チャーメンとはどんな食べ物なのか調査!美味しい人気店情報もあり!

北海道・横浜・長崎のご当地B級グルメとして愛される”チャーメン”という料理をご存じでしょうか。チャーメンは地域によって異なる味わいが魅力の麺料理です。この記事ではチャーメンの人気店、作り方を中心に、チャーメンの魅力を紹介します。

チャーメンとはどんな食べ物なのか調査!美味しい人気店情報もあり!のイメージ

目次

  1. 1チャーメン(炒麺)ってどんな料理?
  2. 2チャーメンの人気店・作り方を徹底解説!
  3. 3チャーメンの基本の材料
  4. 4地域による違いがあるチャーメン
  5. 5チャーメンが食べられるおすすめ店をご紹介
  6. 6チャーメンのおいしい人気店舗
  7. 7簡単!あんかけチャーメンを作ろう
  8. 8チャーメンを食べてみよう

チャーメン(炒麺)ってどんな料理?

中華料理であるにも関わらず、その土地でしか味わうことのできないご当地B級グルメがあることをご存じでしょうか。今回紹介するチャーメンは、日本のなかでも北海道・横浜・長崎など一部の地域で親しまれているご当地B級グルメです。

”チャーメン”は漢字で”炒麺”と表記します。読んで字のごとく”麺”を”炒める”ことが特徴の料理ですが、他の中華料理のように文字通りの調理工程でない点が面白いところです。

日本でメジャーな中華料理として愛される”チャーハン(炒飯)”とは似ても似つかない調理工程・材料で作られているという点も特徴的です。

チャーメンの人気店・作り方を徹底解説!

今回は中国発祥の料理の一つであるとされるチャーメン(炒麺)の基本材料、北海道・横浜・長崎など地域によって異なる作り方・材料の違い、美味しい炒麺が食べられる人気店を中心に、チャーメン(炒麺)の魅力をたっぷり紹介します。

美味しいチャーメン(炒麺)が食べられる人気店がたくさん登場しますので、ご当地グルメ・B級グルメファン必見です。

最後は自宅で作れる簡単チャーメン(炒麺)のレシピをご案内しますので、「北海道・横浜・長崎に足を運ぶことが難しい!でも人気のチャーメン(炒麺)は一度食べてみたい!」という人もチェックしてみましょう。

なお紹介するのは2021年6月時点の情報となるため、時期によってメニュー内容、価格など異なる可能性があります。

チャーメンの基本の材料

最初に、チャーメン(炒麺)の基本となる材料からご案内しましょう。チャーハンと似た名称のチャーメンは、単に「米ではなく麺を炒めるだけの料理」ではありません。使用する材料がチャーハンとは全く異なることがチャーメンの面白いところです。

チャーメンをイメージする上でもっともわかりやすいのが、私たちの身近にある”あんかけ焼きそば”、”皿うどん”などの料理です。

高温の油でカラッと揚げた麺の上に、肉、キクラゲ、チンゲン菜、タケノコ、白菜、ニンジン、うずらの卵などの材料で作った餡がたっぷりかかっています。またモヤシも王道の材料と言えるでしょう。

味付けについては塩味、醤油味の2つが王道とされており、地域はもちろん店舗によって2つの味を使い分けているパターンが多いようです。醤油味に作られたチャーメンをわかりやすくイメージするなら、身近なところでは”上海揚げそば”がそれにあたるでしょう。

基本となる材料・調理方法は以上となりますが、地域や店舗によって材料・調理方法は若干異なります。

味変に酢、からし、ウスターソースなどの調味料を使うことが多いのもチャーメンの特徴です。調味料についても地域・店舗によって異なるというのもチャーメンの面白いところです。

地域による違いがあるチャーメン

続いて、地域によって異なるチャーメン(炒麺)の違いについて見ていきましょう。比較するのは、北海道・横浜・長崎という3つの地域のチャーメンの材料・調理方法などです。

地域によって親しまれるチャーメンの材料・調理方法はもちろん、好まれる味付けも異なるため、見どころたっぷりです。

北海道のチャーメン

まず北海道のチャーメン(炒麺)の特徴から見てきましょう。北海道のチャーメンで特徴的なのは、北海道のイカ、海老をはじめとした海鮮を材料に使用している店舗が多いということ。

北海道のチャーメンは稚内市を中心に展開しているとされていますが、理由については現在でも謎のままとされています。北海道最大の都市である札幌市などでも、稚内市民のソウルフードであるチャーメンをいただくことができるので、気軽に立ち寄ることができます。

