ロゴスのクーラーボックスが優秀!小型サイズやキャスター付きなど人気11選!

ロゴスのクーラーボックスは保冷力が高く、釣りやキャンプなどに活躍します。小型のソフトタイプから大型のハードタイプ、キャスター付きなどさまざまなタイプがあり、用途に合わせて選ぶことができます。ロゴスのクーラーボックスの特徴やおすすめの製品をご紹介します。

ロゴスのクーラーボックスが優秀!小型サイズやキャスター付きなど人気11選!のイメージ

目次

  1. 1使い勝手の良いロゴスのクーラーボックスとは?
  2. 2ロゴスのクーラーボックスが人気の理由
  3. 3ロゴスのクーラーボックスを使うシーン
  4. 4ロゴスのおすすめソフトクーラーボックス
  5. 5ロゴスのおすすめハードクーラーボックス
  6. 6ロゴスのおすすめ氷点下クーラーボックス
  7. 7ロゴスの保冷剤と一緒に使おう
  8. 8ロゴスのおすすめクーラーボックスをチェックしてみよう!

使い勝手の良いロゴスのクーラーボックスとは?

キャンプや釣りにはクーラーボックスが欠かせません。クーラーボックスは、さまざまなメーカーから販売されていますが、人気アウトドアメーカーのロゴスのクーラーボックスが使い勝手がいいと人気です。

ロゴスのクーラーボックスはさまざまなタイプがあります。小型で収納しやすいソフトタイプやキャスター付きのハードタイプ、そして高い保冷力を持つ氷点下シリーズなどがあります。今回はロゴスの人気クーラーボックスについてご紹介しましょう。

ロゴスのクーラーボックスが人気の理由

ロゴス(LOGS)はアウトドアを専門にする日本の総合メーカーで、使いやすくおしゃれなデザインのアウトドア用品を幅広く扱っています。リーズナブルな値段で買えることから、たいへん人気があるブランドです。

ロゴスのクーラーボックスは機能的に優れているだけではなく、キャンプや釣りが楽しくなるようなおしゃれなデザインのものがたくさん販売されていて、女性やファミリーに人気があります。

小型サイズやキャスター付きなど多彩

ロゴスのクーラーボックスが人気の理由は種類が多く、さまざまなシーンで活躍します。ハードタイプのクーラーボックスはキャスターが付いているので持ち運びが簡単です。

また小型サイズのクーラーボックスは折り畳めるので、使わないときは収納が簡単です。ロゴスのクーラーボックスは機能的に優れており、シーンに合わせて利用できます。

あらゆるシーンで使える

ロゴスのクーラーボックスは種類が多いので、毎日のお買い物やお弁当に使ったり、ピクニックやキャンプなどにも使えます。

ロゴスのクーラーボックスには、内部を氷点下に維持できるタイプもあり、釣りにも便利です。このように、あらゆるシーンで利用できることから、ロゴスのクーラーボックスはたいへん人気があります。

ロゴスのクーラーボックスを使うシーン

ロゴスのクーラーボックスは種類が豊富で、さまざまなシーンで活用できます。小型のものからキャスター付きの大型のものまで多く揃っているので、シーンに合わせて利用するといいでしょう。

ロゴスのクーラーボックスが特に活躍するシーンは、釣りとキャンプです。保冷したいものが多いキャンプや釣りには大活躍するでしょう。

釣り

ロゴスのクーラーボックスには氷点下シリーズがあり、釣りにおすすめです。釣った魚を新鮮な状態ですぐに保冷できます。

釣りは屋外で過ごす時間が長くなるため、フードやドリンクを保冷できるクーラーボックスがあるといいでしょう。ロゴスには機能性の高い小型のクーラーボックスがあるので、釣りの際に利用してみてください。

キャンプ

ロゴスのクーラーボックスは、キャンプにもおすすめです。キャスター付きの大型のクーラーボックスは、保冷したいフードやドリンクがたくさんある時に便利です。

また氷点下シリーズのクーラーボックスはアイスクリームや氷を保冷しておくのにおすすめです。その他、大小さまざまなクーラーボックスがあるので、保冷したいものに合わせて使い分けるといいでしょう。

ロゴスのおすすめソフトクーラーボックス

ここからはキャンプやデイリーユースにおすすめのロゴスのソフトタイプのクーラーボックスをご紹介しましょう。

ロゴスのソフトタイプのクーラーボックスは小型のものが多く、ピクニックやキャンプなどアウトドアに活躍します。デザインもおしゃれで、小さなサイズのものはお弁当や毎日のおお買い物にも便利です。

LOGOS デザインクーラー

LOGOS(ロゴス)デザインクーラーは小型のソフトタイプのクーラーボックスで、サイズは5L、10L、15L、25L、37Lの5種類があります。デザインはブルー、ストライプ、カモフラの3種類となっています。

