神社巡りの魅力・効果を徹底調査!良くないと言われる理由やマナーも解説!

神社巡りを楽しむ方が増えていて、御朱印帳なども注目を集めています。ですが、神社巡りでは良くないと言われているマネーなどがあります。参拝時のマナーはもちろんですが、神社巡りで得られる効果などを紹介していきます。正しいマナーを覚えて、神社巡りを満喫しましょう。

神社巡りの魅力・効果を徹底調査!良くないと言われる理由やマナーも解説!のイメージ

目次

  1. 1趣味で神社巡りをする人が増えている?
  2. 2神社巡りで得られる効果
  3. 3神社巡りの魅力のひとつは御朱印集め
  4. 4神社巡りの基本的な参拝マナー
  5. 5神社巡りの良くないと言われるマナー
  6. 6神社巡りに最適な時間帯はあるの?
  7. 7これから神社巡りを始めるならどこから?
  8. 8神社巡りを始めてみよう

趣味で神社巡りをする人が増えている?

近年御朱印帳や御朱印集めが人気を集めていることもあり、趣味で神社巡りを楽しむ方も増えています。有名な神社からあまり知られていない神社まで、日本各地で神社巡りが注目されています。そんな、神社巡りですが、正しいマナーなどは知っていますか?

今回当記事では、趣味で神社巡りを楽しむ方には必見の情報が満載です。神社巡りのマナーはもちろん、良くないと言われているマナーについても触れていきます。

趣味の神社巡りを満喫するためにも、知っておくのがおすすめの情報ばかりです。新しい趣味として楽しんでみようと検討している方にも、神社巡りの魅力を紹介していきます。年齢を問わずに楽しめる趣味でもあるので、ぜひ参考にして楽しみましょう。

神社巡りで得られる効果

御朱印集めなど、神社巡りを趣味で楽しむ方には目的がいろいろあります。そんな神社巡りですが、趣味で楽しむ方でも色んな効果が期待できるとして注目を集めています。そこで、まず始めに神社巡りで得られる効果について紹介していきます。

なぜ趣味で神社巡りを楽しむ方が増えているのかについても知ることができるでしょう。これから神社巡りを初めてみようと考えている方や神社巡りに興味がある方は、まずはどんな効果が得られるのかをしっかりとチェックしていきましょう。

様々な種類のご利益

神社巡りの効果としてはさまざまな効果があるのですが、一番のポイントは祀られている神様の御利益を授かることができる点でしょう。

同じ神様を祀っている神社も多いですが、八百万の神という言葉があるように日本には古くから多くの神様がいると考えられてきました。そんな神々からの御利益を授かることができるのが神社とされているので、神社巡りでは御利益を授かることができます。

一般的に神社で多い御利益となるのは、家内安全、子宝、恋愛、学業など多種に渡ります。授かりたい御利益を目的として神社巡りを趣味にしている方も多いようです。少しでも運気アップに繋げたい方は、神社巡りを趣味にして御利益を授かってみましょう。

また、神社にはパワースポットとされている場所も多いです。神社の境内の至る所にパワースポットと呼ばれている場所がある場合もあります。そのため、パワースポットの神社の場合には効果も違ってくるとされているのもポイントです。

神社のパワースポット巡りを楽しむのも神社巡りの一環になりますので、より効果を得たい方はパワースポットをチェックしておくのもおすすめです。趣味として楽しむだけでも、さまざまな効果が期待できるので神社巡りは楽しめると言えるでしょう。

リラクゼーション効果

神社巡りで得られる効果は、神社に祀られている神様の御利益だけではありません。神社の境内は静かで緑豊かな空間になっていることが多く、リラックス効果が得られると言われてます。境内を散歩するだけでも違うのでゆっくりと歩いてみるのがおすすめ。

よりリラックス効果をあげたい方は、周囲に森などがある神社を選択して神社巡りを楽しむのもいいでしょう。緑が多いほどリラックス効果は高まるとされているので、神社巡りの際にはチェックしてアクセスするのもおすすめになります。

木々の中で季節の移り変わりを楽しみながら神社巡りを楽しむのもポイントになっているので、ぜひ参考にしてリラックス効果を体感してみてください。

神社のリラックス効果は、森林だけから得られるわけではありません。先述したように、八百万の神は森羅万象の全てに宿っていると考えられています。特にパワースポットとされている神社は、境内に足を踏み入れると空気感の違いを感じることがあるでしょう。

そんな空気感も清々しい気分にさせてくれる場合も多く、リラックス効果があると言われています。パワースポット巡りが趣味の方は、違いを感じることができるのではないでしょうか。神社巡りをしながら、ゆっくりと境内を散策してみてはいかがでしょうか。

