車中泊用ポータブルエアコン・クーラーベスト11!涼しく快適な人気商品紹介!

夏場の車中泊に欠かせないポータブルエアコン・クーラーには、個性のある商品が目白押しです。今回は夏場の車中泊にぴったりなおすすめポータブルエアコン・クーラーをランキング形式で紹介します。選び方、自作のポイントも登場しますので、車中泊をする予定の人は必見です。

車中泊用ポータブルエアコン・クーラーベスト11!涼しく快適な人気商品紹介!のイメージ

目次

  1. 1夏の車中泊におすすめのポータブルエアコン・クーラーは?
  2. 2車中泊用のポータブルエアコン・クーラーを詳しく解説!
  3. 3車中泊用のポータブルエアコン・クーラーの選び方
  4. 4車中泊用ポータブルエアコン・クーラーをランキングで11選ご紹介
  5. 5車中泊用のポータブルエアコン・クーラー人気ランキング11位から8位
  6. 6車中泊用のポータブルエアコン・クーラー人気ランキング7位から4位
  7. 7車中泊用のポータブルエアコン・クーラー人気ランキング3位から1位
  8. 8コスパ抜群の!車中泊用クーラーの自作DIYもおすすめ
  9. 9ポータブルエアコン・クーラーで快適な車中泊をしよう

夏の車中泊におすすめのポータブルエアコン・クーラーは?

夏の車中泊に欠かせないアイテムはたくさんありますが、なかでも重要なアイテムの一つがクーラーです。

エンジンのかかっていない車内で快適に過ごすには、「ポータブルエアコン・クーラー」の存在が欠かせません。

車中泊用のポータブルエアコン・クーラーを詳しく解説!

今回は、ポータブルエアコン・クーラーの選び方のポイント、そしておすすめ商品をランキング形式で11商品ご案内します。

アウトドアが好きな人、これまで夏の車中泊を避けてきたという人も、選び方のポイント、人気のポータブルエアコン・クーラーを押さえておけば、楽しい時間を過ごせること間違いなしです。

ランキングの最後には、車中泊用ポータブルエアコン・クーラーの自作DIYのおすすめ情報のご案内もあります。

ホームセンター、100均などで手に入る材料でポータブルエアコン・クーラーを自作する内容となっていますので、DIYが好きな人にとってまさに一石二鳥です。

なお紹介するポータブルエアコン・クーラーの商品内容、価格帯の目安などは2021年5月時点のものとなります。そのため時期によって商品内容、価格帯などが異なる可能性があります。

車中泊用のポータブルエアコン・クーラーの選び方

ポータブルエアコン・クーラーのおすすめ商品ランキングをチェックする前に、車中泊用のポータブルエアコン・クーラーの選び方から見ていきましょう。

ポータブルエアコン・クーラーの選び方はとても重要であり、選び方には5つのポイントを押さえることが大切と言われています。

ポータブルエアコン・クーラーの選び方の5つのポイントとは、消費電力の低い物を選ぶこと、冷却能力の高さを比較すること、ドレン水の排出方法(またはノンドレン)をチェックしておくこと、就寝時の音の大きさ、サポートの充実度をチェックしておくことにあります。一つ一つ詳細を見てきましょう。

消費電力の低い物を選ぶ

ポータブルエアコン・クーラーの選び方のポイントの1つ目に紹介したいのは、「消費電力の低い物を選ぶ」ことです。ポータブルエアコン・クーラーは言うまでもなく電化製品です。

電化製品である以上、消費電力が低い、かつハイパワーの商品であることが求められます。夏の車内の室温は非常に高く、熱中症のリスクもあるためクーラーなしで過ごすことは非常に危険です。

エンジンがかかっていない状態の車内で快適に過ごすには、ハイパワー・低消費電力のポータブルエアコン・クーラーが欠かせません。

ただし、単に低い消費電力で動くポータブルエアコン・クーラーを選ぶのではなく、車のサイズにあったポータブルエアコン・クーラーを選ぶことが重要です。大きな車で車中泊をする場合、それなりの電力を消費することになります。