ロゴスのこちらの小型タイプのクーラーボックスは、10mmの断熱材を使っていて保冷効果が高いのが特徴です。ジッパーの裏にも断熱材が使われていて、冷気が外に漏れるのを防ぎます。内部の生地には抗菌加工がほどこされているので、衛生面でも安心です。

ロゴスのデザインクーラーは使わない時は折り畳んで収納できるので便利です。最も人気があるサイズは15Lで、サイズは30x28x8cmとなります。

防水たためるアースクーラー

続いてご紹介するロゴスのおすすめクーラーボックスは「防水たためるアースクーラー」です。筒形のソフトタイプのクーラーボックスで、サイズは35x35x39cmとなります。使わない時は、分解してコンパクトに収納できます。

ロゴスのこちらのクーラーボックスは、ロゴスの保冷剤「氷点下パックXL」に対応しており、保冷効果が高いのが特徴です。ドリンクを入れ蓋だけを開けて使ったり、氷と水を入れドリンクを冷やしたりすることもできます。

内側だけではなく外側も防水仕様になっており、汚れにくいのもおすすめのポイントです。姉妹品に「防水ドラムパーティークーラー」も販売されています。

防水ドラムパーティークーラー

続いてご紹介するロゴスのクーラーボックスは「防水ドラムパーティークーラー」で、上でご紹介した「防水たためるアースクーラー」の姉妹品となります。サイズは35x35x38cmの筒型です。2021年の新製品となります。

「防水たためるアースクーラー」との違いは、こちらは折り畳んで収納できないという点です。ロゴスの保冷剤「氷点下パックXL」に対応しており、優れた保冷力があります。軽くて丈夫な上、内容量が26Lもあります。

外側も内側も防水加工が施されているので、キャンプでは氷と水を入れ、缶ビールやペットボトルなどを入れて冷やすのにおすすめです。蓋を開けておけば、中のドリンクが簡単に取り出せます。

抗菌・デザインクーラー

ロゴスの抗菌・デザインクーラーはソフトタイプの小型クーラーボックスです。サイズは、5L、10L、15L、25L、37Lの5種類あります。ブルーのかわいいデザインのクーラーボックスで、37Lのみストライプとカモフラのデザインがあります。

10mmの断熱材を使っており、保冷力に優れています。ジッパーの部分にもしっかりと断熱材が使われていて、内部の冷気を外に逃がしません。内側は抗菌加工が施されているので衛生的と人気があります。

持ちやすいよう、長短の2種類の持ち手が付いています。ロゴスの保冷剤パックを使うと保冷力がさらにアップします。小型の5Lサイズはデイリーユースにおすすめです。

ロゴスのおすすめハードクーラーボックス

ここからはロゴスのハードタイプのクーラーボックスをご紹介します。ハードタイプは頑丈で、耐久性に優れています。

大型サイスのものはたくさん詰めると重くなりますが、キャスター付きのものも販売されているのでおすすめです。

サーモテクト 氷点下クーラー40ホイール

ロゴスのサーモテクト 氷点下クーラー40ホイールは、キャスター付きのハードタイプのクーラーボックスです。容量は43Lで、サイズは65x45x44cmとなります。ロゴスの氷点下パックを使用すると5日間の保冷能力があります。

サイトには大型のハンドルが付いていて、重いクーラーボックスを運ぶのにも便利です。ハンドルを広げればミニテーブルとして使えます。蓋にはコップが置けるようなくぼみがあり、テーブル代わりにもなります。

蓋の内側には保冷剤がセットできるよう伸縮バンドが付いています。さらに内部には取り出し可能のプレートとトレイがあり、フードやドリンクを分けて収納できるので便利です。

LOGOS リミテッドクーラー

続いてご紹介するロゴスのおすすめクーラーボックスはリミテッドクーラーです。ロゴスのリミテッドクーラーは、M、L、XLと3タイプあります。Mサイズは25Lで、350mlの缶であれば40缶収納できます。

Lサイズは35Lで350mlの缶が53缶、XLサイズは50Lで350mlの缶が93缶収納できます。保冷機能はロゴスの氷点下パックを使った場合、Mサイズが2日間、LサイズとXLサイズが3日間となっています。

衝撃に強いハードタイプのクーラーボックスで、キャスターは付いていませんが、肩掛けベルトが付いているので持ち運びが簡単です。ロゴスのこちらのクーラーボックスは内部に水抜き用の栓が付いているので、お手入れにも便利です。

アクションクーラー

続いてご紹介するロゴスのおすすめクーラーボックスはアクションクーラーです。ロゴスのアクションクーラーは25L、35L、50Lの3サイズがあります。色はグレーとホワイトの2種類で、サイドにロゴスのロゴがデザインされています。

25Lのサイズは49.2x7.8x36.6cmとなっています。35Lのアクションクーラーのサイズは57.8x31.8x36.6cm、XLのアクションクーラーのサイズは70.6x8.4x37.6cmです。キャスターは付いていません。

