高級夜行バスの魅力まとめ!女性専用の車両や個室がある快適車もあり!

皆さんは、旅をする時の移動手段はどうしていますか。飛行機ですか、それとも新幹線ですか。実は、最近、高級夜行バスが話題となっています。高級夜行バスは、女性専用があったり、個室があったりと快適ですでおすすめです。旅におすすめな高級夜行バの魅力や値段をご紹介します。

高級夜行バスの魅力まとめ!女性専用の車両や個室がある快適車もあり!のイメージ

目次

  1. 1ワンランク上の高級夜行バスに乗ってみよう
  2. 2高級夜行バスの魅力
  3. 3高級夜行バスの種類と値段
  4. 4個室ありの高級夜行バス
  5. 5おすすめの高級夜行バス
  6. 6快適な旅の高級夜行バスは公式サイトを要チェック!
  7. 7快適な旅に高級夜行バスがおすすめ!

ワンランク上の高級夜行バスに乗ってみよう

皆さんは旅をするときには、どんな移動手段をしていますか。移動が早い飛行機や新幹線という方が多いのではないでしょうか。もうひとつの移動手段として長距離バスがあります。今までの長距離バスというと、移動時間が長くて狭くて、値段は安いので快適性は二の次というものでした。

しかし、最近、高級夜行バスというのがマスコミでも取り上げられて話題となっています。高級夜行バスは、女性専用であったり、完全個室のある夜行バスが人気となっています。

高級夜行バスともなると値段は今までの長距離バスと比べ高くなりますが、その快適性は保証済みです。女性専用や個室のある高級夜行バス、値段のそこそこで快適な高級夜行バスを厳選してご紹介します。

高級夜行バスの魅力

女性専用や個室のある高級夜行バス、値段のそこそこで快適な高級夜行バスをご紹介する前に、高級夜行バスの魅力について語っていきましょう。高級夜行バスの魅力はたくさんの魅力がありますが、特に、3つの魅力が挙げられます。

高級夜行バスの魅力は、「リクライニングシートで快眠」や「カップル・一人旅にも最適」、「ホテルのような豪華個室」の3つの魅力が挙げられます。この3つの魅力を徹底的に解説していきましょう。

リクライニングシートで快眠

高級夜行バスの大きな魅力のひとつに、「リクライニングシートで快眠」できるということがあります。長距離の夜行バスに乗車したことのある方は経験があるはずですが、値段の安さを重視して快適性は犠牲にしていたのが今までの長距離夜行バスでした。

現在の高級夜行バスは、今までの夜行バスとは比べ物にならないほどの快適性を手に入れました。どの高級夜行バスもリクライニングシートで快眠できるのでおすすめです。リクライニングシートもかなり倒すことができるのでゆっくりと休めます。

また、高級夜行バスのリクライニングシートは、今までの長距離夜行バスとは比べ物にならないほどの快適なシートとなっています。ずっと座っていても疲れる度合いがまったく違うのでおすすめです。

カップル・一人旅にも最適

高級夜行バスの魅力には、「カップル・一人旅にも最適」という点も見逃せません。今までの長距離バスでは、なかなかカップルでの利用というのはイメージが湧きませんでしたが、座席数も少なくなって、ゆったりとしている車内は、カップルにもおすすめです。

また、ゆったりとしたリクライニングシートで、しっかりと睡眠も取れるので、朝に目的地に到着してからすぐに観光することができる点もこの快適な空間でのバス旅ならではです。

そんな快適な高級夜行バスには、個室のあるバスもあるので、ひとり旅や一人でビジネスの移動などの際にもおすすめになります。中には、女性専用の路線もあり、はじめてのバス利用の女性にも安心です。

ホテルのような豪華個室のバスも!

