ヨーグルッペは北海道と宮崎のご当地ドリンク!味の種類や販売地域は?

北海道と宮崎のご当地ドリンクとして親しまれているヨーグルッペ。いろんな種類の味が販売されているのですが、懐かしさを感じられる味が人気を集めています。ヨーグルッペにはどんな味の種類があるのか、販売地域はどこかなど北海道と宮崎で人気のヨーグルッペについて紹介。

ヨーグルッペは北海道と宮崎のご当地ドリンク!味の種類や販売地域は?のイメージ

目次

  1. 1宮崎生まれの乳酸菌飲料ヨーグルッペをご紹介
  2. 2ヨーグルッペの特徴
  3. 3ヨーグルッペのおすすめの種類
  4. 4ヨーグルッペの栄養成分・カロリー
  5. 5ヨーグルッペの販売地域は?
  6. 6ヨーグルッペは通販でも購入可能
  7. 7ヨーグルッペの口コミ情報
  8. 8ヨーグルッペを見つけたら飲んでみよう

宮崎生まれの乳酸菌飲料ヨーグルッペをご紹介

宮崎で生まれた「ヨーグルッペ」を聞いたことがありますか?懐かしい味とも言われている乳製品で、昭和60年に生まれたご当地ドリンクです。アニメ映画にも登場したことがあるので、飲んだことがない方でも目にしたことがある人も多いでしょう。

全国的に有名になったのは、アニメ映画で登場したことが一つの理由となっています。今回当記事では、そんなヨーグルッペについて紹介していきます。

宮崎生まれで北海道や各所で販売されているのですが、その販売地域はもちろんヨーグルッペの味の種類などを紹介していきます。全国的に有名なご当地ドリンクとして、販売地域などはチェックしておくと購入しやすいのでおすすめになります。

ヨーグルッペの特徴

ヨーグルッペは宮崎で生まれて、北海道など各所に販売地域がある人気のご当地ドリンクです。秒速5センチメートルの映画に登場したことがあり宮崎や北海道で人気があったヨーグルッペは、全国的に有名なご当地ドリンクに生まれ変わりました。

ですが、人気があると言えども実際にヨーグルッペを飲んだことがないという方も少なくありません。そこで、ヨーグルッペのおすすめのポイントでもある特徴について紹介。どんな商品かを知ることができるので、まずは特徴を詳しく見ていきましょう。

女の子のイラストが目を引くパッケージ

ドリンクを購入する際に目につくのはパッケージ。パッケージは購入を左右する要因の一つとも言える、ドリンクの第一印象になるでしょう。ヨーグルッペは宮崎生まれで北海道などに販売地域があるのですが、そのパッケージは日本ではない印象があります。

アルプス山脈のような山の絵の前にいるのは、民族衣装を纏った女の子。可愛らしいイラストとは違いリアルさがあるイラストになっているのも特徴的です。

パッケージの絵柄だけを見ると、日本の商品のように感じることがないのではないでしょうか。そんな特徴的なパッケージになっているからこそ、印象的で脳裏に残っているのかもしれません。映画に登場した際に覚えられたのも印象的な絵柄かもしれません。

さっぱりとして飲みやすい味の乳酸菌飲料

ヨーグルッペは昭和60年に宮崎で誕生して北海道などで親しまれているご当地ドリンクになるのですが、その味は昔から変わらない味となっています。さっぱりとしていて飲みやすさがあるヨーグルッペは、どこか懐かしさを感じる味でもあります。

宮崎と北海道の北と南で味の違いがあるわけではないので、どちらで購入しても美味しいヨーグルッペの味を満喫できるのでおすすめになります。

また、ヨーグルッペには味の種類がたくさんあるのもおすすめのポイント。メインとなるヨーグルッペにフルーツの味が加わった人気の味の種類などもあります。味の種類が変わるだけでも口当たりが変わるのも魅力になるので、楽しむのがおすすめになります。

ヨーグルッペのおすすめの種類

次に紹介していくのは、ヨーグルッペの味の種類です。ヨーグルッペには、先述したようにいろんな味の種類があるので味の違いを楽しむのもおすすめになります。ですが、初めてヨーグルッペを飲む方の場合には人気のある種類を選択するのもおすすめ。

そこで、ヨーグルッペのおすすめの味の種類を3種類紹介していきます。それぞれの味の特徴やおすすめのポイントなども紹介していくので、人気の味を飲み比べてみるのも味の違いを楽しめるのでおすすめ。では、おすすめの種類をチェックしていきましょう。

