東京近郊のぶどう狩りスポット9選!食べ放題がある人気の農園もあり!

旬の時期を迎えると、大人も子どもも楽しむことができる「ぶどう狩り」。実は東京にもいくつかぶどう狩りを楽しむことができるスポットがあり、その満足度も高いものとなっています。今回は東京にあるぶどう狩りを楽しむことができるおすすめスポットを紹介していきます。

東京近郊のぶどう狩りスポット9選!食べ放題がある人気の農園もあり!のイメージ

目次

  1. 1東京近郊のぶどう狩り人気スポットを9選ご紹介
  2. 2東京近郊のぶどう狩りシーズンと人気の品種
  3. 3東京近郊のぶどう狩りの料金目安
  4. 4子どもにも人気なぶどう狩りをファミリーで!
  5. 5東京・世田谷区のぶどう狩りスポット4選
  6. 6東京近郊でぶどう狩りが出来るおすすめスポット4選
  7. 7東京近郊でぶどう狩り食べ放題が出来るスポット1選
  8. 8東京近郊でぶどう狩りを楽しもう

東京近郊のぶどう狩り人気スポットを9選ご紹介

「デラウェア」や「巨峰」「ピオーネ」などの品種のあるフルーツを聞いたことがある人は多いのではないでしょうか。夏から秋の時期に美味しく食べることができるぶどうは、子どもから大人まで美味しいと人気のフルーツとなっており、安い値段で購入することができる品種から1粒100円以上ものする高級な品種もあります。

いくらでも食べられてしまいそうなほど美味しいぶどうは、ぶどう狩りとしても楽しむことができ、その場でぶどうをもぎ取って美味しく食べることができます。

全国にはぶどう狩りを楽しむことができるスポットがいくつかありますが、実は大都会の東京でもぶどう狩りを楽しむことができることはご存じでしたでしょうか。今回は東京で思いっきり楽しむことができるぶどう狩りのスポットをまとめて紹介していきます。また東京近郊でもぶどう狩りを食べ放題できるスポットもありますので注目してみましょう。

東京近郊のぶどう狩りシーズンと人気の品種

東京近郊にはぶどう狩りを楽しむことができるスポットがいくつかありますが、気になるのはぶどう狩りを楽しめるシーズンでしょう。また人気となっている品種も気になる人もいるでしょう。気になる情報をお届けします。

東京近郊でぶどう狩りを楽しみたいという人は、7月からの夏のシーズンがおすすめです。ぶどうは品種にもよりますが、7月から9月までがシーズンと言われており、それ以外の季節では楽しむことができません。

東京近郊にあるぶどう狩りの農園であっても、7月のシーズンにあわせてオープンしているところも多いです。農園ごとの作っている品種によっては、7月にオープンするところや、8月のオープンしているところなど、異なっていますので、東京近郊でぶどう狩りを楽しみたい人は事前に行きたい農園をチェックしておくことをおすすめします。

では、各農園ではどのような品種が人気となっているのでしょうか。ぶどうには多くの品種がありますが、ぶどう狩りを楽しむことができる農園では大きく分けて「黒色ぶどう」「白色ぶどう」「赤色ぶどう」の3つに分けられます。

「黒色ぶどう」の人気の品種は、「ピオーネ」や「ハイベリー」「藤稔」「高尾」などがあります。「白色ぶどう」の人気の品種は、「多摩ゆたか」が絶大となっています。

「赤色ぶどう」の人気の品種は、「安芸クイーン」や「紅伊豆」「紅瑞宝」となっており、東京近郊では数多くのぶどうの品種を食べることができるでしょう。

これらのおおくのぶどうの品種は、東京近郊の農園ならではとなっており、一部の農園でしか食べることができないものも多いでしょう。またそれぞれの品種の見た目や味なども異なっていますので、食べ比べをしても面白いかもしれません。

東京近郊のぶどう狩りの料金目安

東京近郊のぶどう狩りの各農園では、どのような料金設定となっているのか気になる人もいるのではないでしょうか。おおよそぶどう狩りの料金設定は大人が3000円ほどとなっており、また小学生くらいの子どもは2000円ほど、さらに3歳以下は1000円ほどか無料になっていることが多いでしょう。

各ぶどう狩りの農園では、時間も決められているところもあり、料金設定も異なっている場合が多いので、事前にチェックしてから行くことをおすすめします。

また食べ放題が楽しめるぶどう狩りの農園となると、決して安い値段になっていることも少なく、時間制限の中で3000円以上する場合もありますので注意をしましょう。しかし、食べ放題のぶどう狩りは、料金以上な満足感を味わうことができるでしょう。

量り売りと食べ放題はどちらが安いの?