歴史に詳しくなれる

最後に紹介する神社巡りで得られる効果は、神社を通して歴史に詳しくなれる点です。神社には、それぞれ祀られている神様がいるのですが、神様として祀ることになった経緯なども含めて色々な話を知ることができるのも神社巡りの楽しみ方です。

また、その地域にまつわる言い伝えなども知ることができるのもおすすめのポイントです。同じ神様でも伝えられている話などは違っている場合もあるので、神社巡りで歴史を楽しむのも楽しみ方の一つです。神社にアクセスする際にはチェックしてみましょう。

神社巡りの魅力のひとつは御朱印集め

神社巡りの効果について紹介しましたが、神社巡りでは御朱印を集められるという魅力もあります。御朱印集めは神社巡りの一環になっているので、御朱印目的でアクセスする方も多いです。御朱印は、神社に行った記録としても残せるのが魅力になります。

これまで神社巡りをしても御朱印を集めていなかたった方も、これから御朱印集めをしても問題ないでしょう。魅力的な要素が詰まっているので、どこの神社巡りをしたのかを御朱印で記録として残してみてはいかがでしょう。

参拝後に御朱印を頂こう

多くの神社では御朱印をもらうことができるようになっています。御朱印は神社によって違いがあるので、それぞれの神社の御朱印を集めるのも楽しみ方の一つです。

中には可愛らしいイラストを描いてくれる神社などもあるのも、御朱印集めの魅力の一つと言えます。神社の御朱印は、参拝後にもらうのがおすすめです。御朱印が目的であっても、神社巡りでアクセスした場合には参拝は必ずするようにしましょう。

また、通常時に配っている御朱印とお祭りなどの特別な日限定で配布している御朱印もあります。いつでももらえる御朱印以外を集めるのも、御朱印集めの魅力と言われています。これから、御朱印集めを神社巡りで始める場合はチェックしておきましょう。

御朱印の一般的な初穂料

御朱印を貰う際には、初穂料がかかります。初穂料は神社によって違いはありますが、300円から500円となっているところが多いようです。多くの神社では初穂料がいくらなのかを記載しているのですが、中には「お気持ちで」としている場合があります。

「お気持ちで」となった際には、どれくらいの金額を払うのがいいのか迷ってしまう方も少なくありません。その際には、一般的な相場とされている300円から500円でも問題ありません。神社巡りで御朱印を貰う際には、ぜひ参考にしてください。

神社限定のおしゃれな御朱印帳も人気

神社巡りで御朱印を集める際の魅力として、御朱印帳もポイントです。文房具店などで御朱印帳は販売されているので、これから御朱印を集める方でも気軽に御朱印帳は用意できます。ですが、おしゃれな神社で購入できる御朱印帳は人気がありおすすめです。

他では購入できない御朱印帳になっているので、御朱印集めを楽しむ方は御朱印帳にも拘っている方が多いのが特徴になります。

可愛いいデザインなども多いので、お気に入りの御朱印帳を入手できたら神社巡りで御朱印集めも楽しくなってくるでしょう。御朱印帳ケースなどもあるので、最後まで綺麗な状態で保存して置けるのも魅力になるのでお気に入りの御朱印帳を見つけてみてください。

神社限定で販売されている御朱印帳ですが、どこの神社でも販売しているわけではありません。御朱印帳を作っていない神社もあるので注意しましょう。購入場所は御朱印受付と同じ場所で販売されていることが多く、1000円から2000円前後が相場となります。

御朱印帳を持っていないという方は、御朱印とセットで神社で購入するのもおすすめ。御朱印帳を初めて購入する方にも神社のおしゃれな御朱印帳は人気がありおすすめです。神社巡りの魅力を満喫したい方は、ぜひ御朱印帳もチェックしてみましょう。

Thumb御朱印集めの始め方を徹底解説!正しいマナーや集める本来の意味とは?
近頃人気の趣味に御朱印集めがあります。伝統的な形式のものだけではなく、現代的なデザインのもの...

神社巡りの基本的な参拝マナー

続いて紹介していくのは、神社巡りを趣味とするには必須の情報でマナーについてです。趣味として神社巡りを満喫するには、最低限の基本的なマナーをチェッ駆使ておくのがおすすめ。神社巡りの効果を得るにもマナーは大事なポイントになります。

普段の参拝でも利用できる基本的なマナーになっているので、覚えておくと便利です。神社巡りの魅力を満喫するためにも、ぜひ最後までチェックして参考にしてみてください。では、参拝時の基本的なマナーを順番に確認していきましょう。

参拝時の服装

最初に紹介していく基本的なマナーは、参拝時の服装になります。参拝時の服装については、特に決まりがあるわけではありません。ですが、マナーとしては露出の多い服を避けるべきとされています。特に夏場はおしゃれで魅力的な服装を選ぶ方が多いです。