ロゴスのこちらのクーラーボックスは衝撃に強いポリプロピレン素材を使っており、保冷性に優れています。蓋の取り外しが簡単で、キャンプや釣りなどに便利です。

サーモテクト 氷点下クーラー タフ50-BJ

ロゴスのサーモテクト 氷点下クーラー タフ50-BJは高性能のクーラーボックスです。容量は50Lで、サイズは71x37x38cmあります。ロゴスの氷点下パックを使った場合保冷性能が6日間あり、釣りにおすすめです。

重量は7.2kgあり、両サイドに持ち運びに便利なハンドルが付いていいます。キャスターは付いていないので、たくさん詰めると重くなるので気を付けてください。頑丈にできているので、椅子の代わりに使うことができます。

内部は仕切りがないので、釣りの際は釣った魚をそのまま収納できるので便利です。内部を掃除しやすいよう、水抜き用の栓があります。

ロゴスのおすすめ氷点下クーラーボックス

ここからはロゴスの人気クーラーボックス、氷点下シリーズをご紹介しましょう。氷点下シリーズは長時間、冷凍状態で保存できます。

釣りの際には魚を冷凍保存できるので便利です。お手頃なサイズから大型サイズまでさまざまなタイプのクーラーボックスが揃っているので、用途に合わせて使用してください。

ハイパー氷点下・トローリークーラー-BA

ハイパー氷点下・トローリークーラー-BAは、ロゴスの人気クーラーボックス「ハイパー氷点下クーラー」にキャスターが付いた商品です。保冷能力に優れ、ロゴスの氷点下パックと併用すると、アイスクリームが約8時間保存できます。

凍った状態で長く保存できるので、釣りやキャンプの際に活躍します。お手頃サイズで、使いやすいと人気があります。

クーラーボックスの容量は40Lで、サイズは44x43x83.5cmです。キャスターが付いているので、たくさん詰め込んでも楽に運ぶことができます。使い終わったら、コンパクトに折り畳んで収納できます。自宅での保管にも便利です。

ハイパー氷点下クーラー・SL

ハイパー氷点下クーラーはロゴスの人気シリーズで、Mサイズ、Lサイズ、XLサイズ、SLサイズサイズがあります。Mサイズは12L、Lサイズは20L、XLサイズは40Lあります。SLサイズは30Lで、サイズは43x27.5x33cmとなります。

ロゴスのこちらのシリーズは保冷能力に優れ、ロゴスの保冷剤「氷点下パックGT-16℃」と併用すると、SLサイズのクーラーボックスはアイスクリームを10時間保冷できます。そのため釣り用としても人気があります。

コンパクトなサイズのソフトタイプのクーラーボックスで、薄型のため持ち運びも簡単です。キャスターはなく、丈夫な持ち手が付いています。使わないときはコンパクトに畳んで収納できます。

サーモテクト 氷点下クーラー30

ロゴスのサーモテクト 氷点下クーラー30は、ハードタイプのクーラーボックスです。保冷力に優れ、ロゴスの氷点下パックと併用すると保冷能力は4日間あります。そのため釣りにもおすすめです。

容量は30Lで、サイズは51.5x38x31.5cmです。キャスターや持ち手は付いていません。蓋の開きすぎ防止のためにストッパーが付いているので、出し入れに便利です。クーラー内は仕切りがないので、自由に使えます。

Thumbイグルーのクーラーボックスおすすめ13選!保冷力抜群でコスパも良い!
イグルーのクーラーボックスは、全米でシャアNO1と言われている人気商品!キャンプや釣りなどの...
Thumbダイソーのクーラーボックスがコスパ最高で優秀!保冷力や性能を徹底調査!
いろいろな珍しいグッズが揃うダイソーには、クーラーボックスもあります。ダイソーのクーラーボッ...

ロゴスの保冷剤と一緒に使おう

ロゴスのクーラーボックスを使う際は、ロゴスの保冷剤を一緒に使うと保冷力がアップします。ロゴスでは表面温度が-16℃になる「氷点下パックGT-16℃」シリーズや「倍速凍結・氷点下パック」などの保冷剤を販売しています。

コンパクトなサイズから大型サイズまで、さまざまな大きさがあるので、使用するクーラーボックスの容量に合わせて使うようにしてください。

Thumb保冷剤のおすすめ15選!最強に冷却時間が長持ちする人気アイテムも!
暑い季節には保冷剤が欠かせません。お弁当におすすめの軽くて小さなソフトタイプや、長時間のアウ...

ロゴスのおすすめクーラーボックスをチェックしてみよう!

ロゴスのクーラーボックスは機能性やデザイン性に優れており、とても人気があります。氷点下シリーズのクーラーボックスはアイスクリームや冷凍商品などを長時間保存でき、釣りにもおすすめです。

ロゴスのクーラーボックスはソフトタイプからハードタイプまで、さまざまな種類があります。サイズもいろいろあるので、用途に合わせて使用するといいでしょう。

関連記事

Original
この記事のライター
Momoko

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