さらに、高級夜行バスの魅力としては、「ホテルのような豪華個室」のある高級夜行バスもあるという点です。中には、全室ドア付きの完全個室のある高級夜行バスも登場しています。完全なプライベート空間を維持して移動することができます。

ホテルのような豪華個室であれば、長距離移動でもバス内で仕事もこなせるので、ビジネスマンにとってもコスパの良い移動手段としておすすめです。ひとり旅でワンランク上の快適なバスの旅を楽しみたい人にも人気があります。

ホテルのような豪華個室には、ゼログラビティシートという最新機能満載のシートを利用することができるので、ぐっすりと体を休めて就寝することができます。

高級夜行バスの種類と値段

ここでは、高級夜行バスの種類と値段についてご紹介しましょう。高級夜行バスにはいくつかの種類によって、値段も違います。高級夜行バスの種類とともに高級夜行バスの値段の相場についてもお話しをします。

また、高級夜行バスと新幹線の値段の違いについて比較して、どんなタイプの人が高級夜行バスに向いているかなどについてもご紹介しましょう。

バス料金の相場

バス料金の相場をお話しをする前に、高級夜行バスの種類についてご紹介しておきましょう。高級夜行バスの種類ですが、リクライニングシートのある通常の高級夜行バスと個室などのある豪華な高級夜行バスに分類されます。

例えば、三列シートのゆったりとしたVIPライナーで東京から大阪までの夜行バスは4400円になります。このVIPライナーには女性専用の車両もあります。これが、パーテーションなどでプライベート空間のある高級夜行バスは14000円ほどからです。

完全個室の高級夜行バスになると、通常運賃が7000円からで、座席料金11000円を加算して18000円からとなります。

高級夜行バスではなく、これが通常の長距離バスになると1600円からとなっています。このように、通常の夜行バスも高級夜行バスもその設備によって値段にもバラツキがあるので、どのような設備を希望するかで予算組をすることになります。

パーテーションなどでプライベート空間のある高級夜行バスは新幹線とほぼ同料金なので、一般的な観光などにもおすすめになります。完全個室ということになると値段も上がりますので、快適性を重視したいビジネスマンにもおすすめです。

新幹線料金との比較

こちらでは、高級夜行バスと新幹線の料金について比較をしていきましょう。さきほどのように東京大阪間の移動と考えた場合でお話しを進めましょう。東海道新幹線で東京から新大阪までは、「のぞみ」指定席で14720円になります。

また、「ひかり」や「こだま」の指定席になると14400円で、自由席は13870円です。これは、通常料金なので、早割などでの購入となるともう少し安くなります。

さきほどのように、パーテンションもある高級夜行バスであれば14000円なので、新幹線とほぼ同じくらいの値段設定です。快適性を新幹線よりも快適なものにしたいという方は、値段的には少し高めですが、個室のある高級夜行バスも選択肢になります。

東京から新大阪までの所要時間は最短で2時間22分となっています。時間重視の方は、もう新幹線一択になるでしょう。高級夜行バスは、寝ている間に移動しているといったメリットもあります。朝に目的地に到着してからすぐに観光やビジネスを行うことができます。

個室ありの高級夜行バス

ここでは、さきほどからもご紹介している個室のある高級夜行バスですが、完全個室の高級夜行バスをお探しという方は、これからご紹介するこちらの高級夜行バスがおすすめです。その他の高級夜行バスは、カーテンやパーテーションによってプライベート空間を作っています。

完全個室ありの高級夜行バスとして、今、話題となっているのが、こちらの「ドリームスリーパー」という高級夜行バスになります。話題のドリームスリーパーについて詳しく解説をしていきましょう。

ドリームスリーパー

ドリームスリーパーは、完全個室の高級夜行バスに乗車したいという方は、こちらのドリームスリーパー一択となります。話題になっているということもあってか、週末や連休などは予約でいっぱいということもあるほどの人気ぶりです。

全室扉付き完全個室ということで業界初の試みとなっているのが、こちらのドリームスリーパーです。バスの中には、全部で11室のプライベート空間を保てる個室があります。個室の中には、ゼログラビティシートという快適なシートが設置されています。

車内設備ですが、温水洗浄機能と水浄化機能が付いたトイレやパウダールームなど女性専用のバスと言っても良い設備が整っています。女性専用の高級夜行バスという意味でも、このドリームスリーパーはこれ以上無いおすすめになります。

その他の設備としても、ウェルカムアロマやイオン発生機 プラズマクラスター、無料Wi-Fi、AC100VコンセントとUSB充電コンセント、快眠音楽4チャンネルマルチなどもあります。ビジネスマンには嬉しい仕事で使えるテーブルも設置されています。

アメニティグッズも充実しているので、女性専用の高級夜行バスと言ってもいいでしょう。このドリームスリーパーは、東京と大阪間、東京と広島間を運行しています。予約は公式サイトからオンラインで行うことができいます。

Thumbドリームスリーパーで快適な夜行バスの旅!見どころや値段をご紹介!
高速バスというと、到着するまで狭い座席で我慢するというイメージがないでしょうか。ドリームスリ...

