「八方の湯」は長野・白馬村の人気日帰り温泉!料金や施設情報を調査!

長野・白馬村にある「八方の湯」は、とても人気のある日帰り温泉施設です。雄大な自然を眺めながら入浴できる露天風呂もあり、大変気持ち良いと評判です。長野・白馬村にある「八方の湯」について、ピックアップして情報を紹介していきます。

「八方の湯」は長野・白馬村の人気日帰り温泉!料金や施設情報を調査!のイメージ

目次

  1. 1長野・白馬村の「八方の湯」に行こう!
  2. 2【長野】白馬村の人気日帰り温泉「八方の湯」とは?
  3. 3「八方の湯」のおすすめポイント
  4. 4「八方の湯」の施設情報
  5. 5「八方の湯」にはサウナはないの?
  6. 6「八方の湯」の食事処
  7. 7「八方の湯」の料金
  8. 8「八方の湯」の口コミ
  9. 9「八方の湯」の施設情報とアクセス
  10. 10人気の日帰り温泉「八方の湯」へ行ってみよう!

長野・白馬村の「八方の湯」に行こう!

長野・白馬村にある「八方の湯」は、注目度の高い日帰り温泉施設であり、いつもたくさんの人でいっぱいです。ゆっくりのんびりと疲れを取ることができる場所として評判になっています。

長野・白馬村にある「八方の湯」について、基本的な施設情報やアクセスなどのこととともに紹介します。是非、行ってみることをおすすめします。

【長野】白馬村の人気日帰り温泉「八方の湯」とは?

「八方の湯」は、長野県の北安曇郡・白馬村北城にある、とても人気があって話題沸騰中の日帰り温泉施設です。

2014年に12月にオープンした比較的新しくてきれいな施設であり、誰もが利用しやすい清潔感あふれる館内となっています。

ゆっくりとできる露天風呂や内湯があって、日帰りでの入浴を思う存分堪能することができる施設となっています。

景色が最高なことでも知られている温泉であり、マイナスイオンをたっぷりと浴びながらすっきりと気分転換ができることで話題となっています。

山々を眺めながら大きなお風呂に肩までしっかりとお湯に浸かったら、日常の喧騒を忘れ、心がほっとすること間違いなしです。

温泉巡りが好きな人はもちろん、非日常感を味わいたい人・リラックスしたい人・時間を気にせず過ごしたい人などに大変おすすめの温泉です。

近くの山での登山やスキーの帰りに疲れを癒す場所としても大変人気があり、多くの人が最後の立ち寄りスポットとして訪れます。

長野・白馬村の近くに行く予定がある人は、是非少しだけ足を延ばして「八方の湯」に行ってみることをおすすめします。後悔しないときを楽しむことができます。

「八方の湯」のおすすめポイント

長野・白馬村にある日帰り温泉施設「八方の湯」は、とても多くの人で混雑することも多いほど人気のある温泉であり、雑誌やメディアにもよく登場します。

「八方の湯」がこれほどまでに多くの人を魅了し、入浴してみたい、と思わせるのにはいくつかのポイントがあるからだろう、と考えられています。

「八方の湯」の是非押さえておきたいおすすめポイントについて、選りすぐりの情報をまとめてみました。

露天風呂

「八方の湯」の押さえておきたいおすすめポイントの第一には、「露天風呂」がある、という点があるでしょう。

「八方の湯」には、変わりゆく季節の風を感じながら入浴をすることができる「露天風呂」があり、大変人気となっています。

「露天風呂」に注がれているお湯は、天然水素泉の源泉を惜しげもなく100パーセントかけ流しで使われていて、しっかりと成分を堪能することができます。

PH11を超えるほどの強アルカリ温泉のお湯なので、肌の表面に付着している角質や汚れを落としてくれる効果が抜群であり、入浴すれば、つるつるすべすべの肌になれる、として「美人の湯」とも呼ばれています。

