アルパカのワインの特徴や選び方まとめ!赤や白などおすすめ種類も調査!

アルパカの絵がかわいらしいアルパカワインは、値段が手頃で種類も赤、白、ロゼ、スパークリングと豊富ということで人気が高いです。そこでアルパカワインのおすすめの品種とそれぞれの特徴、またどのような料理にあうのかについても合わせて紹介します。

アルパカのワインの特徴や選び方まとめ!赤や白などおすすめ種類も調査!のイメージ

目次

  1. 1コスパ良しのチリ産「アルパカワイン」に注目!
  2. 2アルパカワインとは
  3. 3アルパカワインの特徴
  4. 4アルパカのおすすめワインを種類別にご紹介
  5. 5肉料理に合うアルパカのおすすめ赤ワイン
  6. 6魚料理に合うアルパカのおすすめ白ワイン
  7. 7安くて飲みやすいアルパカのロゼワイン
  8. 8清涼感のあるアルパカのスパークリングワイン
  9. 9手に入れたいアルパカのスペシャルブレンドワイン
  10. 10好みのアルパカワインを探そう

コスパ良しのチリ産「アルパカワイン」に注目!

美味しいディナーの時には美味しいワインが飲みたいという方は多いでしょう。特に近年ではレストランなどでテイクアウトをしている店も多く、おうちでワインを楽しむ方も増えています。そんな方におすすめのアルパカワインについて、赤、白、ロゼ、スパークリングなど種類ごとに紹介します。

アルパカワインとは

アルパカワインというのは、チリ産のワインで、チリの名門ワイナリーとして知られているサンタ・ヘレナ社が作っています。ビンにかわいらしいアルパカの絵がついていることで、ワインにあまり詳しくない方でも見た記憶があるという方もいるでしょう。

ワインというとヨーロッパというイメージが強いですが、実はチリもワインの産地としてはよく知られています。実は2015年には日本のワイン輸入量の第一位はチリ産になるほど、日本人にとってもなじみ深いのがチリ産ワインなのです。

チリはヨーロッパに比べると1年間の日照時間がとても長く、ブドウはそれだけ長い時間太陽の光を浴び、しっかり熟します。さらに昼夜の寒暖差が大きく、雨が少ない気候の所が多いため、甘みが十分にのり、よく熟したブドウを収穫することができるのです。当然ワインも風味豊かで美味しいものになるわけです。

加えて2007年、日本とチリの間には経済協定が結ばれ、2019年には関税がなくなりました。この間段階的に関税が安くなり、それに伴ってアルパカをはじめとするチリワインが日本市場に出回るようになり、日本人の口に入ることも増えました。

もともとチリはヨーロッパなどに比べて人件費などが安く、ワインのもともとの値段も安い傾向にありました。そのため関税が安くなり、さらに撤廃されることによって、美味しいチリ産ワインが手頃な値段で出回るようになったのです。

アルパカワインは日本では某大手ビール会社が窓口となっています。そのため特別な店でなくても、さまざまな種類のワインが気軽に手に入れられるという点も人気の秘密となっています。

アルパカワインの特徴

このように、チリ産のワインは日本に多くの種類のものが出回っているうえ、味も日本人に親しみやすく美味しいものが多いと言われ、近年特に人気となっています。中でもアルパカワインは特に手に入れやすく、手軽に美味しいワインが楽しめるとして好まれています。

そこで次に、アルパカワインの人気の秘密について紹介していきましょう。さまざまなチリ産ワインの中でもアルパカワインは特に人気があるワインとして知られているためです。

アルパカの可愛いラベル

アルパカワインの特徴としてまず挙げられるのは、ラベルや瓶などにつけられたアルパカのマークです。アルパカは日本では動物園などで親しまれていますが、南アメリカ大陸のアンデス地方で、何とインカ帝国の時代からずっと家畜として親しまれてきました。

