「ホンビノス貝」は千葉の名産品!砂抜き方法や美味しい食べ方を紹介!

皆さんは「ホンビノス貝」という貝を食べたことはありますか。この「ホンビノス貝」は千葉の名産品として人気の貝です。今回は「ホンビノス貝」の砂抜き方法や美味しい食べ方などについてご紹介していきたいと思います。「ホンビノス貝」の魅力に迫ります。

「ホンビノス貝」は千葉の名産品!砂抜き方法や美味しい食べ方を紹介!のイメージ

目次

  1. 1「ホンビノス貝」の人気が今や急上昇!
  2. 2「ホンビノス貝」ってどんな貝?
  3. 3「ホンビノス貝」の旬はいつ?
  4. 4「ホンビノス貝」の砂抜き方法は?
  5. 5「ホンビノス貝」おすすめの食べ方
  6. 6「ホンビノス貝」の保存方法
  7. 7「ホンビノス貝」の口コミ
  8. 8「ホンビノス貝」を潮干狩りで採る
  9. 9「ホンビノス貝」を使って美味しい一品を作ってみよう!

「ホンビノス貝」の人気が今や急上昇!

皆さんは「ホンビノス貝」という貝を食べたことはありますか。見た目はハマグリに似ているこの貝、千葉の名産品として人気があります。今回はそんな人気の貝「ホンビノス貝」の魅力についてご紹介していきたいと思います。

「ホンビノス貝」の砂抜き方法や美味しい食べ方などについてご紹介します。今まで食べたことがないという方も、ぜひ砂抜き方法や美味しい食べ方などを参考に人気の「ホンビノス貝」を食べてみるのはいかがでしょうか。

「ホンビノス貝」ってどんな貝?

ではまず、「ホンビノス貝」がどのような貝なのかについてご紹介したいと思います。見た目はハマグリのような貝ですが、スーパーなどで買うとハマグリよりリーズナブルな価格で買うことができると人気があります。

「ホンビノス貝」は二枚貝で大きく成長すると横幅が10cmほどになるものもあるようです。貝殻の色も白っぽいという特徴があります。また、ハマグリと比べ身が肉厚なので食べ応えのある貝として人気です。出汁が良く出る美味しい貝としても注目されています。

2000年前後に東京湾で発見された外来種

「ホンビノス貝」は2000年前後に東京湾で発見された外来種です。では、元々はどこに生息している貝なのでしょうか。これからご紹介します。

「ホンビノス貝」は元々は北アメリカ大陸の大西洋側に生息している貝です。そのためアメリカではよく食べられてきた貝です。2000年前後に東京湾で発見されてからは日本でもたくさん増え、今や人気の食材となっています。

船橋港は「ホンビノス貝」の水揚げ日本一

日本でも多く採取できるようになった「ホンビノス貝」ですが、「ホンビノス貝」の水揚げ量が多い港はどこなのでしょうか。それは船橋港です。

「ホンビノス貝」は水揚げ日本一の船橋港でどのように漁獲されているのでしょうか。船橋港で漁獲される「ホンビノス貝」は漁師さんたちが船に乗って海に出、鋤簾(じょれん)という重さ10kg以上で約4mある貝を漁獲するための道具を使って獲ります。

この道具を使って「ホンビノス貝」を獲ることにより、貝に不必要なストレスをかけることなく獲ることができるようです。新鮮な「ホンビノス貝」を漁獲することができます。しかし、鋤簾(じょれん)を使った「ホンビノス貝」漁は、漁師さんたちにとって大変重労働な仕事ということです。

この人気の「ホンビノス貝」は千葉のブランド水産品に認定されています。そんな人気の貝は船橋漁港でたくさん水揚げされ、各地に送られます。

また、船橋漁港では「ホンビノス貝」を含め新鮮な魚介が朝市で販売されています。ぜひ、水揚げ日本一の船橋港で採取された「ホンビノス貝」を食べてみるのはいかがでしょうか。

「ホンビノス貝」の旬はいつ?

今や注目されている人気の貝「ホンビノス貝」の旬はいつなのでしょうか。これから「ホンビノス貝」の旬の時期についてご紹介したいと思います。

「ホンビノス貝」は一年を通していつでも獲れる貝です。いつでも美味しく食べることができる貝というのもおすすめポイントです。そのため一年を通していつでも獲ることができる「ホンビノス貝」は価格も安く販売することができるというわけです。

「ホンビノス貝」の砂抜き方法は?

