五等分の花嫁の聖地は京都と愛知?学校などモデルとなったスポットを徹底調査!

マンガやアニメとして大人気となっている「五等分の花嫁」の舞台はどこなのでしょうか。近年、モデルになったスポットが聖地とされ、多くの方が訪れています。そこで五等分の花嫁の聖地として知られるおすすめスポットについて紹介していきましょう。

五等分の花嫁の聖地は京都と愛知?学校などモデルとなったスポットを徹底調査!のイメージ

目次

  1. 1人気アニメの五等分の花嫁の聖地とは?
  2. 2聖地巡りが人気の五等分の花嫁ってどんなアニメ?
  3. 3五等分の花嫁の聖地は公式に決まっている?
  4. 4五等分の花嫁の聖地〜愛知編
  5. 5五等分の花嫁の聖地〜京都編
  6. 6五等分の花嫁の聖地巡礼をした人の口コミ
  7. 7人気の五等分の花嫁の聖地を巡ってみよう!

人気アニメの五等分の花嫁の聖地とは?

人気のドラマやマンガ、アニメなどの舞台となった場所を巡ることを「聖地巡礼」と言い、近年人気が高まっています。

聖地に行き、同じアンクルで写真を撮影したり、登場人物と同じものを食べたりするのは大きな楽しみです。その中でも人気の「五等分の花嫁」の聖地について紹介していきましょう。

聖地巡りが人気の五等分の花嫁ってどんなアニメ?

さて、「五等分の花嫁」というのはそもそもどのような作品なのでしょうか。五等分の花嫁は2017年にマンガ雑誌の読み切りとして掲載され、後に2020年にかけ、連載で人気を博しました。

この人気を受けて2019年からテレビアニメの放送が開始され、2021年段階で2期までの放送が行われたほか、2022年には劇場版アニメの公開も予定されています。さらにモバイルゲーム、コンシューマーゲームなどにもなり、さらにはさまざまなアプリゲームでもコラボレーションが行われています。

主人公は上杉風太郎と言い、成績優秀だが家は借金を抱えている高校生です。この高校生に「富豪の娘の家庭教師」というアルバイトの話が舞い込みます。それは一花、二乃、三玖、四葉、五月という、「中野家五姉妹」に勉強を教えるものでした。

この五姉妹は落第寸前の成績であるにもかかわらず、勉強する意欲すら見せず、風太郎は頭を抱えることになります。しかし五姉妹との交流を続けるうちに、お互いに信頼しあえる関係になっていくのです。

この作品は、風太郎がこの五姉妹のうちの一人との結婚式の際に、妻と初めて会った日のことを思い出すという回想形式で描かれており、その過程で学校やさまざまなお出かけ場所などが登場しています。それらが五等分の花嫁の聖地として人気を集めているのです。

五等分の花嫁の聖地は公式に決まっている?

最初にも述べたように、近年人気ドラマやマンガなどの舞台となった場所に行ってみるという「聖地巡礼」がブームになっています。人気作品の聖地となったところによっては、その聖地をまとめた地図を作るなどし、聖地巡礼を楽しむ方への案内をしているところもあります。

しかしそれは、その作品の舞台となった場所を公式に発表している場合です。このような場合はその作品のファンが実際に近くに居住している場合もあり、比較的聖地巡礼は簡単にできます。案内がなくても、ネットなどで紹介されているからです。

問題は作品の舞台が架空の場所だった場合です。出てくる地名や学校の名前などが架空の場合、まずはそれが日本のどこをモデルとしているのかを考える必要があります。その場合は似たような景色が見られる場所を探して、聖地と推測する方法がとられることが多いです。

「五等分の花嫁」は後者のタイプであり、風太郎と五姉妹が日常を過ごす学校や駅などについても、公式に発表されている場所がありません。そのため五等分の花嫁の聖地に関しては、作品の情景と実際の景色を組み合わせたりして特定されています。

ただし、もちろんやみくもに「同じ景色」を探したら、偶然にも見つけられたというのでは効率が悪すぎます。実は五等分の花嫁の聖地として言われているのは、作者の出身地である愛知県がピックアップされています。

五等分の花嫁の聖地〜愛知編

さて、「五等分の花嫁」の聖地としてなぜ愛知県がピックアップされているのでしょうか。それは五等分の花嫁の作者の出身地が愛知県であるということが証拠の一つとなっています。作者の方は本名などは公表していないのですが、愛知県知多市出身で、愛知の学校を卒業していることがわかっています。

具体的にいうと愛知の高校、そして専門学校のマンガ学科卒業であり、五等分の花嫁の連載終了後には愛知県知多市のふるさと観光大使にもなっています。これだけ揃えば、愛知県が聖地に関係することは想像できるでしょう。

実際の地名としては出てこなくても、マンガにする場合自分の地元やよく知っている場所をモデルとして登場させることは特に珍しいことではありません。五等分の花嫁の場合も、特定のシーンと同じ外観の建物があるなどの証拠が積み重なり、現在に至っています。

