麺屋しらかわは高山のミシュラン掲載超人気ラーメン店!メニューのおすすめは?

飛騨高山にミシュランガイド掲載されたラーメン店があることをご存じでしょうか。今回はミシュラン獲得の人気ラーメン店”麺屋しらかわ”の特徴、おすすめメニューを中心に”麺屋しらかわ”の魅力を紹介します。美味しい高山ラーメンを食べたい人は必見です。

麺屋しらかわは高山のミシュラン掲載超人気ラーメン店!メニューのおすすめは?のイメージ

目次

  1. 1ミシュラン掲載の人気店・麺屋しらかわとは?
  2. 2麺屋しらかわを徹底解説!
  3. 3麺屋しらかわのラーメンの特徴
  4. 4麺屋しらかわの岐阜高山本店おすすめメニュー
  5. 5麺屋しらかわ 大須店のメニューとは?
  6. 6麺屋しらかわの店舗情報とアクセス
  7. 7人気の麺屋しらかわのラーメンは食べてみるべし!

ミシュラン掲載の人気店・麺屋しらかわとは?

飛騨高山のご当地ラーメンとして有名な”高山ラーメン”。観光客から絶大な人気を誇る高山ラーメンですが、なかにはミシュランガイド掲載店があることをご存じでしょうか。

今回紹介するのは、高山ラーメン専門店の中で特に知名度の高いと言われる麺屋しらかわです。岐阜県高山市にある”麺屋しらかわ 岐阜高山本店”は、ミシュランガイド愛知・岐阜・三重2019特別版に掲載されたことのある人気店となっています。

長い歴史を持つと言われる高山ラーメンですが、麺屋しらかわ 岐阜高山本店がオープンしたのは2012年です。

2012年のオープン以来、伝統的な高山ラーメンの味を守りつつ個性のある味わいを追求し、行列のできる高山ラーメンのお店として一躍人気店の仲間入りを果たしました。

スープ、麺、チャーシューそれぞれにこだわりと特徴を持つ麺屋しらかわのラーメンですが、もっとも印象的なのが看板メニューの中華そば以外のメニューを提供していないということです。

麺屋しらかわを徹底解説!

今回は高山ラーメンでミシュランガイドに掲載された経歴を持つ人気店・麺屋しらかわの特徴、おすすめメニューをもとに麺屋しらかわの魅力をたっぷり紹介します。

最後は営業時間、定休日、アクセス情報、駐車場情報をご案内するとともに、2019年11月に名古屋にオープンしたばかりの新店舗”麺屋しらかわ 大須店”の店舗情報もご案内します。

「美味しい高山ラーメンが食べたい!飛騨高山・名古屋で話題のグルメスポットが知りたい!」という人は早速チェックしてみましょう。

なお紹介する情報は2021年6月時点のものとなり、時期によってメニュー内容、価格、営業時間、定休日など異なる可能性があります。

麺屋しらかわのラーメンの特徴

早速、麺屋しらかわのラーメンの特徴から見ていきましょう。麺屋しらかわのラーメンにはさまざまな特徴がありますが、特筆すべきはスープ、麺、チャーシューです。

どれも完成度が高く高山ラーメンを象徴するような王道の味わいが楽しめますが、スープ、麺、チャーシューの一体感こそ麺屋しらかわのラーメンの特徴となっています。

スープ

麺屋しらかわのラーメンのスープは、どちらかと言えば醤油の存在感が強い昔ながらの味わいが特徴的です。昔ながらの醤油ラーメンに欠かせないコショウがしっかりと効いていることも、麺屋しらかわのラーメンのスープの特徴と言えるでしょう。

コショウのパンチが効いていることで、シンプルな醤油味のスープも最後まで飲み干したくなるような飽きの来ない味わいが楽しめます。

香味野菜、鶏ガラの風味も奥で感じながらあくまでシンプルな醤油、コショウの味が前面に押し出されていることが麺屋しらかわのスープの特徴です。

醤油、コショウの相性の良さを改めて感じさせてくれるような完成度の高いスープとなっています。

そんな醤油味のスープと絶妙に絡むのが、麺屋しらかわ特製の中細縮れ麺です。わずかに粘度のあるスープが絶妙に絡むよう太さ、縮れ具合を調整した中細縮れ麺は、昔ながらのラーメン店の麺の良さも感じられるでしょう。

小麦に風味がしっかりと感じられながら、スープの味を邪魔することのない完成度の高い麺となっています。

チャーシュー

麺屋しらかわのラーメンのトッピングはとてもシンプルです。ネギ、メンマ、ノリ、チャーシューとどれも昔ながらのラーメンに欠かせない名脇役ばかりですが、なかでも美味しいと評判なのがチャーシューです。

