愛媛県の名物をご紹介!絶品ご当地グルメやお土産のおすすめを食べよう!

愛媛県の名物といえばみかんや鯛などが挙げられます。その他にも、たこを使った料理やじゃこ天、今治ラーメンなど多彩なグルメが楽しめます。愛媛県のご当地グルメやお土産におすすめのお菓子など、愛媛県の名物をご紹介します。愛媛県を訪れたら味わってみましょう。

愛媛県の名物をご紹介!絶品ご当地グルメやお土産のおすすめを食べよう!のイメージ

目次

  1. 1愛媛県のご当地グルメやお土産など人気の名物をご紹介!
  2. 2愛媛県ってどんなところ?
  3. 3愛媛県の名物でおすすめのご当地グルメ
  4. 4愛媛県の名物でおすすめの料理
  5. 5愛媛県の名物でおすすめのお菓子
  6. 6愛媛県の名物でおすすめのお土産
  7. 7愛媛県でおすすめの名物を試してみよう!

愛媛県のご当地グルメやお土産など人気の名物をご紹介!

四国の北西に位置する愛媛県。瀬戸内海に面した風光明媚な県として知られ、観光地としても人気があります。しまなみ海道のドライブやサイクリング、お遍路などさまざまな楽しみ方ができ、年間を通して多くの人が訪れます。

そんな愛媛県の名物といえば、かんきつ類。愛媛県では温州みかんやいよかんなど、40種類ものかんきつ類が栽培されています。また鯛やたこを使った郷土料理やご当地ラーメンなどのグルメ、三津浜焼きや今治焼き鳥などのB級グルメもおすすめです。

今回は人気グルメや郷土料理、お土産にしたいお菓子など、愛媛県の名物をジャンル別にご紹介します。愛媛県を訪れたら味わってみてください。

愛媛県ってどんなところ?

愛媛県は四国の北西部に位置し、北は瀬戸内海に面しています。愛媛県今治市と広島県尾道市は、しまなみ海道でつながっています。愛媛県は東西に細長く、東から東予、中予、南予の3つの地域に分かれています。

東京から愛媛県松山市までは飛行機で約80分、大阪からは約50分とアクセスも便利です。愛媛県のおすすめ観光スポットといえば、日本最古の名湯「道後温泉」が挙げられます。夏目漱石の小説「坊っちゃん」にも登場する有名な観光地です。

松山城や宇和島城、今治城などの名城も多く、観光が楽しめます。お遍路は四国遍路最多の26の寺があり、ミシュラン・グリーンガイドで1つ星を獲得した石手寺などがあります。

愛媛県の名物でおすすめのご当地グルメ

まず最初に、愛媛県の名物でおすすめのご当地グルメをご紹介します。瀬戸内海に面した愛媛県では海の幸を使ったご当地グルメが楽しめます。

愛媛県の名産であるたこや鯛を使った料理や海の幸で出汁を取ったご当地ラーメンなど、バラエティに富んだ郷土料理があります。いろいろなお店を訪れて、愛媛県のご当地グルメを味わってください。

宇和島鯛めし

愛媛県は日本で最も鯛の漁獲量が多い県で、鯛を使った郷土料理がたくさんあります。愛媛県名物の鯛めしは、中予の松山と南予の宇和島では異なります。松山の鯛めしは鯛を丸ごと1匹、土鍋に入れてご飯と一緒に炊き込むもので、鯛の上品な味が楽しめます。

南予の宇和島の鯛めしは、新鮮な鯛の切り身を醤油やだし汁、卵黄などで作ったタレに漬けこみ、ご飯の上にかけて食べる豪快な料理です。その昔、瀬戸内海で活躍した水島水軍が船上で好んで食べた漁師料理がはじまりと言われています。

鯛めしの郷土料理は各地にありますが、鯛の刺身を使った鯛めしは珍しく、鯛が名物の愛媛県ならではの食べ方です。ぷりぷりの鯛の刺身と熱々のご飯がよく絡んで、思わずかきこみたくなる美味しさです。

八幡浜ちゃんぽん

八幡浜ちゃんぽんは愛媛県八幡浜市のご当地グルメです。八幡浜市は愛媛県の最西端に位置する港町で、古くから九州と交易が盛んに行われていました。そのような中、中国の食文化も多く伝わり、生まれたのがご当地グルメの八幡浜ちゃんぽんです。

愛媛県の郷土料理、八幡浜ちゃんぽんは、鰹や昆布、鶏がらで出汁を取っており黄金色をしてます。豚骨ベースの濃厚な長崎ちゃんぽんに比べてあっさりとしており、麺は太目の中華麺を使っているのが特徴です。

具材にや野菜や豚肉の他、愛媛名物のじゃこ天など、水産加工品を加えており、港町らしい味が楽しめます。愛媛県八幡浜市には八幡浜ちゃんぽんを提供するお店が40店舗以上あり、食べ比べをしてみるのもおすすめです。