ミニスカートなどは避けるべきと言われているので、散策も兼ねて神社巡りをする際には注意しましょう。また、肩を出す酔うな服装も相応しくないと言われています。

趣味で神社巡りをする際には、普段着でそのままアクセスする方も少なくありません。男女問わずに、露出は避けるように注意しましょう。また、帽子を被って境内に入るのも神様に失礼とされていてマナー違反と言われているので注意しましょう。

夏にはサンダルを履く方も増えます。厳密にマナー違反とされているわけではありませんが、サンダルは玉砂利で足を怪我する可能性もあるので注意しましょう。おしゃれを重視して怪我をすると、神社巡りの魅力を満喫できなくなってしまうでしょう。

山間などの神社に行く場合には山歩きも必須になってくるので、スニーカーなどを選択するのもおすすめです。服装は少し気遣うだけでも違ってくるので、特に夏場の神社巡りをする際にはぜひ参考にしてみてください。

鳥居をくぐる前に礼をする

続いて紹介する参拝時のマナーは、神社の鳥居についてです。意外と知らないという方も多いのですが、神社の鳥居は潜る前に一礼するのがマナーとなっています。

そもそも鳥居は神社との境界線の役目があるとされています。鳥居から先は神様の領域でもあるとしているので、そのまま通るのは失礼に値するとされています。目上の人や上司などの訪問時などと同じように、しっかりと一礼をするようにしましょう。

神様への礼儀を欠いてしまうと、御利益も授かれなくなってしまうかもしれません。運気をより良い方向へ向かわせるためにも、しっかりとしたマナーは大事な要素になります。また、帽子を被っている方は脱いでから一礼するようにしましょう。

鳥居に一礼をした後には鳥居を通るのですが、ここでも注意点があります。鳥居の真ん中は神様の通り道と言われています。そのため、鳥居を潜る際には端を歩くのがマナーとなっています。こちらも、目上の人に対する気持ちと同じになるでしょう。

さらに、参拝後に鳥居を潜った後にも一礼するのがベストとされています。神様に対する敬意の表し方の一つになっているので、神社巡りをする際には覚えておきましょう。どうしても、参道の真ん中を通る際には軽く会釈するのも敬意の表し方とされています。

手水舎で手と口を清める

続いて、神社で参拝をする際に行うのが手水舎で手と口を清めることです。不浄を持ち込み神様の前に立つのは失礼と言われているので、忘れずに手水舎を利用しましょう。

手水の流れは、左手から清めます。その後柄杓を持ち替えて右手を清め、左手に水を受け口をすすぎます。そして最後にもう一度左手を清める流れになります。柄杓1杯の水で、全ての工程を行うので一度に水を使い過ぎると失敗してしまいます。

神社によっては、手水舎に清め方を記載しているところも多いです。手順を忘れてしまっても、見ながらできるとこも多いです。慣れてしまうと手順は覚えられるので、神社巡りをする中で覚えていくのがおすすめになります。

拝礼の作法

最後に拝礼の作法についても紹介していきます。拝礼は出雲大社や宇佐神宮などでは二礼四拍手一礼ですが、基本的に二礼二拍手一礼となっています。

初めに深いお辞儀を2回します。次に柏手を2回打つのですが、この時には胸の高さで肩幅に手を開いて打つのがポイントになっています。神様にお願い事をするのは柏手を打った後で、心を込めてお祈りをして神様に祈願しましょう。

お願い事が終わったら、両手を下ろしてもう一度深いお辞儀をします。多くの神社の拝礼のマナーになっているので、神社巡りをする方は覚えておくのがおすすめ。正しい方法を行うと、礼儀作法がわかる魅力的な人に思われるのでぜひ参考にしてください。

神社巡りの良くないと言われるマナー

神社巡りの魅力やマナーについて触れてきましたが、実は神社巡りでは注意した方がいい良くないとされていることもあります。良くないとされている行為は、運気を下げてしまうことになる可能性も高いのがポイントになっています。

そこで、ここでは神社巡りをする際に注意したい良くないと言われているマナーについて紹介していきます。神社にもよってしまう部分もありますが、一般的に良くないと言われている内容をまとめました。神社巡りの際には参考にしていてください。

夜遅くに参拝する

最初に紹介する良くないとされているのは、深夜の参拝です。神社によっては期間によって夜間参拝を受け付けている場合もありますが、基本的には深夜から早朝は、陰の気が集まる時間帯と言われています。そのため、参拝には適していないと言われてます。

逆説では神様に近づける時間帯とされていて、良くないと言われているのは暗く危険があるからとも言われています。

神社によっては、真っ暗になってしまう場所も多いです。24時間参拝ができる神社の場合でも、夜にアクセスするのはおすすめしません。陰の気を受けてしまうのも、良くないことに繋がる可能性があるので参拝にアクセスする際には注意しましょう。