女性からもとても注目されているお湯となっていて、遠くからでも行ってみたい温泉、として話題になっています。

お風呂からの眺め

「八方の湯」の押さえておきたいおすすめポイントの第二には、「お風呂からの眺め」が最高である、という点があるでしょう。

「八方の湯」の周辺は、高い山々に囲まれていて、白馬三山を中心とした白馬の山並みの眺めをたっぷりと楽しむことができます。

お風呂に浸かりながら大自然を感じることができ、大変気持ちが良い、と評判になっていて、のんびりと景色を眺めながら時間を忘れてお風呂に入っている人も多いです。

春・夏・秋・冬と季節ごとに変わっていく雄大な自然を眺めていれば、気分をすっと変えることができ、最高のリフレッシュになる、とされています。

是非お湯に浸かるのと同時に窓の外にも目を向けて「お風呂からの眺め」も楽しんでみることをおすすめします。

「八方の湯」の施設情報

長野・白馬村にある日帰り温泉施設「八方の湯」の館内には、とてもいろいろな施設が充実し、整っています。

「八方の湯」にある入浴施設について、事前に知っておけばより深く楽しむことができる情報を集めてみました。

内湯

「八方の湯」にある人気でおすすめの入浴施設のひとつめには、「内湯」があります。室内にあるお風呂です。

「八方の湯」の「内湯」は、広めとなっていて、手すりがあるので、誰もが入浴しやすく、手足を伸ばしてしっかりとお湯に浸かることができるようになっています。

「内湯」に注がれているお湯ももちろん、天然温泉の源泉100パーセントであり、浴槽のふちから溢れるほどなみなみと注がれています。

「内湯」は室内にあるので、天候や季節などに一切左右されずにとても良質なお湯をじっくりと楽しむことができます。

大きな窓があるので、外の景色もしっかりと眺めることができるようになっていて、開放感も満点となっています。

露天風呂

「八方の湯」にある人気でおすすめの入浴施設のふたつめには、「露天風呂」があります。屋外にある温泉です。

「八方の湯」の「露天風呂」は、岩づくりであり、ごつごつとした岩の刺激も足の裏などで感じてあわせて楽しむことができます。

「露天風呂」は、日本だけの四季をたっぷりと全身で感じながら入浴をすることができるお風呂であり、よりゆっくりとお湯に浸かりたくなります。

「八方の湯」の「露天風呂」は、屋根がついているので、雨や雪の日・風が強い日でも直接肌にあたることは少なく、心地良く入ることができるお風呂となっています。

白馬三山または白馬八方尾根スキー場などの素晴らしい眺めながらの入浴は、親しい人とのおしゃべりにも花が咲くことでしょう。

「八方の湯」にはサウナはないの?

長野・白馬村にある日帰り温泉施設「八方の湯」には、2021年6月現在ではサウナの施設は設けられていません。

どうしてもサウナに入りたいと思っている場合には、ここではなく、他の施設を調べてみると良いでしょう。

「八方の湯」でサウナによく似た入浴の仕方をする場合には、半身浴をしながらほんの少し長めに入浴するのがおすすめです。

サウナもお風呂への入浴もどちらも気持ちを開放してくれ、血流を良くし・免疫力を高めてくれるなどの効果はほとんど同じとなっています。

「八方の湯」の食事処

長野・白馬村にある日帰り温泉施設「八方の湯」には、食事処として「八方茶屋」があり、いつもたくさんの人で賑わっています。

「八方茶屋」は、「八方の湯」の館内にあり、椅子席があって、誰もがゆっくりと食事ができるようになっています。

「八方茶屋」には、名物として知られている「温泉うどん」や「野菜かき揚げうどん」などの食事メニューの他にも、湯上りに食べたい「ソフトクリーム」、喉の渇きを潤したい時に飲みたいビールなどのお酒・ジュース・コーヒー牛乳などのドリンクが揃っています。

営業時間は、月曜日と火曜日から日曜日が9時30分から20時、水曜日が12時から20時までなどとなっています。特に決まった休みはありません。

また、「八方の湯」の施設をを出たすぐのところには、温泉らーめんのお店「八方美人」があります。「温泉ラーメン」は、八方温泉を練り込んでつくられたのどごしのよさが最高である、と評判の麺が使われているラーメンです。

おしょうゆ・塩・みそ・つけ麺などの「温泉ラーメン」、または味卵とチャーシュー増量バージョンの「特性温泉らーめん」などを食べることができるようになっています。

営業時間は、11時から15時までと17時30分から19時30分までとなっています。毎週水曜日と毎月第2火曜日は休みです。

「八方の湯」の料金

長野・白馬村にある日帰り温泉施設「八方の湯」の入浴料金は、大人が800円・小人が400円と大変リーズナブルな値段となっています。

また、大小のレンタルタオルのセットが350円、タオルの販売が250円であるので、観光帰りなどに思い立って手ぶらで訪れても大丈夫です。

シャンプーやリンス・ボディソープ・ドライヤーなどは料金無料で誰もが自由に使うことができるようになっています。

「八方の湯」の口コミ

長野・白馬村にある日帰り温泉施設「八方の湯」は、とても評判となっていて、口コミやSNSなどを中心にいろいろな人の感想がUPされています。

「気持ちよかった」「のんびりできた」「また絶対に行きたい」などの良い評価の感想が多くなっていて、小さな子どもから高齢の方まで多くの人から愛されている温泉である、ということがしっかりと伝わってきます。