低消費電力のポータブルエアコン・クーラーだけに注目すると、車のサイズにあっていないということになりかねません。あくまで車のサイズにフィットしたポータブルエアコン・クーラーのなかで、低消費電力の商品を見つけていきましょう。

冷却能力の高さを比較

ポータブルエアコン・クーラーの選び方のポイントの2つ目に紹介したいのは、「冷却能力の高さを比較」しておくということです。これも先ほど同様、車のサイズにあった冷却能力であることが前提です。

最低でも2300BTU/h、つまり650W以上の冷却能力を持つポータブルエアコン・クーラーがおすすめと言えるでしょう。2300BTU/h、つまり650W以上の冷却能力があれば、外気温が高い日の車中泊でもある程度快適に過ごすことができるとされています。

車のサイズ、外気温によって冷却能力を調整することが重要となりますので、2300BTU/hという数値はあくまでも参考としましょう。

ドレン水の排出方法(またはノンドレン)

ポータブルエアコン・クーラーの選び方のポイントの3つ目は、「ドレン水の排出方法を確認しておく」ことです。エアコンは空気を冷却する際に「ドレン水」が排出されます。

家用のエアコンとは違い車中泊ではドレン水をどのように排出するのかということも大きなポイントとなってきます。もっとも理想的なのが「ノンドレン」、つまりポータブルエアコン・クーラー本体でドレン水を処理して排出しないタイプです。

ドレンホースから車外にドレン水を排出するタイプでもおすすめの商品はたくさんありますが、ノンドレンであるに越したことはありません。

ドレンホースで車外にドレン水を排出する手間が省けるだけでなく、冷房効率がよりアップするため、できればノンドレンのポータブルエアコン・クーラーを選ぶことがおすすめです。

就寝時の音の大きさ

ポータブルエアコン・クーラーの選び方のポイントの4つ目は、「就寝時の音の大きさ」が小さい商品を選ぶことです。密閉された車内では、わずかな物音でも大きく感じることがあります。

長時間稼働するポータブルエアコン・クーラーは、小さい音の商品を選ぶことも大切なポイントと言えるでしょう。

ポータブルエアコン・クーラーの音の大きさはdB(デシベル)で表記されており、dBが小さければ小さいほど音の小さなポータブルエアコン・クーラーであるということがわかるようになっています。

45dB以下のポータブルエアコン・クーラーを選ぶことがおすすめですが、さらに40dB以下のポータブルエアコン・クーラーを選ぶことが理想的な選び方とされています。

サポートの充実度

ポータブルエアコン・クーラーの選び方のポイントの5つ目は、「サポートの充実度」です。家電製品である以上ポータブルエアコン・クーラーも、保障の充実が欠かせません。

ポータブルエアコン・クーラーは数千円から数万円する商品であるため、故障時にサポートが充実している商品を選ぶことが無難と言えるでしょう。

消費電力の低い物を選ぶこと、冷却能力の高さを比較すること、ドレン水の排出方法(またはノンドレン)をチェックしておくこと、就寝時の音の大きさも重要ですが、安心してポータブルエアコン・クーラーを使用するためにサポートの充実度も欠かせない要素と言えるでしょう。

車中泊用ポータブルエアコン・クーラーをランキングで11選ご紹介

選び方のポイントがわかったところで、ポータブルエアコン・クーラーのおすすめ商品をランキング形式でご案内します。紹介するのは、先ほどご案内した5つの選び方のポイントをもとに優れた商品であると判断できる、11つの商品となります。

11つの商品の特徴、サイズ、排水方法、価格帯の目安などを中心にご案内していきますので、自分にぴったりのポータブルエアコン・クーラーを見つける際の参考にしてみましょう。

Thumb車中泊の便利グッズおすすめ21選!夏や冬でも快適に過ごせる必需品は?
車に必要なものを積んで車中泊を楽しんでみるのはいかがでしょうか。今回は、車中泊を楽しむことが...

