小松パン店は長野県松本市の名店!牛乳パンなどおすすめのメニュー紹介!

小松パン店は、長野県松本市にある老舗のパン屋です。定番のパンから季節限定のパンまでさまざまなパンを販売していて、特に牛乳パンが人気となっています。小松パン店のおすすめメニューや口コミ、店舗情報、アクセスなどをご紹介します。

小松パン店は長野県松本市の名店!牛乳パンなどおすすめのメニュー紹介!のイメージ

目次

  1. 1【長野県松本市】人気店の小松パン店とは?
  2. 2小松パン店が人気の理由
  3. 3小松パン店のおすすめパンメニュー
  4. 4小松パン店を利用している人の口コミ
  5. 5小松パン店の店舗情報とアクセス
  6. 6小松パン店の牛乳パンは通販で購入できる?
  7. 7人気のパン屋の小松パン店へ行ってみよう!

【長野県松本市】人気店の小松パン店とは?

小松パン店は、長野県松本市にあるパンの名店です。種類豊富なパンを販売していて、長野県のご当地パンとして人気の「牛乳パン」が特に有名です。昔から地元の人を中心に親しまれてきたパン屋ですが、遠方から訪れるお客さんも増えています。観光客にも人気です。

この記事では、長野県松本市で人気の小松パン店についてご紹介します。牛乳パンをはじめとしたおすすめパンメニューや口コミ、店舗情報、アクセスなどをまとめてご紹介しますので、小松パン店や牛乳パンに興味のある方はぜひチェックしてみてください。

大正時代から続く老舗のパン屋

まずは、小松パン店がどんなお店なのかご紹介しましょう。小松パン店は、大正時代から続く老舗のパン屋です。明治時代半ばから穀物を売買する穀屋として開業し、その後造り酒屋を営みながらパンの販売も行う時代を経て、 大正11年(1922年)にパン屋を創業したそうです。とても長い歴史のあるパン屋で、現在は4代目が社長を務めています。

小松パン店の店舗があるのは、松本駅から徒歩13分ほどの場所です。松本市大手に位置していて、緑町通り沿いにあります。松本城からは徒歩4分ほどの距離で、縄手通り商店街や四柱神社などからも近いです。観光のついでに立ち寄るのもおすすめです。

長野県のご当地パンとして人気の牛乳パンを販売

小松パン店の店内に入ると、定番のパンから季節限定のパンまで、約130種類のパンがずらりと並べられています。懐かしさを感じるような昭和レトロなパンも多いです。

中でも、特に人気なのが牛乳パンです。牛乳パンは長野県のご当地パンで、パン屋はもちろんスーパーやコンビニなどでも取り扱っていて、長野県内であればどこでも購入できます。牛乳パンの発祥地は不明ですが、長野県の木曽福島にある「かねまるパン店」が元祖という説もあります。しかし、松本で牛乳パンといえば小松パン店です。

牛乳パンは、長方形のふかふかのパンにバタークリームやミルククリームが挟まれているのが特徴となっています。パンの形やクリームの味などはお店によって違いますが、あふれそうなほどのたっぷりのクリームが挟まれているのは小松パン店だけです。

午前中に売り切れてしまうことも

小松パン店では、平日だと約150個、土曜日だと200個以上の牛乳パンを製造・販売しています。とはいえ、これだけたくさんの数の牛乳パンを作っているにもかかわらず、午前中だけで用意しておいた牛乳パンがすべて売り切れてしまうことも多いのだそうです。

小松パン店のお客さんは地元の人が中心ですが、テレビ番組などで紹介されたこともあり、牛乳パンを買うためにわざわざ遠方から足を運ぶお客さんも増えています。松本で人気の観光スポットからも近いため、観光客も多く訪れ、まとめ買いをする人もいます。

現在は予約が必須

牛乳パンを買いにさっそく小松パン店へ行ってみようと考えている方もいるかもしれませんが、現在は牛乳パンを購入したい場合には予約が必須となっているため注意が必要です。新型コロナウイルスの影響で、店頭での牛乳パンの販売を中止しているのです。

必ず予約をしてから買いに出かけましょう。当日の予約は受け付けていませんが、予約の枠が空いているのであれば前日までは予約できます。ただし、土曜日は200個以上の牛乳パンを作りますが、10日くらい前に予約の枠がいっぱいになってしまうこともあります。直前だと予約ができない可能性もありますので、早めの予約をおすすめします。

小松パン店が人気の理由

続いては、小松パン店の人気の理由についてご紹介しましょう。小松パン店は一方通行の狭い通り沿いに立地していますが、お客さんがひっきりなしに訪れるため店内はとても活気があります。日本テレビ系列の秘密のケンミンSHOWなどのテレビ番組で紹介されたこともあり、遠方から訪れるお客さんもたくさんいます。観光客にも人気です。