ヨーグルッペ

最初に紹介するおすすめの種類は、ヨーグルッペの原型とも言える「プレーン」味です。先述したように懐かしさを感じられる味が特徴で、販売当初から変わらない味になっているのが魅力になり現在でも宮崎や北海道などで人気がある味の一つになっています。

初めてヨーグルッペを飲む場合には、シンプルな味を楽しんでみるのがおすすめになります。いろんなフルーツの味がうめれた原型の味となっているからです。

ヨーグルッペのプレーン味は紙パックで販売されているのですが、販売価格が約100円と安いのも魅力になっています。購入しやすさがある値段設定になっているので、気軽にどんな味か試してみることができるのではないでしょうか。

ヨーグルッペりんご

続いて紹介する人気があるおすすめのヨーグルッペは、りんご味になります。りんごの果汁が加えられているヨーグルッペになるのですが、ほのかにりんごの酸味を感じられるのも魅力。フルーツがもつ甘味も加わっているので美味しいと人気があります。

子供でも美味しく飲みやすい味とも言われているので、りんご味はヨーグルッペで販売されている味の種類の中でも一番人気の味となっています。

こちらも紙パックの商品になっているので、販売価格は約100円となっています。一番人気のある味で楽しmんで見たい方の場合には、りんご味を選択してみるのがおすすめ。特にリンゴジュースが好きな方は、満足できる美味しさとされています。

ヨーグルッペもも

続いておすすめするのは、ヨーグルッペのもも味です。ももの独特な甘みを楽しめるヨーグルッペになっているので、酸味がなく甘いドリンクとして楽しみたい方はもも味を選択してみてください。ただ、一般的なもも味のジュースとは違います。

他では味わえない癖がある味とも言われているので、好き嫌いが分かれるヨーグルッペの種類でもあります。ですが、ハマってしまう方も多くまとめ買いする方もいるようです。まずは1本購入して味わってみるのがおすすめになります。

ヨーグルッペ 275gボトル缶

最後に紹介するのは、ボトル缶タイプのヨーグルッペです。最初に紹介したプレーン味が入っているヨーグルッペになっているのですが、紙パックとは違いカバンなどに入れて持ち運びができるのが一番の特徴となっています。

一度に飲み切る必要がないのは便利なので、出先などで楽しむ場合にはボトル缶で購入する方も多く人気があります。内容量は275グラムとなっていて、約130円ほどで購入することができるようになっています。観光時などにも便利なのでおすすめです。

ヨーグルッペの栄養成分・カロリー

ヨーグルッペにはいろんな味や種類があるのですが、乳酸菌飲料として栄養素などが気になる方も少なくないのではないでしょうか。そこで、ここからはヨーグルッペの栄養素やカロリーについて紹介していくので、購入前にチェックしていきましょう。

ヨーグルッペに使われているのは、3種混合菌と呼ばれているビフィズス菌・サーモフィルス菌・アシドフィルス菌です。

ビフィズス菌なんかは耳にしたことがある方も多いでしょう。簡単に言うと、全体的に腸内環境を整えるのに有効的とされている菌になります。そしてサーモフィルス菌は、悪玉菌を減らしてくれる役割があるとされている菌になっています。

アシドフィルス菌は感染症予防になるとされているので、全体的に摂取したい内容と言えるでしょう。そしてカロリーですが、こちらは紙パックとボトル缶でカロリーは異なってしまいます。紙パックのカロリーは、120カロリーとなっています。

ボトル缶の方は275グラムで100ミリリットル当たり58カロリーとなっています。またりんご味やもも味は120カロリーより少し高く、りんごが124カロリー、ももが122カロリーです。それぞれ紙パック1本200ミリリットルに対してになっています。

ヨーグルッペの販売地域は?

宮崎生まれのご当地ドリンクとなるヨーグルッペは、販売地域がどのようになっているのか疑問に感じる方は必見!ここではヨーグルッペの販売地域について紹介していきます。2007年から全国販売となっているので、店頭で見かけることもあるかもしれません。

ですが、販売地域を抑えておくと購入時にはわかりやすくていいのではないでしょうか。ただ、スーパーやコンビニなど、地域ごとにどのように販売されているのかまでは現地に行ってみないとわからないので、アクセス時には注意してください。

主な販売地域は宮崎や北海道

ヨーグルッペを確実に購入したい場合には、主な販売地域となっている宮崎や北海道がおすすめ。北と南の販売地域を不思議に感じるかもしれませんが、ヨーグルッペを製造しているのが宮崎県の南日本酪農協同株式会社となっています。

