マイクロカーってどんな車?必要な免許や125ccなどのおすすめ車種紹介!

近年、公道でよく見かけるようになったマイクロカーが、どのような車なのか気になる人も多いのではないでしょうか。ここではマイクロカーと通常の自動車との違い、メリット、おすすめモデル、相場価格などを中心に、マイクロカーを詳しく紹介します。

マイクロカーってどんな車?必要な免許や125ccなどのおすすめ車種紹介!のイメージ

目次

  1. 1超小型車「マイクロカー」はどんな車?
  2. 2マイクロカーの特徴とメリット
  3. 3マイクロカーの代表シリーズ(生産終了)
  4. 4公道走行ができるおすすめマイクロカー~125cc
  5. 5中古マイクロカーの価格相場
  6. 6125ccのマイクロカーは移動手段の「最先端」?
  7. 7今後も需要が高まると言われるマイクロカー

超小型車「マイクロカー」はどんな車?

近年、公道でマイクロカーを運転している人の姿を多く見かけるようになりました。「マイクロカーは公道を運転できるの?」という疑問を持っている人も多いかもしれませんが、道路交通法、道路運送車の条件を満たしたマイクロカーであれば、公道の走行は十分可能です。

マイクロカー登録の手続きを完了したマイカーであれば、公道を走行することが認められます。マイクロカー登録は、規定を満たしていればどのような状態のマイクロカーでも通過できる簡易的な登録です。

つまり規定を満たしていれば好きなように愛車をカスタマイズすることもできるのです。「マイクロカーはカスタマイズすることが魅力の車」と言われています。興味のある人は積極的にカスタマイズを取り入れてみましょう。

ただしマイクロカーは普通自動車、軽自動車などと違い、公道での二人乗りが認められていないことに注意しましょう。またマイクロカーを購入したら、そのまま行動を走れると言うわけではありません。

今回は、まだ多くの人になじみのないと言われるマイクロカーの特徴とメリット、マイクロカーの代表シリーズ、公道走行ができる125ccのおすすめマイクロカー、中古マイクロカーの価格相場を中心に、マイクロカーの魅力を詳しく紹介します。

マイクロカーの特徴とメリット

そもそもマイクロカーとはどのような車なのでしょうか。最初にマイクロカーの特徴とメリットから見てきましょう。マイクロカーには、大きく分けて5つの特徴があります。

まず普通自動車免許で運転できること、総排気量50cc以下・定格出力0.6kw以下の車であること、法定速度60km/hまでに抑える必要があること、車検・車庫証明・重量税が不要であること、そして原動機付自転車の自賠責や任意保険が適用できることです。

それぞれにメリット・デメリットが存在しますので、これまでマイクロカーについて疑問に抱いていた箇所を重点的にチェックしてみましょう。

普通自動車免許で運転できる

マイクロカーは普通自動車免許で運転することができます。マイクロカーは保安基準を定める道路運送車両法、道路交通法の2つの法律により普通運転免許以上の免許を取得していれば誰でも運転することができるのです。

中型免許、大型免許で運転できることは言うまでもありません。ただし原動免許、自動二輪免許などは例外です。普通自動車を運転できる免許でなければ、マイクロカーを運転することはできません。

総排気量50cc以下・定格出力0.6kw以下

次に、マイクロカーの気になる総排気量、定格出力について見ていきましょう。マイクロカーの総排気量、総排気量は総排気量が20cc以上50cc以下、定格出力が0.25kw以上0.6kw以下の車であることが定義されています。

この数値以内の車をマイクロカーと定義していますので、一人で乗るには十分な力を持った車であると言えるでしょう。積載量は30kg以下に定められていますが、ほとんどの荷物を問題なく積み込めるのではないでしょうか。

法定速度60km/hまで

総排気量が20cc以上50cc以下、定格出力が0.25kw以上0.6kw以下と定められているマイクロカーには、法定速度も定められています。マイクロカーの法定速度は60km/hまでとなっており、普通車と変わりありません。

つまり一般道では十分、普通車の流れに乗ることができます。原動機付自転車の法定速度は30km/hと定められているため、原動機付自転車と比較すると大きなメリットを感じられるのではないでしょうか。

マイクロカーはコンパクトであることは間違いありませんが、あくまでも車の一種です。原動機付自転車と比較すると天候の影響も受けにくく、多くの場合、原動機付自転車よりも快適な走行を楽しめるでしょう。その点も大きなメリットと言えるかもしれません。