ご当地グルメに興味のある観光客にとって、札幌でもチャーメンの人気店があることは嬉しい限りではないでしょうか。

横浜のチャーメン

横浜のチャーメン(炒麺)で特徴的なのは、一見するとソース焼きそばのように見えるビジュアルです。横浜でチャーメンが人気のお店は、醤油味ベースのチャーメンを提供する人気店が多いことが特徴として挙げられるでしょう。

一部で例外もあり、ソース焼きそばのような太麺にウスターソースベースの味付けのチャーメンが大人気となっている店舗もあります。

行列のできる人気店となっており、知る人ぞ知るB級グルメを提供しているため、ご当地グルメファン必見です。今回紹介する9店舗のなかでもしっかり紹介していきます。

長崎のチャーメン

長崎もチャーメンの名店が隠された店舗です。長崎のチャーメンの食べ方で人気があるのが、ウスターソースを入れるということ。

味変にウスターソースを淹れる人も多いですが、ウスターソースとチャーメンの相性の良さの虜になったファンのなかには、はじめからウスターソースを大量投入する人もいると言います。

また他の地域ではなかなか入れないような高級食材を惜しげもなく投入する高級店があることも、長崎の特徴です。

町中華のチャーメンというより高級中華料理店のチャーメンを味わえるような店舗が登場しますので、旅行やデートなどで長崎に訪れた時の参考にしてみてはいかがでしょうか。

チャーメンが食べられるおすすめ店をご紹介

地域によって異なるチャーメン(炒麺)の材料・調理方法などがわかったところで、北海道・横浜・長崎にあるチャーメンの人気店をご案内します。

全国にはチャーメン(炒麺)が美味しいと評判の人気店がたくさんありますが、なかでも口コミ評価の高い9店舗をご案内します。

チャーメンのおいしい人気店舗

今回の記事で紹介するのは、北海道にある中華料理 香州、はらへー太、北京亭 中島店の3店舗。長崎県にある中華料理 四海樓、江山楼 中華街本店の2店舗。横浜にある萬来亭、南京亭、中華めんくい、三幸苑 港南台店の4店舗です。

全国から厳選した9店舗となっており、チャーメンの特徴、料金はもちろんお店の魅力、簡単なアクセス情報も併せてご案内します。はじめてチャーメンを食べる人は一見の価値ありです。

中華料理 香州(北海道)

最初に紹介したい北海道でチャーメンの人気店は、札幌市にある町中華の老舗・中華料理 香州です。札幌市の”中華料理 香州”はすすきの駅から徒歩7分、狸小路駅から徒歩2分ほどの場所にある店舗です。

1959年の創業以来、地元民はもちろん観光客からも愛される中華料理 香州は、シンプルなラーメン、餃子、チャーハン、焼きそばなど町中華に欠かせないメニューが充実したお店です。

そんな中華料理 香州のチャーメンの特徴は、鶏肉と豚肉を使い分けていること、ハムを使用していることです。また麺が一般的なチャーメンと比較してやや太麺であることも中華料理 香州のチャーメンの特徴です。

中華料理 香州の”五目チャーメン”は一般的にチャーメンに使われる材料に加え、ほうれん草などの野菜がたっぷりなのも嬉しいポイントです。そんな中華料理 香州には五目チャーメンのほかに海老チャーメンなどのメニューも用意。

中華料理 香州の”海老チャーメン”は北海道ならではのプリプリ食感の海老がたっぷり使用されているにも関わらず、一皿750円と格安。不動の人気を誇ります。なお五目チャーメンは一皿700円とこちらもお値打ち価格です。

住所 北海道札幌市中央区南三条西4丁目
電話番号 011-231-5688

はらへー太(北海道)

次に紹介したい北海道でチャーメンの人気店は、北海道夕張郡にある人気店・はらへー太です。夕張郡にある”はらへー太”は、栗山駅から徒歩7分ほどの場所にある店舗です。

広々とした店内、専用駐車場完備の店舗となるため、ファミリーからの人気も高い町中華となっています。そんなはらへー太でいただくことができるのは、餡に負けないモチモチ食感の麺を使用したチャーメンです。

チャーメンの基本的な材料であるキクラゲ、白菜などの野菜に加えモヤシがプラスされていることで、シャキシャキ&モチモチ食感のチャーメンを味わうことができます。さらに特徴的なのが大振りの海老、イカが入っていることです。

豚肉も入った彩り豊かな餡は醤油ベースの味わいで食欲をそそります。添えられたからしを付けて味わうのもおすすめですが、お店いちおしの食べ方が味変に酢を使うことです。

たっぷりと酢を回しかけることで最後まで飽きの来ないクセになる味わいが楽しめるでしょう。はらへー太いちおしの”チャーメン”はボリュームたっぷりですが一皿870円とリーズナブルです。