ではこれから「ホンビノス貝」の砂抜き方法についてご紹介したいと思います。「ホンビノス貝」はどのように砂抜きすればよいのでしょうか。

「ホンビノス貝」と同じような二枚貝を使った料理をする場合は必ず砂抜きをして使います。しかし、「ホンビノス貝」はこの砂抜き作業が必要ない貝なのです。砂抜き作業が必要ない「ホンビノス貝」は調理する前に水道水で洗えば使えます。砂抜きの必要のない手軽さもおすすめポイントです。

貝を使った料理を作りたいけど砂抜きが面倒などという方は、ぜひ砂抜きが必要ない「ホンビノス貝」を使った料理に挑戦してみるのはいかがでしょうか。

「ホンビノス貝」は砂抜きをする必要はありませんが、海にいるので塩を多く含んでいます。調理の味付けの時に塩分控えめにすることをおすすめします。

「ホンビノス貝」おすすめの食べ方

では、早速「ホンビノス貝」のおすすめの食べ方についてご紹介したいと思います。「ホンビノス貝」はとても良い出汁が出る貝としても注目されています。簡単にできて美味しい食べ方について今回は4つの食べ方をご紹介します。

ご紹介するおすすめの食べ方は「ホンビノス貝を使ったお吸い物」、「ホンビノス貝の酒蒸し」、「ホンビノス貝とセロリのクラムチャウダー」、「ホンビノス貝のパスタ」です。手軽に作れて美味しい食べ方を参考に「ホンビノス貝」を食べてみるのはいかがでしょうか。

定番の一品「ホンビノス貝を使ったお吸い物」

「ホンビノス貝」のおすすめの食べ方の1つ目にご紹介するのは「ホンビノス貝を使ったお吸い物」です。二枚貝を使った料理でお吸い物は定番の一品です。

貝のお吸い物は、その貝本来の美味しさ、旨みを存分に味わうことができます。また、お吸い物は手軽に調理することができるというのもおすすめポイントです。

「ホンビノス貝を使ったお吸い物」に使う材料は、2人前あたり「ホンビノス貝」を4個から6個用意します。まず初めに「ホンビノス貝」を洗います。お吸い物を作る時には鍋を2つ使います。鍋にお吸い物用の350mlの水を入れてそこに昆布5gを入れ30分以上時間を置きます。

その間に別の鍋に「ホンビノス貝」と小さじ2の酒と大さじ1の水を入れ蓋をして火にかけます。沸騰したら鍋を揺すりながら貝が開くまで加熱します。

30分以上置いた昆布入り鍋を中火にかけ、沸騰したら昆布を取り出します。弱火にして先ほどの貝の入った鍋の中身を全て入れ合わせます。塩でお吸い物の味を調えお椀によそったら、三つ葉や小葱などを散らしてお吸い物の完成です。お吸い物は手軽に調理することができるのでおすすめです。

ビールのおつまみにもぴったり「ホンビノス貝の酒蒸し」

「ホンビノス貝」のおすすめの食べ方の2つ目にご紹介するのは「ホンビノス貝の酒蒸し」です。「ホンビノス貝の酒蒸し」もお吸い物と同様、貝本来の美味しさを存分に味わうことのできるおすすめの食べ方です。

「ホンビノス貝の酒蒸し」も簡単に調理でき、ビールのおつまみなどにもぴったりと人気です。ではこれから、簡単な酒蒸しの作り方をご紹介します。

「ホンビノス貝の酒蒸し」の作り方は、洗った「ホンビノス貝」を用意し、フライパンなどに並べ、細く刻んだ生姜をちらし、料理酒大さじ3、みりん大さじ1、醤油大さじ1を上からかけます。蓋をして貝が開くまで加熱します。

「ホンビノス貝の酒蒸し」ができたら器に盛り付け、小葱などを散らすと見栄えも良く綺麗です。「ホンビノス貝の酒蒸し」を知っておくと、そこから色々な料理にアレンジができるのでおすすめです。酒蒸しを作って「ホンビノス貝」の美味しさを堪能するのはいかがでしょうか。

ちょっと贅沢に「ホンビノス貝とセロリのクラムチャウダー」

「ホンビノス貝」のおすすめの食べ方の3つ目にご紹介するのは「ホンビノス貝とセロリのクラムチャウダー」です。クラムチャウダーというとあさりをイメージする方も多いと思いますが、「ホンビノス貝」が一般に食べられているアメリカでは「ホンビノス貝」を作ったクラムチャウダーも多くの人たちが食べる人気メニューです。

「ホンビノス貝」は旨みたっぷりの貝なので、「ホンビノス貝とセロリのクラムチャウダー」はちょっと贅沢なクラムチャウダーとしておすすめです。

「ホンビノス貝とセロリのクラムチャウダー」を作る時は、予め「ホンビノス貝」を白ワインなどで酒蒸しにしておきます。クラムチャウダーに入れる玉ねぎ、味の深みを出してくれるベーコンなどとともにアクセントにもなるセロリを切ってバターで炒めます。

炒めたところに薄力粉を入れて炒め、水とじゃがいもを入れます。その時に酒蒸しにした「ホンビノス貝」の汁も入れます。じゃがいもが柔らかくなったら牛乳や生クリーム、コクを出すクリームチーズなどを入れ塩コショウで味を調えます。

お皿によそう時に貝も一緒に入れて食べることができます。「ホンビノス貝」の出汁たっぷりの贅沢なクラムチャウダーを作ってみるのはいかがでしょうか。

コリコリっと美味しい「ホンビノス貝のパスタ」

「ホンビノス貝」のおすすめの食べ方の4つ目にご紹介するのは「ホンビノス貝のパスタ」です。今回は、ニンニク、唐辛子、オリーブオイルを使ったペペロンチーノをご紹介したいと思います。