車検・車庫証明・重量税が不要

人によって、車検・車庫証明・重量税が不要であるということがマイクロカーの大きなメリットに感じることもあるでしょう。多くの場合、車検には多額の費用が掛かるため、車を持つ人の一つのデメリットとなっているケースがほとんどです。

長い時には車検に数日の日数を要することもあり、2年に1回の車検の時期は多くのドライバーのデメリットとなっているようです。また人によって車庫の証明をする必要がないことも大きなメリットと言えるのではないでしょうか。

マイクロカーは総排気量が50ccのため軽自動車税が必要になります。ただし軽自動車税はわずか2,000円のため、普通車を持つことに比べると大きなメリットとなるでしょう。

原付きの自賠責や任意保険が適用できる

最後に、こちらも大きなメリットですが、マイクロカーはげの自賠責や任意保険を適用することができます。つまり自賠責保険が軽自動車の半額から3分の1程度となるため、普通自動車や軽自動車を持つ場合と比べて非常に安価です。

普通自動車や軽自動車と比較して、維持費が圧倒的に安いことがマイクロカーの大きなメリットと言えそうです。

マイクロカーの代表シリーズ(生産終了)

ここでは、残念ながら現在では生産を終了してしまった、マイクロカーの代表的シリーズを2つのモデルから紹介しましょう。紹介するのは、光岡自動車 MC-1、光岡自動車 K-2です。

知る人ぞ知る光岡自動車 MC-1、そしてレアなマイクロカーと言われる光岡自動車 K-2は、どちらもマイクロカーの購入を検討している人、特にレトロな車、クラッシックカーを好きな人は一見の価値ありです。

光岡自動車 MC-1

最初に紹介したい生産を終了してしまったマイクロカーの代表的シリーズは、多くのマイクロカーファンを生み出したと言われる50ccキットカー「光岡自動車 MC-1」です。光岡自動車 MC-1は、光岡自動車から一時期登場していたモデルです。

現在でも「キットカーの代表的な車種」としてファンの間で愛される存在であり、独特のレトロ感と外見で多くのファンを魅了してきました。

自作することが前提の車であったこともファンを虜にしていた要因とされており、現在は中古車市場以外ではなかなか見かけることのないレアなモデルとなっています。

ただ当時は広く世に知れ渡った認知度のあるマイクロカーでもあるため、手に入れければ市場に足を運んでみましょう。自作が前提の車だったため改造箇所をよく確認し、気に入るMC-1があれば購入を検討してみるのもおすすめです。

光岡自動車 MC-1の中古車市場価格は、30万円前後の価格とされています。ただし光岡自動車 MC-1の状態、年数などによって価格は大きく異なるため、価格についてはよくスタッフと相談することがおすすめです。

光岡自動車 K-2

次に紹介したい生産を終了してしまったマイクロカーの代表的シリーズは、光岡自動車の傑作と言われるモデル「光岡自動車 K-2」です。光岡自動車 K-2は、紹介したばかりの光岡自動車 MC-1と別ラインで製造が進められていたというレアなモデルです。

MC-1以上に希少なマイクロカーとされているため、光岡自動車のマイクロカーファンであれば「一度はお目にしたい、憧れのモデル」と言われています。

外観がレトロなヨーロピアンテイストであることが光岡自動車らしい点であり、クラシックカー好きにはたまらないデザインをしています。

ヨーロッパの車が好きな人、クラシックカーが好きな人で、マイクロカーの購入を検討している人は、一度中古車市場を覗いて見ることをおすすめします。

中古車市場でもめったにお目にかかれないレアなモデルのため、価格についてはピンキリということが言えそうです。状態、年数などを見極め、価格についてはスタッフとじっくり相談することがやはりおすすめです。

公道走行ができるおすすめマイクロカー~125cc

ここでは公道走行ができる125ccのおすすめマイクロカーを4つに厳選し、それぞれのモデルのおすすめポイント、価格などを中心に紹介します。紹介する5つのモデルは、コムス、マイクロカー ミリューR、ネクストクルーザーEV、ビッグフォース3になります。

知る人ぞ知るおすすめモデルばかりとなっていますので、「マイクロカーは興味があるけど、どれを選べば良いのかわからない」「おすすめのモデルを知りたい」という人はぜひチェックしてみましょう。

