青春18きっぷの使い方&買い方ガイド!注意点やおすすめのコースもあり!

皆さんは、青春18きっぷの旅をしたことはありますか。18歳でないから購入できないと思っている方も多いこの青春18きっぷですが、実は誰でも購入ができて、買い方も使い方も簡単です。青春18きっぷの買い方や値段、使い方の注意点、さらにおすすめコースをご紹介します。

青春18きっぷの使い方&買い方ガイド!注意点やおすすめのコースもあり!のイメージ

目次

  1. 1青春18きっぷの使い方や買い方を詳しく解説
  2. 2全国のJR普通列車が乗り放題になる青春18きっぷ
  3. 3青春18きっぷの販売期間と利用期間
  4. 4青春18きっぷのさまざまな使い方
  5. 5青春18きっぷの買い方4パターン
  6. 6青春18きっぷを使ったおすすめコース
  7. 7青春18きっぷのおすすめ列車
  8. 8青春18きっぷの使い方の注意点
  9. 9青春18きっぷの公式サイトも要チェック!
  10. 10青春18きっぷの買い方や使い方を覚えておこう

青春18きっぷの使い方や買い方を詳しく解説

皆さんは、若い頃、青春18きっぷで旅行をしたことがありますか。青春18きっぷは、JRの普通列車普通車自由席用の乗り放題きっぷになります。若いときには、この青春18きっぷにお世話になった方も多いのではないでしょうか。

まだ、この青春18きっぷを使ったことのない方は、今はもう18歳ではないから購入できないと思っている方も多いのではないでしょうか。実は、この青春18きっぷは、なにも18歳の人だけが購入できると言うものではありません。

JRの普通列車普通車自由席用の乗り放題きっぷですが、発売当初、当時の国鉄旅客局長が学生のイメージである青春と末広がりの8とその若者の年齢のイメージから「青春18きっぷ」と名付けられたというわけです。

青春18きっぷの名前の由来はそういうことではありますが、18歳どころか、若者だけでなく、どんな年齢層の人も購入することができます。そんな青春18きっぷの買い方や値段をはじめ、使い方の注意点やおすすめコース、人気列車をご紹介します。

全国のJR普通列車が乗り放題になる青春18きっぷ

青春18きっぷは、全国のJR普通列車が乗り放題になるということでおすすめのお得な切符です。青春18きっぷは、全国のJR普通列車が乗り放題になるので、列車旅が好きな方にもおすすめです。ただし、普通列車が乗り放題になるということなので、のんびりとした列車旅が問題無い人におすすめなチケットです。

青春18きっぷの買い方も使い方もとても簡単なので、あらゆる層におすすめします。仲間との鉄道旅もいいですし、ひとりののんびり旅にもおすすめです。また、子供との列車旅もたまにはいいかもしれません。

青春18きっぷは、全国のJR普通列車が乗り放題になるということでお得に列車旅をしたいと言う方には、特におすすめです。

5回乗り放題で値段は12,050円

青春18きっぷは、一枚のきっぷで、JR全線の普通列車の普通車自由席が5回分乗り放題の値段となっています。この青春18きっぷは、一枚で5回分の乗り放題を楽しめるというきっぷになります。どのような使い方はあるのかはのちほど詳しくご紹介します。

青春18きっぷの値段はというと、12050円となります。1回あたりの乗り放題の値段が2410円となります。そのため、1回での移動が2410円の値段相当分を超えるのであれば、確実に青春18きっぷはお得な値段ということになります。

この青春18きっぷの値段は12050円ですが、子供の値段と大人の値段に違いはあるのでしょうか。実は、この12050円という乗り放題の値段は子供も大人も同じ料金となります。子供の値段というものはありません。

青春18きっぷの販売期間と利用期間

青春18きっぷの値段についてご紹介してきましたが、ここでは、青春18きっぷの販売期間と利用期間についてご紹介しましょう。青春18きっぷの販売期間と利用期間というのは、期間がずれているので要注意です。

まず、青春18きっぷの販売期間からご紹介しましょう。青春18きっぷの販売期間は、春季用は2月20日から3月31日までで、夏季用は7月1日から8月31日です。冬季用は12月1日から12月31日までになります。

次に、利用期間ですが、春季用は3月1日から4月10日までで、夏季用は7月20日から9月10日です。冬季用は12月10日から1月10日までになります。

青春18きっぷの販売期間と利用期間ですが、みていただけたらおわかりのように、学生の春休みや夏休み、冬休みに該当する時期に該当します。

青春18きっぷのさまざまな使い方

ここでは、青春18きっぷのさまざまな使い方についてご紹介しましょう。さきほどもご紹介したように、一枚で5回分の乗り放題を楽しめますが、どのような使い方があるのか理解しておきましょう。間違ってはいけないのが、5枚のチケットをもらえるということではありません。

