DMMかりゆし水族館の楽しみ方ガイド!料金や見どころ・アクセス方法は?

暖かい日が続き、だんだんと気温が高くなってくると海辺や水族館、開放感のある自然の中へと足を踏み入れたくなってくるものです。去年5月に開業したばかりのDMMかりゆし水族館は既にご存知ですか?今回は、「DMMかりゆし水族館」の楽しみ方をご紹介していきます。

DMMかりゆし水族館の楽しみ方ガイド!料金や見どころ・アクセス方法は?のイメージ

目次

  1. 1沖縄にあるDMMかりゆし水族館をご紹介
  2. 2沖縄の新観光スポット?DMMかりゆし水族館とは?
  3. 3DMMかりゆし水族館のおすすめポイント
  4. 4DMMかりゆし水族館のフロア
  5. 5DMMかりゆし水族館の見どころ
  6. 6DMMかりゆし水族館の料金
  7. 7DMMかりゆし水族館の口コミ
  8. 8DMMかりゆし水族館の施設情報とアクセス
  9. 9人気の新観光スポットのDMMかりゆし水族館へ訪れてみよう!

沖縄にあるDMMかりゆし水族館をご紹介

春から夏に近づきだんだんと蒸し暑くなってくると、白い砂浜や美しい海辺、涼しげな水族館、緑溢れる自然の中を散策してみたくなるものです。そんな、これからの季節に合ったオープンしたてのおすすめ水族館「DMMかりゆし水族館」の料金や見どころ、アクセス方法や楽しみ方に迫ります。

沖縄の新観光スポット?DMMかりゆし水族館とは?

早くも沖縄の新観光スポットとして様々なメディアで取り上げられている「DMMかりゆし水族館」とは、沖縄県の豊見城市にある美らSUNビーチ隣に建てられたショッピングモール内の水族館です。

この人気水族館は、オンラインゲームや英会話、貿易事業やテーマパーク事業、ECサイトなどを運営するDMMドットコムのグループ会社により企画・運営が行われています。

DMMドットコムの本拠地は東京都の六本木にあり「かりゆし」とは、沖縄の方言でめでたい、縁起がいいという意味になります。

この水族館がおすすめなのは、変わった空間演出と最新の映像技術を駆使した新しいタイプのエンターテイメント施設として話題になっているからです。

ショピングモール「イーアス沖縄豊崎」は、東京都や茨城県内にも事業を展開している人気の大型複合商業施設、水族館を始め屋内型のテーマパークを含む130店舗以上のお店がここに出店しています。

「イーアス沖縄豊崎」の敷地内に2020年5月25日に晴れてオープンを迎えることとなった水族館が、今回ご紹介する「DMMかりゆし水族館」、沖縄では2箇所目となる水族館です。

この水族館のテーマは、本物の生物がいる水槽に映し出されるバーチャル映像と、水に包まれた時の癒しや安らぎが味わえる音響との融合が生み出す、新しい世界観です。

ここには沖縄北部の人気観光スポット「沖縄美ら海水族館」の迫力とはまた違った新しい発見や驚き、ワクワク感があるのが特徴です。

「DMMかりゆし水族館」では、「沖縄美ら海水族館」で飼育されていない可愛らしいペンギンやカワウソ達と出会えるのでまだ小さなお子様にもおすすめです。

Thumb美ら海水族館へのアクセス方法まとめ!車やバスでの行き方や所要時間は?
沖縄の数ある観光スポットの中でも特に人気の高い「美ら海水族館」ですが、那覇から距離があり、ち...

DMMかりゆし水族館のおすすめポイント

DMMかりゆし水族館の雰囲気や場所に少し触れたところで、水族館の魅力やおすすめポイントを見ていきましょう。

この水族館では、豪快で迫力のある大きな生物の代わりにコンパクトにまとめられた水槽の中で泳ぐ小さな魚達と共に、多数の美しい演出が施されているのが特徴です。

新しいタイプの水族館

小さな水槽の中の岩陰から姿を見せる可愛らしい魚達や生物の種類は、全部で190種類、5000点の生き物達がこの水族館に展示されています。

館内はまるで、沖縄の澄み切った青い海を切り取り美術館や展示室にしたかのような雰囲気、本物の生き物達や岩、海水とバーチャルの映像が織りなす新しいタイプの空間を演出しています。

これら展示された小さなボックス型の水槽の周りを周るようにし見学して行きますが、館内では水槽展示だけでなくリアルな海洋体験も待っています。

空港からも簡単アクセス

水族館の立地は、那覇空港から自家用車で約20分とアクセスしやすい環境にあり、観光に必要なものが揃うショップや買い物が楽しめるスポットへもすぐアクセスできる便利さがあります。