車中泊用のポータブルエアコン・クーラー人気ランキング11位から8位

ここからは、車中泊用のポータブルエアコン・クーラー人気ランキング第11位から第8位に選ばれたおすすめ商品を紹介します。

ランキング第11位のここひえR3(ショップジャパン)、ランキング第10位のポータブルクーラー(アイリスオーヤマ)、ランキング第9位のポータブル エアクーラー ZONECOOL、ランキング第8位のスポット冷暖エアコン(トヨトミ)の、計4つの人気商品が早速登場します。

11位:ここひえR3(ショップジャパン)

車中泊用のポータブルエアコン・クーラー人気ランキング第11位にランクインしたのは、ショップジャパンの「ここひえR3」です。

ショップジャパンのここひえR3とは商品名通り、ピンポイントで狙った箇所を冷やすのに適したポータブルエアコン・クーラーとなっています。最大の魅力は低消費電力であることなっており、わずか130wの出力は高い節電効果を見せてくれるでしょう。

低消費電力であるにもかかわらず冷却能力がもの足りないと感じないのは、風力が強いこと、そして首振り機能があり首振りの幅が広いことにあります。コスパ抜群のポータブルエアコン・クーラーを探している人におすすめのモデルと言えるでしょう。

10位:ポータブルクーラー(アイリスオーヤマ)

車中泊用のポータブルエアコン・クーラー人気ランキング第10位にランクインしたのは、アイリスオーヤマの「ポータブルクーラー」になります。

アイリスオーヤマのポータブルクーラーは、うだるような夏の暑さにも耐えうる冷却能力を持った、本格仕様のポータブルエアコン・クーラーです。

消費電力620Wから最大720Wと十分な性能を持つため、中型から大型の車内で夏の車中泊を楽しむ時に大活躍してくれるのではないでしょうか。風量も3段階に調整することが切るため、冷えすぎてしまう心配もありません。

ドレンホースが付くタイプのポータブルエアコン・クーラーとなっていますが、高い冷却能力を持つことから、車中泊以外の例えば普段使いのシーンでも十分に活躍してくれるおすすめモデルです。

9位:ポータブル エアクーラー ZONECOOL

車中泊用のポータブルエアコン・クーラー人気ランキング第9位にランクインしたのは、「ポータブル エアクーラー ZONECOOL」です。ポータブル エアクーラー ZONECOOLの最大の魅力は、その安さです。

価格帯の目安が一台1,500円となり、今回紹介するポータブルエアコン・クーラーのなかでも屈指の安さです。軽自動車など小型車で一人車中泊を楽しむ際には、十分な冷却能力を発揮します。

涼しさの秘密は、タンクに水を入れることによって生まれる独自の冷却能力にあります。耐久性・音の大きさが「並」、風量・冷却能力は「並以上」と評価されるため、お試しでポータブルエアコン・クーラーを購入するのにもぴったりのモデルと言えるでしょう。

8位:スポット冷暖エアコン(トヨトミ)

車中泊用のポータブルエアコン・クーラー人気ランキング第8位にランクインしたのは、トヨトミの「スポット冷暖エアコン」です。トヨトミのスポット冷暖エアコンは商品名通り、冷却だけでなく暖めることもできる優れものです。

夏場の車中泊だけでなく、冬に暖をとりたい時にも使えるおすすめのモデルとなっています。冷却能力も高いですが、特に風力が強いことが特徴のモデルとなっており、ピンポイントですぐに清涼感を与えてくれるという特徴があります。

夏場の熱中症対策に適しているだけでなく、冬場にも活躍してくれるモデルとなっていることから、夏・冬問わずアウトドアを楽しみたい人に特におすすめのモデルと言えるでしょう。

車中泊用のポータブルエアコン・クーラー人気ランキング7位から4位

続いて、車中泊用のポータブルエアコン・クーラー人気ランキング第7位からランキング第4位にランクインした人気商品を見ていきましょう。

ランキング第7位のトランスクール EC3(コイズミ)、ランキング第6位のワイルドクーラー(サンコー)、ランキング第5位のゼロブリーズ マーク2(コイズミ)、ランキング第4位のポータブルクーラー「ラ・クール」(コイズミ)の、計4商品のご案内となっています。

