・タオル・バスマット・ルームウェア・スリッパなどが用意されています。

シャンプー・コンディショナー・ボディソープは、オーガニック香水で人気の「Hiroko.K」と共同開発したホテルオリジナルのものです。植物性成分だけを使っていて、泡立ちの良さや使い心地の良さが好評です。ショップで購入することもできます。

沖縄『カフーリゾート』の客室をチェックしてみよう

続いては、沖縄「カフーリゾート フチャク コンド・ホテル」の客室についてご紹介しましょう。「カフーリゾート フチャク コンド・ホテル」は、「ホテル棟」「コンドミニアム棟」「アネックス棟」の3棟の建物で構成されています。

客室は333室あり、全客室がオーシャンビューでバルコニー付きです。広々とした室内は、リビングスペースとベッドルームが分かれていて、快適に過ごせます。

室内の雰囲気や設備、レストランなどへのアクセスの便利さなどは、選ぶ棟や客室によって変わります。宿泊スタイルに応じて好きな客室を選びましょう。宿泊料金は客室の種類や時期、予約サイトなどによって変わります。

ホテル棟

「ホテル棟」には、最も小さいスーペリアルームのほかに、デラックスルーム、スイートルーム、プレミアムスイートルーム、プレミアムコーナースイートルーム、カフースイートルーム、プレジデンシャルスイートなど、幅広いタイプの客室があります。

キッチンが付いていない客室もありますが、2つのレストランがあるのに加えショップやプールなどもありますので、レストランやショップ、プールへアクセスしやすいです。ホテルらしい客室に宿泊したい方に適していて、子連れでの宿泊にもおすすめの棟です。

コンドミニアム棟

「コンドミニアム棟」は、名前の通りキッチンや洗濯機などの生活に必要な設備を備えた客室が多い棟となっています。ホテルというよりも、高級マンションのような雰囲気です。客室でのんびりと過ごしたい方や長期で宿泊したい方などにおすすめです。

デラックスルーム、スイートルーム、プレミアムスイートルームのほかに、ドッグフレンドリールームもあります。愛犬と一緒に宿泊できる客室です。ペットフードやおやつ、首輪、リード、マナーパンツなどは持参してください。

アネックス棟

「アネックス棟」は2016年4月にオープンした棟で、3棟の中で最も新しい棟です。全客室がスイートルームになっていますので、贅沢な宿泊を楽しみたい方におすすめです。二子玉川蔦屋家電がセレクトした電化製品や家具も取り揃えられています。客室は、スイートルーム、コーナースイートルーム、プレミアムスイートの3タイプです。

最上階に、沖縄の絶景を眺めながら泳げるインフィニティプールを完備しています。プールサイドにはガゼボ風の休憩スペースもありますので、泳ぎ疲れたらこちらでのんびりとドリンクを頂きましょう。バーベキュースタイルレストランも併設されています。

アクティビティも盛りだくさんの沖縄『カフーリゾート』

続いては、沖縄「カフーリゾート フチャク コンド・ホテル」のアクティビティや体験教室についてご紹介しましょう。「カフーリゾート フチャク コンド・ホテル」では、沖縄ならではのさまざまなアクティビティや伝統的な文化を体験できます。

小さな子供が参加できるアクティビティや体験教室が豊富に用意されていますので、子連れの方にもおすすめです。ぜひ親子で参加してみてはいかがでしょうか?

マリンアクティビティや体験教室など充実

マリンアクティビティのおすすめプログラムは、「ホエールウォッチング」「1日大自然よくばりアドベンチャー」「青の洞窟 体験ダイビング」などです。ホエールウォッチングは冬から春先まで開催されるアクティビティで、巨大なザトウクジラに出会えます。

フィールドアクティビティのおすすめプログラムは、「1日やんばるジップ&バギーツアー」「モーターパラグライダー」「比謝川マングローブSUP」などです。1日やんばるジップ&バギーツアーでは、バギーライトとジップラインをお得な料金で楽しめます。