今治ラーメン

今治ラーメンは、愛媛県今治市のご当地グルメとしてたいへん人気があります。今治ラーメンは愛媛名物にこだわったラーメンで、鯛、イリコ、エソなど地元で獲れる海の幸で出汁を取り、今治のす巻きや地鶏のチャーシュー、大三島のレモン、宮窪の海苔などをトッピングしています。

今治ラーメンは伯方島名物の伯方の塩を使った塩ラーメンで、すっきりとした上品な味が楽しめます。磯の香りと酸味のあるレモンとの相性もよく、あっさりとしていながら、魚介の濃厚な味が楽しめるラーメンとして人気があります。

今治市には本格今治ラーメンを提供するお店が4店舗あります。行列ができる人気店もあるので、時間に余裕をもって出かけるのがおすすめです。

愛媛県の名物でおすすめの料理

続いて愛媛県の名物料理をご紹介しましょう。愛媛県には、地鶏を使った料理やたこを使った料理など、さまざまな名物料理があります。

愛媛県を訪れたら、名物料理をたっぷりと味わってみてください。地元ならではの味を楽しむことができ、どの料理もとても美味しいと評判です。

揚げ足鳥

揚げ足鳥は骨付きの鶏もも肉を揚げた豪快な料理で、愛媛県の東端に位置する四国中央市のご当地グルメとして有名です。もとは屋台で提供されていた料理で、現在は市内のさまざまなお店で味わえます。

揚げ足鳥は、パリッと揚がった鶏もも肉にガーリックパウダーや塩、胡椒をまぶして食べます。皮はパリパリとして香ばしく、中はジューシーでしっとりとした味が楽しめます。ビールにもよく合うと人気で、四国中央市を訪れたら一度は食べたい料理です。

愛媛県四国中央市では、ご当地グルメとして揚げ足鳥を提供するお店が約30軒あり、グルメマップも作成されています。また四国中央市の名店が松山市にも出店しており、松山観光の際に味わうことができます。

たこめし

たこめしは愛媛県松山市のご当地グルメです。松山市は、海の幸が豊富な伊予灘に面しています。海底には小魚やエビが潜んでおり、それらを餌にするたこがたくさん生息しています。餌が豊富な場所で育ったたこは身が厚く、ぷりぷりとしてとても美味しいと評判です。

たこは松山市の名物として知られており、たこを使った料理がたくさんあります。その中でも人気があるのがたこめしです。愛媛県松山市のたこめしは、たこをぶつ切りにしてご飯と一緒に炊き込んだ豪快な料理です。

ご飯にたこの旨味がたっぷりとしみ込み、磯の香も楽しめます。愛媛県松山市の名物料理、たこめしは、活きのいいたこを使っているため、吸盤のコリコリとした食感が味わえます。市内にはたこ料理専門店があるので、松山市を訪れたら味わってみてください。

今治焼豚玉子飯

今治焼豚玉子飯は、愛媛県今治市のB級グルメとして有名な料理です。今治市民のソウルフードとも呼ばれる料理で、ご飯の上に焼き豚、そして目玉焼きがトッピングしたボリュームたっぷりのグルメです。

もとはある中華料理店でまなかい飯として作られていたもので、その後、独立した店主が今治焼豚玉子飯として販売したところ人気を集めました。ご当地グルメの祭典「西日本B-1グランプリ」の優勝経験もあります。

とろとろとした柔らかいチャーシューと濃厚な半熟卵との相性がよく、たいへん美味しいと評判です。お店によってタレの味が異なるので、食べ比べをしてみましょう。

松山市では白楽天、重松飯店、白龍の3店舗で今治焼豚玉子飯が味わえます。行列ができる人気店なので、時間をずらして出かけるのがおすすめです。

愛媛県の名物でおすすめのお菓子

愛媛県のご当地グルメや郷土料理などをご紹介しましたが、ここからはお土産にもおすすめのお菓子を紹介しましょう。

愛媛県はみかんが名産で、みかんを使った美味しいお菓子もたくさん作られています。また夏目漱石にちなんだお菓子も人気があります。

母恵夢

母恵夢(ポエム)は瀬戸内海の銘菓を作っている愛媛県のお菓子メーカーです。和菓子や洋菓子など、バラエティに富んだお菓子を作っていて、愛媛県のお土産におすすめです。

看板商品のポエムは、サクサクとしたビスケット生地にふわっとした黄味あんを包んだお菓子です。生地には北海道産のフレッシュバターを使っており、しっとりとした上品な甘さのお菓子で、幅広い年齢層に好まれるお土産です。

ベビー母恵夢 愛媛のみかんは、餡や生地に愛媛県産温州みかんの果汁をたっぷりと加えたお菓子です。ポエムよりもしっとりとした食感のお菓子で、みかんの香りと味が楽しめます。

タルト

タルトは愛媛の郷土のお菓子として人気があり、お土産にもおすすめです。愛媛のタルトは一般的な洋菓子のタルトではなく、餡をスポンジ生地で巻いた和風ロールケーキのようなお菓子です。

タルトの歴史は古く、江戸時代にまでさかのぼります。松山藩主・松平定行公が長崎に赴いた際、カステラ生地の中にジャムを巻いた南蛮菓子タルトに魅せられ、その製法を松山に持ち帰ったのが始まりです。