7位:トランスクール EC3(コイズミ)

車中泊用のポータブルエアコン・クーラー人気ランキング第7位に登場するのは、コイズミの「トランスクール EC3」になります。コイズミのトランスクール EC3は、「気化熱」を利用して空間を冷却するポータブルエアコン・クーラーです。

本体に1.8リットルの水を売れると、水と風によって発生した気化熱によって抜群の冷却能力を発揮。付属されたサブタンクを利用すれば、長時間の稼働が可能となっています。

価格帯の目安が30.000円から40,000円と高額ですが、消費電力わずか8Wから21Wで十分な冷却能力を発揮します。とにかく燃費の良いポータブルエアコン・クーラーとなっているため、末永く愛用できるモデルを探している人におすすめです。

6位:ワイルドクーラー(サンコー)

車中泊用のポータブルエアコン・クーラー人気ランキング第6位に登場するのは、サンコーの「ワイルドクーラー」になります。サンコーのワイルドクーラーは、片手で持ち運べる軽量感・コンパクト感が嬉しい次世代型ポータブルエアコン・クーラーです。

室外機・室内機が一つになった持ち運べるポータブルエアコン・クーラーとして注目されており、コンパクトであるにもかかわらずハイパワーの冷却能力を発揮することが魅力です。

静かな音、はじめからドレンホースが接続されているモデルということもあり、夏の車中泊専用のポータブルエアコン・クーラーと言っていいでしょう。

価格帯の目安は30,000円前後となりますが、最新のポータブルエアコン・クーラーが欲しい人におすすめできるモデルです。

5位:ゼロブリーズ マーク2(コイズミ)

車中泊用のポータブルエアコン・クーラー人気ランキング第5位に選ばれたのは、コイズミの「ゼロブリーズ マーク2」です。

コイズミのゼロブリーズ マーク2は、ゼロブリーズ初代モデルより2倍強いと言われる冷却能力が魅力のポータブルエアコン・クーラーとなっています。

これにより650Wの冷却能力を発揮し、付属のバッテリーで5時間稼働するため、夏場の車中泊で大いに活躍してくれることでしょう。

ハイパワーでありながら消費電力わずか240Wのため、低消費電力のポータブルエアコン・クーラーが欲しい人にもおすすめのモデルです。非常に高額のモデルではありますが、頻繁に夏場に車中泊をする機会の多い人は一度検討してみる価値のある商品です。

4位:ポータブルクーラー「ラ・クール」(コイズミ)

車中泊用のポータブルエアコン・クーラー人気ランキング第4位にランクインしたのは、コイズミのポータブルクーラー「ラ・クール」となります。コイズミのラ・クールは、室内機と室外機がセットになった本格仕様のポータブルエアコン・クーラーとなっています。

重量6キログラムと重いですが、セットしてしまえば抜群の快適さが感じられます。うだるように暑い日の夏場の車中泊にもってこいなだけでなく、車中泊で使わない時には自宅のエアコンの風が届かない部屋などに設置する、といった使い方でも活躍が期待できる優れものです。

車中泊用のポータブルエアコン・クーラー人気ランキング3位から1位

いよいよ今回のランキング上位となる、車中泊用のポータブルエアコン・クーラー人気ランキング第3位からランキング第1位に選ばれた商品を紹介します。

ランキング第3位のクレクール3(ナヴィック)、ランキング第2位の冷え蔵2EX ポータブルクーラー(Stage21)、そしてランキング第1位のカンゲキくん(日動工業)といった人気の定番商品が続々登場します。

3位: クレクール3(ナヴィック)

車中泊用のポータブルエアコン・クーラー人気ランキング第3位に選ばれたのは、ナヴィックの「クレクール3」になります。

ナヴィックのクレクール3の魅力は、冷却機能だけでなく除湿・加湿・空気清浄機能まで備えた万能型のポータブルエアコン・クーラーであることです。

あると嬉しい首振り機能や、ワイヤレスリモコンで操作ができるなど、かゆい所に手が届く優れた商品となっていることもおすすめのポイントです。

ドレンホースを使うと冷却能力が3000BTU/h・800Wと非常に高いため、本格的な夏場に車中泊をする時にも大活躍してくれること間違いなしです。これだけの機能が備わっていながら価格帯の目安3,5000円であることから、今回のランキング第3位となりました。