コムス

最初に紹介したい公道走行ができる125ccのおすすめマイクロカーは、原動機付自転車の新しい形と言われる「コムス」です。

二人乗りこそ認められていないコムスですが、維持費、燃費、小回りなどを考慮すると「近場への移動手段として最先端のモデル」と言われています。家庭用コンセントから充電可能のモデルとなっており、わずか6時間の充電で充電完了です。

一回の充電にかかる費用は約150円となり、約150円の充電費用で60kmの走行が可能という驚異のモデルです。原動機付自転車と比較して安全性、運転時の快適性がまるで異なるため、新しい原動機付自転車として普及が期待される存在です。

スマートなデザインから男女選ばないモデルとなっていることもおすすめのポイントです。価格については中古の相場価格29万円から79万円、新車の相場価格が79万円から91万円とされています。

マイクロカー ミリューR

続いて公道走行ができる125ccのおすすめマイクロカーは、燃費の良さが魅力の「マイクロカー ミリューR」です。マイクロカー ミリューRは環境に優しく、静かな走行が魅力のモデルです。

家庭用コンセントで充電可能、10Km走行に要する費用はわずか5円ほどとなるため、マイクロカーのなかでも最高クラスの燃費と言えるでしょう。

マイクロカー ミリューRの相場価格についてはピンキリとなりますが、オークションでの中古車相場価格は180,000円ほどと言われています。

ネクストクルーザーEV

「大人の遊び心を詰め込んだEVミニカー」のキャッチフレーズがふさわしい、迫力満点のマイクロカー「ネクストクルーザーEV」のご案内です。

家庭用コンセントで約8時間充電すれば、約50Kmの走行が可能というパワフルさがネクストクルーザーEVのおすすめポイントです。

なお1回の電気料金が110円ほどとなるため、抜群の燃費の良さと言えるでしょう。アウトドアにもぴったりのデザインとなっていますが、ヘルメット不要で乗り込める手軽さも大きな魅力です。魅力いっぱいのネクストクルーザーEVの相場価格は中古で488,000円ほどとなります。

ビッグフォース3

最後に紹介する公道走行ができる125ccのおすすめマイクロカーは、オフロードにも強い「ビッグフォース3」になります。2019年に登場したばかりのビッグフォース3は、「ミニジープタイプ」にふさわしいパワーとデザイン性が魅力です。

110cc、125cc、150cc搭載可能なオフロードに強いモデルであり、「大型のゴーカートのような見た目」から男女ともに人気の高いモデルとなっています。

今回紹介してきたモデルのなかで唯一充電式のマイクロカーでない点は残念ですが、それを補うほどの魅力を持ったモデルです。

特に可愛らしさとワイルドさが共存したデザインは、多くの男女の興味を引き付けるでしょう。座席自体は二人乗りが可能ですが、残念ながら公道での二人乗りが認めれていませんので、その点にだけ注意しましょう。

中古マイクロカーの価格相場

これまでにご案内してきた通り、中古マイクロカーの相場価格はピンキリです。高いマイクロカーもあれば、お手頃価格で手に入るマイクロカーも存在します。

マイクロカーの最大の魅力のひとつは、維持費の安さです。維持費は他の車とは全く異なるため、思い切ってワンランク上の好きなマイクロカーを購入するという楽しみ方もおすすめです。

125ccのマイクロカーは移動手段の「最先端」?

これからは125cc規格の超小型車が普及してくる可能性が高いとされています。それもそのはず、125ccの性能の高さは目を見張るものがあります。マイクロカーの利便性の高さに注目が集まり、国でも125cc以下の車両の法の改定を進めています。

マイクロカーをはじめとするコンパクトカーを、現在の普通車や軽自動車のように日常的に見かける日もすぐそこまで来ていると言われています。

規定さえ守れば誰もが125ccのハイパワーのマイクロカーを公道で、しかもお気に入りのカスタマイズで走らせることができます。興味のある人は早速、お気に入りのマイクロカー探しを始めてみましょう。

今後も需要が高まると言われるマイクロカー

マイクロカーを運転するメリットは、普通自動車免許で運転できること、総排気量50cc以下・定格出力0.6kw以下の車であること、車検・車庫証明・重量税が不要であること、原動機付自転車の自賠責や任意保険が適用できることにあります。

メリットいっぱいのマイクロカーにはたくさんのモデルが登場しており、どれも燃費が良く個性的なデザインが魅力です。今後も需要が高まると言われるマイクロカーを使いこなし、快適な移動手段を手に入れましょう。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
ピーナッツ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