八甲田山の登山にチャレンジ!難易度や初心者にもおすすめのルートは?

青森県にある日本百名山の1つ「八甲田山」。八甲田山は初心者も楽しめる登山スポットとして人気が高く、難易度に合わせてルートを決めることができます。八甲田山は登山を行う季節によって山の表情を変えていき、青森の四季折々の絶景を楽しめます。

八甲田山の登山にチャレンジ!難易度や初心者にもおすすめのルートは?のイメージ

目次

  1. 1【青森】人気の登山スポット・八甲田山とは?
  2. 2八甲田山への登山が人気の理由
  3. 3八甲田山の見どころ
  4. 4八甲田山のおすすめ登山ルート
  5. 5八甲田山の登山のおすすめの服装
  6. 6八甲田山登山を楽しんだ人の口コミ
  7. 7八甲田山周辺でおすすめの温泉
  8. 8八甲田山へのアクセス
  9. 9人気の八甲田山登山を楽しもう!

【青森】人気の登山スポット・八甲田山とは?

日本百名山の1つであり、青森県のシンボルとして知られる「八甲田山」。八甲田山は1年中多くの登山客が訪れることで人気が高く、青森の季節に合わせた絶景を楽しむことができます。登山ルートも多く、初心者から上級者におすすめです。

今回はそんな青森で人気の登山スポット「八甲田山」について詳しくご紹介します。八甲田山の見どころはもちろん、ルートの難易度や行き方、季節に合わせた服装までお伝えしていくので八甲田山初心者の方は目を通しておきましょう。

八甲田山への登山が人気の理由

青森で多くの登山客から人気のある山「八甲田山」。八甲田山は1年を通してさまざまな景色を楽しめることで知られており、時間帯によっても山の表情が変わっていきます。八甲田山周辺には青森の観光施設も充実。

今回はそんな八甲田山への登山が人気の理由について詳しくご紹介します。八甲田山は登山初心者から上級者まで挑戦している山になり、登山シーズンになると県外からも多くの観光客が訪れています。

初心者にもおすすめ

八甲田山は青森県で有名な「岩木山」同様に、青森を代表する登山スポットとして人気があります。八甲田山は独立した山ではなく、十和田湖周辺に位置する火山群の総称です。そのため、他の山では見られない景色を楽しめます。

八甲田山には登山口まで観光客向けの路線バスをはじめ、ロープウェイが設置されています。そのため、山の中腹まで一気に上がることができ、体力に自信のない登山初心者の方でも難易度の低いルートから挑戦できます。

八甲田山は南北に2つの大きな山でわかれており、初心者向けのルートはいくつもあります。2つのうち北八甲田連峰には最高峰である「八甲田大岳」があり、登山客の憧れです。自分の力量に合わせたルートで八甲田大岳を目指しましょう。

自然を楽しめる

八甲田山とえば迫力ある大自然の景色が登山客の人気を集めています。とくに最高峰の八甲田大岳からは360度のパノラマ景色を楽しむことができ、頂上まで登ってきた登山客の心を癒してくれます。

八甲田山は春にはまだ残る雪の景色、夏は新緑の景色、秋は美しい紅葉、冬は真っ白な雪の世界と季節によって表情を変えていくのも魅力的。冬の時期はかなり雪がつもるので、登山初心者の方は避けるのがおすすめです。

八甲田山は青森でも紅葉の名所として知られています。八甲田山に生息しているカエデをはじめ、ナナカマドなどが一気に赤や黄色に色づいていきます。ロープウェイからも紅葉の景色を楽しめるので、気軽に足を運べます。

八甲田山の見どころ

日本でも有名な登山スポット「八甲田山」は、八甲田山の登山道でも見どころが数多く点在しています。山頂からの景色はもちろん、八甲田山の歴史や青森の自然に関する見どころも多いので事前にチェックしておくのがおすすめです。

今回はそんな八甲田山の見どころについて詳しくご紹介します。八甲田山は基本的に湿原と火山群が形成する稜線歩きを楽しめ、山頂を目指す間でも絶景が広がっています。登山ルートによっても見どころが変わります。

雪の回廊

春の時期に八甲田山を楽しむ方におすすめなのが「雪の回廊」。八甲田山付近の町は冬の時期になると超豪雪地帯として認定されており、銀色の世界に包まれていきます。八甲田山はもちろん、麓でもかなりの雪が積もります。

そんな豪雪地帯である八甲田山周辺は、春の風物詩として「雪の回廊」が有名です。雪の回廊は最大でも10mの高さの雪の壁が設置され、豪雪地帯でしか見られない景色が広がっています。車ではもちろん、歩いても通ることができます。

毎年4月、冬の間は雪で通行止めになっている区域を除雪していきます。その際に雪の回廊が現れるので、春にしか見られない光景です。酸ヶ湯温泉から谷地温泉までの道で見られるので、登山前に足を運ぶのがおすすめ。