住所 北海道夕張郡栗山町中央3-69
電話番号 0123-72-0615

北京亭 中島店(北海道)

最後に紹介する北海道でチャーメンの人気店は、室蘭市にある北京亭 中島店です。室蘭市にある”北京亭 中島店”は東室蘭駅から徒歩10分ほどの場所にあり、専用駐車場もあるためアクセス良好です。

北京亭 中島店はチャーメンが一番人気の街中華です。チャーメンの専門店と言っても過言ではない北京亭 中島店では、さまざまなチャーメンの食べ方を推奨しています。

塩味ベースのチャーメンとなっていますが、醤油、ウスターソース、酢などで自分好みの味わいに仕上げて食べるのが北京亭 中島店流です。

北京亭 中島店のチャーメンのトッピングはどれも細かめに刻んであることが特徴的です。そんな北京亭 中島店のチャーメンは単品で850円、小ライスとスープのセットで900円とお得です。

住所 北海道室蘭市中島町2-27-7
電話番号 0143-43-2534

Thumb室蘭でラーメンを食べるならココ!おすすめの人気店BEST10!
たくさんの飲食店が集まる室蘭は、道内有数のグルメスポットです。その中でもラーメンに関しては多...

中華料理 四海樓(長崎)

ここからは長崎でチャーメンが人気となっている店舗を紹介します。最初に紹介したい長崎のチャーメンの人気店は、長崎市にある中華料理 四海樓です。長崎市の”中華料理 四海樓”は、長崎駅から車で15分ほどの場所にあります。

明治32年創業の中華料理 四海樓は、長崎のチャーメン発祥の店舗とされています。中華料理 四海樓のチャーメンの特徴はシンプルな塩味ベースであること、味変にウスターソース回しかけることです。

麺がパリパリ食感の細麺であること、材料にかまぼこが使われていることも大きな特徴と言えるでしょう。一皿972円で老舗の味を堪能できることも人気のポイントです。

住所 長崎県長崎市松が枝町4-5
電話番号 095-822-1296

江山楼 中華街本店(長崎)

次に紹介したい長崎のチャーメンの人気店は、同じく長崎市にある江山楼 中華街本店です。長崎市の”江山楼 中華街本店”は、築町駅から徒歩4分ほどの場所にある店舗です。

パリパリの細麺を使用したチャーメンは、あんかけに他店では見られないような材料を使用していることが特徴的です。

鶏ガラベースの風味の餡には魚のすり身だんご、肉だんご、フカヒレ、干し貝柱、干しナマコ、赤白はんぺんなどめずらしい材料がたっぷり入っています。

太麺も用意されている江山楼 中華街本店の”王さんの特上皿うどん”は、高級食材を使用していることもあり一皿1,500円です。

住所 長崎県長崎市新地町12-2
電話番号 095-821-3735

萬来亭(横浜)

ここからは横浜でチャーメンが人気の店舗を見ていきましょう。最初に紹介したい横浜のチャーメンの人気店は、麺料理が名物の萬来亭です。横浜中華街の”萬来亭”は元町中華街駅から徒歩5分ほどの場所にある店舗です。

たくさんの麺料理があり、ランチタイムはいつも大混雑する萬来亭の名物メニューの一つが、チャーメンです。萬来亭の”上海チャーメン”は自家製の太麺を使用していることが特徴です。

そのまま味わっても美味しいほどの自家製麺は、お土産用として販売されるほどの美味しさです。チャーメン以外にもたくさんの麺料理・中華料理がある萬来亭は、ランチタイムを避けて来店するのがおすすめの行列店と言えるでしょう。

住所 神奈川県横浜市中区山下町126
電話番号 045-664-0767

南京亭(横浜)

次に紹介する横浜のチャーメンの人気店は、「行列に並んででも食べたいお店」と言われる南京亭です。同じく横浜の東神奈川エリアにある”南京亭”は、東神奈川駅から徒歩3分ほどの場所にある店舗です。

サンマー麺で圧倒的な人気を誇る南京亭ですが、サンマー麺に負けない名物となっているのがチャーメンです。まるでソース焼きそばのような太さ・食感の麺に、ソースベースの餡が絶妙に絡まるのが南京亭のチャーメンの特徴です。

ソース焼きそばを彷彿とさせますが、ソース焼きそばとはまるで異なる南京亭独自のチャーメンを堪能することができるでしょう。南京亭のチャーメンでもうひとつ特徴的なのが、器からあふれんばかりに盛られるボリューム感です。

トッピングのスナップエンドウの彩りが良く、華やかな印象を与えてくれます。100円の追加料金で大盛りにすれば、さらなるボリュームで味わうことのできるチャーメンとなっていますのでたくさん食べたい人に特におすすめです。一皿1,000円という料金にも思わず納得させられるチャーメンを堪能することができるでしょう。