この宮崎県の会社のグループ会社となっていて、共同開発したのが北海道にある北海道日高乳業株式会社となっています。

そのため、北海道と宮崎ではメインとして販売されています。北海道の方では、発祥が宮崎となっているのを知らなかったと言う方も多いのではないでしょうか。それぞれの地域では、購入がしやすいドリンクになっているのでおすすめになります。

東京では秋葉原にある自販機が人気

販売地域は全体的に広がりを見せてはいるのですが、ヨーグルッペはどこでも購入できるドリンクではありません。昔は東京などでも購入することができなかったのですが、現在では東京でも販売しているので購入ができるようになっています。

その中でも人気があるおすすめの購入場所になっているのが、秋葉原駅にある自動販売機。乳製品専用の自動販売機となっていてごとちドリンクが並んでいます。

ヨーグルッペをはじめとして全国各地のご当地ドリンクの乳製品が購入できるのが魅力の自動販売機で、場所はJR秋葉原駅の5番ホームにあります。いろんな種類があるのですが、販売価格は少し高めに設定されているので注意してください。

JR秋葉原駅の5番ホームといえば、約70年近く続いているミルクスタンドが有名です。いろんな乳製品が並んでいるので、ついついミルクスタンドに目がいってしまうでしょう。そのため、自動販売機の存在を知らなかったと言う方も少なくありません。

ミルクスタンドも魅力的な存在になっているのですが、ヨーグルッペを味わってみたい方は自動販売機を目指しましょう。他にも気になるご当地ドリンクがある方は、秋葉原の自動販売機で購入することができるので観光時にもおすすめになります。

ヨーグルッペは通販でも購入可能

ヨーグルッペの販売地域は限定的なこともあり、誰でも購入しに足を運べるわけではありません。では、近くで販売している店舗などがないと購入できないのでしょうか?実は、ヨーグルッペは通販を利用して購入することができるようになっています。

通販は買い物に行けない場合などには便利なショッピング方法の一つになっているので、近くでヨーグルッペを購入できない場合には利用してみるのもいいでしょう。ここでは、ヨーグルッペが購入できる通販に関して紹介していきます。

Amazonや楽天ショップでお取り寄せしよう

ヨーグルッペが購入できる通販には、南日本酪農協同株式会社の公式オンラインショップの他にAmazonや楽天ショップがあります。それぞれでご当地ドリンクをお取り寄せできるので、誰でも購入できるのが一番のポイントと言えるでしょう。

ただ、Amazonや楽天ショップはケースでの販売が主になっているので、まとめ買いに向いている通販です。1ケースや2ケースなどで販売されているのですが、同じ種類の味になっているのが多いのでAmazonや楽天ショップでの購入時は注意しましょう。

ヨーグルッペを単体で1本だけ購入して、どんな味かお試し感覚で利用したい方の場合には南日本酪農協同株式会社の公式オンラインショップを利用するのがおすすめ。ケースはもちろん1本からの購入もできるようになっているので便利です。

送料などに関しては、各種サイトによって異なってきてしまいます。いくら以上で送料無料などの条件にも違いがあるので、各サイトをチェックしてお得な方法で購入するのが通販の便利な利用方法の一つです。ぜひ、参考にして味わってみてください。

ヨーグルッペの口コミ情報

最後になりますが、ここではヨーグルッペを購入して飲んだことがあると言う方の口コミ情報についても簡単に紹介していきます。

ヨーグルッペの口コミ情報で一番多いのは、「飲みやすくて美味しい」と言う内容です。カルピスに近い味わいになっていると言われていて、冷やして飲むと美味しいと言われています。全体的に味に関しては、高い評価をされているのが特徴的です。

また、北海道や宮崎の方の場合にはパッケージに懐かしさを感じる方も多いようです。昔から変わらないパッケージは地元では親しまれているのが、口コミ情報からも見て取ることができます。悪い評価がないのも特徴的なので、参考にしてみてください。

ヨーグルッペを見つけたら飲んでみよう

宮崎生まれで北海道でも親しまれているご当地ドリンクのヨーグルッペ。飲みやすいさっぱりとした味わいを楽しめるので、現在でも変わらない人気があります。東京などでも一部の場所に限定されてしまいますが、購入することができます。

近隣で販売していない場合には、通販を利用して購入することも可能です。まだヨーグルッペを飲んだことがないと言う方も、当記事を参考にして一度味わってみてはいかがでしょうか。懐かしさのある美味しい味は、きっと気にいることができるでしょう。

関連記事

Noimage
この記事のライター
沖野愛

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