「ヒカリ」は佐世保バーガー発祥の名店!おすすめの人気メニューや店舗は?

「ヒカリ」は、長崎・佐世保にあるハンバーガー専門店です。佐世保バーガーの発祥店の1つとして知られていて、口コミでも美味しいと評判の佐世保バーガーを味わえます。「ヒカリ」のおすすめメニューや店舗情報、アクセスなどをご紹介します。

「ヒカリ」は佐世保バーガー発祥の名店!おすすめの人気メニューや店舗は?のイメージ

目次

  1. 1【長崎】佐世保バーガー発祥の名店?「ヒカリ」とは?
  2. 2佐世保バーガーの名店「ヒカリ」が人気の理由
  3. 3佐世保バーガーの名店「ヒカリ」のおすすめメニュー
  4. 4佐世保バーガーの名店「ヒカリ」のサイドメニューもおすすめ
  5. 5佐世保バーガーの名店「ヒカリ」の予約
  6. 6佐世保バーガーの名店「ヒカリ」の口コミ
  7. 7佐世保バーガーの名店「ヒカリ」の店舗情報とアクセス
  8. 8佐世保バーガーの名店「ヒカリ」へ行ってみよう!

【長崎】佐世保バーガー発祥の名店?「ヒカリ」とは?

旅行などで長崎・佐世保へ訪れるのであれば、必ず食べておきたいのが佐世保バーガーです。今では全国的に有名で、佐世保にも佐世保以外にも佐世保バーガー店がたくさんありますが、佐世保バーガーの発祥店の1つといわれているのが「ヒカリ」です。これぞ佐世保バーガーといえる佐世保バーガーの元祖の味が楽しめます。

この記事では、佐世保バーガーの名店「ヒカリ」についてご紹介します。人気の理由やおすすめメニュー、予約、口コミ、店舗情報、アクセスなどをまとめてご紹介しますので、「ヒカリ」の佐世保バーガーを食べてみたい方はぜひチェックしてみてください。

1951年創業の老舗のハンバーガー専門店

「ヒカリ」は、長崎県佐世保市矢岳町に本店を構えるハンバーガー専門店です。創業は1951年(昭和26年)で、米軍関係者にすすめられて米軍基地ゲートのすぐ正面だった場所で営業を始めることになったそうです。最初は「スター」という店名でしたが、1973年(昭和48年)に改名し、「ヒカリ」という店名になりました。

創業当時は佐世保市内に20軒ほどのハンバーガー専門店があったそうですが、現在は閉店してしまったお店がほとんどで、現在でも営業を続けているのは「ヒカリ」の他には栄町にある「ブルースカイ」だけしかないそうです。

2013年には佐世保駅近くのショッピングモール「させぼ五番街」の中に、「ヒカリ」で初となる2号店をオープンしています。「ヒカリ」の店舗は佐世保にしかありませんが、させぼ五番街店がオープンしたことで、観光客もアクセスしやすくなりました。

佐世保バーガーの名店「ヒカリ」が人気の理由

佐世保バーガーが全国的に有名になる前から「ヒカリ」は地元で人気のお店でしたが、数々のメディアで取り上げられてからは、県外からも観光客が押し寄せるほどの大人気店になりました。休日には特に混雑し、30分以上待たなくてはいけないこともあります。

「ヒカリ」がこれほどまでに人気となっている理由として最も大きいのは、やはり「ヒカリ」が佐世保バーガーの元祖で、美味しい佐世保バーガーを味わえるということでしょう。

ビーフとチキンから選べるパテ

「ヒカリ」のハンバーガーは、通常サイズのハンバーガーとジャンボサイズのハンバーガーがあります。サイズによってパテのベースが異なり、通常サイズはビーフ、ジャンボサイズはチキンベースのパテになっています。チキンの方があっさりめの味わいです。

佐世保バーガーは今では佐世保以外でも食べられますが、正式な佐世保バーガーとして認定されるにはいくつかの条件をクリアしている必要があります。佐世保に本店があること、手作りであること、地元の食材を使用していること、作り置きをしないことなどです。

ハンバーガーの種類や味付けなどはお店によって異なり、佐世保バーガーという種類のハンバーガーがあるわけではありません。佐世保バーガー認定店で提供しているハンバーガーであれば、全部のメニューが佐世保バーガーということになるのです。

トッピングも充実

「ヒカリ」のハンバーガーは、甘めのマヨネーズ系のソースが使われているのが特徴です。ソースとパテや具材とのバランスが絶妙で、とても美味しいと評判です。子供から年配の方まで、誰にでも食べやすい優しい味付けのハンバーガーといえるでしょう。

どのメニューでも味付けはほとんど同じでが、トッピングはさまざまです。主なトッピングはチーズ・エッグ・ベーコンで、メニューによっていろいろな組み合わせで楽しめます。野菜は地元産なのでとても新鮮です。プラス100円で、アボカドもトッピングできます。