おすすめの高級夜行バス

こちらでは、おすすめの高級夜行バスをいくつかご紹介しましょう。完全個室でなくても、ある程度のプライベート空間が保てればOKという方は、バスの種類も値段的にも選択肢が広がることになります。

おすすめの高級夜行バスから、「マイフローラ」や「グランシアファースト」、「リボーン」、「ラクシア」をご紹介していきましょう。

マイフローラ

マイフローラは、車内に12席のみの完全個室ではないもののカーテンで仕切られています。プライベート空間を保つことができるので、女性専用の高級夜行バスのひとつになるのではないでしょうか。

車内の設備としては、テレビやコンセント、スリッパなどは完備されています。リクライニングシートは155度になるので、ゆったりと就寝することができます。マイフローラは、東京から徳島を運行している高級夜行バスになります。

トイレもきれいで、パウダールームも完備されているので、女性専用の高級夜行バスとしてもおすすめになります。このパウダールームは、更衣室を兼ねています。また、全便Wi-Fiを無料で利用することもできます。ドリームスリーパーよりも値段も安めで、新幹線並みとなっています。

グランシアファースト

グランシアファーストは、個室タイプではありませんが、三席が7列の全部で20席の高級夜行バスになります。個人用モニターが設置されています。カーテンでの仕切りとなるので、女性専用というほどではありません。

リクライニングシートにはこだわりがあって、飛行機のビジネスクラスと同じ仕様のバックシェルシートが採用されているので座り心地も快適です。リクライニングシートは自動となっています。

グランシアファーストは、東京から大阪まで運行していて、値段は、個室タイプよりも安い6000円からとなっています。

リボーン

リボーンは、車内に18席のみのゆったりとしたリクライニングシートのある高級夜行バスになります。シェル型のシートということもあり、意外にもプライベートな空間を確保できます。女性専用ではありませんが、女性の利用も多い高級夜行バスになります。

シートも足をしっかりと伸ばせるということもあり、ゆったりとバス旅を楽しむことができるのでおすすめです。最大155度までになり、フルフラットに近い状態で就寝することができます。

シート設備には、テーブルやコンセント、ドリンクホルダー、ブランケット、網ポケットなどもあります。

路線は東京から大阪・京都・神戸・滋賀・和歌山、名古屋・浜松、新潟・長岡などと幅広く運行しています。値段も東京から大阪間は6500円からとなっています。

ラクシア

ラクシアは、カーテンなどの仕切りがあり、「電動ゆりかごリクライニング」が人気となっている高級夜行バスです。女性専用というわけではありませんが、女性客にもおすすめな高級夜行バスになります。

シートには、コンセントをはじめ、ドリンクホルダーやテーブル、物掛けフック、網ポケット、ブランケット、荷物置き、首あて、レッグレスト、クッションなどがあります。

ラクシアのリクライニングシートは、最大145度になるので、ゆっくりと就寝することができるのでおすすめです。シートの幅も51.5センチあるということでゆったりと過ごすことができます。

快適な旅の高級夜行バスは公式サイトを要チェック!

快適な旅を約束してくれる高級夜行バスは公式サイトが開設されています。公式サイトには、プライベート空間がどのように保たれているのか、リクライニングシートはどのようなタイプなのか、シート周りの電源などの設備、Wi-Fiが利用できるのかなどについて掲載されています。

女性にとって気になるトイレやパウダールームがあるのかないのかなどについても調べることができます。公式サイトからは、簡単にオンライン予約もできるのでおすすめです。さらには、アメニティがどれほど充実しているかもチェックできます。

また、口コミなども掲載されていることもあるので、利用する際の参考になります。公式サイトは、リクライニングシートなどの写真も豊富に掲載されているので、利用される前には要チェックです。

快適な旅に高級夜行バスがおすすめ!

快適な旅を約束してくれる高級夜行バスの魅力やどんな種類があり、値段がいくらくらいなのかについてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

高級夜行バスには、完全個室タイプからカーテンで仕切るタイプ、シェル型のシートなど様々なタイプがあります。値段もそれぞれ違うので、自分にあった高級夜行バスで快適な旅を楽しんではいかがでしょうか。

関連記事

Noimage
この記事のライター
phoophiang

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