新幹線にベビーカーは持ち込みできる?置き場所や注意点まで徹底解説!

実家への帰省や旅行に欠かせない交通手段「新幹線」。新幹線に赤ちゃん連れで乗車する場合は、ベビーカーの置き場などいくつかルールを守る必要があります。新幹線でベビーカーを持ち込みする前に、料金や置き場、持ち込み方法を確認しておくのがおすすめです。

新幹線にベビーカーは持ち込みできる?置き場所や注意点まで徹底解説!のイメージ

目次

  1. 1新幹線にベビーカーは持ち込みできる?
  2. 2赤ちゃんと新幹線に乗る時のポイント
  3. 3新幹線にベビーカーを持ち込む時の乗車料金
  4. 4新幹線にベビーカーの置き場所
  5. 5新幹線にベビーカーを持ち込む時の注意点
  6. 6新幹線にベビーカーを持ち込む時に人気のグッズ
  7. 7新幹線でのおむつ替え方法
  8. 8新幹線にベビーカーは持ち込み可能!

新幹線にベビーカーは持ち込みできる?

遠出をする際、欠かせない交通手段の1つとして挙げられているのが「新幹線」。とくに赤ちゃん連れの方は飛行機よりも安全に移動できることから、新幹線を利用する方が多くいます。赤ちゃんとの新幹線はワクワクもありますが、不安なこともたくさん。

今回は新幹線にベビーカーが持ち込みできるのか、詳しくご紹介していきます。新幹線へのベビーカー持ち込みをはじめ、置き場など最低限のルールや料金についてもお伝えしていくので、ぜひ乗車する前に目を通してみてください。

赤ちゃんと新幹線に乗る時のポイント

座っているだけで県をまたいで移動できる人気の交通手段「新幹線」。新幹線デビューする赤ちゃん連れのママは、ワクワク感はもちろん不安な要素もたくさんあります。赤ちゃん連れで新幹線に乗車するにはいくつかのポイントがあります。

今回はそんな赤ちゃんと新幹線に乗る時のポイントについて詳しくご紹介します。このポイントをしっかりと把握しておくことで、快適な新幹線の旅を楽しめます。新幹線の座席を予約する前に確認しておくのがおすすめです。

多目的室が車両のどこにあるか確認

赤ちゃん連れの方が最初に確認すべきなのは、乗車する新幹線の「多目的室」の場所です。多目的室は新幹線によって場所が変わるので、座席を予約する前に多目的室が車両のどこにあるのか確認しておきましょう。

新幹線の多目的室は赤ちゃん連れの方がよく利用する部屋になり、座席で泣き出してしまった場合は多目的室へ連れて行くのがおすすめ。また、多目的室ではおむつ替えができるスペースもあり、ママは頻繁に訪れる場所でもあります。

おすすめの座席は指定席の最後部・最前列

ベビーカーを持参している方はもちろん、新幹線には赤ちゃん連れの方におすすめの座席がいくつかあります。新幹線によってはベビーカーの置き場を示す「ベビーカーマーク」もあるので、ベビーカーマークに近い座席を選ぶようにしましょう。

また、ベビーカーは基本的に新幹線の最後部座席・最前部座席の広いスペースに置いておくようアナウンスされます。そのため、新幹線に乗車する日が決まり次第、最後部座席・最前部座席が空いているかすぐに確認するのがおすすめです。

また、新幹線では急に赤ちゃんが泣きだしてしまう場合も。通路側に座っておくことでスムーズに移動することができ、デッキ近くであれば赤ちゃんをあやすスペースもあります。困った場合は近くの乗務員に迷わず声をかけましょう。

赤ちゃんの睡眠サイクルに合った時間帯に乗車

赤ちゃん連れの方は、新幹線に乗車する時間帯もしっかりと考えておくのがおすすめです。新幹線での移動時間にもよりますが、赤ちゃんは突然泣き出してしまうので、なるべくお昼寝や睡眠をとっている時間帯を選ぶようにしてください。

新幹線の乗車時間が決まり次第、数日前から赤ちゃんの睡眠サイクルを整えてあげるとよりお昼寝してくれます。静かな車内で突然泣き出すとママもパパも大変な作業になるので、睡眠サイクルに合わせるだけで快適な旅になるでしょう。

また、ミルクや授乳をすることで眠たくなる体質の子であれば、新幹線に乗車する前にたっぷりと授乳してあげるのもおすすめ。運が良ければそのまま新幹線を降りるまで寝てくれるので、ママもパパもゆったりと新幹線の旅を楽しめます。

新幹線にベビーカーを持ち込む時の乗車料金

新幹線にベビーカーを持ち込みする場合は、事前に新幹線の料金についても把握しておくのがおすすめです。新幹線の行き先や赤ちゃんの座り方によって料金が変動になるので、予約する前に確認しておきましょう。