住所 神奈川県横浜市神奈川区西神奈川1-20-4
電話番号 045-432-0880

中華めんくい(横浜)

横浜のチャーメンの人気店として忘れられないのが、町中華で人気の中華めんくいです。横浜の本郷台駅から徒歩8分の場所にある”中華めんくい”では、一見するとソース焼きそばのようなチャーメンを味わうことができます。

豚肉、キャベツ、モヤシ、ニラなどソース焼きそばのような見た目のチャーメンは、実は醤油ベースの味付けのれっきとしたチャーメンです。

”焼きそば(チャーメン)”のメニュー名で提供される中華めんくいのチャーメンは、平打ちのストレート麺を使用している子が味の決め手となっています。

コシがあり、餡と絶妙に絡む平打ちのストレート麺は噛めば噛むほどクセになる食感です。一皿650円と非常にリーズナブルなことも人気のポイントです。

住所 神奈川県横浜市栄区柏陽6-15
電話番号 045-893-9964

三幸苑 港南台店(横浜)

今回の最後に紹介するチャーメンの名店は、横浜にある三幸苑 港南台店です。横浜の港南台エリアにある”三幸苑 港南台店”は、港南台駅から徒歩10分ほどの場所にある店舗です。専用駐車場も用意されているためアクセス良好と言えるでしょう。

メディアに登場したこともある三幸苑 港南台店では、パンチのあるチャーメンを楽しむことができます。ニンニクの効いた三幸苑 港南台店のチャーメンは、一見するとソース焼きそばのようなシンプルなビジュアルが特徴的です。

豚肉、モヤシ、ニラ、平打ちの太麺で構成されたシンプルなチャーメンは、メディアでも紹介された絶品料理です。見た目以上にニンニクの効いた味わいとなっているため食後に支障がある時や、女性は注意して注文する必要があります。

一度味わえば病みつきになること間違いなしのチャーメンは、ランチタイム限定の餃子、ライスセット850円が用意されています。半カレー、餃子といったメニューもとても安く、セットで味わっている人の姿を多く見かけることができるでしょう。

住所 神奈川県横浜市港南区港南台3-11-31
電話番号 045-831-1420

簡単!あんかけチャーメンを作ろう

最後に、今回紹介してきたチャーメン(炒麺)を自宅で簡単に楽しめるレシピをご案内します。チャーメンは麺、あんかけの2つを掛け合わせて味わう料理です。

材料となる麺は、焼きそばなどの蒸し麺を油でカリッと焼き上げる、もしくは高温の油でインスタント麺を挙げるなどの方法がおすすめです。市販されている”皿うどんの麺”などで代用してももちろん構いませんので、お好みの麺を準備しましょう。

あんかけは基本的に余り物だけで作れるため、わざわざ用意すると言うより消費したい材料を投入することがおすすめです。使う材料は豚肉、白菜、キクラゲ、モヤシなどがおすすめです。

ニンジン、うずらの卵、かまぼこなどがあれば美味しさ・彩りどちらもアップします。フライパンに油を敷いて材料を強めで炒めていくため、野菜から水分が出てきますが、水溶き片栗粉のとろみによって水分もソースとなってくれます。

炒めた材料に塩、醬油などお好みの調味料を全体の重量の約1パーセントの塩分となるよう投入します。オイスターソース、鶏ガラスープの素などを隠し味に入れると美味しさがワンランクアップするでしょう。

火を止めて水、片栗粉を2:1で解いた水溶き片栗粉を鍋に回し入れかき回し、とろみがついた時に再度強火にします。一度火を止めて再度強火にすることで、片栗粉がダマになり失敗するリスクを防げるでしょう。

完成した麺の上にあつあつのあんかけをたっぷりと添えたら、美味しいチャーメンの完成です。お好みによって酢、ウスターソースをたっぷりと回しかける、餡にからしをたっぷりと絡ませて食べるなどすると、飽きの来ないパンチのある味わいが楽しめるでしょう。

餡が余ったら、温め直してごはんに乗せれば簡単に中華丼が楽しめます。中華丼を味わう時は仕上げにごま油を適量回しかけることがおすすめです。

チャーメンを食べてみよう

チャーメン(炒麺)は北海道・横浜・長崎を中心に愛されるソウルフードです。地域によって異なる材料、調理方法、味付けが楽しめるため、ご当地B級グルメファンに魅力的な料理となっているのではないでしょうか。

「近くにチャーメンを食べられるお店がない!」という人も、自宅でお好みのチャーメンを簡単に作ることができます。ご当地B級グルメを存分に楽しみましょう。

関連記事

Original
この記事のライター
ピーナッツ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