まず最初に、オリーブオイルとニンニクを入れ火にかけます。「ホンビノス貝」の酒蒸しを作るのと同時にパスタを茹でておきます。「ホンビノス貝」と日本酒、水を少し加え蒸し焼きにします。貝が開いたところで、貝だけを取り出しでおきます。

貝を取り出したフライパンに白だしやオリーブオイル、唐辛子を入れ煮立たせます。そこに茹でたパスタと途中で取り出した「ホンビノス貝」を戻します。パスタと「ホンビノス貝」を和えたら火を止めて出来上がりです。

「ホンビノス貝のパスタ」は貝の旨みをパスタが吸ってくれる絶品料理です。今回は、ペペロンチーノをご紹介しましたが、トマトソースを加えたりしてアレンジするのもおすすめです。

他にもたくさんの美味しい食べ方がある

今回は「ホンビノス貝」の美味しさを存分に味わうことができる簡単な食べ方を4つご紹介しましたが、「ホンビノス貝」を使った美味しい食べ方はまだまだたくさんあります。

「ホンビノス貝」を使ったかき揚げやパエリア、ラーメンなどに入れるのもおすすめです。ピザの具としてトッピングしたりすることもできます。色々な食べ方をして「ホンビノス貝」の旨みを楽しんでみてください。

「ホンビノス貝」の保存方法

「ホンビノス貝」を使った美味しい食べ方についてご紹介してきましたが、これから「ホンビノス貝」の保存方法についてもご紹介したいと思います。

「ホンビノス貝」は生命力が強い貝としても知られています。そのため獲ってからも一週間ほど生きていることができます。水につけないで保存することができますので、貝の表面をよくすすいでからビニール袋などに入れ冷蔵庫ですることができます。

「ホンビノス貝」を美味しく食べるためにも3日を目安に食べきることをおすすめします。冷凍保存は「ホンビノス貝」の本来の美味しさが失われてしまうことがあるので冷蔵保存がおすすめです。

「ホンビノス貝」の口コミ

ここで、「ホンビノス貝」の口コミについてもご紹介したいと思います。「ホンビノス貝」を食べたことがないという方も口コミを参考に買って食べてみるのはいかがでしょうか。

口コミには、「ホンビノス貝」は肉厚で食べ応えもあり、歯ごたえも良い、身がプリプリしていて美味しい、旨みが濃厚な貝などの高評価の口コミが多数あります。

また、食べ方に関する口コミもあります。酒蒸しやお吸い物にして食べたという口コミが大変多く、出汁がとても良く出て美味しかった、磯の香りがとっても良い、思っている以上に使いやすい食材などという口コミもあります。

「ホンビノス貝」を食べた方の多くが想像以上の美味しさに大満足しているという様子を口コミを通してうかがい知ることができます。食べてみる価値があるおすすめの貝です。

「ホンビノス貝」を潮干狩りで採る

「ホンビノス貝」はスーパーなどで買ってくることもできますが、潮干狩りで採ることもできます。ここで、「ホンビノス貝」を採ることができる潮干狩り場についてご紹介したいと思います。

「浦安三番瀬」はJR京葉線の新浦安駅からバスで約11分のところにあります。無料で行える潮干狩り場として人気です。例年4月から8月に「ホンビノス貝」などの潮干狩りができます。潮干狩りに行かれる際は、潮干狩りができるかどうかを予めご確認のうえ行かれることをおすすめします。

「千葉ポートタワー」も「ホンビノス貝」が採れる潮干狩り場として人気があります。例年4月から8月頃にたくさんの「ホンビノス貝」が採れると多くの人たちが訪れます。

「千葉ポートタワー」は、JR京葉線の千葉みなと駅より徒歩約13分のところにあります。車でお越しの際に利用できる駐車場もありますので、ぜひ楽しんでみてはいかがでしょうか。

Thumb千葉の潮干狩りスポットTOP11!おすすめの穴場や無料スポットあり!
今回ご紹介するのが、千葉の潮干狩りスポットTOP11です。おすすめのスポットだけでなく、穴場...
Thumb千葉の谷津干潟で野鳥観察や潮干狩りを楽しもう!見どころや駐車場まとめ!
千葉県の谷津干潟(やつひがた)は東京湾にありながら、さまざまな野鳥を観察できる観光地として大...

「ホンビノス貝」を使って美味しい一品を作ってみよう!

今や人気急上昇の「ホンビノス貝」の魅力についてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。「ホンビノス貝」は安い価格でかうことができ、砂抜きの手間もいらず、旨みたっぷりのいいこと尽くしのおすすめの貝です。

「ホンビノス貝」は食べ方にしても、色々なアレンジで楽しむことができるというのもおすすめポイントです。一年中美味しく食べることができる貝というのも人気の秘密といえます。

ぜひ、魅力たっぷりの「ホンビノス貝」を使って美味しい一品を作ってみるのはいかがでしょうか。手軽に美味しい料理を作り「ホンビノス貝」の美味しさを存分に味わってみてください。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
Canna

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