マクドナルドのドライブスルーが便利!注文方法から支払いまで徹底解説!

マクドナルドのドライブスルーは、車から降りることなく注文から商品お受け取りまでできるおすすめの注文システムです。今回の記事では、マクドナルドのドライブスルーを利用するにあたり知っておきたい利用手順、支払い方法、クーポン情報を中心に紹介します。

マクドナルドのドライブスルーが便利!注文方法から支払いまで徹底解説!のイメージ

目次

  1. 1マクドナルドのドライブスルーは便利!
  2. 2マクドナルドのドライブスルーを徹底解説!
  3. 3マクドナルドのドライブスルーを利用するには?
  4. 4マクドナルドのドライブスルーの手順を紹介
  5. 5マクドナルドのドライブスルーの支払い方法は?
  6. 6マクドナルドのドライブスルーではクーポンの利用は可能?
  7. 7マクドナルドのドライブスルーは簡単でおすすめ!

マクドナルドのドライブスルーは便利!

マクドナルドと言えば、言わずと知れたハンバーガー・サンドウィッチチェーン店であり、至る場所で見かけることのできるほどの人気店です。

ファストフードを取り扱うマクドナルドだけに、店内飲食だけでなく気軽にテイクアウトすることのできる2つのシステムを用意していることもおなじみです。その2つのシステムとは、店内テイクアウト、ドライブスルーの2つです。

マクドナルドのドライブスルーを徹底解説!

今回の記事ではマクドナルドの便利なテイクアウトシステムの一つである、”ドライブスルー”について取り上げていきます。

マクドナルドのドライブスルーの基本的な利用手順、ドライブスルーの支払い方法、ドライブスルーでもクーポンが使えるのかといった疑問を一つ一つ解決していきましょう。

「マクドナルドのドライブスルーを利用したことがない。ドライブスルーは使ったことがあるけどシステムがイマイチわからなかった」という人はぜひ参考にしてみましょう。

なお紹介する情報については2021年6月時点のものとなり、時期によってドライブスルーの注文手順、支払い方法、クーポン情報など異なる可能性があります。

マクドナルドのドライブスルーを利用するには?

では、実際にマクドナルドのドライブスルーを利用するにはどのようにすればいいのでしょうか。まだマクドナルドのドライブスルーを利用したことのない人にとって、ドライブスルーは未知のシステムではないでしょうか。

ここではマクドナルドのドライブスルーに関する基本的な疑問の解決をしておきましょう。マクドナルドのドライブスルーを利用するうえで、なにより重要となるポイントは以下の2つです。

2つのポイントとは、事前にドライブスルーができるか確認すること、車で注文して受け取りが完了することです。

事前にドライブスルーができるかを確認

マクドナルドのドライブスルーを利用するにあたり、最初におすすめしておきたいポイントは”事前にドライブスルーができるかを確認”しておくことです。

マクドナルドは全国に2,800店舗以上展開しており、すべての店舗でドライブスルーを利用できるわけではありません。とくに都心部のマクドナルドでは、ドライブスルーの利用できない店舗がとても多くなっています。

現在のマクドナルドで、ドライブスルーが利用できる店舗は約半数の1,500店舗と言われています。ドライブスルーを利用できるマクドナルドでは、遠目からでも分かるようにマクドナルドの”M”の頭文字の看板に、”矢印”、”ドライブスルー”が見えてくるはずです。

またドライブスルーを利用できるマクドナルドの多くの店舗では、駐車場を完備しています。それらの条件がそろった店舗であれば、マクドナルドのドライブスルーを利用することができるでしょう。

反対に、それらの条件がそろっていなければ、そのマクドナルドではドライブスルーを利用することができません。以上がドライブスルーを利用できるマクドナルドの基準ですが、直接店舗に足を運ぶ以外にもドライブスルー対応店舗か調べることはできます。

マクドナルドの公式ホームページのなかから、店舗検索でドライブスルー対応店を探してみることをおすすめします。公式ホームページからお近くの住所で検索をかけて、”絞り込み検索”で”ドライブスルー”の項目をOFFからONに変えてあげましょう。

周辺でドライブスルーに対応したマクドナルドの店舗が一覧で表示されますので、直接店舗に足を運ばずオンライン上で知ることができます。便利でおすすめの機能となっていますので、ドライブスルー利用前はぜひ利用してみることをおすすめします。

車で注文して受け取りが完了

わざわざ店内に足を運ぶことなく”車で注文して受け取りが完了”できることが、マクドナルドのドライブスルーを利用することの最大のメリットと言っていいでしょう。

マクドナルドのドライブスルーには利用者専用窓口が設置されており、注文から商品の受け取りまで、専用窓口で対応してくれます。専用窓口は2つ用意されており、1つが注文ブース、もう1つが商品の受け取り窓口です。