佐世保バーガーの名店「ヒカリ」のおすすめメニュー

続いては、佐世保バーガーの名店「ヒカリ」のメニューの中から、特におすすめのメニューを5つご紹介しましょう。「ヒカリ」にはいろいろなメニューが揃っていますが、店舗によってメニューが少し異なり、させぼ五番街店の方が値段が高いものもあるのでご注意ください。

ハンバーガー

「ヒカリ」のおすすめメニューの1つ目は、「ハンバーガー」です。牛肉の旨みが感じられるビーフベースのパテとトマト・オニオンスライス・レタスがふっくらとしたバンズで挟まれています。「ヒカリ」のハンバーガーメニューの中で、最もスタンダードでシンプルなメニューです。値段は420円です。

スペシャルバーガー

「ヒカリ」のおすすめメニューの2つ目は、「スペシャルバーガー」です。チーズ・エッグ・ベーコンの3種類がトッピングされていて、食べ応えがあります。

「ヒカリ」の人気No.1メニューで、メニュー選びに迷ったときにおすすめです。値段は本店670円、させぼ五番街店680円です。

エッグ・ベーコンバーガー

「ヒカリ」のおすすめメニューの3つ目は、「エッグ・ベーコンバーガー」です。ビーフベースのパテや野菜と一緒に、ふんわりと焼かれた玉子焼きとジューシーで香ばしいベーコンがトッピングされています。チーズが苦手な方にもおすすめです。値段は本店610円、させぼ五番街店620円です。

ジャンボデラックスバーガー

「ヒカリ」のおすすめメニューの4つ目は、「ジャンボデラックスバーガー」です。チキンベースのパテを挟んだジャンボサイズのハンバーガーで、チーズ・エッグ・ベーコン・トマト・オニオンスライス・レタスに加えアボカドもトッピングされています。「ヒカリ」で最も豪華なメニューです。本店のみのメニューで、値段は810円です。

ベーコンバーガー

「ヒカリ」のおすすめメニューの5つ目は、「ベーコンバーガー」です。ビーフベースのパテとカリカリに焼かれたベーコンをトマト・オニオンスライス・レタスと一緒にバンズで挟んだハンバーガーで、肉の旨みをたっぷりと堪能できます。肉好きの方に一押しのメニューです。値段は510円です。

佐世保バーガーの名店「ヒカリ」のサイドメニューもおすすめ

続いては、佐世保バーガーの名店「ヒカリ」のサイドメニューについてご紹介しましょう。「ヒカリ」にはサイドメニューもいろいろと用意されていて、フライドポテト、チキンナゲット、チーズ・ポンデなどのメニューがあります。

フライドポテトはハンバーガー店の定番人気メニューですが、「ヒカリ」の本店ではLサイズであれば2種類の味から選べます。バター醤油味と塩コショウ味で、値段はどちらも310円です。210円のMサイズもありますが、Mサイズは塩コショウ味のみです。

させぼ五番街店のフライドポテトも2種類の味が揃っていますが、本店と味が異なり塩味と塩コショウ味の2種類となっています。させぼ五番街店ではLサイズだけでなくMサイズでも2種類から味を選べます。値段は本店と同じで、Lサイズが310円、Mサイズが210円です。

チーズ・ポンデは、もちもちとした食感の生地の中にとろーりとしたチーズが入っているメニューです。5個入りで、値段は320円となっています。チキンナゲットは350円です。

「ヒカリ」はドリンクメニューも充実しています。190円のコカコーラ・ジンジャエール・ウーロン茶・メロンソーダ・カルピス、320円のアイスコーヒー・アイスティー、380円のコーラフロート、310円の手作りオレンジジュース、260円のトマトジュースがあります。ホットはコーヒーと紅茶の2種類で、値段はどちらも320円です。

さらに、本店にはカップ入りのアイスクリームも用意されています。バニラ・抹茶・バニラチョコ・バニラストロベリーの4種類の味があり、値段はどれでも300円です。

セットメニューがお得

「ヒカリ」でハンバーガーとサイドメニューを一緒に注文するのであれば、セットメニューがお得です。ハンバーガーを注文しないとセットメニューは注文できません。

ポテトMサイズとドリンクのセットは370円、ポテトLサイズとドリンクのセットは470円、チキンナゲットとドリンクのセットは520円、チーズ・ポンデとドリンクのセットは480円です。させぼ五番街店では、値段がプラス30円になります。

ドリンクは、コカコーラ・ジンジャエール・ウーロン茶・メロンソーダ・カルピスの中から好きなものを選べます。本店はプラス110円、させぼ五番街店はプラス100円で、コーヒー(アイスorホット)か紅茶(アイスorホット)かオレンジジュースに変更可能です。

佐世保バーガーの名店「ヒカリ」の予約

続いては、佐世保バーガーの名店「ヒカリ」の予約についてご紹介しましょう。「ヒカリ」では作り置きをしていないため、注文してから提供されるまでに平日でも5~10分ほどかかります。休日だと混雑するので、30分以上待たされることもあります。

「ヒカリ」では、どちらの店舗でも予約を受け付けているため、もしスムーズに受け取りたい場合には事前に予約してから来店するのがおすすめです。予約をしたい場合には、電話で予約をすることができますので、ぜひ気軽に予約してみましょう。

