アジング用リーダーの太さや選び方は?おすすめの人気メーカーも紹介!

アジングでPEラインやエステルラインを使うときにはリーダーが必要になりますが、リーダーは素材や太さなどの選び方が重要になります。アジング用リーダーの選び方や人気商品、結び方などをまとめてご紹介しますので、アジングに挑戦してみたい方は要チェックです。

アジング用リーダーの太さや選び方は?おすすめの人気メーカーも紹介!のイメージ

目次

  1. 1アジング用のおすすめリーダーをご紹介
  2. 2アジング用リーダーとは
  3. 3アジング用リーダーの選び方
  4. 4アジング用リーダーの人気商品
  5. 5アジング用リーダーの結び方
  6. 6アジングにリーダーは絶対に必要?
  7. 7アジング用リーダーを使いこなそう

アジング用のおすすめリーダーをご紹介

ルアーでアジを釣ることをアジングといいます。誰でもお手軽に始められるため、ルアーフィッシング初心者にもおすすめで、近年人気が急上昇しています。

アジングでPEラインやエステルラインを使うときには、リーダーを用意する必要がありますが、アジング用のリーダーはどのような選び方で選べばよいのでしょうか?

この記事では、アジングにおすすめの人気リーダーをご紹介します。素材や太さ・号数、長さなどのアジング用リーダーの選び方やリーダーのおすすめの結び方も併せてご紹介しますので、アジングに挑戦してみようと考えている方は参考にしてください。

アジング用リーダーとは

アジを釣るときには、オキアミやイソメ、コマセといった餌を使って釣るのが一般的ですが、アジングで釣る場合にはワームと呼ばれるルアーを使います。足場の良い防波堤などでも楽しめて、準備に手間がかからないため、誰にでもお手軽に始められます。

ワームの他には、ロッドやリール、ジグヘッド、ラインなどの道具が必要で、PEラインやエステルラインを使うときにはリーダーも必要です。では、そもそもリーダーとは一体何なのか、まずはアジング用のリーダーの役割について確認しておきましょう。

ライン(釣り糸)を切れにくくする糸

アジング用のリーダーは、ラインを切れにくくするためのアイテムで、強くて太いラインのことです。ラインとは釣り糸のことで、リールに巻かれているメインライン(道糸)の弱点を補うためにリーダーを用います。ショックリーダーともいいます。

リーダーなしで、メインラインだけでもアジングをすることは可能です。しかし、岩やテトラポッド、魚の背びれなどで擦れると、メインラインが擦り切れてしまう可能性があります。そうするとせっかくかかった魚に逃げられてしまいますので、それを防ぐためにメインラインの先端に擦れに強いリーダーと呼ばれるラインを結ぶのです。

PEラインのような極細の釣り糸には必須

メインラインとして使う釣り糸にはいろいろな種類がありますが、アジングに最も人気がある釣り糸はPEラインで、最近はエステルラインも人気となっています。PEラインやエステルラインは、障害物にラインが擦れる「根ズレ」に弱いという特徴があります。そのため、アジングでPEラインやエステルラインを使うときには、リーダーが必須です。

他にも、ナイロンラインやフロロカーボンラインなどの種類がありますが、ナイロンラインやフロロカーボンラインをアジングに使う場合には、リーダーは必要ありません。

アジング用リーダーの選び方

続いては、アジング用リーダーの選び方をご紹介しましょう。アジングをするときにPEラインやエステルラインを使うのであればリーダーが必須ですが、リーダーにもいろいろな種類があるためアジング用のリーダーの選び方がわからないという方は多いはずです。

アジング用リーダーの選び方のポイントとして重要になるのが、素材や太さ・号数、長さです。素材や太さ・号数、長さの選び方を間違えると、釣果にも差が出ます。自分に合う素材や太さ・号数、長さを見極めて、最適なリーダーを見つけましょう。

素材はフロロカーボンが一般的

アジング用リーダーの選び方のポイントとして、まず注目すべきなのが素材です。リーダーの素材にはいろいろなものがありますが、特にメジャーなのがフロロカーボン・ナイロン・ワイヤーで、アジングにはフロロカーボンかナイロンのリーダーを使います。

最も一般的に使われているのは、フロロカーボンのリーダーです。フロロカーボンのリーダーは擦れに非常に強いので、PEラインの弱点を補ってくれます。屈折率が水に近いことから、魚に気づかれにくいというメリットもあります。硬くて張りが強いので初心者には扱いにくいかもしれませんが、その分感度が良くてアタリが取りやすいです。

