「ブラックビート」は人気の高級ぶどう!特徴や値段・おすすめの時期は?

美味しい味わいの高級ぶどうということで大人気となっている、「ブラックビート」のおすすめ情報について詳しくご紹介していきます。ブラックビートのおすすめのシーズン・時期や、ブラックビートを買う際のお値段や皮や味などの詳細な情報も詳しくまとめています。

「ブラックビート」は人気の高級ぶどう!特徴や値段・おすすめの時期は?のイメージ

目次

  1. 1高級ぶどう「ブラックビート」の魅力を解説
  2. 2ブラックビートってどんなぶどう?
  3. 3ブラックビートの特徴と味
  4. 4ブラックビートの値段相場
  5. 5ブラックビートが美味しいおすすめの時期
  6. 6ブラックビートはお取り寄せもおすすめ
  7. 7人気のぶどうブラックビートを味わおう

高級ぶどう「ブラックビート」の魅力を解説

世界にはたくさんの種類のフルーツがあって、どんどん新しい品種も開発されているので、日本でも数え切れないほどの種類の美味しいフルーツが食べられています。そんな中でも気軽に味わうことができて定番のフルーツの一つが、ぶどうです。ぶどうにもいろんな種類がありますが、近年話題の「ブラックビート」のおすすめ情報を解説します。

Thumb「シナノスマイル」は長野産の希少ぶどう!特徴や食べ方・価格は?
日本には美味しいぶどうがさまざまありますが、「シナノスマイル」というぶどうをご存知でしょうか...

ブラックビートってどんなぶどう?

とても美味しいぶどうということで巷でも大人気となっているというブラックビートですが、そんなブラックビートとは一体どういった魅力を持っているぶどうなのでしょうか。ブラックビートを初耳だなんていう人は、どんなぶどうかチェックしてみてください。

日本では最近はスーパーマーケットやコンビニであっても、気軽にフルーツを買うことができるようになっていて、時期によっても旬のフルーツがお手軽に手に入ります。中でも夏から秋の時期にかけて食べられていて世代を問わず人気なのが美味しいぶどうです。

ぶどうは実はバリエーション豊かな品種が発売されていて、あまり普通のスーパーマーケットでは店頭に並ばないような品種も多いです。ブラックビートは皮や見た目にもオリジナルの特徴があって、比較的高級な値段の品種ということで知られています。ブラックビートは近年どんどん人気が高まってきていてネット通販でも販売量が増えてきています。

藤稔とピオーネの掛け合わせで生まれたぶどう

高級なお値段ながらどんどん愛好者が増えてきているという人気のブラックビートですが、そんなブラックビートのおすすめ情報としてご紹介しておきたいポイントが、ブラックビートは、異なったぶどうの掛け合わせによって誕生したブドウだということです。

ぶどうの品種は世界的にみても、日本でも本当にたくさんの種類があるので、ぶどう農家のプロの方でも把握しきれないようなブドウが流通しています。そして、新しい品種のぶどうは既存のぶどうのかけあわせによって作り出されることが多く、ブラックビートの場合は、藤稔とピオーネという2種類の特徴の違ったブドウによって作られています。

藤稔は高級なお値段のぶどうとして知られていて、1985年に新品種として登録をされたぶどうです。藤稔はピオーネを元として改良されて作れたぶどうで、皮もしっかりとしています。ピオーネは巨峰とマスカットの交配種で、ぶどう狩りでも定番のぶどうです。

主な産地は熊本県や東京都

藤稔とピオーネを掛け合わせることで誕生して話題となっているブラックビートの産地について詳しく解説していきます。ぶどうは品種によっても気候への耐性や育ち方が大きく違ってきてしまうフルーツなので、品種によって栽培されている地域も違っています。

ブラックビートの場合も産地がある程度決まっていて、2020年現在の主なブラックビートの産地としては九州エリアの熊本県であったり、関東の東京などで栽培が進められています。ブラックビートを現地で買いたいという人は、熊本や東京に行ってみてください。

ブラックビートは熊本や東京がメインの産地ではありますが、他の県で全く作られていないというわけではなくて、農家によってはブラックビートの取り扱いを始めている場所も増えてきています。お近くのぶどう農家などもチェックしてみてください。熊本や東京以外の地域でいうと、ブラックビートは香川県や山梨でも栽培がされています。

比較的新しい品種

ブラックビートの情報として次にご紹介しておきたいのが、ブラックビートは誕生してからまだ比較的新しいぶどうの品種であるということです。ブラックビートが品種登録の出願がされたのが2001年で、実際に品種登録されたのは2004年となっています。

