新幹線の子供料金は何歳からかかる?お得な利用方法や座席指定も調査!

新幹線の子供料金についてまとめました。何歳から料金がかかるのかやおすすめの購入の仕方など、家族旅行などにも便利な新幹線の子供料金情報です、料金を安く購入できる人気の方法などは、知っておくと便利な情報!新幹線の切符を購入する前にチェックしておきましょう。

新幹線の子供料金は何歳からかかる?お得な利用方法や座席指定も調査!のイメージ

目次

  1. 1新幹線の子供料金は何歳から?
  2. 2新幹線の子供料金の対象年齢
  3. 3新幹線の座席の料金について解説
  4. 4新幹線で幼児・乳児に子供料金が必要になるケース
  5. 5新幹線の子供料金切符の買い方
  6. 6新幹線の子供料金をもっと安くするおすすめの方法
  7. 7新幹線の子供料金を利用してお得に乗ろう!

新幹線の子供料金は何歳から?

当記事で今回紹介していくのは、新幹線の子供料金についてです。子供料金になるのは何歳からなのかなど、新幹線の切符を購入時には迷ってしまうこともあるのではないでしょうか?特に何歳からという料金区分に関しては知っておくと便利でしょう。

家族旅行などで新幹線を利用する場合に、子供料金が安くなると人気のあるおすすめの方法なども紹介していきます。座席指定する場合などにもわかりやすい新幹線の子供料金について解説していくので、新幹線の切符を購入前にチェックしておきましょう。

新幹線の子供料金の対象年齢

新幹線の切符購入時に覚えておくと便利なのが、大人料金と子供料金の境目となる年齢についてです。子供料金が発生してしまうのが何歳からかを抑えておくと、新幹線の子供料金がかかる前に安い料金で家族旅行を楽しんだりできるのでおすすめです。

今更だから「何歳からか聞けない」という方も少なくないでしょう。新幹線やバスなど乗り物によって対象年齢などに違いがあるので混合してしまう方もいます。ここでは、新幹線の子供料金が何歳からかについて掘り下げていくので役立ててください。

子供料金は「6歳~12歳の小学生」が対象

新幹線の子供料金が発生するのが何歳からかですが、子供料金となるのは6歳から12歳までとなっています。小学生が子供料金の対象としておくのが覚えやすいでしょう。逆に中学生からは大人料金になってしまうので、利用時には注意するようにしましょう。

この何歳から子供料金になるのかですが、実は大きな境目でもあります。と言うのも、小学生未満の場合の料金が違ってくるからです。

つまり、子供が小学生に上がる前の方が新幹線の料金は安くすることができるということです。何歳からかを覚えておくと料金の変わり目がわかるのでお得に利用することもできます。少しでも安い旅費でと考える場合には、子供料金の対象もチェックしましょう。

子供料金が発生する前の6歳未満の乳児・幼児になりますが、こちらも含めた新幹線の子供料金についてはこの後で詳しく紹介していきます。人数などによっても新幹線の場合には違いが発生してしまうのですが、安い料金で新幹線を利用できるのは小学生までです。

何歳からについて紹介しましたが、子供が6歳になっているが小学校に入学前の場合は幼児と同じになるので注意しておくのがおすすめ。

こちらはJRの公式サイトでも説明されている内容になっているので、6歳だからと子供料金にすると損をしてしまう場合があります。また、12歳になっていても小学校卒業前の場合には、子供料金で新幹線は利用することが可能になっています。

新幹線の座席の料金について解説

新幹線の子供料金が何歳から対象になるのかを紹介してきましたが、次に新幹線の座席の子供料金について触れていきます。何歳から料金が変わるのかも大事な要素になりますが、どれくらいの座席料金になっているのかも知っておくと便利です。

新幹線の座席による子供料金に関しては、複雑な部分もあるのでよくわからないという方も少なくありません。子供や幼児・乳児によっては違いも発生してしまうので、どのようになっているのかを詳しく紹介していくので参考にしてみてください。

子供料金と区分

新幹線の座席料金について紹介していく前に、子供と大人の区分について振り返っていきましょう。先述して紹介しているのですが、新幹線の子供料金は6歳から12際の小学生となっています。年齢に達していても小学校入学前や卒業前の場合は子供料金です。

12歳以上の方の場合ですが、こちらは大人料金になります。こちらは12歳以上ではなく中学生からと覚えておくとわかりやすいのでおすすめです。

と言うのも、何度もお伝えしたように12歳でも小学校卒業前の場合には子供料金が適用される形になっているからです。それに伴い6歳も同じように小学校に入学しているかしていないかで、区分が分かれてしまうので注意するようにしましょう。

