トラベラーズノートの使い方まとめ!書き方やおしゃれな活用方法もあり!

トラベラーズノートは牛革のカバーが付いたおしゃれな手帳です。リフィルの種類が多く、日記やスケジュール帳、アイデア帳などにさまざまな使い方ができます。トラベラーズノートの種類やおしゃれな使い方、カスタマイズ方法などについてご紹介しましょう。

トラベラーズノートの使い方まとめ!書き方やおしゃれな活用方法もあり!のイメージ

目次

  1. 1トラベラーズノートは使い込むほど味わい深くなるノート
  2. 2トラベラーズノートの魅力
  3. 3トラベラーズノートの使い方や活用術を伝授
  4. 4トラベラーズノートの種類
  5. 5トラベラーズノートのおしゃれな書き方
  6. 6トラベラーズノートの定番の使い方
  7. 7トラベラーズノートをおしゃれにカスタマイズしよう
  8. 8ファクトリーオリジナルもおすすめ
  9. 9トラベラーズノートでお気に入りの一冊を作ろう

トラベラーズノートは使い込むほど味わい深くなるノート

人気手帳ランキングで常に上位に選ばれるトラベラーズノート。「トラベラーズ」という名前が付いていますが、旅行だけではなくビジネスにもプライベートにも活躍する手帳です。

使い込めば使い込むほど味が出る革製の表紙が付いていて、おしゃれと人気があります。性別を問わず幅広い年齢層に人気があり、一度使うと止められなくなるという口コミもたくさんあります。

自由にカスタマイズできるのが特徴で、旅行の記録や日記帳、読書ノート、スケジュール帳などさまざまな使い方ができます。今回はトラベラーズノートを使ってみたいと考えている方のために、活用方法や書き方、カスタマイズ方法などをご紹介しましょう。

トラベラーズノートの魅力

トラベラーズノートは2006年3月に株式会社デザインフィルから発売された手帳で、2015年にブランド名をトラベラーズカンパニーに変更して販売されています。牛革を使ったおしゃれな手帳で、日本だけではなく世界中に愛用者がいます。

トラベラーズノートのコンセプトは「旅行をするように毎日を過ごすノート」で、シンプルでカスタマイズ性が高いのが特徴です。リフィルやパーツがたくさん販売されていて、用途に合わせてカスタマイズして活用できます。

インスタグラムにはコラージュをしたりイラストを描いたりとおしゃれな使い方がたくさん掲載されていますが、スケジュール管理やメモ帳などデイリーユースにもおすすめです。

なんでもスマホで管理できる時代ですが、手書きの良さが見直されており、さまざまな使い方ができるトラベラーズノートは、幅広い年齢層から支持を集めています。

劣化も魅力的な革製の表紙

トラベラーズノートの魅力は何と言っても牛革製のカバーです。タンニンでなめしただけのシンプルな牛革で、使えば使うほど味が出てくるのが魅力です。

牛革製のカバーは持ち歩けば傷も付きますし、色も変化してきます。紙製や布製のカバーにはない風合いの変化が魅力です。トラベラーズノートはリフィルを変えれば何年でも使うことができます。長く使うほど愛着がわき、手放せないという人がたくさんいます。

活用方法・書き方は無限大

トラベラーズノートはシンプルな手帳です。シンプルなゆえ、さまざまな使い方や書き方ができるのが魅力です。バラエティに富んだリフィルを活用し、スケジュール帳やメモ帳などにカスタマイズするのもおすすめです。

また日記帳や旅行の記録、スクラップブックのような使い方、映画やコンサートの記録などにも活用できます。書き方や活用方法については、後ほど詳しくご紹介しますので参考にしてください。

リフィルなどカスタマイズ自由

トラベラーズノートには、多彩なリフィルが販売されており、自由にカスタマイズできるのが特徴です。月間ダイアリーや週間ダイアリーなどはスケジュール管理として活用できます。

メモやスクラップブックにおすすめの無地のリフィルをはじめ、日付が書き込める日記リフィル、スケッチブックとして活用できる画用紙リフィルや水彩紙リフィル、小遣い帳リフィルなどもあります。またカードホルダーやペンホルダーなどのパーツも販売されています。

トラベラーズノートの使い方や活用術を伝授

トラベラーズノートは牛革製のカバーがおしゃれで、カスタマイズが自由にできるおしゃれな手帳です。しかし使ってみたいけれど、種類やリフィルが多く、使い方や書き方がわからないという方も多いのではないでしょうか。

そこで、ここからは初めてトラベラーズノートを使う方のために、トラベラーズノートの種類や使い方の例などをご紹介していきましょう。

トラベラーズノートの種類

まず、トラベラーズノートには「パスポートサイズ」と「レギュラーサイズ」の2種類があります。それぞれのサイズにあったリフィル、トラベラーズノートを収納するジッパーケース、コットン袋などもあります。