ぶどうの品種改良は世界でいろんな場所で進められているので、どんどん新しい品種が誕生してきています。そんな中にあってブラックビートは熊本の農家で作られて品種登録がされた2004年以来、高級で美味しいぶどうとして世間的に定着しつつあります。

2000年代に入ってからの新しいぶどうのブラックビートは、まだまだ取り扱っている農家さんや店舗が少ないので、レアな高級ぶどうということでも話題です。今後もさらに人気が高まっていくことが予想されているぶどうなので、まだブラックビートを食べたことがないという人は、ぶどう狩りやお取り寄せでブラックビートを食べてみてください。

ぶどう狩りシーンでも大人気

美味しいぶどうをお腹いっぱい味わいたいという時にピッタリなのが、ぶどう狩りではないでしょうか。ぶどう狩りは夏から秋頃の時期・シーズンのお出かけに大人気ですが、そんなぶどう狩りシーンでも、ブラックビートの人気がどんどん高まってきています。

ぶどう狩りは数あるフルーツ狩りの中でも超定番のジャンルなので、全国のいろんな場所でぶどう狩りが楽しめえます。ただ、ブラックビートの場合は新しい品種ということもあって、ぶどう狩りで取り扱っている場所はそこまで多くはないので、事前にブラックビートを食べられる場所をリサーチしてからぶどう狩りをしにいくのがおすすめです。

ぶどう狩りは施設によってもお値段や時間制限などが決まっているので、ぶどうの品種だけではなくて、コストパフォーマンスも含めて場所選びをするのがおすすめです。ブラックビートは山梨をはじめとしたブドウ農家で、ぶどう狩りの対象として扱われています。

ジューシーで美味しいと話題

ブラックビートはちょっとお高めのお値段のぶどうではありますが、お値段が気にならないぐらいに美味しいということで話題となっています。ブラックビートは大粒でとてもジューシーな果肉が魅力となっていて、ぶどうの果汁がたっぷりと粒に凝縮されていて、ブラックビートのファンも増えています。

Thumbコストコのぶどうはおすすめ?洗い方・選び方・保存方法のコツも詳しく解説!
コストコのぶどうは種や皮がないことで食べやすく、コストコならではの大容量と安さで大人気です。...

ブラックビートの特徴と味

ブラックビートのおすすめ情報として、次にブラックビートの特徴と味について詳しくご紹介していきます。ぶどうは種類によって皮の厚みや酸味、甘みなども違っていますし、粒の大きさも品種によって異なります。ブラックビートも他のぶどうとはまた違った特徴を持っているので、詳しい特徴をチェックしてみてください。

極大のつぶに黒い皮

ブラックビートの知られざる特徴としてまずご紹介していきたいポイントが、ブラックビートの粒のサイズ感や皮に関する情報です。まず、ブラックビートの粒の大きさですが、他の定番のぶどう品種と比較すると極大の大きなサイズのぶどう品種となっています。

ブラックビートは極大サイズの大きな粒が魅力となっていて、非常に食べ応えがあるぶどうとなります。大きな粒のぶどうは果肉がしっかりとしていて満足度がとても高いです。そして、ブラックビートの皮は比較的濃い目のテイストの黒い川となっています。

ブラックビートの皮は比較的むきやすい皮となっているので、皮が上手く剥けなくて残ってしまうなんていうことも少なく、お子さんであっても皮を気にせずに食べやすいぶどうということでも人気があります。

皮ごと食べられる

ブラックビートは皮自体も剥きやすいので、皮を剥いて普通に食べても良いですが、皮ごとでも食べることができるぶどうとして口コミでも話題です。皮を剥いていくのがちょっと面倒だなんて思っている人は、そのままブラックビートを食べみてください。

見た目には濃い目のブラックで厚そうに見えますが、実際にはブラックビートの皮はそこまで厚くはなくて、さらに苦みや渋みも少ないので、皮ごとであっても美味しく味わうことができます。

程よい甘みで酸味は少なめ

ブラックビートの味について詳しくご紹介していきます。ぶどうの味でまずきになるのが甘さ・糖度だと思いますが、ブラックビートの場合はすごく甘いというわけでもなく、そんな中でも甘みはしっかりと感じられて、程よい甘さのぶどうとなっています。

甘いフルーツは美味しいですが、あまりに甘すぎるとちょっと苦手だという人も多いのではないでしょうか。ブラックビートならバランスのとれた甘みがあるので、お子さんから大人の方まで好き嫌いが少なく、たくさんの人におすすめしたいブドウです。