麺屋しらかわのチャーシューの特徴は厚切りで食べ応えがあること、そして噛むとチャーシューと醤油味のスープが口のなかに広がることです。

昔ながらのノスタルジーなラーメンが魅力の麺屋しらかわですが、チャーシューについては昔ながらというよりどこか現代的です。

しっかりと香ばしさを残しながら柔らかく仕上げた麺屋しらかわのチャーシューはそのまま食べておいしいだけでなく、醤油味のスープ、中細縮れ麺との相性が抜群です。

後ほど詳しく紹介しますが、麺屋しらかわのメニューはとてもシンプルであり、美味しいと評判のチャーシューであっても追加トッピングすることができません。一杯に3枚だけ入る希少なチャーシューをじっくり味わいましょう。

麺屋しらかわの岐阜高山本店おすすめメニュー

ここではいよいよ、ミシュランガイド掲載店である麺屋しらかわのおすすめメニューを紹介します。

麺家しらかわの本店である麺屋しらかわ 岐阜高山本店、名古屋に誕生した新店舗の麺家しらかわ 大須店のどちらもご案内しますが、基本的なメニュー構成はどちらも同じです。

メニュー構成はラーメン同様とてもシンプルで麺屋しらかわ 岐阜本店で食べられるメニューは中華そば(並)、中華そば(大)、味付け玉子のわずか3つです。

シンプルだからこそわずかな違いで味が異なるラーメンを提供していることもあり、通常のラーメン店では欠かせないライスも置かないというこだわりぶりです。

ミシュランガイド掲載店の味をシンプルに楽しめる3つの人気メニューとなっていますので、はじめて麺屋しらかわ 岐阜高山本店に足を運ぶ前にチェックしておきましょう。

中華そば(並)

最初に紹介したい麺屋しらかわ 岐阜高山本店のおすすめメニューは、もっとも基本的なメニューである中華そば(並)です。

麺屋しらかわ 岐阜高山本店の”中華そば(並)”は、ミシュランガイド掲載店である麺屋しらかわの味をもっともシンプルに味わえる人気メニューです。

醤油とコショウの効いたシンプルなスープ、スープとよく絡む中太縮れ麺、美味しいチャーシューが一体となった完成度の高い昔ながらの中華そばを堪能することができるでしょう。チャーシュー以外のトッピングはシンプルにネギ、メンマ、ノリだけです。

麺屋しらかわ 岐阜高山本店でもっとも注文されるメニューの一つと言われており、麺量もほどよく最後まで飽きずに食べられるボリューム感のため、女性にもおすすめの一杯となっています。一杯800円とお手頃なことも人気の理由です。

中華そば(大)

次に紹介したい麺屋しらかわ 岐阜高山本店のおすすめメニューは、たくさん食べたい人に人気の中華そば(大)です。麺屋しらかわ 岐阜高山本店の”中華そば(大)”は、中華そば(並)の麺量と比較して1.8倍とかなりのボリュームです。

「中華そば(並)では物足りない!せっかくならたくさん食べたい!」という人に人気のメニューとなりますので、特に男性からの人気が高いメニューと言っていいでしょう。中華そば(大)は一杯1,000円です。

味付け玉子

麺屋しらかわ 岐阜高山本店で唯一追加のできるトッピングメニューのご案内です。麺屋しらかわ 岐阜高山本店の”味付け玉子”は、昔ながらのトッピング玉子ではなく、現代的な味のしっかりと染み込んだ味付け玉子を堪能できます。

甘辛い味付けとなっており、中華そばの味ともマッチしているため「ラーメンに味付け玉子は欠かせない!」という人はぜひ追加してみましょう。味付け玉子は一つ100円とリーズナブルです。

Thumb飛騨高山のラーメン屋ランキングTOP15!美味しい人気店揃い!
あらゆる名物グルメが存在する岐阜の飛騨高山には、美味しいと評判の人気ラーメン屋がたくさん存在...

麺屋しらかわ 大須店のメニューとは?

続いて、愛知県名古屋市中区にある麺屋しらかわ 大須店のメニューを見ていきましょう。麺屋しらかわ 大須店のメニューは岐阜高山本店のメニューと基本的に同じです。

ただし大須店では中華そばではなくメニュー名が”ラーメン”で提供されている点に注意しましょう。岐阜高山本店の中華そば(並)が大須店のラーメン、中華そば(大)がラーメン 大盛り、味付け玉子が味玉のメニュー名となっていますが基本的な味、価格は同じです。

ただし麺屋しらかわ 大須店では、岐阜高山本店では販売されていないお土産らーめんの販売を行っています。

お土産ラーメン

岐阜高山本店と麺屋しらかわ 大須店のメニューの大きな違いは、自宅でミシュランガイド掲載店の味を簡単に再現できるお土産ラーメンの販売も行っていることです。

麺屋しらかわ 大須店限定の”お土産ラーメン”は時間がない時にさっと購入できるので、行列が苦手な人、自宅で好きな時にお店の味を楽しみたい人にぴったりではないでしょうか。