小学生以下の子供の区分になりますが、1歳から6歳未満は幼児となっています。先ほどお伝えしたように6歳でも小学校入学前の子供場合は、区分は幼児になります。この後で紹介していく座席の料金に関わってくるので、覚えておくと便利です。

最後に1歳未満の子供になりますが、1歳未満の場合は乳児に区分されます。乳児と幼児の違いはそこまで大きく変わる内容にはならないので安心してください。座席料金なども基本的には乳児と幼児は同等の扱いになっているので覚えておきましょう。

乳児・幼児の料金

次に紹介していくのは、乳児・幼児の新幹線の座席料金についてです。先述した区分でも料金に母割ってくとお伝えしたのですが、新幹線では乳児・幼児は原則として無料で利用ができます。そのため、6歳になっていても小学校入学前は無料で利用できます。

そのため、少しでもお得な料金で新幹線を利用したい場合には子供が6歳未満の未就学児の間がお得として人気があるようです。

ですが、乳児・幼児の料金体制には複雑な部分があります。原則では無料となっていますが子供料金が発生してしまう場合もあります。こちらの内容は、この後の項目で詳しく紹介していくので新幹線を利用する人数なども含めてチェックしておきましょう。

乳児・幼児の新幹線の座席料金になりますが、利用するのがグリーン車の場合もあるでしょう。原則としては無料になっているのですがグリーン車で座席を1人で使う場合には子供料金と大人グリーン料金が発生してしまうので座席利用時には注意しましょう。

グリーン車でも子供を膝の上に乗せている場合、終始座席を乳児・幼児が利用しない場合には原則として無料で利用ができるようになっています。

新幹線の中でもややこしさがあるので乳児・幼児と一緒に新幹線を利用する場合は、自由席が気兼ねなく利用できるので人気があります。座席が空いている場合は子供を利用しても問題ないので、混雑時などには配慮をして利用するのがおすすめです。

小児の料金

最後に新幹線の子供料金について紹介していくのですが、子供料金の計算の仕方は大人料金の半額となるのが基本になります。端数に関しては四捨五入になるのかは、子供料金がどれくらいになるのかは大人料金がわかれば分かりやすいでしょう。

のぞみ・みずほ・はやぶさなどの新幹線で割増料金がかかるのがあるのですが、この場合も子供料金は大人料金に半額になっているので注意しましょう。

ここで注意しなくてはいけないのが、新幹線で子供料金がないグリーン車やグランクラスの利用をする場合です。こちらは、先述した乳児・幼児と同じように子供料金の他に大人グリーン料金がかかってしまうので利用する際には注意しましょう。

家族旅行などでは自由席を利用する方も多いのですが、自由席の場合には料金を支払っているので利用しやすいので人気があります。また、12歳で小学校卒業前までは子供料金で半額利用することができるので、安い料金で楽しむにはチェックしておきましょう。

例えば東京から大阪を新幹線で移動する場合には、自由席で6930円で移動することができます。もちろん移動区間によっても料金は異なってしまうのですが、大人料金の半額で利用できるので区間が違っても分かりやすいので覚えておくと便利です。

新幹線で幼児・乳児に子供料金が必要になるケース

先ほど新幹線の子供料金や乳児・幼児の料金について紹介したのですが、乳児・幼児は原則無料になっていますが子供料金が必要な場合があります。と言うのも、原則無料とされているのですが乳児・幼児が新幹線を無料で利用するには条件があります。

ここでは、複雑とされている乳児・幼児の料金が発生する条件について紹介していきます。無料で利用できるとしてトラブルになってしまうことを避けるためにも知っておくと便利なのでおすすめです。難しい内容ではないので確認しておきましょう。

大人1人人に対して乳児・幼児は2人まで無料

最初に紹介するのは乳児・幼児の人数に関する内容です。大人1人に対して無料で利用ができるのは乳児・幼児2名までとなっています。そのため母親と乳児・幼児が3人の場合には1人分の子供料金が発生する形になっているので注意しましょう。

母親と父親の2人で乳児・幼児が3人の場合には、子供料金が発生しません。この場合には乳児・幼児はもう1人まで無料で新幹線を利用することができると言うことです。

母親と小学生の子供、乳児・幼児が3人の場合も、乳児・幼児には料金が発生しません。これは母親と小学生が料金が発生している状態になるので乳児・幼児は無料になると言うことです。料金を払う人数と無料になる人数が決まっているので覚えておきましょう。