このようにチリやペルーなどでは、アルパカはとてもなじみ深い動物です。その親しみやすいキャラクターが「手軽に飲めるワイン」というイメージに合っているということで、サンタ・ヘレナ社はアルパカをキャラクターとして使ったのです。

サンタ・ヘレナ社はチリ国内でもいち早く海外進出を果たし、世界中にチリワインを広めた会社です。アルパカの親しみやすいマークは、その美味しく飲みやすいチリ産ワインの代表として、アルパカのマークと共に広く浸透するようになりました。

価格が安くコンビニでも気軽に購入できる

先ほども述べましたが、一言でワインと言っても価格には大きな違いがあります。もちろん好みのワインがあのであればそれはそれでいいのですが、特に初めてワインを飲んでみたいという時など、値段が高いワインにはなかなか手が出ないという方も多いでしょう。

その点アルパカワインは、先ほども述べたように、チリを代表するワインです。チリ産のワインは先ほど紹介したようにもともと人件費の点などから値段が安いものが多く、加えて関税がかからないため値段が手頃なのも特徴です。

これらはチリ産ワインに共通する値段の安さの秘密ですが、さらにアルパカワインの場合は日本の大手ビールメーカーが輸入販売の窓口となっていることから、販路が広いのも特徴です。大手ビールメーカーですから、酒屋さんなどはもちろん、スーパーやコンビニなどでも販売されています。

いきなり酒屋さんやデパートに行くのは敷居が高いという方でも、スーパーやコンビニなどで気軽に手に取ることができれば、飲んでみたいという時にすぐに購入することができます。値段と入手先の多さはアルパカワインにとっては大きな魅力となっています。

ワイン初心者にも飲みやすい

アルパカワインの人気の秘密としてもう一つ挙げられるのは、飲みやすいという点です。先ほど述べたように、アルパカワインをはじめとするチリ産ワインは、原料のブドウがよく熟し、風味が高いことから癖が少なく、飲みやすいものが多いのです。

アルパカワインには赤や白、ロゼやスパークリングとさまざまな種類のものがありますが、どれもフルーティーで果実の香りが強いという特徴があります。そのため、さまざまな料理に合わせるのはもちろんですが、デザートワインのような形で飲むのにも適しています。

また、アルパカワインのアルコール度数は赤が13.5パーセント、白が13パーセント、スパークリングが12パーセントと、ごく飲みやすい度数となっています。そのため、ワイン初心者の方でも手軽にその美味しさを味わうことができるのです。

Thumbコンビニワイン人気ランキングBEST17!安いのに美味しいと評判の商品も!
コンビニワインがいま大人気である。コンビニワインは安いけれども美味しいワインがたくさんあるの...

アルパカのおすすめワインを種類別にご紹介

現在日本では、アルパカのワインは大手ビールメーカーを通じて販売されており、赤、白、ロゼ、スパークリングとその種類も豊富です。値段もリーズナブルなので、料理に合わせてさまざまな種類のワインを試してみたいという方にもうれしいラインナップとなっています。

また、近年人気が高まっているワインの種類として、オーガニックワインがあります。実は19世紀ごろ、ヨーロッパはアブラムシの一種で、ブドウが全滅に近い状態になりました。しかしチリではその虫が発生せず、オーガニック栽培がしやすい土地とされます。

そのため、オーガニックワインもまた、チリ産ワインの人気の種類となっており、アルパカワインでも2種類ほどオーガニックワインを製造販売しています。これもまた、アルパカワインの人気の種類の一つになっているのです。

肉料理に合うアルパカのおすすめ赤ワイン

それでは具体的に、アルパカワインの中でもおすすめのワインについて紹介していきます。まずは赤ワインからです。アルパカの赤ワインは豊かな果実のうまみがタンニンの効果で適度に引き締められており、肉料理によく合う美味しいワインとして知られています。

特に1990年代後半、チリのカベルネソーヴィニヨンを使った赤ワインは、ポリフェノールが多い一方で渋みが少なく飲みやすいとして評判になりました。赤ワインの渋みが気になるという方にはこちらのタイプの赤ワインがおすすめです。