愛媛県松山市の名物タルトは、市内の多くのお店で販売されています。中でも元祖として人気があるのが「一六本舗」です。創業130年を超す老舗で、愛媛県に30店舗以上の支店があるので、タルトなどのお土産を買いたいときにおすすめです。

「一六本舗」のタルトはきれいな「の」の字に巻かれていて、オリジナルの他、抹茶やみかんなど季節限定のタルトも販売しています。

坊っちゃん団子

坊っちゃん団子は、愛媛県松山市の道後温泉の定番のお土産です。道後温泉は夏目漱石の小説「坊ちゃん」ゆかりの地ですが、小説では主人公がお団子を2皿食べる場面が登場します。

当時は餅に餡を絡めた素朴なお団子でしたが、松山に赴任した夏目漱石もこのお団子が好きだったようで、よく食べていたと言われています。小説が発表された後に、つぼや菓子舗が「ぼっちゃん団子」として3色団子を販売したところ、たいへん評判になりました。

坊っちゃん団子は一本の串に一口サイズのお団子が3つ刺してあります。お団子は、抹茶あん、黄身あん、小豆あんが一般的で、かわいらしい色合いです。道後温泉や松山市内には坊っちゃん団子を扱うお店がたくさんあります。松山空港やデパートでも買えるので、お土産におすすめです。

Thumb一六タルトは愛媛のお土産で大人気!名前の由来は?店舗や値段も調査!
愛媛の銘菓「一六タルト」は、愛媛のお土産としてとても人気があり、お土産でいただいたことがある...
Thumb愛媛グルメおすすめランキングTOP17!郷土料理からB級まで徹底調査!
個性あふれる料理がたくさんある愛媛県は、四国の中でも人気のグルメスポットです。その土地に根付...

愛媛県の名物でおすすめのお土産

ここからは愛媛県で買いたいおすすめのお土産をご紹介しましょう。愛媛県の名物といえばみかんが有名で、みかんを使ったお菓子はお土産にぴったりです。

その他にも水産加工品やゆるキャラのキャラクターグッズもお土産に人気があります。空港やギフトショップで手軽に買うことができます。

じゃこ天

じゃこ天は愛媛名物としてたいへん人気があり、お土産にもおすすめです。じゃこ天は愛媛近海の宇和海で獲れる小魚を主原料しており、骨や皮も一緒にすり身にしているのでとても栄養があります。

鹿児島の「つけあげ」が大分から愛媛に伝わったものと言われています。愛媛県ではソウルフードとして親しまれており、農林水産省の「郷土料理百選」にも選定されています。

愛媛県内にはじゃこ天を扱う店がたくさんあり、それぞれのお店で製法や味が異なります。お土産を購入する際には、味見をしてみるのもおすすめです。じゃこ天はフライパンや網で炙って食べると美味しくいただけます。また大根おろしや醤油、スダチなどを添えるのもおすすめです。

バリィさんグッズ

バリィさんとは、愛媛県今治市のマスコットキャラクターで、2012年のゆるキャラグランプリで王者になりました。今治育ちの鳥で、今治産のタオル生地のハラマキ、頭には来島海峡大橋をイメージ した王冠をかぶっています。

バリィさんにはイヨノ助さんという子分や、ハルさんという愛犬、鯛のお友達のタイタイなどがいます。今治市のギフトショップや道の駅、サービスエリア、松山空港などではバリィさんグッズを多数扱っていて、愛媛のお土産におすすめです。

ぬいぐるみ、文房具、缶バッジ、タオル、バッグ、Tシャツなどさまざまなバリィさんグッズがあります。バリィさんを紹介した本やCD、「バリィさんのやきとりカレー」などのレトルトも販売されています。

ポンジュース味のお菓子

今や全国的に有名なポンジュースですが、ポンジュースは愛媛県で誕生したドリンクメーカーです。すっきりとしたみかん味のポンジュースはファンが多い人気ドリンクです。

お土産ではありませんが、愛媛県では期間限定でポンジュースが出てくる蛇口があります。松山空港や公園などに設置されているので、探してみるといいでしょう。

愛媛県のお土産にポンジュース味のお菓子もおすすめです。グミやチロルチョコとコラボした商品や、「ポンジュースコロン」なども人気があります。またポンジュースのキャンディーやポンジュースもちなどもおすすめです。

Thumb愛媛お土産おすすめランキングTOP21!みかんやお菓子・雑貨も!
みかんの名産地で有名な愛媛県は、瀬戸内海に面した温暖な気候と豊かな自然で人気の観光地です。そ...

愛媛県でおすすめの名物を試してみよう!

愛媛県には松本城や道後温泉など観光スポットが多く、さまざまな楽しみ方ができます。愛媛県を訪れた際には、愛媛名物のグルメを楽しみましょう。みかんや水産加工品など、愛媛県には美味しいモノが集まっています。

ご当地ラーメンやB級グルメ、名産のたこや鯛を使った料理など、愛媛県の美味しい料理や地元の素材を使ったお菓子など、愛媛県の味を楽しんでください。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
Momoko

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