アジングの時期はいつがベスト?おすすめのシーズンや時間帯を徹底調査!

釣り初心者でも楽しめるアジングは、時期や時間帯を覚えておくと釣果につなげることができます。大物狙いでアジングを楽しみたい方向けの時期や、初心者向けの時期をシーズン別に時間帯と合わせて紹介。初心者におすすめの時期や時間帯も紹介するので、参考にしてみましょう。

アジングの時期はいつがベスト?おすすめのシーズンや時間帯を徹底調査!のイメージ

目次

  1. 1初心者が釣りやすいアジングの時期を解説
  2. 2アジングの釣り方は時期や地域によって違う
  3. 3季節ごとのアジの回遊時期
  4. 4冬~春シーズン・寒い時期のアジング
  5. 5夏~秋シーズン・暑い時期のアジング
  6. 6釣りを楽しむための注意点
  7. 7釣れる時期と場所を狙ってアジングを楽しもう

初心者が釣りやすいアジングの時期を解説

ルアーを使ってアジを釣るアジングは、初心者でも始めやすい釣り方の一つ。オールシーズン楽しめる釣り方になるアジングですが、大物を狙う場合などには時期や時間帯は大事な要素です。特にアジング釣り初心者の方は釣りやすい時期を知っておくのがおすすめ。

当記事ではアジング釣りにおすすめの時期をシーズン別に紹介。初心者向けの時期や中級者や上級者向けの時期などもシーズン別に触れていきます。

アジング釣りをこれから始めてみようという方でもわかりやすく解説していくので、時間帯にも注意しながら人気のアジング釣りを楽しみましょう。また、アジング釣りの初心者の方がやってしまいがちな注意点についても紹介していきます。

アジングの釣り方は時期や地域によって違う

アジング釣りは簡単に始められる釣り方の一つになるので、初心者の方にも人気があります。そんなアジング釣りは時期が重要になるのですが、全国共通の時期となっているわけではありません。地域によってアジング釣りの時期は異なってしまいます。

アジング釣りの時期をしっかりとチェックしておくと、アジング釣りの釣果にもつながるでしょう。時期を掴むことができた場合には、初心者の方でも数釣りを楽しめます。しかし、時期がずれてしまうとアジング釣りは、全く釣れないと言うこともあります。

時期によってアジの回遊ポイントが変動

アジング釣りで時期が必須になるのは、アジの回遊ポイントに変動に関連しています。アジは、シーズンによって回遊する場所は大きく変動します。餌を求めて行動する範囲が広いことから時期を逃してしまうとアジング釣りの釣果は期待できないとされてます。

例えば、関東地方の場合にはピークを迎えるのが9月から10月中旬とされています。オールシーズンでアジング釣りを楽しみたい場合には船釣りがおすすめです。

関西地方の場合には、人気があるのが7月から10月でしょう。大阪湾内にアジが入ってくるのは9月から10月にかけてになるので、初心者でも長い時期でアジング釣りを楽しめます。北海道の場合には、あまり釣果が上がっていないのも特徴です。

東北地方の場合には、秋田県がアジング釣りに人気のポイントとなっています。アジが入りやすくなっているので、時期によっては大量も期待できるとされています。中国地方の場合には、5月頃がアジング釣りに最適な時期とされています。

瀬戸内海へ回遊してくるアジも増えてくるの初心者にもおすすめです。九州地方の場合には、大型のアジが狙える冬の時期が人気です。大まかな時期だけでも地域で違いがあるのですが、アジング釣りで狙えるアジの種類によっても違いがあるので注意しましょう。

季節ごとのアジの回遊時期

アジング釣りで大事な時期ですが、地域によっての回遊ポイントは違っています。ですが、アジング釣りで覚えておくと便利なのがシーズンによるアジの回遊時期です。地域と合わせてチェックしておくと、アジング釣りで釣果を期待できるでしょう。

ここで紹介するのは、シーズン別の回遊時期についてです。シーズンで時期を覚えておくと、初心者でもオールシーズンアジング釣りを満喫できるでしょう。どの時期を選択するのかも含めてアジング釣りで狙えるアジに違いもあるのでチェックしていきましょう。

大物狙いなら人気の産卵期

アジング釣りで大物を狙いたい方におすすめなのが、産卵期の時期。地域差が一番大きく出るのですが、シーズンで言うと春に当たります。産卵前の活発に餌を取る時期が一番のアジング釣りのチャンスとして、釣り好きの間でも人気があります。