ブラックビートは酸味もありますが、甘みと同様で強い酸味ではなくて程よい按配なので、酸味が苦手だという人であっても食べやすい味わいのぶどうとなっています。

種無しのぶどう

ブラックビートの特徴として次にご紹介していきたいポイントが、ブラックビートは種無しのぶどうであるということです。種無しのぶどうで、さらに皮も薄皮という品種なので、皮ごと洗ってしまえば、すぐに食べることができてしまいます。

ぶどうは食べを出さないといけないのがちょっと面倒で、普段あまり食べることが少ないという人も多いのではないでしょうか。女性だと種を吐き出すのがちょっと恥ずかしくて嫌だと感じる人も多いようです。そんな人におすすめしたいのが種無しぶどうです。

ブラックビートのような種無しのぶどうであれば、種を間違えて食べてしまうなんてこともなくて食べやすいので、お子さんにも大人気となっています。特に近年は、ブラックビートやシャインマスカットのような種無しぶどうが主流となりつつあります。

ブラックビートの値段相場

人気ぶどう品種のブラックビートのおすすめ情報として、次に解説していきたいのが、ブラックビートのお値段相場についてです。実際に買ってみようと思っているけど、いくらぐらいのお値段で販売されているのか分からないという人はチェックしてみてください。

ぶどうは品種によってお値段も様々ですが、ブラックビートはちょっと高級な価格帯のぶどうです。とは言っても凄く高いわけではなくて、一般的なぶどうより少し高めのお値段というだけなので、美味しさを考えるとコストパフォオーマンス抜群のぶどうです。

ブラックビートは2キログラムで3000円から4000円程度のお値段で売っているところもあれえば、1キログラム程度で3000円程度するところもあったりと、場所によっても様々ですが、ひと房で3000円程度で扱っている農家さんが多いようです。ただ、時期によってもお値段の相場は変わってきてしまうので注意してみてください。

ブラックビートが美味しいおすすめの時期

ブラックビートの知っておきたい情報として次にご紹介していきたいのが、ブラックビートが美味しいおすすめの時期・シーズンの情報です。ブラックビートがどんな時期に栽培されていて美味しいのか知りたいという人は、時期も参考にしてみてください。

ぶどうなんてどの品種も同じ時期が旬だと思っている人も多いようですが、実はぶどうは品種によって旬の時期は少しずつ違っています。本当に美味しくブラックビートを味わいたいのであれば、しっかりと時期をチェックした上での購入がおすすめです。時期によって粒の大きさや、甘さも少しずつ違ってきます。

旬の時期は8月

ブラックビートを美味しく味わうことができる具体的な時期としては、夏のシーズンの8月がおすすめです。ブラックビートが全国的にも8月が旬の時期となっていて、夏真っ盛りの暑いシーズンにジューシーでしっかりとした身のブラックビートができます。

ブラックビートは収穫は7月中旬ごろから開始されているところもあって、7月中旬から8月後半までの時期に市場にたくさん出回ってきます。ぶどう狩りをしたいという場合も、7月から8月ごろが対象となっていることが多いので、各農家さんの情報もチェックしてみてください。

ブラックビートはお取り寄せもおすすめ

ブドウ自体は旬の時期になってくると全国各地のスーパーマーケットなどで店頭販売がされるようになりますが、ブラックビートの場合は生産量がまだそこまで多くはないというのと高級なお値段ということもあり、なかなかスーパーでは扱われていない品種です。

そんな店頭ではあまり出回っていないブラックビートを食べたいという時におすすめしたいのが、インターネットやお電話で簡単に注文することができるお取り寄せグルメです。家からサクッと申し込みをするだけで、美味しいブラックビートが味わえてしまいます。

実際に旬の時期になってくると、ブラックビートをお取り寄せグルメとして毎年買っているなんていう人も増えてきているようです。なかなかブラックビートを栽培している農家までアクセスがしずらいという人や、高級で美味しいぶどうを味わってみたいと思っている人は、ブラックビートをお取り寄せしてみてはいかがでしょうか。

人気のぶどうブラックビートを味わおう

人気品種のブラックビートのおすすめ情報はいかがでしたでしょうか。ブラックビートは大粒でジューシーなのが特徴的なぶどう品種となっていて、単に大きいだけではなくて甘みや酸味のバランスも良くて美味しいと人気を集めています。種無しで食べやすいので、ブラックビートを味わってみてください。

関連記事

Noimage
この記事のライター
kazuki.svsvsv@gmail.com

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