さらにクリップやペンホルダーなどのパーツ、ステッカー、期間限定のリフィルなど多彩な製品が販売されています。

レギュラーサイズ

レギュラーサイズはトラベラーズノートの基本サイズです。大きさは「A5スリムサイズ」で、一般のA5サイズより幅が少し短くなっています。A4コピー用紙を三つ折りすると、すっきりと収納できるサイズです。

トラベラーズノートのレギュラーサイズは、2021年現在、黒、茶、キャメル、ブルーの4種類の定番カラーが販売されています。年によってオリーブなどの限定色が販売されたり、スタバ限定のカバーや東京駅限定のカバーなどが販売されたりもします。

トラベラーズノートの限定カバーはファンの間で大変人気があるので、早めに入手するのがおすすめです。数種類を用意して、用途によって使い分けをするのもおすすめです。

パスポートサイズ

トラベラーズノートの「パスポートサイズ」はレギュラーサイスよりも小さく、コンパクトな手帳です。持ち運びが簡単で、バッグに入れても邪魔になりません。パスポートと同じサイズなので、パスポートカバーとして活用することもできます。

また、トラベラーズノートの「パスポートサイズ」は名刺ケースや財布としても使うことができます。いつでもさっと取り出すことができるので、アイデアをメモしたり、旅行のお供として使ったりすることができます。

トラベラーズノートの「パスポートサイズ」も、キャメル、茶色、黒、ブルーの定番4色が販売されています。スタバ限定やトラベラーズファクトリー限定版、その年の限定色なども販売されます。

トラベラーズノートのおしゃれな書き方

トラベラーズノートはシンプルな使い方からおしゃれな書き方まで、さまざまに活用できます。インスタグラムには、おしゃれな書き方をしたトラベラーズノートがたくさん掲載されているので、チェックしてみてください。

ここからはトラベラーズノートをおしゃれに使いたい方のために、書き方のヒントをいくつかご紹介していきましょう。

かわいいイラストを描いてみる

トラベラーズノートのおしゃれな使い方で、特に人気があるのがかわいいイラストを描いてノートをかわいく「デコる」ことです。イラストを描くのが得意な方は、言葉だけではなく絵を添えておくと、後で思い出しやすくなるでしょう。

旅行の際に出会った人々や感動した風景、食べて美味しかった物などをイラストと文字でトラベラーズノートにまとめておくと、その時の思い出が残ります。また日々の生活で見たり食べたりしたことを、簡単なイラストで描いてみるのもおすすめです。

ちょっと思いついたアイデアやショッピングメモ、仕事に関するメモ、子供や赤ちゃんの言動などを、イラストでトラベラーズノートに描いておくのもいいでしょう。イラストが苦手という方も、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

ステッカーやシールでコラージュ

イラストを描くのが苦手という方は、ステッカーやシール、写真、雑誌などの切り抜きなどを活用して、おしゃれにトラベラーズノートをコラージュすることができます。

100均にもおしゃれでかわいいマスキングテープやステッカーなどがたくさん販売されているので、手軽に始めることができます。シールやステッカーでノートをおしゃれにデコるのはセンスが要りますが、インスタなどを参考に工夫をしてみましょう。

コラージュはさまざまな方法でできます。スマホで撮った写真をアプリで加工し、シール用紙に印刷するのもおすすめです。家にプリンターがなくても、コンビニのコピー機を活用すると印刷できるのでチャレンジしてみてください。

また、映画やコンサートの半券、お気に入りのカフェの名刺、ギフトの包装紙、雑誌や新聞の切り抜きなどもコラージュに使えます。工夫をしていろいろな方法で、トラベラーズノートを楽しんでください。

トラベラーズノートの定番の使い方

トラベラーズノートはおしゃれな書き方もできますが、もっとシンプルに使いたいという方も多くいます。トラベラーズノートは、カスタマイズをして自由に使える手帳です。

ここからはトラベラーズノートの定番の使い方をいくつかご紹介していきましょう。日記帳やアイデアメモ帳、旅行の記録などいろいろな使い方を楽しんでください。

定番の使い方①日記帳

トラベラーズノートで、おすすめの活用法は日記帳として使う書き方です。トラベラーズノートには、日記用のリフィルがあり、1日1ページの日記を2ヶ月分書くことができます。まずは2ヶ月分から始めてみてはいかがでしょうか。

トラベラーズノートはその他にも罫線、無地、方眼のリフィルが販売されていて、自由に日記を書くことができます。イラストや絵を描くのが好きな方は、画用紙のリフィルを使って絵日記にするのもおすすめです。