あくまで、チケットは一枚で、その一枚のチケットに使用するとスタンプが押されて、5個スタンプが押されると使用できなくなるというものです。

青春18きっぷの使い方には、三通りの使い方があります。まず、ひとつの使い方は、「5日間の旅行」としての使い方です。もうひとつには、「5日に分けた日帰り旅行」、さらに、「5人グループの日帰り旅行」としての使い方もあります。

青春18きっぷにはこのように、さまざまな使い方があります。それでは、これら三通りの使い方をひとつひとつ解説をしていきましょう。

使い方①5日間の旅行

青春18きっぷのひとつめの使い方、「5日間の旅行」の使い方についてご紹介しましょう。これは、おひとりで、5日間連続の旅行をして、チケットを使うというものです。5日間の旅行をすることで、5回分の乗り放題を使うというものです。

一気に5日間の旅行を楽しむ、しかも、列車旅を楽しむのは、かなり遠くまで行くことができるのでおすすめの使い方です。若いうちに旅をしろというのは、こういう時間を使った旅ができるからでもあります。

この青春18きっぷを2回購入して、東日本と西日本にわけて旅をするのもおすすめの使い方になります。

使い方②5日に分けた日帰り旅行

もうひとつの使い方は、ひとり旅を5日に分けた日帰り旅行として楽しむことができます。5日に分けて、別々の日にひとつの日帰り旅行でワンスタンプ押してもらって、チケットを消化していきます。

このような使い方は、旅のテーマをそれぞれの日帰り旅行で決めて楽しみたい方にはおすすめの使い方になります。路線別に利用することで、そのエリアの食を楽しむ旅を満喫することができます。

週末を利用することで、一ヶ月に渡って旅を楽しむことができるのでおすすめです。連続で休暇が取れない方にもぴったりな使い方です。

使い方③5人グループの日帰り旅行

もうひとつの使い方として、5人グループの日帰り旅行ろして使うことができます。青春18きっぷというのは、なにもひとり名義での旅しかできないというわけではありません。ただし、チケットは一枚ということなので、5名の友達とともに旅を楽しむということになります。

友達との列車旅もテーマを決めることで、より楽しむことができるはずです。仲間との旅は、まずは、計画から楽しいものです。

歴史探訪の旅もいいですし、美味しいものを食べる旅、おしゃれカフェを巡る旅は女子にもぴったりの使い方になります。

青春18きっぷの買い方4パターン

ここでは、青春18きっぷの買い方4パターンをご紹介しましょう。青春18きっぷの買い方には4つの買い方があります。どちらの買い方もとても簡単で、スムーズにチケットを購入することができます。

青春18きっぷの買い方として、「みどりの窓口での買い方」と「指定券券売機での買い方」、「旅行会社を使った買い方」、「金券ショップを使った買い方」の4つのパターンをご紹介します。

みどりの窓口での買い方

みどりの窓口での買い方ですが、JRの主要な駅であれば必ずみどりの窓口があるはずです。そちらのみどりの窓口で、この青春18きっぷは購入することができます。買い方は簡単で、窓口で青春18きっぷを購入したい旨を伝えてください。

みどりの窓口での買い方でも、さきほどご紹介した発売期間のみ購入することができるので、その点だけ注意が必要です。発売期間中に購入しようとしてもみどりの窓口でも購入はできません。

指定券券売機での買い方

指定券券売機での買い方もまた簡単で、JR駅の主要駅には、みどりの窓口の他に指定券券売機が設置されているはずです。その指定券券売機でも簡単に購入することができます。

この指定券券売機は、すべてのJR駅に設置されているというものではありません。設置されていないこともあるので、そのような場合には、主要なJR駅に行ってみてください。最悪は、みどりの窓口で購入することができます。

旅行会社を使った買い方

次には、旅行会社を使った買い方についてご紹介しましょう。皆さんの中には、日頃決まった旅行会社をお使いになっている方もいることでしょう。そのような場合には、担当の方に、青春18きっぷを販売しているか確認してみてください。

青春18きっぷを取り扱っている旅行会社であれば、青春18きっぷを購入することができます。ただし、すべての旅行会社で取り扱っているということではないのでご注意ください。

金券ショップを使った買い方

さらには、金券ショップを使った買い方についてご紹介しましょう。金券ショップの青春18きっぷもJRで発売している青春18きっぷも特に違いなく利用することができます。また、金券ショップには、何回か消化している青春18きっぷも置いてあります。

注意点としては、金券ショップの青春18きっぷは、未使用状態であっても払い戻しができないと言う点です。どちらにしても、JRで購入した青春18きっぷも一回でも使うと払い戻しは不可なので、利用を前提に考えるとあまり問題となりません。