動物を連れて行く

続いて紹介する良くないと言われているマナーは、動物を連れての参拝です。ペットを連れて参拝をしたいという方も少なくありません。

ですが、昔ながらの由緒正しい神社などではペット同伴を禁止にしていることが多いです。これは、その昔に犬や猫などのペットを穢れとしていたからとされています。現代においては、考え方も変わりつつありますが、禁止にしているところも多いです。

ペット同伴が許されている場合には問題はないのですが、それでも良くないと言われているのが神社にいる神聖な動物たちに配慮してと言われてます。神社には神様の使いとされている動物などがいますが、ペット同伴では迷惑がかかると考えられてます。

ペット同伴での参拝は、決して良くないことが起こるというわけではありません。もともとの古くからの考えがマナーとして残っている名残でもあるでしょう。

自分のペットが他の動物に迷惑をかけられることを想像してみるのが一番でしょう。もちろん、中には犬や猫のための神社もあります。神社によっての考え方の違いなどもあるので、アクセス神社のルールを守って参拝をするようにしましょう。

ペット同伴で神社にアクセスする場合には、ゲージなどに入れておくのも配慮の一つになるでしょう。まだまだ禁止されている神社も多いので、神社巡りでアクセスする前に公式ホームページなどで確認をしておくようにしましょう。

ネガティブな気持ちになる

最後に紹介する良くないと言われているマナーは、ネガティブな気持ちになることとされています。ネガティブは、暗い気持ちになってしまうことが多いので陰の気が溢れていると言えるでしょう。そのため、浮上を持ち込む形になると言われています。

神様を不快にさせる行動と言われているので、良くないことが起きてしまう可能性もあるとされています。また、ネガティブな発言をすることも良くない行為とされてます。神様だけでなく、周囲も不快にさせてしまうので注意しましょう。

神社巡りに最適な時間帯はあるの?

ここまで隠者巡りで良くないと言われているマナーなどを紹介しましたが、次に紹介していくのは神社巡りで最適な時間帯についてです。神社巡りでアクセスするにも最適とされている時間帯は、一般的に午前中と言われています。

先述したように夜は良くないとされているのですが、神様に近づける時間とも言われています。ですが、神様に近づけるとされているのは夜だけではありません。早朝も神様に近づける時間帯とされているので、参拝時には早朝がおすすめになります。

御朱印集めで神社巡りをする場合には、早朝では開いていない場合もあります。もちろん、御朱印目的の場合は願い事が目的とは違ってくるので午前と午後にこだわる必要もないでしょう。神社巡りの目的によって、アクセスする時間を変えるのもポイントです。

また、神社によって開門時間などが異なる点も注意しましょう。公式ホームページなどでも確認ができるようになっているので、神社巡りでアクセスする前にチェックしておくのもおすすめになります。

これから神社巡りを始めるならどこから?

これまで神社巡りの魅力について紹介しましたが、これから神社巡りを始めて見ようという方も少なくないでしょう。

そこで、最後に神社巡りを始めるのにどこからスタートしたらいいのかについて触れていきます。どこから、スタートしようか迷っている方は参考にしてください。

近くにある氏神様を参拝してみよう

神社の数は、日本全国に約9万社近くあります。大きい有名な神社から、小さい神社までたくさんあるので神社巡りでスタートにどこを選択したらいいのか迷ってしまう方も少なくありません。そんな時には、自宅の近くにある氏神様を参拝しましょう。

自宅の近くにある氏神様の場合には、徒歩や自転車などでもアクセスしやすいでしょう。そのため、神社巡りのスタート地点としても最適です。

自宅の近くから、少しずつ足を伸ばしていくのもポイントです。同じ神様の繋がりで選択していくのもおすすめになりますし、パワースポットなどで選択するのもいいでしょう。スタートしてしまえば、次もアクセスしやすくなっていきます。

まずは、自分が住んでいる都道府県の中で足を運べる範囲で広げて参拝をしてみてください。実際に神社巡りの魅力も感じられるので参考にしてみてください。

神社巡りを始めてみよう

御朱印、パワースポットといろんな魅力がある神社巡り。神様への参拝で御利益を授かることもできるので、趣味として楽しんでみるのはおすすめになります。参拝時のマナーなどをチェックしておくと、神社巡りで失敗することもないでしょう。

神社巡りは誰でも始められるのも魅力になりますので、週末や休日には散策も兼ねて神社巡りを始めてみてはいかがでしょうか。年齢を問わずに楽しめるので、神社巡りを始める際にはぜひ参考にしてみてください。

関連記事

Noimage
この記事のライター
沖野愛

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