アルパカ カベルネ・メルロー

「アルパカ カベルネ・メルロー」はカベルネソーヴィニヨンとメルローの2種類のブドウの持ち味を生かして作った赤ワインです。熟したブラックチェリーやカシス、プラムの果実味とまろやかなコクを持っており、月刊誌のワイングランプリで3位にランクインしたこともある、人気のアルパカワインの一つです。

アルパカ ピノ・ノワール

ピノ・ノワールというのは栽培が難しいブドウなのですが、味わいがとてもよいと言われ、評価が高い品種です。このピノ・ノワールを100パーセント使った赤ワインが「アルパカ ピノ・ノワール」です。チェリーやラズベリーなどが持つようなフレッシュな果実の風味があり、口当たりもなめらかでクオリティが高いワインとなっています。

甘味、酸味、渋みのバランスもよくできており、アルパカワインの中でも自信をもってお届けする商品と言われるワインです。それでいて値段が非常に安く、コスパが良い点も人気で、リピーター、ファンが多いアルパカワインの一つです。

アルパカ カルメネール

カルネメールというのはブドウの品種なのですが、実は19世紀、ヨーロッパで害虫の影響で全滅したといわれていました。それが1994年、DNA検査でチリで残っていたことがわかり、チリ特有の品種として知られるようになりました。

「アルパカ カルメネール」はこのカルネメールを使ったフルボディタイプの赤ワインです。グリーンハーブやスパイスのような風味が加わって、エキゾチックな香りと濃厚な果実味が感じられます。「ジャパン・ワイン・チャレンジ」で銀賞を獲得したこともあります。

アルパカ シラー

「アルパカ シラー」に使われているシラーは、特に南フランスの高級ワインによく使われる品種のブドウです。これを使ったアルパカ シラーは、フルボディタイプの赤ワインで、少し重みが感じられますが、ブラックベリーやダークチェリーの香りがあり果実味が強いのが特徴です。

タンニンが比較的しっかりしているため、強い果実味とのバランスがよく、フルーティーですっきりした味わいが楽しめます。肉料理、特にスパイスが効いたものとよく合うのでぜひおすすめです。

アルパカ プレミアム カベルネ・ソーヴィニヨン

「アルパカ プレミアム カベルネ・ソーヴィニヨン」は2018年にジャパン・ワイン・チャレンジで銀賞を受賞したフルボディタイプの赤ワインです。カベルネソーヴィニヨンの中から熟度の高いものを厳選して作られており、それにシラーを加えています。

ダークチョコレートやバニラのような甘い香りがあり、タンニンがきめ細やかなため、まろやかな口当たり、余韻が感じられます。プレミアムワインでも値段が1000円前後とかなり手頃であり、特に肉料理と合わせるとその美味しさがよく感じられると評判が高いおすすめワインとなっています。

アルパカ オーガニック・レッド

先ほども述べたように、近年人気が高まっているタイプのワインとして挙げられるのがオーガニックワインです。アルパカでは2種類のオーガニックワインがあるのですが、赤ワインのタイプが「アルパカ オーガニック・レッド」です。

有機栽培されたカベルネソーヴィニヨン、カルネメール、シラーを使った赤ワインで、チョコレートやスパイスのもつ複雑な香り、ブラックチェリー、カシス、プラムのようなベリー系のフルーティな果実の味わいが感じられる、濃厚な赤ワインとなっています。一方で赤ワインで気になるタンニンは比較的まろやかで飲みやすいワインとなっています。

複雑な香りを持つフルボディのワインなので、特に肉料理との相性がよく、肉料理の味をしっかりと受け止めてくれます。さまざまな種類の肉料理と合わせて味わってみてください。

魚料理に合うアルパカのおすすめ白ワイン

白ワインは一般的に魚料理によく合うワインとして知られます。こちらもフルーティーな味わいが人気となっていますが、それでいてすっきりとした辛口に仕上がっているものが多いため、口の中を爽やかにしてくれ、料理の味を一層引き立ててくれます。