アジングで使うリーダーの太さと号数

アジング用のリーダーを選ぶときには、リーダーの太さや号数の選び方も重要です。アジングで使うリーダーの太さ・号数は、メインラインの種類や太さ・号数、狙うアジのサイズなどによって変わりますので、まずメインラインや釣り場を決める必要があります。

メインラインにPEラインを使う場合には、リーダーの太さ・号数はPEラインの3~5倍の太さ・号数のものを選ぶとよいでしょう。たとえば、メインラインのPEラインの太さ・号数が0.3号であれば、リーダーは1号程度のものを選ぶようにします。

また、狙うアジのサイズでリーダーの太さ・号数を選ぶ場合には、~20cmのアジなら0.8~1.2号程度、~30cmのアジなら1.2号~1.5号程度のリーダーを使うのがおすすめです。

リーダーの長さ

アジング用のリーダーの選び方としては、適切な長さにすることも大切になります。リーダーの長さに正解はありませんが、狙うアジの体長より少し長めにするのがポイントです。アジはそれほど大きな魚ではありませんので、50cm程度の長さが目安となります。

ただし、岩場やテトラポッドなどの障害物が多い釣り場や大きな魚が混じる釣り場でアジングするのであれば、もっと長めに取っておいた方がよいでしょう。逆に、障害物があまりない釣り場では、40cm程度の長さでも問題ありません。

アジング用リーダーの人気商品

ここからは、アジング用のリーダーやラインの人気商品をご紹介していきましょう。釣具店やインターネットショップなどにはいろいろな種類のリーダーやラインが販売されていますので、アジング用にはどの商品を選べばよいのか迷ってしまうという方は多いはずです。おすすめの商品をいくつかご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

ショックリーダー ソアレ EX

1番目にご紹介するのは、「ショックリーダー ソアレ EX」です。「ショックリーダー ソアレ EX」は、自転車パーツや釣り具で世界的に有名なシマノから発売されているソアレシリーズのフロロカーボンショックリーダーです。

従来品よりも直線・結節強力をアップさせた新フロロカーボンのEX FLUOROが使われています。表面がシリコンコーティングされていて、水中で捌きやすいです。適度にしなやかで、ライトルアーの操作性も高いです。アジングにおすすめな商品です。

弾丸ブレイド ライトゲーム専用

2番目にご紹介するのは、「弾丸ブレイド ライトゲーム専用」です。「弾丸ブレイド ライトゲーム専用」は、大阪のロッドメーカー・メジャークラフトから発売されているPEラインです。新設計の編み込み方法を用いることで、低伸度と高感度を実現しています。

表面のコーティングにより適度な張りを持たせていますので、ライントラブルが軽減され、初心者にも扱いやすくなっています。あらゆる釣り場で活躍してくれるはずです。

ライトゲーム コンパクトショックリーダー

3番目にご紹介するのは、「ライトゲーム コンパクトショックリーダー」です。「ライトゲーム コンパクトショックリーダー」は、アジング・メバリングを中心とした釣具用品の制作・販売を行うTICTが発売しているフロロカーボンショックリーダーです。

フロロカーボンを100%使用したリーダーで、根ズレや摩擦に強くできています。薄型の連結スプールで、かさばることなく携帯できます。号数ごとに色分けできるゴムバンド付きです。

アバニ スーパープレミアムPE X4

4番目にご紹介するのは、「アバニ スーパープレミアムPE X4」です。「アバニ スーパープレミアムPE X4」は、釣具の製造・販売を行う株式会社モーリスが手掛けるブランド・VARIVASから発売されているPEラインです。

スーパープレミアムPEが採用されていて、細号数でも強度と耐久性が安定しています。スーパーフッ素加工によりガイド摩擦が軽減されていて、驚きの飛距離が出ます。カラーは視認性が高いナチュラルブルーです。

鯵の糸 エステル ナイトブルー

5番目にご紹介するのは、「鯵の糸 エステル ナイトブルー」です。「鯵の糸 エステル ナイトブル」は、釣り製品の製造・販売を行う株式会社サンラインから発売しているエステルラインです。

アジングに特化した釣り糸で、明確にアタリを伝える反響感度が特徴となっています。カラーは、夜でも日中でも視認性に優れたナイトブルーです。

ルミナシャイン

6番目にご紹介するのは、「ルミナシャイン」です。「ルミナシャイン」は、合成繊維メーカー・ゴーセンから発売されているエステルラインです。

低伸度設定により、明確にアタリを捉えます。特殊な染料によって着色が施されていて、水上でも視認性が高いため、ラインの動きを正確に把握できます。リーズナブルな値段も人気のポイントです。