今回はそんな新幹線にベビーカーを持ち込む時の乗車料金について詳しくご紹介します。ベビーカーは大きな荷物の扱いになるので、サイズを計算しておくとスムーズに料金を出すことが可能です。

乳児・幼児の乗車料金

新幹線は基本的に、乳児・幼児の乗車料金は無料になっています。産まれたての子供から新幹線を利用することができ、6歳未満の子供であれば料金は無料です。そのため、実家への帰省など交通料金をかけたくないかたにも人気。

ですが、乳児・幼児の年齢でも赤ちゃんに座席1席を使う場合は、子供料金を払う必要があるので注意しましょう。座席を取っておくことで赤ちゃんを寝かせたりもできるので、事前に検討して選ぶようにしてください。

こどもの乗車料金

6歳から12歳の小学生が新幹線に乗車する場合は、大人の半額の料金を払う必要があります。新幹線の座席や行き先、新幹線の種類によっても料金は変動していくので、大人料金を確認してから子供料金を計算してみてください。

12歳以上の中学生以上の子供の場合は、大人と同じ料金を払う必要があります。通常料金を払うため、GWや夏休み、冬休み期間は料金が少しあがってしまうので、空いている時期に新幹線を利用するのもおすすめです。

6歳までは無料、12歳までは子供料金、12歳以上は大人料金を覚えておけば間違いないです。JR各社の新幹線は基本的に料金設定が同じになり、グリーン車など座る座席によっても変動するので注意しましょう。

Thumb新幹線の乗り方を徹底解説!切符の買い方や席の選び方など初めての方も安心!
ふだんあまり新幹線に乗らない方にとって、乗り方は気になることが多いでしょう。そこで新幹線の乗...

新幹線にベビーカーの置き場所

新幹線にベビーカーを持ち込みする場合は、事前にベビーカーの置き場を確認しておくようにしましょう。新幹線ではベビーカーをはじめ、大きめのキャリーバッグや自転車など置いておく「特大荷物スペース」が設置されています。

今回はそんな新幹線のベビーカーの置き場について詳しくご紹介します。新幹線へ大きなベビーカーを持ち込みするにはいくつかのルールを守る必要があり、そのルールの1つにベビーカー置き場が含まれています。

特大荷物スペースつき座席

新幹線へベビーカーを持ち込みする場合は「特大荷物スペースつき座席」を予約するのがおすすめです。特大荷物スペースつき座席とはベビーカーやキャリーバッグなど160cm超えの荷物を置けるスペースを言います。

新幹線の車両では「特大荷物スペースつき座席」がない場合もあるので、その車両にはベビーカーを持ち込みできないので注意しましょう。事前予約なく特大荷物スペースをベビーカー置き場にしている場合は、1000円の手数料がかかります。

新幹線の座席を予約する際は、この荷物置き場をセットで予約する必要があります。自分の座席の後ろスペースにベビーカー置き場を設置することができるので、安心してベビーカーも移動させることが可能です。

新幹線にベビーカーを持ち込む時の注意点

新幹線へベビーカーを持ち込みする際は、事前にいくつかの注意点を把握しておく必要があります。新幹線は限られたスペースを多くの人々で利用しているので、1人1人がルールを守ることで快適に利用できます。

今回はそんな新幹線にベビーカーを持ち込む時の注意点について詳しくご紹介します。初めてベビーカーを持ち込む方はもちろん、何度も利用したことのある方も今一度確認しておくようにしましょう。

ベビーカーを置ける場所があるか事前に確認

新幹線にベビーカーを持ち込む場合は、先ほども紹介した通り置き場を確認しておく必要があります。置き場所が確保できない場合は、新幹線の時間帯をずらすようにしてください。自分のベビーカーサイズも確認しておくのがおすすめ。

新幹線で指定されている「特大荷物スペースつき座席」の場所以外でベビーカーを置いておくことは基本的に禁止されています。危険な上、大きいベビーカーだとスペースに入らない場合もあるので予約する前に置き場も確保しておきましょう。

混雑する時期や時間帯はなるべく避ける

赤ちゃん連れで新幹線を利用する場合は、混雑する時期や時間帯をなるべく避けるようにしましょう。GWや夏休み、冬休みなど人気シーズンに移動する方が多くいますが、その場合は車両全体に人が乗っている可能性も。

新幹線の座席を予約していないと、最悪の場合は乗れない可能性もあります。また、赤ちゃん連れ、ベビーカーというだけでかなり目立ってしまうので、ゆったりと移動したい方は人気のない時間帯を選ぶのがおすすめです。

赤ちゃんは免疫力も大人より弱く、体温を調整するのが下手です。そのため、満員の新幹線に乗車してしまうと湿気や体温上昇、そして風邪のウイルスを吸い込んでしまう場合もあるので、なるべく混雑は避けるようにしてください。