那覇空港からは赤嶺駅、瀬長島、アウトレットモール、ホテル、ショッピングモールなど南部にある観光スポットを結ぶ「ウラカジライナー」が運行しています。

ウラカジライナーとは抗菌施工実施済みの「路線バス」のこと、沖縄進出を果たした東京バスの事でここではこのように呼びます。

このバスは空港から水族館の間を毎回行き来していて、東京バスと沖縄の都市を走るモノレール「ゆいレール」が全線乗り放題になる「共通1日乗車券」も期間限定で発売されているのでおすすめです。

共通1日乗車券の料金は大人が1000円で子供が500円かかりますが名所を沢山巡る方にとってはお得な料金です。

水族館の位置する豊崎地区には「美らSUNビーチ」や「アウトレットモールあしびなー」「道の駅」や「ライフスタイルセンターTOMITON」など人気の施設があります。

水族館のある豊崎エリアには路線バスの他、豊見城インターチェンジやレンタカーの営業所も数多く存在するため、空港から各スポットへの移動・アクセスするには便利です。

DMMかりゆし水族館のフロア

それではここから、DMMかりゆし水族館の館内フロアをご紹介していきます。各フロアや館内のセクションを事前に把握しておく事で、当日スムーズに生物たちを観察することができます。

まず1階のフロアは、多彩な生物が息づく澄み切った海がテーマになっています。入り口を入るとそこにはキラキラと光輝く熱帯魚達の世界が広がっています。

1Fフロア

熱帯魚達の生息するサンゴ礁のあるトンネルへと足を徐々に踏み入れていくとトンネルがあり、中は頭上まで水に覆われ、青く深い海の底が表現されています。

ここで見ることができる魚達は人気のクマノミやアナゴ、エンゼルフィッシュにウツボやハギ、チョウチョウウオなどです。

次に待っているのは、大きなサメやエイなどをまじかで見ることのできる大水槽です。沖縄近海の様々な生物達が気持ちよさそうに回遊する姿が圧巻です。

このエリアで目にすることのできる生物は、アオウミガメやツバメウオ、ササムロにグルクマ、フグにサメ、ハギやネムリブカなどです。

1番奥にはジンベイザメをはじめとする巨大な海洋生物たちがバーチャル映像で映し出され、本物のクラゲ達の漂う幻想的な世界を音響と共に楽しみます。

2Fフロア

2階フロアのテーマは、亜熱帯気候が織りなす常緑の森、生命感あふれる亜熱帯の環境がたった1つのフロアに凝縮されています。

入り口を入るとそこにはそびえ立つ巨大なガジュマルの木があり、アマゾンの森の中を探索しているような雰囲気にさせられます。

このセクションでは人気のアロワナや世界最大級の魚ピラルクを目にすることができ、オキナワキノボリトカゲやコーンスネーク、トカゲやゼブラキャットに出会えます。

植物の香りや生き物の鳴き声などを楽しみながら進んで行くと、朝・昼・夜と時間が変化していくのと同時に館内の演出も変わっていくのに気がつきます。

ブラジルカイマンや岩場で自由に泳ぐペンギン達を観察したら、次は奥の部屋にある、大水槽、海岸を再現した癒しの空間、カピバラやナマケモノなど陸の生物達のいるエリアにたどり着きます。

DMMかりゆし水族館の見どころ

2階フロアに位置する亜熱帯の森はこの水族館の1番の見どころとなっていて、地球の裏側に生息する普段見ることのないアマゾン川の貴重な生き物を見ることができます。

赤道付近の国に生息する植物や動物達は、熱さと大雨のもたらす豊富な栄養と食物により巨大化しているのが特徴です。

亜熱帯の森

特に1億年以上前から生息する巨大魚のシルバーアロワナや、生きた化石と呼ばれる大昔から姿形の変わらない不思議な魚ピラルクは、ブラジルのアマゾン川流域にのみ生息する5メートルほどの巨大魚です。

世界で最も貴重な魚とされるネオンテトラやグッピー、ブルーレインボーなどの色あざやかな淡水魚や爬虫類、両生類達が沢山見られる亜熱帯の森は、興奮度の高い人気ゾーンになっています。

他の水族館では見られない演出

この水族館にはリアルな海洋体験ができるエリアが沢山用意されているだけでなく、それぞれのセクションに施された影や、細かい演出も必見です。

魚や動植物達の住む世界を、本物の生息地にできる限り近い形で再現しているのはもちろんのこと、実際にウッドデッキへ上がり様々な角度から彼らを観察できるスタイルになっています。

また、動植物達の生息する世界観を壊さず雰囲気をさらに盛り上げるため、季節や自然の移ろいにも配慮しライトや音、美しいデジタル映像を駆使するなどの工夫がされています。