ただし、休日でお店が混雑している場合などには、一時的に予約ができないこともあるのでご注意ください。「ヒカリ」にはイートインスペースも設けられていますが、受け付けているのは注文の予約のみで、座席の予約をすることはできません。

佐世保バーガーの名店「ヒカリ」の口コミ

続いては、佐世保バーガーの名店「ヒカリ」の口コミについてご紹介しましょう。「ヒカリ」は佐世保バーガーの代表格ともいえるお店で、口コミでも大人気です。食べログやGoogle、SNSなどにはたくさんの口コミが書き込まれています。

「ヒカリ」の詳しい口コミを確認すると、やはりハンバーガーの美味しさを絶賛する口コミが圧倒的に目立っています。老舗の佐世保バーガー店ということで、これぞ佐世保バーガーといった感じのハンバーガーを味わうことができ、他のお店の佐世保バーガーより美味しかったという口コミも多いです。

佐世保バーガーの名店「ヒカリ」の店舗情報とアクセス

最後に、佐世保バーガーの名店「ヒカリ」の店舗情報とアクセスについてご紹介しましょう。「ヒカリ」の店舗は、長崎・佐世保に本店とさせぼ五番街店の2店舗があります。佐世保以外には店舗がないため、「ヒカリ」の佐世保バーガーが食べたいときには佐世保の店舗まで行くしかありません。県外から訪れる人も多いです。

ここでは、本店とさせぼ五番街店の店舗情報とアクセスを順番にご紹介していきます。店舗情報では営業時間や定休日など、アクセスでは駅からのアクセスや駐車場の有無などについてご紹介しますので、「ヒカリ」へ行ってみたい方はぜひ参考にしてください。

本店

まずは、「ヒカリ」の本店の店舗情報とアクセスについてです。「ヒカリ」の本店は、長崎県佐世保市矢岳町にあります。営業時間は10時から20時までです。定休日は毎週水曜日で、それ以外に年末年始やお盆にも休業日があります。

テイクアウトがメインですが、イートインも可能です。昭和の雰囲気が漂う店内に、7席のカウンター席が用意されています。店内にテーブル席はありませんが、店舗の前にテラス席があります。アメリカン・エキスプレスのクレジットカードが利用可能です。

「ヒカリ」の本店へ電車でアクセスする場合には、「佐世保駅」から車で5分です。車でアクセスする場合には、西九州自動車道の「佐世保中央IC」を降りたらすぐ左側に店舗があります。国道35号からアクセスする場合には、松浦町交差点から県道26号(国際通り)へ入り、佐世保市消防局を通り過ぎて50mほどのところの右側です。

「ヒカリ」の本店には、7台分の専用駐車場が完備されています。ただし、市街地方面から行くと駐車場に入りにくいため、米海軍佐世保基地方面から行くようにしましょう。

また、お昼時には満車のことが多いので、満車の場合は真向かいにある「佐世保中央IC駐車場」をご利用ください。駐車料金は1時間100円で、駐車台数は57台です。

住所 長崎県佐世保市矢岳町1-1
電話番号 0956-25-6685

五番街店

次は、「ヒカリ」のさせぼ五番街店の店舗情報とアクセスについてです。「ヒカリ」のさせぼ五番街店は、長崎県佐世保市新港町のショッピングモール「させぼ五番街」のテラスゾーンにあります。営業時間は10時から21時までで、本店よりも閉店時間が遅めです。

年末年始を除くと定休日がないため、いつでも好きな日に利用できます。座席は全部で15席用意されていて、7席のカウンター席の他に4人掛けのテーブル席が2卓あります。お一人様でも家族連れや友人同士のグループでも利用しやすいです。

させぼ五番街は「佐世保駅」の前にあり、佐世保駅のみなと口から徒歩2分ほどで着きます。車でアクセスする場合には、西九州自動車道の「佐世保みなとIC」から1kmほどです。駐車場はさせぼ五番街駐車場を利用しましょう。駐車料金は最初の30分は無料で、以降30分ごとに100円です。1000円以上の買い物をすると90分無料です。

住所 長崎県佐世保市新港町3-1 させぼ五番街
電話番号 0956-22-0321

Thumb佐世保バーガーのおすすめ店まとめ!有名店の特徴や料金・人気の秘密は?
長崎の佐世保を訪れた際には、ボリューミーで絶品な佐世保バーガーがおすすめです。店舗ごと競うよ...

佐世保バーガーの名店「ヒカリ」へ行ってみよう!

長崎の佐世保バーガーの名店「ヒカリ」の人気の理由やおすすめメニュー、予約、口コミ、店舗情報、アクセスなどをご紹介しました。

長崎・佐世保には佐世保バーガーのお店がたくさんありますが、その中でも代表格ともいえるのが「ヒカリ」です。地元の人にも観光客にも人気があります。美味しい佐世保バーガーを食べたくなったときには、長崎・佐世保の「ヒカリ」へ行ってみてはいかがでしょうか?

関連記事

Original
この記事のライター
Hayakawa

新着一覧

最近公開されたまとめ