もともとチリはスペイン文化の影響を受けていますし、気候も地中海式気候となっているため、地中海料理がもとになっているものが多いです。魚介をたっぷり使った地中海料理に合う白ワインですから、魚介料理が多い日本でもおすすめのワインとなっています。

アルパカ シャルドネ・セミヨン

「アルパカ シャルドネ・セミヨン」はシャルドネワインの特徴であるフレッシュな果実感が特徴の白ワインです。トロピカルフルーツやピーチの果実感とコクのある味わい、爽やかな酸味が感じられる飲みやすい白ワインとなっています。

月刊誌のワインランキングの白ワイン部門で一位になったこともあるという人気の高いワインで、なめらかな飲み口の辛口白ワインで、いろいろな料理に合わせやすいです。

アルパカ ソーヴィニヨン・ブラン

チリの有名な白ブドウの品種であるソーヴィニヨンブランを100パーセント使った白ワインが「アルパカ・ソーヴィニヨン・ブラン」です。柑橘系の果実味とハーブやミネラルの香りが特徴的で、きりっとした酸味が感じられます。

レモンやグレープフルーツの果実味にパッションフルーツのようなニュアンスが加わっているため辛口の味わいがしっかりと感じられており、魚料理などデイリーワインとして人気が高い種類です。

アルパカ プレミアム シャルドネ

「アルパカ プレミアム シャルドネ」は収量を制限し、粒を厳選したシャルドネを使って作った白ワインです。2018年のジャパン・ワイン・チャレンジでは金賞に輝いたという、クオリティの高い白ワインとなっています。

シャルドネのワインはフルーティーな香りが人気ですが、ピーチやトロピカルフルーツの華やかな香りと深いコクがあり、その中にバニラのような甘さが感じられます。果実味が豊かでコクとのバランスがよく、辛口のキレのよさもおすすめポイントです。

アルパカ オーガニック・ホワイト

アルパカのオーガニックワインの白ワインタイプが「アルパカ オーガニック・ホワイト」です。ソーヴィニヨン・ブランとシャルドネを使っているため、シトラスやグレープフルーツなどの柑橘系フルーツに見られるフルーティな香りと浮遊するような酸味を感じます。

また、果実味が強く、口当たり滑らかですっきりとした味わいとなっており、魚介料理はもちろんですが和洋中さまざまな料理に合わせやすいのも魅力です。やや辛口のため口の中を爽やかにしてくれるため、魚介の美味しさがさらに引き立ちます。

安くて飲みやすいアルパカのロゼワイン

アルパカのロゼワインは、料理にどのワインを合わせればよいかわからないというような時にその威力を発揮します。魚介類などはもちろんですが、和食などにも合わせやすく、いろいろな料理に合わせられるワインが欲しいというときには特におすすめの一本と言えるでしょう。

比較的すっきりした味わいで爽やかな辛口になっていることもあり、魚介などの味をよく引き立ててくれます。初めてアルパカワインを飲むという方にもおすすめです。

アルパカ ロゼ

「アルパカ ロゼ」はカベルネソーヴィニヨン、メルロー、シラーなどの種類のブドウを使用して作ったワインです。新鮮なラズベリーや柑橘系を感じさせる爽やかな果実感と、フレッシュでフルーティーな酸味がある辛口のロゼワインとなっています。

そのためいろいろな料理に合わせやすいのが特徴で、後味もすっきりとしています。ただ甘いだけのワインではないので、魚料理はもちろんですが、和食などの素材を生かした料理にもおすすめの、とても飲みやすいワインとなっています。

清涼感のあるアルパカのスパークリングワイン

ホームパーティーなどを開くときにおすすめの種類のワインとして挙げられるのがスパークリングワインです。アルパカのスパークリングワインは白とロゼのタイプがあり、両方揃えると紅白になるということでお祝い事などの時にもおすすめです。