では、小松パン店がここまで人気となっているのには、一体どんな理由が考えられるのでしょうか。小松パン店が人気となっている理由としては、松本市民のソウルフードの牛乳パンを販売していること、どのパンもボリュームがあることなどがあります。

松本市民のソウルフードの牛乳パン

小松パン店では、松本市民のソウルフードともいえる牛乳パンを販売しています。牛乳パンの発祥地は不明ですが、小松パン店では昭和30年代初め頃から牛乳パンの販売を開始していて、松本市民にとっては牛乳パンといえば小松パン店なのです。

小松パン店の牛乳パンは、白地に青い文字で牛乳パンと書かれたビニール袋にパッケージされています。昭和レトロな見た目でかわいいです。袋を開けると、これでもかというほどのたくさんの量のクリームをふわふわのパン生地で挟んだ牛乳パンが入っています。

クリームは口当たりがなめらかで、甘めなのが特徴です。パン生地には甘みがほとんどないため、くどさを感じることなく味わえます。牛乳パンという名前ですが、クリームにはバタークリームが使われていて、牛乳は使われていません。牛乳はパン生地に入っています。

ボリュームあるパン

小松パン店の牛乳パンは、かぶりつけないほどのボリュームがあります。A5サイズくらいある直方体の形をしていて、厚さは8cmくらいで、中に挟んだクリームの厚みは3cmくらいあります。お客さんに喜んでもらいたくて、サービス精神でクリームをどんどん増量したため、現在のようにたっぷりのクリームが詰まった牛乳パンになったそうです。

かなりカロリーも高いため、糖質制限中やダイエット中の方には不向きなパンかもしれません。1人でまるごと1個食べるより、家族や友人と数人でシェアして食べるのがおすすめです。常温で3日保存可能ですので、1人で3日に分けて食べることもできます。

ボリュームがあるのは牛乳パンだけではありません。小松パン店の店内に並べられたパンは、どれも通常より大ぶりのパンばかりです。常時約130種類のパンが販売されていますので、目移りしてしまいますが、1個食べるだけでも十分に満足できます。

小松パン店のおすすめパンメニュー

続いては、小松パン店のおすすめパンメニューについてご紹介しましょう。小松パン店では種類豊富なパンが販売されていて、約130種類のパンが揃っています。定番のパンだけでなく、季節限定のパンもあります。何度通っても飽きることがないでしょう。

ここでは、小松パン店の数あるパンの中から、特におすすめのパンをご紹介していきます。ご紹介するのは「牛乳パン」「食パン」「あんぱん」「カレーパン」「メロンパン」の5種類です。どのパンを買うか迷ったときには、ぜひ参考にしてみてください。

牛乳パン

小松パン店のおすすめパンメニューの1つ目は、「牛乳パン」です。長野県のご当地パンである牛乳パンは長野県内ならどこでも買えますが、松本市民にとっては牛乳パンといえば小松パン店の牛乳パンで、小松パン店のパンの中でもやはり1番人気となっています。

袋詰めまですべて手作業で行っているため、1日に作れる個数が限られているそうです。そのため、毎日すぐに売り切れてしまいます。現在は店頭での販売は行っておらず、前もって予約を入れておかないと買えないため注意が必要です。

他店の牛乳パンよりクリームの量が多いのが特徴で、ふわふわでしっとりとした食感のパン生地にこれでもかというほどの量のクリームが挟まれています。バタークリームが使われていて、甘くてとても美味しいです。クリームには牛乳が使われていませんが、生地には牛乳が入っていてコクがあります。牛乳パンの値段は310円(税込み335円)です。

食パン

小松パン店のおすすめパンメニューの2つ目は、「食パン」です。最近は高級食パン専門店が増えていて、食パンブームがすっかり定着していますが、小松パン店は食パンも美味しいと評判です。人気の上食パンである「フレッシュ食パン」や軽い食感の小型食パン「ミニプルマン」、小麦胚芽が入った「胚芽食パン」などいろいろな種類があります。

食パンはごまかしが効かないため、パン職人の実力が最も出やすいパンともいわれています。小松パン店の食パンもぜひ試してみてください。人気のフレッシュ食パンの値段は、1本780円(税込み842円)、1袋260円(税込み281円)です。

あんぱん

小松パン店のおすすめパンメニューの3つ目は、「あんぱん」です。あんぱんは昔ながらのパン屋の定番商品の1つですが、もちろん小松パン店でも販売されています。モチモチとした食感のパン生地の中になめらかで甘さ控えめなこしあんが入っています。