日記は毎日でなくても、思い立った時に書いたり、お出かけや旅行をした時に書いたりするのもおすすめです。映画やドラマを見た時に感動したことを綴ったり、子供の成長記録を綴ったりする書き方も人気があります。

定番の使い方②スケジュール帳

トラベラーズノートのもっとも基本的な使い方はスケジュール帳でしょう。トラベラーズノートのリフィルには、日付を書き込むタイプの月間ダイアリー、時間管理がしやすいバーチカルタイプの週間ダイアリーのリフィルがあります。

また左側は週間ダイアリー、右側は方眼のメモページになっているリフィルもあります。いずれも日付が入っていないので、思い立った時にいつからでも利用できます。

無地や方眼紙のリフィルもセットして、カスタマイズしてみるといいでしょう。メモを多く取る方にもおすすめです。トラベラーズノートにはその他にもカードホルダーやファイルなどのパーツがあるので、ビジネス用としてカスタマイズすることができます。

定番の使い方③アイデアメモ帳

トラベラーズノートの特徴は、好きなリフィルを活用して自由にカスタマイズできることです。アイデアメモ帳としての使い方・書き方も人気があります。無地や方眼紙、罫線など使いやすいリフィルをカスタマイズして、アイデアメモ帳として使ってみましょう。

レギュラーサイズが大きいと感じる方は、パスポートサイズを使うといつでもどこでも、手軽に使うことができるのでおすすめです。

パスポートサイズには超軽量のノートや、メモやスケッチに便利な5mm幅の罫線ノート、ミシン目入りのリフィル、週間ダイアリーなどさまざまなリフィルが販売されているので、自由にカスタマイズしてみましょう。

定番の使い方④旅行した時のスタンプ帳

旅行に出かけると、あちらこちらにスタンプがあるのに気づかれた方も多いでしょう。パンフレットの裏などにスタンプを押すのが一般的ですが、トラベラーズノートをスタンプ帳にしておくと、長く保存をすることができます。

訪れた場所や日付、思い出などを一言綴っておくと、後で見返した時に旅行の思い出となることでしょう。トラベラーズノートをスタンプ帳にする時は、持ち運びが便利なパスポートサイズがおすすめです。

トラベラーズノートのパスポートサイズには、スタンプ帳として活用できる画用紙のリフィルがあります。裏にインクが写らないので、スタンプを押すのにぴったりです。

その他にも、水彩画のリフィルやチケットなどを収納できるファイルなども販売されているので、必要に応じてカスタマイズするといいでしょう。

定番の使い方⑤映画の感想ノート帳

トラベラーズノートは日記や旅行、ビジネスなどさまざまな使い方や書き方ができますが、読書ノートや映画の感想ノートとして使う人もたくさんいます。

さまざまなリフィルの中から、使いやすいものを選んでカスタマイズして使ってください。映画やコンサートの半券を貼ったり、購入したグッズのメモを書いたりするのもおすすめです。また俳優やアーティストの情報などを書き込んでおくのもいいでしょう。

トラベラーズノートをおしゃれにカスタマイズしよう

トラベラーズノートのおしゃれな書き方や定番の使い方などをご紹介しましたが、トラベラーズノートは、上でご紹介した以外にもカスタマイズ方法がいろいろあります。

ここからはプラスプロダクトを使ったカスタマイズや、リフィルを使った活用方法、ペンホルダーなどのパーツを使ったカスタマイズなどをご紹介していきましょう。

ブラスプロダクトを使う

トラベラーズノートのブラスプロダクトとは、真鍮(ブラス)のを使った文房具のシリーズです。トラベラーズノートと同様、年月が経つとともに質感や色合いが変化し、長く使うほど愛着が生まれる製品です。

真鍮は銅と亜鉛を合金したもので、独特の光沢があります。昔から装飾品や美術品、建築物、家具などに使われて多く使われてきました。長く使っていると表面が空気に触れて酸化し、深い色合いに変化します。

真鍮は使い方や環境などによっても変化が異なり、同じ文具でも使う人によってさまざまに変化します。その独特な変化に魅了され、多くの人に愛されています。トラベラーズノートにもよく合うので、合わせて使うことをおすすめします。

トラベラーズノートに合うブラスプロダクトとして、万年筆や鉛筆ホルダー、ペン、定規、ペンケース、クリップなどが販売されています。

真鍮で作られたブラスプロダクトは傷が付きにくく、色合いの変化が楽しめる人気文房具です。ギフトにも喜ばれており、トラベラーズノートと一緒にプレゼントするのもおすすめです。