秋の紅葉

八甲田山は先ほども紹介した通り、紅葉の名所として有名な登山スポットです。毎年10月から11月にかけて紅葉が色づいていき、10月中旬には見事な絶景を生み出しています。地元の方からの人気も高く、登山ピークを迎えています。

八甲田山へ紅葉狩りに訪れる方は、ロープウェイを使用するのがおすすめです。ですが、登山に挑戦したい方はロープウェイからでは見られない紅葉の景色も楽しめるので、初心者の方も登山に訪れる方が多くいます。

八甲田山は標高1585mの大きな山なので、紅葉の時期でも寒さ対策の服装はしっかりと用意しておきましょう。麓と山頂では大きな気温差があるので、Tシャツなど軽めの服装に寒さを凌げるようなジャンパーなどあると安心です。

雪中行軍遭難事件

登山をしたことがない方でも「八甲田山」という名前を聞いたことある方が多いと思います。八甲田山は人気の小説家「新田次郎」が手掛けた「八甲田山死の彷徨」に登場する山です。そのため、日本では馴染みのある山になっています。

また、八甲田山死の彷徨の物語を元に作られた映画がヒットし、一躍有名になりました。映画は実話を元に作られたストーリーになり、今でも悲惨な事故として語り継がれている「雪中行軍遭難事件」を基盤にしています。

雪中行軍遭難事件は明治時代、日本陸軍の雪中行軍により訓練していた210名のうち199名もの人間が遭難して死亡する事件が起きました。世界最大級の山岳遭難事故として知られ、八甲田山には死者を供養する銅像が設置されています。

八甲田山のおすすめ登山ルート

2つの大きな山からなる八甲田山には、初心者から上級者におすすめの登山ルートが設置されています。登山ルートに合わせて難易度が変わっていくので、自分の力量や登山できる時間に合わせて選んでおくのがおすすめです。

今回はそんな八甲田山のおすすめ登山ルート・難易度について詳しくご紹介します。難易度が高くなればなるほど、登山用グッズも必要になっていくので初心者は避けるのがおすすめ。

主峰大岳を回る登山ルート

八甲田山で多くの登山客に親しまれているルートが「八甲田大岳コース」。最高峰である大岳を周る登山ルートになっており、パノラマの絶景を楽しめることで人気です。コース時間は約5時間で、日帰りでも挑戦できます。

八甲田大岳コースはまず「酸ヶ湯温泉」をスタート地点します。酸ヶ湯温泉から仙人岱を経由して大岳へ行き、山頂で絶景を楽しみます。その後は上毛無岱・下毛無岱を経由しながら元の酸ヶ湯温泉へ戻っていきます。

八甲田大岳コースは麓の高層湿原・樹林帯をはじめ、山頂付近の高山植物の景色も楽しめるので、自然を満喫したい登山客におすすめです。八甲田山でも人気のあるルートなので、登山シーズンの際は行列に注意しましょう。

難易度

八甲田大岳コースはロープウェイを使わずに山頂を目指す登山ルートになっているので、初心者の方からは難易度の高いコースとして知られています。ですが、道は整備されているので歩きやすい環境が続いています。

途中休憩を入れながらでも約5時間で巡ることができるので、登山上級者の方からは難易度の低いルートです。事前に地図上などでルートを確認しておき、自分の力量で挑戦できるかどうか冷静に判断するのがおすすめ。

酸ヶ湯温泉コースからの登山ルート

八甲田山初心者の方におすすめの登山ルートが「酸ヶ湯温泉コース」。八甲田大岳コースと同じく酸ヶ湯温泉をスタート地点にし、仙人岱避難小屋・小岳分岐を経由して最高峰である大岳を目指していきます。

酸ヶ湯温泉コースはコースタイムとして約2時間30分となっており、体力に自信のない方にもおすすめです。また、行きだけ歩いて行き、帰りはロープウェイを利用して酸ヶ湯温泉まで下山する方も多く、家族連れにも人気があります。

酸ヶ湯温泉コースは山頂でゆっくりと過ごしたい方にも人気のあるルートになり、時間の許す限り景色を楽しめます。ロープウェイを利用する場合は、始発便・最終便を調べておくことで安心して下山可能です。

難易度

酸ヶ湯温泉コースは比較的難易度の低いルートになっているので、登山初心者の方や家族連れで訪れている方におすすめです。難易度は低いといっても高低差のある登山を楽しめるので、身体を動かしてスッキリできます。

酸ヶ湯温泉コースはロープウェイを使わずに移動すると難易度は少し上がっていくので、事前に情報を調べておきましょう。また、ロープウェイは紅葉の時期などかなり混み合うので、時間に余裕をもって行動するのがおすすめ。

八甲田山の登山のおすすめの服装

八甲田山の登山へ挑戦する場合は、服装に注意が必要です。とくに12月から2月になど冬の時期に八甲田山へ訪れる場合は、しっかりとした防寒着を装備し、服装以外にもマフラー・手袋など防寒アイテムが必要になります。

登山シーズンである6月から9月の服装は、日中は日差しで温かいのでアウターはいりません。発汗性のある服装を選ぶようにし、山頂付近で長そでなどはおれる服があると安心です。服装以外にも日差し除け対策を行いましょう。

八甲田山の紅葉シーズンである10月・11月の服装は、軽めのアウターはもちろんパーカーやカーディガンを持参するのもおすすめ。また、服装以外にも薄手のマフラーで首元を温めておくだけで、冷たい風から身を守れます。

Thumb初心者向け登山入門ガイド!必要な持ち物や服装・おすすめの山は?
初心者が楽しい登山を始めるにあたって知っておきたいおすすめの情報について詳しくご紹介していき...