この時の手順については、このあと紹介する”マクドナルドのドライブスルーの手順を紹介”のなかで詳しく紹介しますが、車から一歩も出ることなく注文から商品の受け取りまで完了する便利なシステムであることは間違いありません。

「店内ではなく、車のなかで食べたい!自宅や公園など、好きな場所でマクドナルドのハンバーガーを食べたい!急いでいるので店内飲食をしている時間がない」という人に、マクドナルドのドライブスルーは便利でおすすめのシステムです。

マクドナルドのドライブスルーの手順を紹介

マクドナルドのドライブスルーの基本的な利用方法がわかったところで、実際に商品を注文し受け取るところまでの流れを見ていきましょう。ドライブスルーで注文し、商品を受け取るまでには大きく分けて4つの段階があると言っていいでしょう。

4つも段階があると聞くと「なんだか面倒」と思われるかもしれませんが、1つ1つの工程はとても簡単です。

最初に注文ブースまで車で進み、メニュー表の中から注文したい商品を伝えます。注文完了後は受け取り窓口まで進み、料金を支払い注文品を受け取れば完了となります。

注文ブースまで車で進もう

ドライブスルーの看板のあるマクドナルドを見かけたら、矢印の方向に進み注文ブースまで車で進みましょう。ドライブスルーが混雑している時は、並んでいるクルマの最後尾に着き、注文ブースにたどり着くまで待機します。

注文ブースは基本的に無人ですが、車で通りがかるとマイクから「注文はお決まりですか」といった内容の声が届きます。

メニュー表の中から注文したい商品を伝える

注文ブースにはメニュー表が張り出してあるため、注文したいメニューをマイクに向かって伝えます。この時、慌てず食べたいメニューを注文したいのであれば、あらかじめマクドナルドのアプリなどでメニュー表を参考にしておくことをおすすめします。

後続車が続いている状況で注文すると、本当に食べたいメニューを注文できなかったり、うっかり間違えたメニューを注文する、といったケースもあります。

マクドナルドの利用客は「注文するメニューがいつも決まっている」ことも多いと言われており、事前準備の必要性がない人もいるかもしれません。

しかし「期間限定商品、新商品が気になる!」という人が同伴しているケースなどがあれば、スムーズに注文を伝えられるようあらかじめメニュー決めをしておくと良いでしょう。

またクーポンを使いたい時はあらかじめ準備しておくことで、慌てず忘れずに使うことができるようになるでしょう。

ドライブスルーでのクーポンに関する情報は、今回の記事の最後に紹介する”マクドナルドのドライブスルーではクーポンの利用は可能?”のなかで詳しく紹介しますので、併せてチェックすることをおすすめします。

注文完了後は受け取り窓口まで進む

注文ブースで無事注文を伝えたら、あとは商品を受け取り支払いを済ませるだけです。先ほどもご案内した通り、商品を受け取る窓口と注文ブースは別の場所にあります。

注文ブースで注文し、注文内容の確認も終わったらそのまま徐行し、商品の受け取り窓口まで進みましょう。商品の受け取り窓口では、商品を渡すだけでなく支払いも同時に行っていますので、混雑時には時間を要することがあります。

混雑時は後続車の後ろで待機し、順番が来るまでゆっくりと待ちましょう。順番が来たら再度徐行し、注文した商品に間違いがないかを確認できたら受け取り完了です。

料金を支払い注文品を受け取れば完了

商品の受け取り窓口でメニューに間違いないかを確認したら、再度に支払いをします。支払いが完了すれば、あっという間にドライブスルーでのテイクアウトは完了となります。

以上がマクドナルドのドライブスルーの4つの利用手順でしたが、はじめての利用時でも簡単に対応できるものばかりではないでしょか。注意点があるとすれば、ドライブスルーの利用客が多く混雑している時です。

いつもとは勝手が違う上に、はじめてともなれば焦りが生じる可能性があります。あらかじめメニューを決めておけば焦りも軽減できますが、どうしても自信がなければ一度駐車場で車を停めて、店内で通常のテイクアウトを利用すると言うのも一つの手です。

一度車を降りて店内まで足を運ぶと言う手間を挟みますが、「ドライブスルーははじめてなので不安!まずは店内テイクアウトで様子を見て、雰囲気を掴みたい」という人は、あえてドライブスルーを使わないと言うのもおすすめの方法です。

マクドナルドのドライブスルーの支払い方法は?