トラブルに巻き込まれないように注意する

赤ちゃん連れで新幹線に乗車する場合は、トラブルに巻き込まれないようにするのも快適な旅を楽しめる秘訣です。とくにベビーカーを持参している方は、他の座席の方とのトラブルになりやすいので注意しましょう。

また、赤ちゃんが泣きだしたりオムツ替えする必要がある場合は、すぐに多目的室に移動するようにしてください。多目的室には授乳スペースも確保されているので、速やかに移動するのがトラブル回避のカギでもあります。

子供連れで新幹線に利用する場合は、車両内を走り回ったり大声で話すのは避けるようにしてください。新幹線には多くの人々が乗車しているため、迷惑行為はトラブルの素。心配な方は近くの乗務員に声をかけるようにしてください。

新幹線にベビーカーを持ち込む時に人気のグッズ

新幹線にベビーカーを持ち込みする場合に、あると便利な人気グッズがいくつもあります。人気のグッズは普段から使用しているアイテムばかりになるので、新幹線に乗る前に手元にあるかどうか確認して乗車するようにしましょう。

今回はそんな新幹線にベビーカーを持ち込む時に人気のグッズをまとめてご紹介します。使わない場合はベビーカーと一緒に置き場に置いておくことができるので、手荷物の邪魔にならず快適に過ごすことが可能です。

ブランケット

赤ちゃん連れの方が新幹線へ乗車する場合、人気のあるグッズといえば「ブランケット」です。ブランケットは1枚あるだけで便利に使用することができ、眠っている赤ちゃんを包んで安心させる効果もあります。

また、季節によって新幹線の車両内はエアコンがかかっていることも。体温調整のうまくできない赤ちゃんにブランケットをかけてあげることで、防寒対策になります。いつも使っているブランケットを持っていくだけで使用できます。

人気のあるブランケットは、急な授乳が必要な場合でも使用することが可能です。ブランケットをうまく巻いていくことで、授乳時のケープに早変わり。多目的室でも他人の目が気になる方は、ブランケットの授乳ケープを使用しましょう。

抱っこひも

新幹線にベビーカーを持ち込みしている場合でも、車両内ではベビーカーを使用することができません。そのため、泣き出してしまったりぐずっている赤ちゃんに人気のグッズが「抱っこひも」になります。

抱っこひももブランケット同様にいつも使用しているものを持参していき、ぐずっている赤ちゃんを揺らしながら安心させてあげましょう。とくに歩けない赤ちゃんの場合はママと一緒に移動する必要があるので、抱っこひもが役に立ちます。

抱っこひもを持っていればその場で抱っこするよりも、身体の負担が少ないとの声も挙がっています。いつ、何回赤ちゃんがぐずりだしてしまうかわからないので、抱っこひもは取り出しやすい場所に置いておきましょう。

替えのおむつ

新幹線へ乗車する時間、走行時間を考えて予め替えのおむつを用意しておきましょう。基本気に新幹線にはおむつの替えを用意していないので、それぞれ赤ちゃんに使用しているおむつを用意しておく必要があります。

新幹線でのおむつの替えは平均で4、5枚あれば安心と言われています。新幹線は密集空間になっているので、匂いが気になるという場合はすぐに取り換えるようにしてください。おむつを替える時に必要な「おしりふき」も忘れないようにしましょう。

新幹線でのおむつ替え方法

新幹線内でおむつ替えを行う場合は、多目的室を利用するようにしてください。多目的室にはおむつ替え専用のベッドをはじめ、おむつ用ごみ箱も設置されているので、使用していないか確認してからおむつ替えを行いましょう。

また、新幹線に乗車する前には、駅構内に設置されている「多目的トイレ」を使用するようにしてください。多目的トイレにはおむつ替えベッドやベビーチェア、手洗い器の機能もあるので便利に使用することができます。

新幹線内に設置されているトイレは基本的におむつ替えの機能性がないので、多目的室を利用するようにしてください。多目的室は授乳スペースでもあるので、時間などタイミングが合えば同時に済ませるようにしましょう。

新幹線にベビーカーは持ち込み可能!

家族みんなでの旅行や帰省に欠かせない人気の交通手段「新幹線」。新幹線はベビーカーの持ち込みができ、赤ちゃん連れでも快適に新幹線の旅を楽しむことができます。ベビーカーの置き場や最低限のルールはしっかりと守りましょう。

新幹線でベビーカーを持ち込みする際は、旦那さんや両親などなるべく多くの人の手を借りるようにしてください。ぜひ、赤ちゃん連れで新幹線に乗車を予定している方は、この記事を参考にしてみてください。

関連記事

Original
この記事のライター
mdn

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