一人前650円とお店で食べるよりお得なこともおすすめのポイントです。手軽に購入できてお土産にもぴったりのお土産ラーメンも併せて利用してみましょう。

麺屋しらかわの店舗情報とアクセス

最後に、今回紹介してきた麺屋しらかわの営業時間、定休日などの店舗情報、アクセス情報、駐車場情報についてご案内します。麺家しらかわは岐阜県高山市にある本店だけでなく、愛知県名古屋市中区大須にも店舗があります。

ここでは”麺屋しらかわ 岐阜高山本店”と”麺屋しらかわ 大須店”どちらの店舗情報、アクセス情報もご案内しますので、どちらの店舗が足を運びやすいのかの目安にしてみましょう。

岐阜高山本店

最初に紹介する麺屋しらかわの店舗は、岐阜県高山市にある麺屋しらかわ 岐阜高山本店です。岐阜県高山市の”麺屋しらかわ 岐阜高山本店”は、カウンター席7席、テーブル席8席という構成です。

営業時間が11時から13時30分の昼の部、21時から25時の夜の部の二部制となっています。アイドルタイムが長いこと、そしてスープがなくなり次第営業終了となることに注意しましょう。月曜日は昼の部の営業のみとなり、火曜日が定休日となります。

そんな麺屋しらかわ 岐阜高山本店に足を運ぶ時は、クルマではなく電車を使ってアクセスするのがおすすめです。麺屋しらかわはJR高山駅から徒歩8分の場所にあるためアクセス良好と言えるでしょう。

専用駐車場は用意されていませんので、クルマでアクセスする時は近隣のコインパーキングに駐車します。麺屋しらかわ 岐阜高山本店から徒歩3分ほどの場所にあるリパーク高山花川町は、いつでも40分200円の安い駐車料金で人気のコインパーキングとなっています。

24時間営業のため特に夜の部に来店する人におすすめのコインパーキングといえるでしょう。収納スペースが9台分のため、比較的停めやすいこともおすすめの理由です。

住所 岐阜県高山市相生町56-2
電話番号 0577-77-9289

大須店

次に紹介したい麺屋しらかわの店舗は、愛知県名古屋市中区大須にある麺屋しらかわ 大須店です。愛知県名古屋市中区大須にある”麺屋しらかわ 大須店”は、カウンター席7席、テーブル席24席と比較的広々とした店内が特徴です。

テーブル席が多く、オープンして間もない清潔感のある店内となっているため、ファミリーや女性でも気軽に立ち寄れるのではないでしょうか。

そんな麺屋しらかわ 大須店の平日の営業時間が11時からの昼の部、17時からの夜の部で分かれていますが、どちらの時間帯もスープがなくなり次第営業終了となりますので気を付けましょう。

土日祝の営業は11時からの昼の部のみとなり、同じくスープがなくなり営業終了となります。麺屋しらかわ 大須店の定休日は岐阜高山本店と同様、毎週火曜日です。

次に、麺屋しらかわ 大須店のアクセス情報のご案内です。麺屋しらかわ 大須店の最寄駅となるのは、上前津駅です。上前津駅から麺屋しらかわ 大須店までは徒歩7分ほどとなり、また大須観音駅からも徒歩でアクセス可能な範囲にあります。

残念ながら麺屋しらかわ 大須店には専用駐車場がありませんので、クルマでアクセスする時は近隣のコインパーキングに駐車しましょう。おすすめのコインパーキングは名鉄協商大須第13です。

名鉄協商大須第13は麺屋しらかわ 大須店の右隣にあるコインパーキングのさらに隣にあるコインパーキングです。

どちらのコインパーキングも麺屋しらかわからすぐの場所にあり、30分200円と安い駐車料金となるためおすすめですが、名鉄協商大須第13は駐車スペースが7台分あります。土日祝の駐車料金が20分200円となる点にだけ注意しましょう。

住所 愛知県名古屋市中区大須3-17-19
電話番号 052-253-8595

人気の麺屋しらかわのラーメンは食べてみるべし!

飛騨高山で行列のできるラーメン店として知られる麺屋しらかわは、ミシュランガイド愛知・岐阜・三重2019特別版に掲載された経歴を持つ人気店です。

スープ、麺は伝統的な味を守りながら、チャーシューは現代的なことが特徴的なラーメンに仕上がっており、中華そば・ラーメン以外のメニューを用意していないことも大きな特徴です。

麺屋しらかわには愛知県名古屋市中区の大須店もありますので、営業時間、アクセス情報を参考に足を運びやすい店舗に向かいましょう。

関連記事

Original
この記事のライター
ピーナッツ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