マクドナルドのドライブスルーの利用手順がわかったところで、気になる支払い方法について見ていきましょう。現在のマクドナルドでは現金支払いだけでなく、さまざまな電子マネーを利用することができます。

交通系電子マネーやクレジットカードも利用可能のため、お会計をスムーズに済ませたい人はぜひそれらの利用をおすすめします。ここではマクドナルドでどのような種類の電子マネー、クレジットカード支払いを利用できるのか見ていきましょう。

一つ注意しておきたいのは、全国すべてのマクドナルドで電子マネー、クレジットカードを利用できると言うわけではない点です。

ただし店内飲食、店内テイクアウト、ドライブスルーなど利用形態によって支払い方法が変わるということはありませんので安心しましょう。

現金や電子マネーでも可能!

マクドナルドでは現金支払いはもちろん、電子マネーでも支払いをすることができます。現在人気上昇中の”ID”、定番人気の”nanaco”、”WAON”、”楽天Edy”、”Quic Pay”など計5種類の電子マネーが利用可能です。

楽天Edy、WAON、nanacoについてはマクドナルドの店舗内でチャージすることはできないため、その点にだけ気を付けて利用するようにしましょう。

交通系電子マネーやクレジットカードも利用可能

現在、交通系電子マネーにはさまざまな種類がありますが、多くの交通系電子マネーに対応しているのもマクドナルドの魅力です。

もっともメジャーと言われる”Suica”、”PASMO”はもちろん、”Kitaca”、”TOICA”、をはじめローカルな交通系電子マネーもマクドナルドでは使うことができます。

クレジットカードなら”Visa”、”Mastercard”、”JCB”、”アメリカン・エキスプレス”などの有名どころだけでなく、”JCB PREMO”、”ダイナースクラブカード”、”ディスカバー”での支払いにも対応しています。

マクドナルドのドライブスルーではクーポンの利用は可能?

今回の記事の最後に、「マクドナルドのドライブスルーではクーポンを利用できるの?」という疑問について解決しておきましょう。マクドナルドでは定期的にお得なクーポンを発行しています。

クーポンが適用となる商品、割引価格はその都度変わり、店内でクーポンを提示することで適用されるというようなイメージがあります。

ただし、嬉しいことにマクドナルドではドライブスルー利用時でもクーポンを利用することができます。ドライブスルーならではのクーポンの使い方についても併せてご案内しますので、最後までぜひチェックしてみましょう。

マクドナルド専用のクーポンも利用可能

マクドナルドではさまざまなクーポンを配布しており、店内飲食、店内テイクアウトだけでなく、嬉しいことにドライブスルーでも利用できるようになっています。

マクドナルドのクーポンは大きく分けて4つあると言われていますが、一般的なのは”マクドナルド公式アプリのクーポン”、”Smart Newsのクーポン”です。

他にもさまざまなクーポンがあるとされていますが、代表する2つのアプリを中心にドライブスルーでも店内飲食、店内テイクアウトと同様の使い方ができますので安心して使いましょう。

注文ブースでクーポンの番号や商品名を伝えよう

ドライブスルーでマクドナルドのクーポンを使う方法はいたってシンプルです。注文ブースでの注文時に、注文したい商品名とクーポン利用の旨を伝えましょう。

するとクーポン番号を聞かれますので、使用したいクーポンの番号を伝えます。これだけでクーポン適用となり、割引価格が反映されようになります。

Thumbマクドナルドアプリクーポンでお得に注文!ドライブスルー時の使い方など紹介!
マクドナルドのアプリクーポンを使って注文をしてみませんか。ドライブスルーなどにも使えて大変便...
Thumbマックカードはプレゼントにも最適!購入方法や使い方・おつりについても紹介!
マックカードは、マクドナルドが発行している商品券です。全国のマクドナルドで利用することができ...

マクドナルドのドライブスルーは簡単でおすすめ!

マクドナルドのドライブスルーは、車から降りることなく注文から商品の受け取りまでできる便利なサービスです。

ドライブスルーを利用する時は、注文ブースまで徐行し、メニュー表の中から注文したい商品を伝え、商品受け取り窓口まで進み、料金を支払うだけです。

クーポンを利用する時は注文時にクーポン番号を伝えるようにしましょう。店内飲食、店内テイクアウト同様、ドライブスルーも電子マネー、クレジットカード各種を使うことができます。マクドナルドの便利なドライブスルーはとても簡単なのでおすすめです。

関連記事

Original
この記事のライター
ピーナッツ

新着一覧

最近公開されたまとめ