月下美人 TYPE-F 陽/陰

7番目にご紹介するのは、「月下美人 TYPE-F 陽/陰」です。「月下美人 TYPE-F 陽/陰」は、釣り具の総合メーカー・ダイワから発売されているフロロカーボンラインです。

フロロカーボンを100%使用していて、しなやかで高感度に優れています。低伸度設計により、小さなアタリも見逃しません。カラーは、陽が視認性の高いサイトオレンジ、陰が魚に気づかれにくいナチュラルクリアです。

チェルム アンバーコードSG Absorber

8番目にご紹介するのは、「チェルム アンバーコードSG Absorber」です。「チェルム アンバーコードSG Absorbe」は、フィッシングラインの総合メーカー・よつあみ(YGK)から発売されているフロロカーボンショックリーダーです。

ウルトラストロングアブソーバー原糸が使われていて、スリムな糸でありながら、しなやかで擦れにも非常に強くできています。厳冬期や高温期にも品質の変化がありません。

ラピノヴァ フロロカーボンショックリーダー

9番目にご紹介するのは、「ラピノヴァ フロロカーボンショックリーダー」です。「ラピノヴァ フロロカーボンショックリーダー」は、フィンランド発祥のルアーメーカー・ラパラから発売されているフロロカーボンショックリーダーです。

適度にしなやかで扱いやすく、水なじみに優れています。高ステルス性能で、魚に警戒されにくいです。カラーはクリアです。

アジング用リーダーの結び方

続いては、アジング用リーダーの結び方をご紹介しましょう。リーダーはメインラインとルアーの間に結びますが、普通に結ぶだけでは魚に引っ張られたらすぐに解けてしまいます。そのため、ノットと呼ばれる釣り糸専用の結び方で結ぶ必要があります。

いろいろな結び方がありますので、いくつかの結び方を覚えておいて使い分けるとよいでしょう。初心者の方には難しく思えるかもしれませんが、アジングを楽しむには結び方の習得は必須といえます。おすすめの結び方をご紹介していきます。

基本はFGノット

アジング用リーダーの結び方の基本はFGノットです。PEラインとリーダーを摩擦力で結束させる「摩擦系ノット」の一種で、短時間で結べて強度が高いため、初心者から上級者まで用いている人気の結び方です。結び目が小さいというメリットもあります。

PEラインとナイロンやフロロカーボン素材のリーダーを結束するのにおすすめで、幅広い太さ・号数のPEラインに使えます。ただし、慣れていない人がやると時間がかかったり、締め込みが足りなくてすっぽ抜けてしまったりする可能性もあります。強度を出すには練習が必要ですが、何回か練習をすればマスターできます。

簡単なトリプルエイトノットも覚えておこう

FGノットは難しいからもっと簡単な結び方が知りたいという方には、トリプルエイトノットがおすすめです。3回ひねったら、できた輪の中に1回通すだけの結び方です。

FGノットなどの摩擦系ノットと比べると強度は低くなりますが、とても簡単なので慣れると10秒くらいで結べるようになります。細ラインにおすすめで、アジングでも使われることが多いです。海外ではシーガー・ノットとも呼ばれているそうです。

アジングにリーダーは絶対に必要?

アジングにリーダーは絶対に必要というわけではなく、フロロカーボンラインやナイロンラインをメインラインとして使う場合にはリーダーは不要です。ただし、フロロカーボンラインやナイロンラインはPEラインやエステルラインと比べると感度や操作性が落ちますので、結び方を覚えるのが面倒だからという理由だけで選ぶのはやめましょう。

PEラインやエステルラインを使う場合でも、リーダーなしだとアジングが絶対にできないというわけではありませんが、リーダーを付けないことによるデメリットは大きいです。結束するのは面倒ですが、できればリーダーは付けておいた方がよいでしょう。

Thumbアジングセットの選び方は?シマノなどおすすめの人気モデルも紹介!
皆さんは釣りを楽しんだことはありますか。最近は、初心者の方も釣りを楽しむ人が多くなってきまし...

アジング用リーダーを使いこなそう

アジング用のリーダーの素材・太さ・長さの選び方、アジング用リーダーの人気商品、アジング用リーダーの結び方などをご紹介しました。

アジングを楽しむときには、リーダーの選び方が重要になります。リーダーの選び方によって釣果にも差が出ます。最適なリーダーを選んで、さらにアジングを楽しみましょう。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
Hayakawa

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