ただ大物の味が狙える反面、産卵期に入ってしまうと全く釣れなくなってしまいます。そのため、産卵期前の時期は短いのが特徴と言えるでしょう。

どちらかというと中級者や上級者の方に人気がある時期になっているのですが、アジング釣りで大物を狙いたい方の場合には春の産卵期前を狙ってみましょう。地域別で、産卵期について調べておくとアジング釣りの釣果も挙げられるでしょう。

大まかに分けて西日本と東日本にすると、アジの産卵期は西日本の方が少し早めになるようです。時期に合わせて、釣り場の変更をしてみるのもアジング釣りで大物を狙うポイントでしょう。ベストシーズンと言われている秋よりも大型が釣れることがあります。

逆に初心者の方が大型を狙うときには、ベストシーズンとなる秋が人気のようです。比較的大きめのアジが釣れることもあるので、釣りポイントの釣果情報をチェックしながらアジング釣りを楽しむのがおすすめになります。

アジング初心者は初夏がおすすめ

アジング釣りを始めたばかりの初心者の方におすすめになるシーズンが、初夏になります。この時期のアジは大型ではなく小型のアジになるのですが、数釣りでアジングを楽しめるのでおすすめです。ファミリーで気軽に楽しめる時期なので人気があります。

地域によっての違いも極端に大きいわけではないので、地域別で調べやすいのも特徴の時期になっているのがおすすめのポイントです。

あたりを捉えることができたら、大量のアジを釣ることもできるでしょう。また、堤防からはさびき釣りでもアジが狙えるのがポイント。アジング釣りでは、どちらかと言うと日中よりも夜釣りの方が人気が高いのでチャレンジしてみてください。

冬~春シーズン・寒い時期のアジング

ここからは、シーズン別で詳しく紹介していきます。時期によってアジング釣りの時間帯も変化していきます。より釣果を上げるには、時期だけではなく時間帯にも注意するのがおすすめ。まず最初に紹介していくのは、寒い時期のアジング釣りについてです。

冬から春にかけての時期になるのですが、春は先述したように産卵期を迎える時期でもあります。ですが、冬の場合にはアジの動きは鈍くなってしまいます。活性化する春と比べてもアジの動きは大きく違ってくるので、時間帯と合わせてチェックしましょう。

夕方から夜10時ぐらいにかけて夜釣り

冬から春にかけてのアジングでおすすめの時間帯は、夕方の日が沈む頃から夜にかけてです。と言うのも日の入りや日の出の時間帯には接岸することが多いとされているのが一つです。ですが注意しなくてはいけないのが、地域差になってしまいます。

時間帯や時期は大事な要素ですが、地域差も大きく現れてしまうのが冬の時期のアジング釣りです。シーズンオフとなってしまうエリアもあるので注意しましょう。

夕方から夜にかけての時間帯になりますが、この時間帯にはアジの警戒心も薄れるとされています。そのため、日中の時間帯よりも釣果が期待できるのでおすすめになります。また、冬の時期は数釣りに向いていないが大型が釣れることが多いです。

特に冬の時期のアジは脂が乗っていて美味しいと言われているので、上級者の方などは冬の時期を選択してアジング釣りを楽しむ方も多く人気があります。初心者の方の場合には、先述したように初夏の時期を選択するのがおすすめになっています。

夜釣りに慣れると言う意味でも、いきなり冬の時期にチャレンジせずに夏や秋から始めるのがおすすめです。大型を狙いたい方や釣果を上げたい方は、まずは時間帯に注意して夕方から夜釣りでアジング釣りを行ってみてください。

明かりのある位置での堤防釣りがおすすめ

冬の時期はアジング釣りのポイントは限定されてしまうのですが、その中でも夜釣りで楽しむには常夜灯が必須になってきます。夜の時間帯でも明るい場所の方が、アジングでアジが狙いやすいと言われているので堤防など常夜灯がある場所を選択しましょう。

冬の時期はアジは深場にいることが多いのですが、時期によっては常夜灯の灯りだけでも視認することができます。足元でアジングを楽しめるので、夜釣りの経験が少ない方でも挑戦しやすいでしょう。冬場も、常夜灯の灯は必須になってきます。

人気の釣り場の場合には、場所がないと言うこともあるので早めの時間から準備しておくのもアジング釣りを楽しむポイントです。

夏~秋シーズン・暑い時期のアジング

次に紹介していくのは夏から秋にかけての暑い時期のアジング釣りです。初心者にもおすすめとなる夏から秋にかけてのシーズンですが、こちらはハイシーズンとなっているので、数釣りを楽しむにも最適なシーズンになっています。