金券ショップで購入する際には、残りの回数と有効期限を確認してから購入をするようにしましょう。これを怠ると、旅程に合わないチケットを購入する羽目になるので要注意です。

青春18きっぷを使ったおすすめコース

ここでは、青春18きっぷを使ったおすすめコースについていくつかご紹介しましょう。青春18きっぷは、全国に走っているJRの普通列車に乗り放題できるので、色々な旅のテーマで旅をすることができるのでおすすめです。

また、青春18きっぷは普通列車だけでなく、SLも乗車できるということで、特別感のある列車旅を楽しむことができます。青春18きっぷを使ったおすすめコースとして、「SLみなかみ号の旅」や「宇都宮グルメ満喫コース」、「宮島フェリー観光コース」をご紹介します。

SLみなかみ号の旅

SLみなかみ号に乗車するには、別途指定席券が必要が、乗車券は青春18きっぷでOKなのでおすすめです。SLみなかみ号は、高崎から水上まで走っているSL列車です。SL列車は、注意点としては、春休みや夏休みなど限定で運行しています。

モクモクと煙を立てて、汽笛を鳴らしながらのSL列車はおすすめの列車になります。SL列車好きのお子様にもおすすめです。

その他のSL列車

SLみなかみ号の旅以外にも、SL列車を楽しむことができます。その他のSL列車は、花巻から釜石を走るSL銀河や新津から会津若松までを運行するSLばんえつ物語号などがありおすすめです。

SL列車の旅コースは、最高の思い出にもなるので、SL列車の運行スケジュールに併せて、青春18きっぷを購入するようにしましょう。

宇都宮グルメ満喫コース

宇都宮グルメ満喫コースは、青春18きっぷで楽しむことができるおすすめのコースです。宇都宮までは、ストレートに東京から行くこともできますが、少し寄り道しながらの旅も青春18きっぷでの旅ならではです。

おすすめは、常磐線に乗車して茨城方面も併せたコースを取ることで、海の幸も楽しむことができます。宇都宮のB級グルメである宇都宮餃子を目的地に楽しむ宇都宮グルメ満喫コースはおすすめです。

宮島フェリー観光コース

もうひとつ、青春18きっぷで楽しめるコースとして、「宮島フェリー観光コース」もおすすめです。これは、JR西日本宮島フェリーが乗船できるために利用できるというものです。

列車が乗り放題な上に、フェリーも活用できるのであれば、活用しない手はありません。宮島フェリーを使って旅の幅を広げるのもおすすめです。

ThumbSLみなかみの運転日や予約法は?撮影ポイントやおすすめの楽しみ方を完全ガイド
「SLみなかみ」は、群馬県の高崎駅から群馬県の水上駅間を運行しています。D-51型蒸気機関車...

青春18きっぷのおすすめ列車

青春18きっぷには、SL列車の他にも、おすすめ列車が用意されてます。青春18きっぷのおすすめ列車には、さきほどもご紹介したSLの他にもおすすめ列車があります。

青春18きっぷのおすすめ列車として、「観光列車」や「ローカル線」を使った旅をいくつかご紹介していきます。

観光列車

観光列車は、リゾートあすなろ下北号で下北半島を周る旅や海里KAIRIで日本海の旅などを楽しむことができます。

その他にも、三陸海岸へは、さんりくトレイン宮古で周遊して、リゾートしらかみ号では青森を周れるのでおすすめです。

ローカル線

列車の旅というと、やはり、ローカル線での旅は外すことはできません。ローカルな駅で小休止する気ままな旅もたまにはいいかもしれません。

ローカル線の中でも、快速列車もあるので、快適に効率よく旅を続けることもできます。鈍行と快速で素敵なローカルなエリアを楽しみましょう。

青春18きっぷの使い方の注意点

ここでは、青春18きっぷの使い方の注意点についてご紹介しましょう。青春18きっぷの使い方で注意しなければならない注意点がいくつかあります。この注意点の確認を怠ると、旅の途中で青春18きっぷが利用できない場面が出てきます。

また、利用できない列車であっても、効率よく旅をするために、購入して旅を続けるという選択肢も計画をしておくこともできます。

青春18きっぷの使い方の注意点として、「利用できない路線がある」ことや「新幹線を含む特急券は別で買う必要がある点」、「乗り換えの計画は時刻表を見て立てる」という注意点をご紹介します。

利用できない路線がある

青春18きっぷの使い方の注意点として、「利用できない路線がある」ということを理解しておきましょう。利用できない路線としては、博多から釜山間航路のビートルラインは利用できません。