「量り売り」と「食べ放題」の違いは細かな部分で異なってきます。「量り売り」は農園ごとに食べられる量や購入できる量が決まっており、料金を支払えば設定された量まで楽しむことができます。

「もっと食べたい!」という場合もあるでしょう。その場合は、追加の料金を支払えばOKという農園も多いでしょう。

「食べ放題」となると文字通り、いくら食べてもその料金内で楽しむことができるので、お得感と満足感を味わうことができるでしょう。時間制限がありますが、料金以上に楽しめることでしょう。

安い料金で楽しみたい人は「量り売り」がおすすめです。しかし安い料金は気にせずに思いっきりぶどう狩りを楽しみたい人は「食べ放題」を選択してみてはいかがでしょうか。

子どもにも人気なぶどう狩りをファミリーで!

ぶどう狩りは、その栽培時期によって旬が異なりますが、おおよそ8月から10月までとなっています。その期間に合わせて東京近郊のぶどう農園も開園するようになっており、農園によっては平日でも混雑する場所もあるでしょう。

特にファミリー世代にも人気で、小さな子連れで訪れている人も少なくありません。食べ放題の施設や入場料を徴収している農園になると、大人は通常料金ですが、子どもの場合は半額以下で楽しめる場合もあり、お得感も感じることができるでしょう。

週末の遊びスポットとしてもぶどう狩りの各スポットを利用してみてはいかがでしょうか。お出かけの際は事前に予約をしておくことをおすすめします。

東京・世田谷区のぶどう狩りスポット4選

ここからは東京の大都会とは言い難いですが、都会的な場所"世田谷区"でぶどう狩りを楽しむことができるスポットを4選紹介していきます。

実は東京の世田谷区には、東京を代表するようなぶどう狩りを楽しむことができるスポットがいくつもあり、子どもから大人まで楽しむことができるでしょう。

ぶどう狩りの料金も安いと言われている農園や、子連れにも人気な農園など、その種類はさまざまです。人気度の高いぶどう狩りができる農園をピックアップしてみましたので、東京の世田谷区でぶどう狩りを楽しんでみてはいかがでしょうか。

木村ぶどう園

もぎ取ったぶどうを量り売りで持って帰ることができる「木村ぶどう園」は、「高妻」と呼ばれる品種のぶどう狩りを楽しむことができるおすすめのスポットとなっています。

1kgあたり1800円~で量り売りとなっているため、美味しいぶどうをそのまま持ち帰ることができるでしょう。料金はその旬の季節によって異なる場合がありますので、事前にチェックをしてから訪れることをおすすめします。

住所 東京都世田谷区野毛2丁目20-16

田中ぶどう園

8月中旬ごろから旬なぶどう狩りを楽しむことができる「田中ぶどう園」は、もぎ取り販売として人気を集めています。「安芸クイーン」や「天秀」といった品種のぶどうを味わうことができ、その実も大きくて食べ応えがあるでしょう。

季節にもよりますが、一房1500円程度で量り売りされていますので、気になったものをもぎ取って持ち帰ってみてはいかがでしょうか。

「田中ぶどう園」では特に予約も不要で、平日だけではなく土日もぶどう狩りを楽しむことができるでしょう。

住所 東京都世田谷区上野毛2丁目23

山崎ブドウ園

大粒で美味しいぶどうを量り売りで楽しむことができる「山崎ブドウ園」は、栽培時期が異なる2種類のぶどうを育てているため、年に2回のぶどう狩りを楽しむことができます。8月中旬ごろから9月下旬までぶどう狩りを実施しており、毎年子連れの人たちなどで賑わいを見せています。

大玉で食べ応えがある「藤稔」や、皮ごと食べられる「シャインマスカット」などが人気で、小さい子どもにも大人気です。

山崎ブドウ園では、季節によって異なりますが、1房1300円から販売されており、美味しいぶどうが安い料金で味わうことができるのも特徴です。他の品種など安い料金で量り売りされている場合もありますので、チェックしてみましょう。

住所 東京都世田谷区岡本1丁目23-7
電話番号 03-3709-6064

海老沢ぶどう園

「シャインマスカット」などのもぎ取り販売が特徴の「海老沢ぶどう園」では、毎年8月中旬から開園しており、9月初旬で閉園してしまいます。期間で言うと1ヵ月も満たないものとなっているため、早めに訪れることをおすすめします。

量り売り販売が主となっており、1kgで2000円ほどとなっています。決して安い値段ではありませんが、しかし大粒でボリューミーなぶどうを見れば、その価値も一目瞭然でしょう。

住所 東京都世田谷区宇奈根2丁目7-26

東京近郊でぶどう狩りが出来るおすすめスポット4選

東京の都心から少し離れたところでも、ぶどう狩りを楽しむことができるスポットはいくつかあります。どのスポットも公共交通機関でアクセスできるので、移動も楽でしょう。

東京の板橋区や調布市など、「こんなところに?」というような驚きの中で楽しむことができるぶどう狩りは一味違うでしょう。どのような魅力や楽しみ方があるのでしょうか?