八甲田山登山を楽しんだ人の口コミ

日本百名山の1つである八甲田山は、登山客からの口コミ評価が高いことでも人気があります。八甲田山は自然と一体化でき、火山だからこそ見られる地球の力強さを体感できるとの声が多く寄せられています。

口コミで最も多いのが「紅葉」について。八甲田山は紅葉シーズンになると全国から観光客が訪れるので、ロープウェイの待ち時間が長くなっていることもあります。また、麓で晴れていても山頂で曇っていることもあるので、天気の確認は必須とのこと。

八甲田山周辺でおすすめの温泉

八甲田山付近には、青森でも有名な温泉スポットが充実しています。温泉は八甲田山の登山で疲れた身体を癒してくれ、そのまま宿泊する方も多いです。汗を流して血行を良くしてくれるので、下山後に立ち寄る登山客がたくさんいます。

今回はそんな八甲田山周辺でおすすめの温泉スポットについて詳しくご紹介します。八甲田山周辺ですぐアクセスできる温泉地は2ヵ所あり、それぞれ趣の違う温泉街を散策することができます。

城ヶ倉温泉

八甲田山から少し距離がありますが、国道394号線を進んでいくと出てくる温泉スポットが「城ヶ倉温泉」。城ヶ倉温泉は温泉街に位置する「ホテル城ヶ倉」で入浴することができ、大自然の景色を楽しむことが可能です。

ホテル城ヶ倉はそのまま宿泊もできるので、日本全国から多くの観光客が訪れています。露天風呂はオールシーズンで入浴することができ、天然温泉は疲れた身体を芯まで癒してくれる効果があります。

城ヶ倉温泉へ訪れる際にぜひ立ち寄ってほしいのが「城ヶ倉大橋」。壮大な景色を楽しめる渓谷に佇んでおり、見事な紅葉の絶景を見られることでも有名な橋です。フォトスポットにもなっているので、観光客におすすめ。

酸ヶ湯温泉

八甲田山の登山口があることで有名な温泉スポット「酸ヶ湯温泉」。酸ヶ湯温泉は昔ながらの温泉を楽しめることで話題を集めており、混浴があります。女性は湯浴み着を着て入浴を楽しめるので、家族みんなで温泉を満喫できます。

酸ヶ湯温泉はかつて「鹿の湯」とも呼ばれており、鹿が傷を癒した温泉との伝説が残されています。身体の不調を直してくれる効果が期待でき、八甲田山登山で疲れた足にもしっかりと効果を発揮してくれます。

酸ヶ湯温泉で1番人気のある温泉地が「ヒバ千人風呂」。ヒバ千人風呂は混浴となっており、約160畳もの大きさを誇る大浴場が見どころです。基本的には混浴ですが、女性専用時間帯も設置されているので安心して入浴できます。

Thumb酸ヶ湯温泉は日帰りもよし!気になる混浴や効能は?アクセス・営業時間も調査!
青森市の八甲田山の自然豊かな場所にある、酸ヶ湯温泉をご存知ですか。秘境にある温泉として古くか...

八甲田山へのアクセス

青森で有名な八甲田山へは、車もしくは電車・バスでアクセスすることができます。八甲田山登山でロープウェイを使用する場合は、ロープウェイの駅を利用するようにしてください。

電車・バスでアクセスする場合は、まず青森の玄関口「青森駅」を目指します。青森駅からはJRバス「八甲田ロープウェイ駅」まで行き、ロープウェイから山頂へアクセス可能です。青森駅からは約60分の道のりになります。

車でアクセスする場合は、青森中央ICから国道103号を利用するのがおすすめです。青森中央ICから約19kmとなっており、国道103号は八甲田山付近の絶景を楽しむことができます。駐車場は登山のスタート地点に合わせて調べておきましょう。

住所 青森県青森市駒込深沢
電話番号 017-738-0343

人気の八甲田山登山を楽しもう!

青森で大人気の登山スポット「八甲田山」。八甲田山は四季折々の景色を楽しむことができ、初心者から上級者まで自然の力強さを体感しながら山頂を目指すことができます。

八甲田山登山は事前のルート確認や服装、持ち物などチェックしておくべき点はいくつもあります。自分の体力をしっかりと把握して、無理のない登山を楽しみましょう。ぜひ、青森へ観光の際は八甲田山登山へ挑戦してみてください。

関連記事

Original
この記事のライター
mdn

新着一覧

最近公開されたまとめ