これら館内のダイナミックなビジュアル表現により、多彩な空間演出や五感全てに訴えかける、新感覚の没入型水族館のかたちが実現しています。

DMMかりゆし水族館の料金

DMMかりゆし水族館の入場料金は18歳以上の大人が2400円、13歳から17歳までの中人は2000円、4歳から12歳までの子供は1500円となっています。

入場料金は一見高く感じられますが、沖縄にあるその他のおすすめ観光スポットや施設もこの料金設定が一般的になっています。

ひとたび購入し入館ゲートにかざしたチケットは利用済みとなり失効してしまうため、複数回に分けて入館することはできません。

チケットはDMMかりゆし水族館にあるチケットカウンターで購入する又は、コンビニエンスストアやプレイガイド、ウェブサイトから事前に購入することが可能です。

前売りチケットを購入した方は、スマホに保存したQRコードを当日入場ゲートでかざすだけなので、なくす心配もありません。

家族連れの場合、他の方のぶんのチケットを注文すると個別にQRコードをつくるか複数枚まとめてQRコードをつくるかどちらか選べるようになっています。

支払いにはMASTERやVISA、JCB、AMERICAN EXPRESSなどのクレジットカードの他、現金や交通系ICカード、QRコード決済が使えます。

館内は広くなく1時間もあれば周れる水族館のため、平日は入場ゲートに並ばずスムーズに入ることが可能です。

しかし土日や祝日に起きる多少の混雑や、並ぶ時間を少しでも短縮したい方は前売りチケットの購入がおすすめです。

DMMかりゆし水族館の口コミ

それでは、観光スポットとして人気のDMMかりゆし水族館に実際に行ったことがある方の口コミをご紹介していきます。

水族館に入ったらまず最初に、小さなシアタールームの中で映像を見るそうです。そこでは沖縄の美しい自然をめぐる映像と館内を楽しむための紹介映像や物語が流れます。

館内は他の水族館とは一味違った空間づくりが施されていて、本当に海の中にいるような心地よい感覚が体感でき、ガラス張りの床の上も歩けるようになっています。

ジンベイザメや大き過ぎる本物の生物はここにはいませんが、入場する前に料金無料の公式アプリをダウンロードしておくことでタッチポイントにスマホをかざし、魚の種類や特徴を調べることができます。

料金無料の便利なこのアプリは、魚の名前を書いたプレートや生き物図鑑の役割を果たしてくれるだけでなく、水族館内のカフェやお土産ショップで使えるクーポンの役目もするとの口コミです。

DMMかりゆし水族館の施設情報とアクセス

DMMかりゆし水族館の館内では、密集と密接を防ぐため1度に入館できる人数を通常の10分の1に制限しています。

そのため、並んでいれば必ずしもすぐに入館できるとは限りません。また、来館時にはマスクの着用が義務付けられています。

水族館の営業時間は午前10時から午後9時まで、最終入館は営業時間終了の1時間前までとなっていて、10名以上の団体来館予約も行われています。

施設情報

水族館に入館する際、フリマやオークションなどで購入した入館チケットを使用しての入館をすることはできず、入館チケットの転売は禁止されています。

入館を済ませたら順路は2階のフロアからスタート、ガラス張りの床はフォトスポットとして撮影が許可されていますが、シアタールームの中は撮影禁止となっています。

スケジュールによると金曜・土曜・日曜・祝日の夜間限定でゆったりとお酒を飲めるバーが開放され、飼育員のお仕事を体験するツアーや、クイズなどの楽しいイベントも開催されています。

1階には小さなカフェスペースが用意されていて、観光がてらホットドックや唐揚げ、沖縄のクラフトビール、名物ちんすこうにスムージーなどが立食スタイルで気軽にいただけるのでおすすめです。

お土産とオリジナルグッズが購入できる館内のショップでは、お菓子やTシャツ、トートバッグやステーショナリーの他、人気の動物達のぬいぐるみが販売しているのでおすすめです。

アクセス

観光スポットとして最適な人気の水族館、DMMかりゆし水族館のあるショッピングモールには、料金が無料の3000台駐車可能な駐車場が用意されています。

那覇空港からは直線距離で約5キロメートル、空港からのアクセスには路線バスまたはタクシー、モノレールなどを利用するのが便利です。

バスでのアクセスは「ウラカジライナー」または、4番バス停留所発の空港あしびなー線「那覇バス」の利用がおすすめです。

空港から観光地である水族館までのアクセスは、国道331号を南西の方角へ進み、瀬長島を超えて海なりに進めば到着です。

所要時間は20分ですが、国道を降りる分岐の前あたりから渋滞が発生することがあるため所要時間が変動する場合があります。

DMMかりゆし水族館の入り口は、ショッピングモール「イーアス沖縄豊崎」の正面玄関にある外階段を上がると左側にあります。

住所 沖縄県豊見城市豊崎3-35
電話番号 098-948-1227

人気の新観光スポットのDMMかりゆし水族館へ訪れてみよう!

テーマパークということをすっかり忘れ生物に没頭してしまう人気の観光スポット「DMMかりゆし水族館」のおすすめポイントや入場料金、アクセス方法やフロアをご紹介してきました。新しい観光スポットとして注目を集めるこの水族館でぜひ1度、最新の音響に触れ、映像技術を体感してみてください。

関連記事

Original
この記事のライター
Eine kleine

新着一覧

最近公開されたまとめ