さんぶどう園(板橋区)

近隣の保育園や福祉施設など、毎年多くの子どもが訪れている「さんぶどう園」は、東京の板橋区にあります。板橋区内でも唯一ぶどう狩りを楽しむことができる場所なので、多くの人が訪れます。

「さんぶどう園」は、他の農園とは少し異なり、収穫したぶどうの重さを測り、その重さによって料金が変わるスタイルとなっています。好きな分だけぶどうをもぎ取って購入することができるので、安い料金で購入することもできます。

自分で収穫したぶどうをその場で食べることもできるので、子どももその場で収穫したものを食べられるので、ワクワク感が止まらないでしょう。

住所 東京都板橋区大門6-18
電話番号 090-6955-9425

山内ブドウ園(調布市)

「巨峰」や「高尾」、「ピオーネ」といった種類のぶどうをもぎ取ることができるのが調布市にある「山内ブドウ園」です。品種によっても異なりますが、8月中旬や9月下旬までぶどう狩りを楽しむことができます。

1房あたり700円~となっており、安い料金で美味しいぶどうを食べることができます。もぎ取るスタイルとなっているため、気軽にぶどう狩りを楽しむことができるでしょう。

住所 東京都調布市若葉町3-28-7
電話番号 03-3300-5741

馬部ぶどう園(調布市)

ぶどう狩りと直売所で新鮮なぶどうをたべることができる「馬部ぶどう園」では、低農薬で健康に良い有機栽培をしているため、安心・安全なぶどうを食べることができます。

8月中旬以降、ぶどうの旬の時期になると美味しいぶどうをお腹いっぱいになるまで味わうことができるでしょう。

品種によっては栽培時期が異なりますので、開園時期についてはズレがあります。事前にチェックをしてから訪れるようにしましょう。

住所 東京都調布市深大寺東町7-5-1
電話番号 042-487-8825

東村山ぶどう園(東村山市)

8月から10月中旬ごろまでぶどう狩りを楽しむことができるのが「東村山ぶどう園」です。見た目がバナナのような形をしている「バナナゴールド」など、珍しいぶどうの品種を味わうことができます。

旬の時期になれば、美味しいぶどうを食べることができますので、是非チェックをしてみてはいかがでしょうか。

住所 東京都東村山市恩多町1-12-1

東京近郊でぶどう狩り食べ放題が出来るスポット1選

実は、東京にはぶどう狩りを食べ放題で楽しむことができる農園は、存在しておらず(2021年5月現在)、食べ放題を楽しむためには千葉県まで行く必要があります。

千葉県に位置していますが、東京都心からでもアクセスしやすく、JRや北総鉄道北総線を利用することでアクセスすることができるでしょう。車でもアクセスすることもでき、子連れにも便利でしょう。では、どのような魅力があるのか見ていきましょう。

初清園(千葉)

千葉県松戸市にある「初清園」では、ぶどう狩りだけではなく梨狩りも楽しむことができるおすすめのスポットです。なんといっても「初清園」は、人気の品種となっている巨峰を食べ放題で味わうことができ、子連れに大人気となっています。

食べ放題できる時間は60分間となっており、時間内であればお腹いっぱいになるまで美味しい巨峰を食べられます。土日は予約必須となっていますが、平日でも混雑する場合がありますので事前に予約しておくことをおすすめします。

「初清園」の営業のシーズンは8月中旬ごろから10月上旬となっており、営業時間は9時から17時までとなっています。ぶどう狩りの料金は、食べ放題としては安い料金設定となっており、品種によって異なりますが大人は1000円~、子どもは600円~で楽しむことができるでしょう。

住所 千葉県松戸市串崎新田215
電話番号 047-386-7012

東京近郊でぶどう狩りを楽しもう

東京近郊で魅力的なぶどう狩りを楽しむことができるスポットがいくつかありましたが、どれも美味しくてお腹いっぱいになるまで楽しめる場所ばかりです。

各農園にはそれぞれ特徴もありますので、事前にリサーチをしてみても面白いかもしれません。旬の時期に楽しむことができるぶどう狩りを味わってみましょう。

関連記事

Original
この記事のライター
ピーナッツ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