体験教室のおすすめプログラムは、「はじめてのカービング教室」「陶芸 本格シーサー作り体験」「紅いもタルト作り体験」などです。その他に、人気の観光スポットを巡る観光バスツアーや観光タクシーなども用意されています。

美味しいレストランもある沖縄『カフーリゾート』

「カフーリゾート フチャク コンド・ホテル」には3つのレストランがあり、ホテルから出なくても美味しい沖縄料理を堪能できます。

「Wine & Dining The Orange」は、ホテル棟1階にあるシーフードレストランです。ホテルのメインダイニングで、沖縄の食材を使った多国籍料理を味わえます。ランチには、パスタやリゾットがオーダー形式ビュッフェで食べ放題です。

アネックス棟12階の「琉球BBQ Blue」は、インフィニティプールに併設されたバーベキュースタイルレストランです。海を眺めながら、焼肉などのメニューを楽しめます。

「Deli & Cafe」は、ホテル棟2階に入ったデリカフェです。ハンバーガーやステーキなどのアメリカンスタイル料理を提供しています。テイクアウトが可能で、客室やプールサイドなど好きな場所で食事を楽しめます。オリジナルカクテルもおすすめです。

Thumb沖縄・恩納村のホテルランキング!人気のペンション・コテージも紹介!
沖縄中部にある恩納村は沖縄県随一の人気リゾートエリアで、ビーチ近くに大型のリゾートホテルが立...

沖縄『カフーリゾート』に宿泊した人の感想

続いては、沖縄「カフーリゾート フチャク コンド・ホテル」に宿泊した人の感想についてご紹介しましょう。「カフーリゾート フチャク コンド・ホテル」は子連れのファミリーやカップルを中心に人気となっていて、口コミでも高評価を獲得しています。

実際に宿泊した人の詳しい口コミを見ると、部屋が綺麗で広くてゆったり過ごせること、部屋からの眺めが素晴らしいこと、食事が美味しいこと、スタッフのホスピタリティが行き届いていることなどを伝える口コミが多いです。

沖縄『カフーリゾート』の基本情報とアクセス

最後に、沖縄「カフーリゾート フチャク コンド・ホテル」の基本情報とアクセスについてご紹介しましょう。基本情報ではチェックイン・チェックアウトの時間や利用可能な支払い方法など、アクセスでは那覇空港からのアクセス方法などをご紹介します。

「カフーリゾート フチャク コンド・ホテル」へ行ってみたいと考えている方は、基本情報とアクセスもしっかりチェックしておきましょう。

基本情報

「カフーリゾート フチャク コンド・ホテル」の客室数は333室です。バリアフリールームも2室完備されています。チェックインは14時、チェックアウトは11時です。

利用可能な支払い方法はクレジットカード(Visa・Mastercard・JCB・American Express・Diners Clubなど)、楽天Edy、Alipay、JTBナイスギフトです。

アクセス

「カフーリゾート フチャク コンド・ホテル」への那覇空港からのアクセスは、レンタカーを利用する場合には、沖縄自動車道を経由して「石川IC」で下車すると約50分です。

「カフーリゾート フチャク コンド・ホテル」行きの空港リムジンバスもあります。空港リムジンバスを利用する場合には、那覇空港から約70分です。料金は約1600円です。

住所 沖縄県国頭郡恩納村字冨着志利福地原246-1
電話番号 098-964-7000

Thumb沖縄のリゾートホテル人気ランキング!高級から安い宿まで網羅!
沖縄に観光される方も多く、宿泊先はやはり気になるポイントです。沖縄にもリゾートホテルがたくさ...

子連れにおすすめの沖縄『カフーリゾート』に宿泊してみよう!

沖縄の「カフーリゾート フチャク コンド・ホテル」の人気の理由や客室、レストラン、口コミ、アクセスなどをご紹介しました。

子連れに嬉しい設備やサービスが充実していて、子連れにもおすすめのホテルです。沖縄本島の中央に位置する恩納村に立地していますので、沖縄観光の拠点としても便利です。ぜひ「カフーリゾート フチャク コンド・ホテル」に宿泊してみてください。

関連記事

Original
この記事のライター
Hayakawa

新着一覧

最近公開されたまとめ