スキーや登山のシーズン中の夕方頃は多くの人で混みあうこともあるので、時間と気持ちにたっぷりのゆとりを考えておくと良いです。

混雑を避けたい、と思っている人は、平日や午前中・閉館間際などの時間帯に行くようにすると、比較的すんなりと入浴を楽しむことができます。

「八方の湯」でゆったりとした時間を楽しんだら、素直な感想や思いを文字や写真で表して口コミやSNSなどに投稿し、他の人にもどのような温泉であったか、ということを拡散してみると良いでしょう。

ただし、写真を撮る場合は、しっかりと周囲の人やプライバシーに配慮し、写りこみなどには注意をすることが大切です。

「八方の湯」の施設情報とアクセス

長野・白馬村にある日帰り温泉施設「八方の湯」にゆっくりとした時間を過ごしに行ってみたい、と思った時に、知っていたならすぐに行動することができる施設情報とアクセスについて、まとめてみました。

気ままに行きたいひとり旅の時・カップルデート旅の時・ファミリー旅行の時など、それぞれにあった方法や時間に行ってみることをおすすめします。

施設情報

「八方の湯」は、長野県・北安曇郡の白馬村北城にあって、とても人気度が高くなっている日帰り温泉施設です。

営業時間は、基本的には、9時から22時までで受付終了時間が21時30分となっていて、決まった休みの日はありません。

ただし、2021年度は5月6日から7月16日までが12時から20時までで受付終了時間が19時30分、7月17日から10月10日までが10時から21時までで受付終了時間が20時30分となっています。

さらには、10月11日から12月17日までが12時から20時までで受付終了時間が19時30分、12月18日からは10時から21時までで受付終了時間が20時30分となっていて、毎週木曜日は館内のメンテナンスのために12時頃からの営業となります。

季節や時期・年・社会的な状況・天候・施設の都合などによって営業時間や休みの日などが変わることがあるので、先に最新情報をGETしてから行くことをおすすめします。

アクセス

長野・白馬村にある日帰り温泉施設「八方の湯」に公共交通機関を使ってアクセスしようと思っている場合には、JRの「白馬駅」で降りて八方行きのバスに乗り換えて約5分の「八方バス停」で降りると徒歩約1分ほどですぐにアクセスすることができます。

また、周辺観光とあわせて行きたい時には、電車と合わせレンタカーなどを上手に使うのも良いでしょう。

長野・白馬村にある日帰り温泉施設「八方の湯」に自動車を使ってアクセスしようと思っている場合には、上越自動車道・「須坂長野東インターチェンジ」や「長野インターチェンジ」などで降りるとアクセスすることができます。

また、長野自動車道・「安曇野インターチェンジ」であったり「梓川スマートインターチェンジ」であったりで降りても行くことができる場所にあります。

一般的な道路を用いてのアクセスをするときには、県道322号線・国道148号線・国道406号線などを使うと良いでしょう。

「八方の湯」の近くの道路は山道となっていて、うねうねと曲がっているところも多いので、特に運転には気を付けてしっかりとハンドルを握るようにしましょう。

また、冬の雪の降る期間に行く時には、チェーンや冬用タイヤなどのしっかりとした装備を準備しておくことが重要です。

長野・白馬村にある「八方の湯」には、約100台分の車を駐車することができる大きな駐車場があります。

「八方の湯」は、「八方第二駐車場」の敷地内にあり、「八方の湯」へ入浴に行く時には、この駐車場を利用するのが便利です。

ただし、「八方第二駐車場」は、温泉利用者のみの専用駐車場ではなく、登山客やスキー客なども利用する合同駐車場となっています。

マナーやルールをしっかりと守り、節度ある駐車の仕方をするように一人一人が心配りをすることが大切となります。

また、近隣には、「八方第三駐車場」をはじめとして他にも駐車場があるので、万が一満車となっていたときには、周辺の駐車場へ回ってみると良いでしょう。

「八方の湯」へ行く時には、あらかじめいろいろな駐車場の場所をホームページなどでチェックしておくと当日に慌てずに行動できるのでおすすめです。

人気の日帰り温泉「八方の湯」へ行ってみよう!

長野・白馬村にある「八方の湯」は、人気急上昇中の日帰り温泉施設です。お湯にじっくりと浸かれば、すっと疲れも吹き飛んでしまうこと間違いなしです。

長野・白馬村の近くに行くスケジュールを立てている人は、是非ほんのちょっぴり時間をみつけて「八方の湯」にも寄ってみることをおすすめします。すっきりとした気持ちになれるでしょう。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
mina-a

新着一覧

最近公開されたまとめ