その他にも、道南いさりび鉄道線をはじめ、青い森鉄道線やIGRいわて銀河鉄道線、三陸鉄道線、北越急行線、しなの鉄道線、えちごトキめき鉄道線、あいの風とやま鉄道線、IRいしかわ鉄道線、伊勢鉄道線、京都丹後鉄道線、智頭急行線、土佐くろしお鉄道線や肥薩おれんじ鉄道線なども利用できません。

この他にも、JR線と直通運転をしている路線やJRバスも利用することができないので、注意が必要になります。

新幹線を含む特急券は別で買う必要がある

次に、青春18きっぷの使い方の注意点として、「新幹線を含む特急券は別で買う必要」があるので注意しましょう。逆にいうと、乗車券と特急券を別で買うことで利用することができるということです。旅を効率的にする際には選択肢として頭に入れておきましょう。

基本的には、乗車券も別途購入する必要があります。青春18きっぷの利用できませんが、一部区間は例外があります。奥羽本線の新青森から青森の間や石勝線の新得から新夕張の間は、その区間が相互発着の場合には、別途運賃・料金がかからずに特急・急行列車の普通車自由席に乗車できます

また、奥羽本線の新青森から青森の間が相互発着していて、全車指定席の快速含む普通列車に乗車するときには、普通車の空いている席を利用できるのでおすすめです。ただし、先の特例区間外にまたがって乗車するさ際には、乗車する区間に応じた運賃・料金がかかります。

また、北海道新幹線の奥津軽いまべつから木古内間を利用する際に、青春18きっぷ北海道新幹線オプション券を購入すると利用することができます。このような例外を覚えておくと旅の幅も広がります。

乗り換えの計画は時刻表を見て立てる

もうひとつ青春18きっぷの使い方の注意点として、「乗り換えの計画は時刻表を見て立てる」ということがあります。

どうしても、ローカルなエリアに行けば行くほど、列車の本数も少なくなり、乗り換えがスムーズに行かないこともあります。そのため、時刻表とのにらめっこをしてできる限り効率よく旅をしましょう。

青春18きっぷの公式サイトも要チェック!

青春18きっぷには、JRのサイト内で、公式ページが公開されています。公式サイトでは、青春18きっぷの利用期間や発売期間、チケットの値段などの最新情報が確認することができます。また、乗車日が翌日にまたがる場合などの特定の条件についても記載してあります。

青春18きっぷの公式サイトには、払い戻しについても掲載されていますが、ここでは、参考に現在の払い戻し状況をご紹介しておきましょう。

JR普通列車の普通車自由席以外にもバス高速輸送システムのBRTやJR西日本宮島フェリーが利用できる旨も掲載されています。

払戻しについて

青春18きっぷの払い戻しですが、払い戻すきっぷの発売箇所にて行うことができます。払い戻しをする際には、ある一定の条件があります。まず、旅行開始前ですが、有効期間内もチケットで未使用の場合は、購入した値段から220円の手数料を差し引いて払い戻しを受けることができます。

旅行開始後は残念ながら払い戻しには応じていません。また、運行不能や遅延などについても払い戻しには応じていません。また、そのような場合には、有効期間の延長なども行われないので注意してください。

紛失した場合

青春18きっぷを紛失した場合ですが、残念ながら払い戻しなどは行われません。その後の旅に必要なきっぷはご自分で購入する必要があります。また、その後、チケットが見つかったとしても払い戻しは行ってはいません。

これは、かなりお得なチケットであるがために、このような対応になっています。また、紛失してしまうと、誰でも使えてしまうためということでもあります。これら払い戻しの注意点はしっかりと把握しておきましょう。

特典について

青春18きっぷには、実は特典があるのは知っていますか。青春18きっぷは、利用日に限り、JRの加盟ホテルであれば、宿泊料金の割引を受けることもできます。

すべてのJRホテルグループでということではないので、JRホテルグループ東京予約センターにて、旅先のホテルで利用できるか確認しておきましょう。

青春18きっぷの買い方や使い方を覚えておこう

青春18きっぷの買い方や使い方、注意点、おすすめのコースなどをご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。青春18きっぷは、なにも18歳だけの、若者だけのお得なチケットではありません。

青春18きっぷは、誰であっても、販売期間や利用期間の条件はありますが、JR普通列車の普通車自由席を乗り放題で楽しむことができます。また、払い戻しなどは注意点もあるので、必ずチェックしておきましょう。

青春18きっぷは、一枚のチケットで5回分の乗り放題チケットがあります。ひとり旅で5日間ゆっくりと列車旅もいいですし、日帰り列車旅を5回利用しても良いです。また、気の合う仲間5人で日帰り旅行もいいのではないでしょうか。青春18きっぷの買い方や使い方を覚えて列車旅を楽しみましょう。

関連記事

Noimage
この記事のライター
phoophiang

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