2位:冷え蔵2EX ポータブルクーラー(Stage21)

車中泊用のポータブルエアコン・クーラー人気ランキング第2位にランクインしたのは、Stage21の「冷え蔵2EX ポータブルクーラー」です。

Stage21の冷え蔵2EX ポータブルクーラーは、クーラーボックスの氷水の冷気を利用して冷却するタイプのポータブルエアコン・クーラーとなっているため、非常に低い消費電力で冷却能力を発揮する優れものです。

消費電力わずか2A以下のため、100Aのサブバッテリーで50時間ほど稼働するという驚異の消費電力の持ち主です。

消費電力を気にせず車内を冷やしたい人に重宝されるモデルと言えるでしょう。小型のため置く場所も選ばず、価格帯の目安も3,5000円ほどとリーズナブルです。

1位:カンゲキくん(日動工業)

車中泊用のポータブルエアコン・クーラー人気ランキング第1位に輝いたのは、日動工業の「カンゲキくん」になります。

日動工業のカンゲキくんは、重さ11.4キログラムと重量感のあるポータブルエアコン・クーラーですが、真夏の車中泊などどんな環境でも確実に涼しい風を届けてくれるモデルです。

ハイパワーであるにもかかわらず、単純操作ですぐに涼しい風を届けてくれることが大きな魅力です。車中泊だけでなく普段使いはもちろん、夏場のガレージで作業をする時、室内でスポーツをする時などにも大活躍してくれることでしょう。

末永く愛用できるモデルですが、価格帯の目安も35,000円ほどのためお手頃価格と言えるでしょう。

Thumb夏の車中泊の暑さ対策やおすすめのグッズは?快適な過ごし方や場所選びも紹介!
愛車で自由な旅を楽しめる「車中泊」。夏の時期は避暑地へ行って車中泊を楽しむ方が多く、1人旅の...

コスパ抜群の!車中泊用クーラーの自作DIYもおすすめ

今回の最後に、自作DIYの車中泊用クーラーもご案内しておきましょう。「なかなか納得のいく商品がなかった」「DIYが好き」という人は、自作でポータブルエアコン・クーラーを作ってみるのも面白いかもしれません。

ポータブルエアコン・クーラーは、ホームセンターや100均の材料で本格的なスポットクーラーに近づくことも可能とされています。

ホームセンターや100均の材料で作れるスポットクーラー

自作のスポットクーラーを作るので必要なのは、発泡スチロール製クーラーボックス、氷・保冷剤、USBタイプのファンなど、ホームセンターや100均で手に入るものばかりです。

作り方は発泡スチロール製クーラーボックスに、USBタイプのファンがピッタリ収まるサイズの穴を開けます。泡スチロール製クーラーボックスに氷・保冷剤を入れ、ファンを電力に接続すれば、簡易的な車中泊用クーラーの完成です。

泡スチロール製クーラーボックスに氷・保冷剤を入れることで暑い車内でも冷却効果が長持ちしますが、定期的な交換は必要です。しかし身近なもので手軽に作れるとあって、自作DIYの車中泊用クーラーは非常におすすめです。

Thumbダイソーのクーラーボックスがコスパ最高で優秀!保冷力や性能を徹底調査!
いろいろな珍しいグッズが揃うダイソーには、クーラーボックスもあります。ダイソーのクーラーボッ...

ポータブルエアコン・クーラーで快適な車中泊をしよう

夏場の車中泊に欠かせないポータブルエアコン・クーラーには、魅力的な商品がたくさんあることがわかりました。

選び方のポイントを押さえて、お気に入りのポータブルエアコン・クーラーを選んでみてはいかがでしょうか。またDIYに挑戦して、オリジナルのスポットクーラーを作ることもおすすめです。

関連記事

Original
この記事のライター
ピーナッツ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