幼児のみで新幹線を新幹線を利用

こちらは乳児では不可能になるので幼児が対象になるのですが、ホームまで送り到着駅のホームまで迎えが来る場合に幼児が1人で新幹線を利用すると言う状況もあります。幼児のみのグループの場合などでは、子供料金が発生するので覚えておきましょう。

幼児のみでの新幹線の利用は稀なケースになってしまいますが、実際に幼児のみで利用したと言う方も少なくありません。無料で利用ができるわけではないので、幼児だから無料と思い違いをして利用をしてしまわないようにしましょう。

新幹線の子供料金切符の買い方

続いて紹介していくのは、新幹線の子供料金切符の買い方についてです。インターネットや券売機など新幹線の切符の購入方法はたくさんあるので、それぞれの購入場所によって安くてお得な方法を利用するのが人気の購入方法となっています。

ですがインターネットなどは大人料金が基本となっているので、子供の切符の購入方法がわからないと言う方も少なくありません。

予約サイトによっては利用方法も異なってきてしまいますが、安い料金で利用ができる場所を探すにはおすすめの方法です。ですが、子供料金の切符を購入する場合には、家族旅行なら旅行代理店を利用したりするのも分かりやすいのでおすすめです。

新幹線の切符のみを購入したい場合には、みどりの窓口を利用するのもおすすめ。わからない点も確認することができるので、子供料金切符と大人料金切符を間違ってしまうこともないので人気があります。難しい操作がない分、購入がしやすい方法でしょう。

特に新幹線に滅多の乗らない方の場合には、インターネットなどを利用して購入すると間違ってしまう危険性があります。そのため、確実性を重視してみどりの窓口や旅行代理店を利用して新幹線の子供料金切符を購入するのがおすすめと言えます。

新幹線の子供料金をもっと安くするおすすめの方法

最後に新幹線の子供料金を安くするためのおすすめの方法についても紹介していきます。子供料金は大人の半額で利用ができるのですが、新幹線は移動時間が短いが大人料金は高めになっているのが特徴。そのため、子供料金も高めに感じてしまうでしょう。

バスや普通電車などの移動時間に比べると違いがわかるので、妥当でもあるので家族旅行などで利用する際には少しでも安い料金で利用するのがお得感もありおすすめです。ここでは、家族旅行で人気の利用方法について紹介するので参考にしてください。

子供料金の安くなる人気の新幹線宿泊パック

新幹線の子供料金を安くするのに人気があるのが、新幹線宿泊パックです。宿泊先のホテルまでセットになっているので、子供料金だけでなく大人料金もお得になるのが人気のポイント。少しでも安い料金で新幹線を利用するには最適と言えるでしょう。

新幹線パックは各旅行代理店でも販売しているので、行き先はもちろん価格などを旅行代理店で比較してみるのもおすすめ。期間限定でお得なプランを出している場合もあるので、家族旅行で新幹線を利用する場合にはチェックする価値があるでしょう。

さらに、宿泊先が選択できる新幹線宿泊パックもあるようです。宿泊先が限られた中でも選択できるのは魅力と言えるでしょう。実際に利用者も多い人気のパックになっているので、検討してみるには十分と言えるのではないでしょうか。

どれくらいの料金が安くなるのかなどは、新幹線での移動距離や宿泊先などによっても違いが出てしまいます。例として挙げると、名古屋と広島間を新幹線宿泊パックで大人2人と小学生が利用した場合には、約26000円安くなるとされています。

Thumb新幹線の往復割引を徹底解説!料金の計算方法や適用される条件は?
新幹線を少しでもお得に利用したいという時、チェックしておきたいのが往復割引です。そこで新幹線...

新幹線の子供料金を利用してお得に乗ろう!

家族で日本国内を旅行する場合には飛行機やバスなどいろんな移動手段がありますが、子供料金でお得に利用できる方法がある新幹線はおすすめになります。小学生未満の子供の場合には無料で利用ができるのも、新幹線の魅力と言えるでしょう。

混雑することが多い新幹線ですが、移動時間も短く済むのも魅力になります。これから家族旅行を計画する方は、まずは新幹線宿泊パックをチェックしてみてはいかがでしょうか。お得な料金で楽しめるので、おすすめの移動手段になります。

関連記事

Noimage
この記事のライター
沖野愛

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