あんぱんの値段は170円(税込み184円)です。小松パン店はあんぱんも種類がいろいろと揃っていて、スタンダードなあんぱんの他に、イーストの代わりに酒種を使った「酒種あんぱん」やうぐいす餡が入った「うぐいすあんパン」などもあります。

カレーパン

小松パン店のおすすめパンメニューの4つ目は、「カレーパン」です。カレーパンもパン屋の定番商品ですが、小松パン店はカレーパンもやはりバリエーションが豊富です。ラグビーボール型にカリッと揚げられていて、中には優しい味わいの中辛のカレーが詰まっています。子供でも美味しく味わえる辛さで、食べ応えのあるボリュームです。

カレーパンの値段は180円(税込み194円)です。オーソドックスなカレーパン以外に、辛口のカレーパンや半熟卵入りのカレーパンなどもあります。カレーパン好きの方は、ぜひいろいろな種類のカレーパンを食べ比べてみてください。

メロンパン

小松パン店のおすすめパンメニューの5つ目は、「メロンパン」です。メロンパンも小松パン店の人気商品の1つです。メロンパンといえば菓子パンの定番ですが、小松パン店のメロンパンは表面にザラメがまぶしてあり、中にメロンクリームが入っています。

食べるとザラメのカリカリ感が楽しめて、メロンクリームもとても美味しいと評判です。メロンパンの値段は180円(税込み194円)です。

小松パン店を利用している人の口コミ

続いては、小松パン店を利用している人の口コミについてご紹介しましょう。小松パン店は地元の人はもちろん観光客にも人気で、毎日ひっきりなしにたくさんのお客さんが訪れます。インターネット上に口コミもたくさん見つかります。

やはり牛乳パンが圧倒的に人気で、「パンがふわふわ」「甘さ控えめでとても美味しい」「ボリュームがすごい」などの口コミがあります。予約が必要なことを知らなくて購入できなかったという口コミも多いですので、必ず予約してから来店しましょう。

小松パン店の店舗情報とアクセス

続いては、小松パン店の店舗情報とアクセスについてご紹介しましょう。店舗情報としては、営業時間や定休日などをご紹介します。アクセス情報としては最寄駅からの所要時間や駐車場の有無などをご紹介します。

遠方からわざわざ訪れたのに営業していなかった、お店にたどり着けなかった、なんてことがないように、店舗情報やアクセスもきちんと確認しておきましょう。

店舗情報

まずは、小松パン店の店舗情報についてです。小松パン店の営業時間は8:30~19:00です。朝から営業していますので、朝食用のパンを買いたいときにも便利です。

日曜日と祝日は定休日となっていますので、休日に訪れたいと考えている方はご注意ください。テイクアウト専門店で、イートインスペースはありません。クレジットカードの利用は不可です。

アクセス

次に、小松パン店のアクセスについてです。小松パン店へ電車でアクセスする場合には、最寄り駅は松本駅です。松本駅から徒歩13分ほどでたどり着けます。

松本周遊バス「タウンスニーカー」の利用も可能です。タウンスニーカーの北コースに乗車して、上土町バス停で下車してください。バス停からお店までは徒歩2分です。

お店の向かい側には、「小松パン」と書かれた駐車スペースが用意されています。お店の前の通りは一方通行で、車の場合は南側からしかアクセスできませんのでご注意ください。

住所 長野県松本市大手4-9-13
電話番号 0263-32-0172

小松パン店の牛乳パンは通販で購入できる?

小松パン店の牛乳パンは、残念ながら通販では購入することができません。小松パン店の牛乳パンは1日に作れる個数が限られていることやクリームの賞味期限が短いことなどの理由により、通販での取り扱いは難しいようです。

そのため、小松パン店の牛乳パンを手に入れたいのであれば、やはり直接店舗まで行くのが確実です。お土産に買ってきてもらったり送ってもらったりする方法もありますが、作りたてが一番美味しいとのことなので、ぜひ店舗まで足を運んでみてください。

Thumb松本駅周辺でランチにおすすめのお店15選!カフェやそばなど人気店揃い!
松本といえば、何といっても国宝松本城で全国的にも知られる知名度の高い街。ここではそんな松本駅...

人気のパン屋の小松パン店へ行ってみよう!

長野県松本市で人気の小松パン店のおすすめパンメニューや口コミ、店舗情報、アクセスなどをご紹介しました。

小松パン店では種類豊富なパンを販売していて、特に牛乳パンが大人気です。牛乳パンを買いに、小松パン店へ行ってみてはいかがでしょうか。

関連記事

Original
この記事のライター
Hayakawa

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