大型を狙うことはできませんが、初心者の方でも簡単に釣れやすいのでアジングを始めたばかりの方にも人気がある時期になっています。浅い場所でもヒットする確率が高くなり、広範囲で狙うことができるのでアジングに慣れることもできるでしょう。

明るい時間帯に豆アジを狙う

アジングで夏から秋のシーズンを楽しむ場合には、明るい時間帯を選択して豆アジを狙うのも一つです。先述したように堤防からはさびき釣りでもアジを狙うことができるので、ファミリーで気軽に釣りを満喫できるのもポイントになっています。

ルアーを使って釣る方の方が少ない時期でもあります。釣り場によって変更してみるのもおすすめのポイントになっているので試してみるのがおすすめ。

夜釣りの場合には、冬から春の時期と同じく常夜灯の近くでアジングを楽しみましょう。夏の時期には常夜灯の近くにアジが集まってくるので夜釣りでも数釣りを期待できるでしょう。地域差も大きくないので、比較的チャレンジしやすいです。

もっともシーズンとなる秋にアジングを楽しむ場合には、夏よりも大型のアジを狙うことができます。夜釣りがメインにはなってきてしまうのですが、日中や朝方、夕方でもアジングで釣果を期待できるでしょう。夏からチャレンジし秋に楽しむのもおすすめ。

もっともアジが釣れやすくなる夏から秋にかけては、アジングの練習にも最適なシーズンです。子供や女性でも簡単に釣れるので、アジング初心者の方は夏から秋にかけて挑戦してみてください。釣果が期待でき、アジングを満喫できるでしょう。

漁港の入口や河口部などが回遊ルート

アジは回遊魚として知られているのですが、アジングで釣果を上げるには回遊ルートをチェックしておくのがポイントになるでしょう。釣果が上がらない方でも回遊ルートを意識してアジングにチャレンジしてみると、連れはじめることもあります。

アジの回遊ルートとしてのポイントは、漁港の入り口や河口部などです。地域によって潮の流れなども関係しアジの回遊ルートは変わってきてしまいます。

ですが、全体的な回遊ルートとしては漁港の入り口や河口部を押さえておくのがおすすめ。特に初心者の方は、アジングであまり釣果が上がらない場合には回遊ルートを意識してチャレンジしてみてください。

釣りを楽しむための注意点

最後になりますが、アジングでの注意点について紹介していきます。ここで紹介するのはアジングはもちろんですが、他の釣法でも同じように注意するポイントになっています。他のアングラーとのトラブル回避にもつながるでしょう。

アジングでも中するポイントになっているのですが、最後まで楽しく釣りをするためにチェックしておくのがおすすめ。特に体験者の多い注意点もあるので、中級者や上級者の方も慣れてしまって失敗しないように参考にしてみてください。

海面を照らしてはいけない

アジングの基本はナイトゲームになってしまうので夜釣りで楽しむ方が多いです。常夜灯の近くなどが狙い目になっているのですが、釣果が上がらない場合などには魚影を確認しようとライトで照らしてしまう方も少なくありません。

ですが、海面を急にライトで照らすのはアジをはじめ魚を逃してしまう行為になります。実際にトラブルに発展した方もいるので海面を急にライトで照らすのはやめましょう。

また、同じくらい注意しないといけないのが影でしょう。常夜灯の周りはアジングのポイントになっているのですが、実は常夜灯によってできる影によってアジが逃げてしまうことも多いそうです。意識しておくだけでも釣果が期待できるでしょう。

転落などの危険がつきもの

次に注意するのは転落や落とし物です。夜釣りがメインとなるアジングでは危険がつきものと言えるでしょう。常夜灯があるからと油断していると転落してしまう可能性もあるので、夜釣りに慣れている方も十分に足元に注意しておきましょう。

そして、転落よりも多いのが物を落としてしまうことです。例えば、写真を撮ろうとして携帯を落としてしまう、鍵を落としてしまうなどがあります。テトラ帯などから行う場合には、夜釣りではなく日中でも危険なので注意してください。

釣れる時期と場所を狙ってアジングを楽しもう

子供から大人まで気軽に楽しめるので人気があるアジングは、シーズンや時期によって違いがあります。また、地域差もあるので釣り場の場所によっても釣果が変わってくると言えるでしょう。初心者は夏から練習を始めるのがおすすめになります。

夏の豆アジから秋には少し大型のアジにチャレンジして、脂が乗って美味しい冬のアジングにチャレンジしてみるのもいいでしょう。それぞれの地域性も考慮して、シーズン別にアジング釣りを満喫してみてください。

関連記事

Noimage
この記事のライター
沖野愛

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