リフィルを変えてみる

始めてトラベラーズノートを買う人のために、「スターターキット」というセットが販売されています。トラベラーズノートのスターターキットには、カバー本体、スペアゴムバンド、ノートリフィル、コットンケースがセットになっています。

ノートリフィルは無罫64ページのものがセットになっています。このままでも使えますが、用途に合わせてカスタマイズするのがおすすめです。

トラベラーズノートのリフィルはさまざまなものがあります。特にレギュラーサイズのトラベラーズノートのリフィルは種類が多く、カスタマイズして楽しむことができます。

ノートだけでも、丈夫な耐洗紙を使ったものや、軽量紙、超軽量紙などがあります。さらにツルツルとしたシール台紙、ジャバラ状に折られたリフィル、日記用紙、週間ダイアリー、月間ダイアリーなどがあります。

クラフト紙、スケッチにおすすめの画用紙、方眼紙などもあります。ジッパー付きのファイル、名刺ファイル、カバーの内側に貼るポケットシールなどファイルもおすすめです。

ペンホルダーを取り付ける

トラベラーズノートにはペンホルダーが付いていないので、ペンホルダーを取り付けると便利です。金属製のクリップタイプのペンホルダーで、トラベラーズノートのカバーに固定して使います。

SサイズとMサイズの2種類があり、Sサイズはボールペンやシャープペン、Mサイズは万年筆など直径12mmまでの筆記具に対応しています。

色は、黒、赤、キャメル、ブルーの4色でトラベラーズノートと同じ色合いです。トラベラーズノートの色にあ合わせて使うとおしゃれです。

ファクトリーオリジナルもおすすめ

トラベラーズノートには、ファクトリーオリジナルと呼ばれるさまざまな製品があります。さらにトラベラーズノートを楽しみたい方におすすめです。

ファクトリーオリジナルレザーホルダー、バッグ、チャーム、スタンプ、旅行用品などさまざまなアイテムが販売されています。トラベラーズノートとの相性がよく、ノートと合わせて使うといいでしょう。

チャーム

トラベラーズノートを使わない時は、ゴムバンドをかけて不意に開かないようにしておくのがおすすめです。ゴムバンドはスターターキットにも含まれています。

そのゴムバンドを飾るのがチャームです。小さなチャームをゴムバンドに付けて、おしゃれに飾っている人を見たことがるかもしれません。チャームにはピューターで作られたものとブラスで作られたもの、寄木で作られたものなどがあります。

飛行機やカメラなど旅行をテーマにしたものや、ペンやウクレレなどをデザインしたものなどもあります。いろいろなオリジナルチャームを集めて、ゴムバンドに付けるとおしゃれです。

バッグ・ポーチ

トラベラーズノートのサイズに合わせたバッグやポーチも販売されています。ファクトリーオリジナルのキャンバスポーチは、タイのチェンマイで作られたもので、トラベラーズノートと同じ牛革を使っています。

A4サイズからトラベラーズノートが入るMサイズ、パスポートサイズが入るSSサイズまで数種類があります。色は黒、オリーブ、ベージュ、ブルーと落ち着い色合いになっており、男性にも女性にも使いやすい色です。

その他にもキャンバス生地で作ったショルダーバッグやサコッシュ、「コーヒーバッグ」と呼ばれる巾着袋、コットンバッグ、ストレージバッグ、トートバッグなども人気があります。

コットンバッグはトラベラーズノートのレギュラーサイズと同じ大きさで、味のあるグラフィックがプリントされています。トラベラーズノートの他、旅行の際に小物を入れておくのにぴったりのサイズです。

ペーパークロスジッパーケース

トラベラーズノート用のジッパーケースで、丈夫なコットン生地ペーパークロスを使っています。薄くて軽い生地なのですが耐久性があり、使うほど味が出てくるのが特徴です。

片側にジッパーが付いていて、ペンや小物を入れておくのにおすすめです。もう片方には名刺やカードなどを入れておけるポケットが付いています。トラベラーズノートともに、小物を入れておけるので、ビジネスにも旅行にも便利です。

色はブルー、スカイ、オリーブ、マスタードの4色で、トラベラーズノートよりも少し明るめのブルーやマスタード、落ち着いた色合いのオリーブ、爽やかな色合いのスカイとなります。

トラベラーズノートでお気に入りの一冊を作ろう

トラベラーズノートは自由度が高く、さまざまな方法でカスタマイズができます。リフィルやパーツを組み合わせて、お気に入りの一冊を作って楽しんでください。

トラベラーズノートはスケジュール管理や日記帳、スクラップブック、スケッチ帳、旅行の記録などさまざまなシーンで使えます。牛革のカバーは年月とともに風合いが変わり、長く使うことができます。

関連記事

Original
この記事のライター
Momoko

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