それらの証拠から、現段階で、五等分の花嫁のメインとなる舞台は愛知県東海市であると言われています。そこで、具体的に五等分の花嫁の聖地とされる中で、愛知県に関する特におすすめしたい場所をいくつか紹介します。

太田川駅

五等分の花嫁の聖地としてまず挙げられるのが「太田川駅」です。太田川駅および太田川駅周辺は登場回数がとても多く、出てきた場所を地図に落とすだけで地図が埋め尽くされるのではないかというほどです。

太田川駅がこれだけ登場してくる理由は、ここが五姉妹の通学路であるからです。学校への行き帰りにこの駅を使っているという設定になっており、駅の階段のところや周辺の店舗の様子などがほぼそのまま描かれていることがわかります。

加えて学校への行き帰りに使っているということから、この駅の周辺で迷子を保護したり、スタバなどを利用したりという場面でも太田川駅は出てきます。またマンガの中ではこのスタバでキャラメルフラペチーノらしきドリンクを飲んでいるそうで、それを撮影している記事もありました。

なお、マンガの中では、太田川駅の高架下を三玖と風太郎が水族館デートの後で通るシーンがあります。実際に駅前にいるシーンも何度か出てきますので、風太郎もこの太田川駅の近くに住んでいると推測されています。

なお、太田川駅は愛知県東海市にある、名古屋鉄道(名鉄)常滑線の駅です。さらにこの駅から河和線が伸びているため、ミュースカイ以外の特急なども停まります。聖地巡礼には使いやすいですし、五等分の花嫁の聖地巡礼にはぜひおすすめの場所です。

日本福祉大学東海キャンパス

「五等分の花嫁」の聖地としてもう一つ外せないおすすめの場所が「日本福祉大学東海キャンパス」です。この学校は風太郎と五姉妹の通学している「旭高校」のモデルとなっている学校であると言われています。

風太郎と五姉妹は高校生ですから、大学だと講義室などは違いがあるので、使われているのは主として外観と外のスペースです。特に外観に関しては、通学している学校ということですから、ドラマやアニメなどでもワンカットでさまざまなアングルで細かく使われています。

ただし、アニメの方では、学校の建物の横に円形の校舎が付け加えられています。またマンガ、アニメ両方で学食のシーンが出てきており、これが円形の建物であることがわかります。しかしこれはこちらのキャンパスにはありません。

不確定情報ですが、この円形の建物や学食は「神戸学院大学」のポートアイランドキャンパスに似ているとする説があるそうです。もしかしたらこの二つの建物がミックスされているのかもしれません。

さらにマンガ、アニメの中では、風太郎と三玖がキャンパス内で鬼ごっこをするシーンがあり、階段の手すりを滑るシーンと同じ階段があります。また座ったベンチや太陽の塔などのオブジェもあります。

このように、こちらの学校は「五等分の花嫁」ファンには外せない聖地ですが、何といっても学校なので、勉学の妨げにならないように気をつけて聖地巡礼することをおすすめします。

イオンモール熱田

登場人物たちが買い物をするシーンの聖地となっているのが「イオンモール熱田」です。漫画やアニメに出てくる建物の外観がほぼ同じ、さらに内装では上階から見た通路の様子などがほぼ一致すると言われており、こちらも聖地巡礼におすすめです。

そもそもイオンモールですから、日常的に多くの方が出入りしている場所であり、都合がいい時いつでも聖地巡礼ができるというおすすめスポットとなっています。一方で特に内部の撮影に関しては、上の階から下をのぞき込むようにして撮影する必要があります。

吹き抜けのようになっているうえ、落下防止のため柵が高くなっており、のぞき込んでの撮影はやや危険です。自撮り棒などある方は利用することをおすすめします。具体的な撮影場所はネットなどにもあるため参考にしてください。

五等分の花嫁の聖地〜京都編

最初に述べたように、「五等分の花嫁」の物語の中心となっているのは愛知県なのですが、もちろん物語は愛知県だけで進むわけではありません。その点でもう一つ、聖地巡礼におすすめの場所があります。それは京都です。

実は風太郎はとても成績優秀な高校生なのですが、小学生の際に京都に修学旅行に行った際にある女の子と出会います。それをきっかけに風太郎は勉強に目覚め、励むようになったとされます。この女の子は実は五姉妹のうちの誰かなのです。

これがなければ五姉妹の家庭教師になる、つまり出会うこともないわけですから、この女の子はキーパーソンとしてよく登場します。また、五姉妹と風太郎が修学旅行に行くのも京都です。そこでそのあたりも含め、京都で五等分の花嫁の聖地となっている場所について紹介します。

京都駅

風太郎が小学校の修学旅行で少女と出会ったところは「京都駅」です。もはやいまさら言うまでもない、京都の観光のスタート地点であると同時に中心でもあります。京都を舞台にする作品はマンガ、アニメだけでなく、実写ドラマでも多いですから、いろいろな作品の聖地とも言える人気スポットです。