またスパークリングワインは清涼感があるのが特徴で、口の中を爽やかにしてくれるため、オードブルなどはもちろん、華やかな雰囲気で楽しむことができるという点でもおすすめです。家族でお祝いなどをしたい時やクリスマスなどの時にもおすすめします。

アルパカ スパークリング・ブリュット

「アルパカ スパークリング・ブリュット」はジャパン・ワイン・チャレンジで銀賞を受賞したことがある、上質のスパークリングワインです。シャルドネ、セミヨンなどを原料として使い、すっきりとした味わいの名中にふくよかさも感じられます。

ほのかに甘みのある辛口で、スパークリングワインならではの爽やかでキレのある清涼感が感じられるという複雑な味が魅力的であり、いろいろな料理ともよく合います。クリスマスなどのパーティーの時にいろいろなメニューとともに合わせるのにも便利でおすすめです。

アルパカ スパークリング・ロゼ

一方、「アルパカ スパークリング・ロゼ」の方はピンクグレープフルーツの爽やかな香りが感じられる辛口のスパークリングワインとなっています。辛口な中にかすかな甘みが感じられるため飲みやすく、原料のカベルネソーヴィニヨン、ソーヴィニヨンブランの特徴も見られます。

かすかな甘みがあることから魚料理に合わせやすいと言われますが、甘いものとの相性もよいため、パーティーなどの場合にも使いやすいワインとなっています。スパークリングワインの爽やかさときれいな色もまた、パーティーにぴったりです。

Thumbスパークリングワインのおすすめランキングベスト19!人気の銘柄紹介!
立ちのぼる泡が優雅で食卓を華やかに彩ってくれるスパークリングワインはシャンパンが有名ですが、...

手に入れたいアルパカのスペシャルブレンドワイン

アルパカワインは基本的にはそれぞれのブドウの特徴を生かしたワインが一般的です。しかし期間限定で発売されたスペシャルブレンドは赤ワイン、白ワインともに3品種をブレンドして作っています。ヴィオニエという白ブドウがブレンドされているのが特徴です。

この白ブドウは糖度が高く、ブレンドされることでまろやかな味わいと完熟したオレンジやジャスミンのような香りが付け加わります。それにより味に深みが出て、さらに美味しくなったとおすすめの品種となっているのです。

アルパカのスペシャルブレンドのワインは期間限定商品ということもあって、なかなか手に入らないとも言われます。もし見つけられたら、ぜひ試してみることをおすすめします。

アルパカ スペシャル・ブレンド・レッド

「アルパカ スペシャル・ブレンド・レッド」はシラー、カルネメール、ヴィオニエの3種類のブドウをブレンドして作った赤ワインです。プラムにカカオやバニラなどの甘く熟した香りが加わっており、コクとしなやかさが感じられる仕上がりです。

スペシャルブレンドということですが、値段も600円前後とかなり手頃になっており、コスパも非常によい赤ワインとなっています。赤ワインの持つ深い味わいとしなやかでまろやかな風味は赤ワイン好きの方におすすめです。

アルパカ スペシャル・ブレンド・ホワイト

一方、「アルパカ スペシャル・ブレンド・ホワイト」の方はヴィオニエのほかソーヴィニヨンブランとシャルドネの3つの白ブドウを合わせて作っています。シトラスのような新鮮な香りとピーチや花の蜜のような華やかな香りや風味が感じられます。

まろやかな味わいに仕上がっているため飲みやすく、ワイン初心者の方でも美味しく味わうことができるワインとして人気が高いです。こちらもまた、ワイン初心者の方におすすめのワインと言えるでしょう。

好みのアルパカワインを探そう

アルパカワインは値段が手頃で、それぞれのブドウの持ち味がよく生かされており、飲みやすいものが多く揃っています。スタンダードなタイプやプレミアムなタイプなど種類も多いので、その時の料理に合わせて気軽に選ぶことができるでしょう。ぜひアルパカワインを食事のお供に試してみてください。

関連記事

Noimage
この記事のライター
茉莉花

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