五等分の花嫁の中では、修学旅行ということで新幹線のホーム、京都駅そのものの全景、階段の部分など、さまざまな場所が使われています。また京都駅から外をみた景色もまた、マンガの中などで描かれています。

京都駅構内は広く、いろいろなシーンで使われていますので、聖地巡礼に行く前に場所をしっかり把握して移動することをおすすめします。また、駅そのもののほか、外のタクシー乗り場なども聖地になっているのでこちらも忘れずに行きましょう。

リーガロイヤルホテル京都

五等分の花嫁で風太郎と五姉妹が修学旅行で宿泊するホテルは「リーガロイヤルホテル京都」です。ホテルの外装がシーンとして描かれているので、京都の聖地巡礼の際にはぜひこちらも行くことをおすすめします。

リーガロイヤルホテル京都は京都駅からは徒歩7分ほど、堀川通に面したところにあります。宿泊の場合はシャトルバスを利用してアクセスすることもできますが、歩いても問題なく行けるでしょう。中にはレストランなどもあり、少し贅沢な食事を楽しむこともできます。

清水寺

風太郎と五姉妹の修学旅行で訪れた場所が「清水寺」です。清水寺三重塔に音羽の滝、そして観光スポットとして人気が高い清水の舞台など、一目見ただけで清水寺ということがわかるシーンが多いので、聖地巡礼しやすいおすすめのスポットと言っていいでしょう。

なお、この清水寺は先ほど述べた、小学生の時の女の子の思い出と重なる場所でもあります。女の子がお守りを5つも買っていたことなどを思い出しているシーンが出てきます。もちろん五姉妹と一緒にいろいろ見て歩くシーンも描かれています。

また、清水寺の中では、同じく清水寺に隣接している地主神社も登場します。地主神社は清水の舞台を出てすぐ左にあります。もともとは清水寺の鎮守社で地主権現社と呼ばれていたのですが、明治の神仏分離令で独立し、現在の形になりました。特に良縁祈願のご利益がある神社として、若い女性におすすめです。

清水寺はなんと平安遷都以前である778年に創建したと言われる、京都でも数少ない寺院であり、日本有数の観音霊場ということで、観光スポットが多い京都でも代表的な寺院です。地主神社とともにユネスコ世界文化遺産にも指定されています。

清水寺に関しては、修学旅行のシーンで出てきており、特別な場所などではないので、聖地巡礼をしたいという方にはアクセスしやすい、おすすめの場所です。ぜひ参拝を兼ねてゆっくりめぐることをおすすめします。

Thumb清水寺の歴史を簡単に解説!観光前にチェックしたい豆知識や背景とは?
京都屈指の観光名所である清水寺は長い歴史をもつ由緒ある寺院です。見どころとしては崖に張り出し...

五等分の花嫁の聖地巡礼をした人の口コミ

では最後に、実際に「五等分の花嫁」の聖地巡礼をした方の口コミについてチェックしてみましょう。ここまで述べてきたように、五等分の花嫁の聖地としてはまずは愛知県東海市周辺、そして修学旅行で行った京都市などが中心で、比較的アクセスしやすいとされています。

京都はもちろんですが、メインの聖地である太田川駅は日本福祉大学の最寄り駅であり、駅からの道筋もまたマンガやアニメで取り上げられるなど、まとめていろいろなシーンを巡ることができます。

これらの場所に関しては、中に入れないような場所はあまり挙げられておらず、またアニメやマンガでも外観などが多いため、あまり他の方に迷惑をかけることなく聖地巡礼をすることができるということです。

また、五等分の花嫁の聖地とされるのはこれ以外にもいくつかあります。代表的なのは風太郎一家と中野家で旅行に出かける「島」があります。この島は愛知県の日間賀島と推定されています。また愛知県外ではナガシマスパーランドなども風太郎と五姉妹が遊びに行く場所として取り上げられています。

これらの場所についても聖地巡礼を楽しんだ方がSNSなどにアップしていますので、聖地巡礼に慣れてきたら少し足を伸ばして観光がてら行ってみるのもおすすめです。

Thumb日間賀島の日帰り観光おすすめプラン!人気ランチや温泉も楽しめる!
皆さんは、日間賀島という島はご存知でしょうか。日間賀島は、愛知県の知多半島沖に浮かぶ小さな島...

人気の五等分の花嫁の聖地を巡ってみよう!

「五等分の花嫁」はつい最近までマンガの連載が行われていましたし、アニメなども最近まで放送されていたため、熱烈なファンが多い作品です。

比較的アクセスしやすい聖地も多く、作品の世界を体験したい方にはおすすめと言えるでしょう。ぜひ五等分の花嫁の聖地巡礼を楽しんでみてください。

関連記事

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
茉莉花

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