十日町観光人気11選!はずせない名所や子供にもおすすめの面白スポット紹介!

新潟県の中越地方にある十日町市は豊かな自然とアートあふれる街として知られ、観光スポットもたくさんあります。そこで十日町市の数ある観光スポットの中でも、特におすすめの人気の場所について、それぞれの特徴やアクセスについて紹介します。

十日町観光人気11選!はずせない名所や子供にもおすすめの面白スポット紹介!のイメージ

目次

  1. 1十日町は温泉とアートを楽しむ観光がおすすめ
  2. 2十日町観光におすすめのスポットを11選ご紹介
  3. 3まずは十日町へのアクセスから
  4. 4十日町の人気観光名所4選
  5. 5十日町の子供にもおすすめの観光スポット4選
  6. 6十日町観光におすすめの宿泊・温泉施設3選
  7. 7十日町観光を楽しもう!

十日町は温泉とアートを楽しむ観光がおすすめ

新潟県十日町市は、新潟県の南部、中越地方にあり、自然豊かなまちとして知られています。その豊かな自然は観光客にも人気が高く、さまざまな観光スポットが楽しめるところでもあります。また近年ではアートのまちとして知られるようになりました。そんな十日町の観光名所について紹介します。

十日町観光におすすめのスポットを11選ご紹介

十日町は市の中央に日本一の川信濃川が流れており、その川沿いの河岸段丘が雄大です。また日本有数の豪雪地帯でもあり、四季のうつろいがはっきりしているため、豊かな自然をたっぷり楽しめる観光スポットが多いところでもあります。

また、その豊かな自然から育まれた美味しい食べ物も人気が高く、特に魚沼産コシヒカリは全国的にも有名で一度は食べてみたいという方も多いでしょう。実際に十日町は稲作が盛んで、日本の原風景を味わうことができます。

十日町は歴史ファンの方にもおすすめの街です。学校の歴史で縄文時代について学ぶと必ず出てくる火焔型土地はこの十日町で出土したものであり、新潟県内、そして縄文時代で初の国宝に指定されました。十日町ではこの実物を見ることができます。

また近年、十日町はアートのまちとして知られるようになっています。特に2000年から始まった「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」は、世界最大級の野外アートの展覧会とされており、日本はもちろん世界中から芸術家をはじめとする多くの観光客が訪れにぎわいます。

さまざまな観光名所を巡り、美味しいものを食べた後は、温泉でゆっくり疲れを癒すのもおすすめです。十日町市の西部には日本三大薬湯の一つに数えられる松之山温泉をはじめとする温泉も多く、これもまた十日町の楽しみの一つと言えるでしょう。

豊かな自然が感じられる名所に、多くの現代アートが溶け込んでいる十日町は、他の土地にはない魅力にあふれています。そのなかでも特におすすめしたい観光スポットをいくつか紹介していきましょう。

まずは十日町へのアクセスから

まずは十日町市へのアクセスについて紹介しましょう。今述べたように十日町市は新潟県中越地方にあります。アクセスは電車もしくは車が利用できます。電車の場合は最寄り駅はほくほく線の「十日町」駅、「まつだい」駅となります。

遠方からアクセスする場合、新幹線を利用し、上越新幹線の「越後湯沢」駅、もしくは北陸新幹線の「上越妙高」駅まで行きます。ここからほくほく線に乗り換え、前述の駅まで行きます。十日町市の中はバスなどを利用して移動しましょう。

飛行機の場合は「新潟空港」が最寄りとなります。空港からはリムジンバスを使い25分ほどで「新潟」駅に行くことができるので、ここからは先ほどの電車、もしくは車でアクセスします。電車の場合は新潟駅から越後湯沢駅まで移動し、そこからほくほく線を利用します。

新潟、東京からは高速バスを利用してアクセスすることもできます。新潟からは「十日町車庫」までバスに乗ればいいですし、東京からの場合は「六日町IC」までバスに乗り、そこから路線バスを使い「六日町」駅まで行きます。

車でアクセスする場合は、出発地点によって最寄りのICが違います。近いのは「六日町」IC、「越後川口」ICで、ここからだと30分前後、「豊田飯山」IC、「上越」ICならば1時間ちょっとで十日町までアクセスすることができます。

このように、十日町にはさまざまなルートを使いアクセスすることができます。ぜひ都合がいいルートを使い、観光スポット巡りを楽しみましょう。

十日町の人気観光名所4選

それでは、十日町のおすすめの観光名所を紹介していきましょう。まずは十日町に行ったら外せない、必須の観光名所から紹介します。

これらの場所は日本はもちろん世界的にも知られていると言っていいほどに有名なところであり、十日町に行くならぜひ行っておきたいところです。

美人林

新潟県というと美人の里というイメージがありますが、「美人林」という名前の人気観光スポットがあります。これは松之山の丘陵地帯にあるブナ林で、その立ち姿の美しさからこの名前が付けられました。実は大正末期にいったん伐採されたものの、翌年その若芽が生えだして、野鳥の生息地として見直されたことで保護され、現在に至ります。

四季の変化が感じられる点が特に人気であり、案内人がついての体験ツアーや冬の散策ツアーなども充実しているため、ふだん自然に触れる機会が少ない子供にもおすすめの観光名所です。この入口に後で述べる「越後松之山森の学校キョロロ」があります。

アクセスは「まつだい」駅からタクシー、もしくはバスで「堺松」まで行き、徒歩で20分ほどです。車の方は「塩沢石打」ICから353号線を経由して行きましょう。

清津峡渓谷トンネル

「清津峡」は先ほど紹介した信濃川の支流、清津川が作った渓谷で、黒部峡谷、大杉谷とともに日本三大峡谷の一つに数えられる人気観光スポットです。1941年、国の名勝、特別天然記念物に指定され、柱状節理による険しい岩肌と清津川の景観が人気です。

この清津峡に作られた全長750メートルの歩行者専用トンネルが「清津峡渓谷トンネル」です。2018年のアートトリエンナーレでトンネル全体がアート作品として改修されており、トンネルの中も美しく楽しめるようになりました。さらに途中と終点には渓谷美を楽しめるスポットが用意されています。

アクセスは「越後湯沢」駅、「越後田沢」駅からバスを利用し、「清津峡入口」バス停まで行きます。車の場合は「塩沢石打」ICから国道353号線を経由してアクセスすることができます。新緑、雪景色、紅葉なども楽しめます。

星峠の棚田

十日町市松代地域には多くの棚田があり、まとめて「越後松代棚田群」と呼ばれています。特に「星峠の棚田」は某大河ドラマのオープニングにも使われた、代表的な棚田であり、約200枚の水田が斜面に広がるさまは見ごたえ十分です。

特に雲海が発生し、水鏡が輝く時期は写真撮影のベストシーズンということで、日本はもとより外国からもたくさんの人々が訪れます。展望台もあるので、景色を存分に楽しむことができます。

アクセスは「まつだい」駅が最寄りで、駅からは車で20分ほどかかります。ただし、11月中旬から4月下旬までは除雪が行われないため車が入れず、案内板などもないので、この時期の観光はできません。

笹山遺跡

最初に、十日町市からは教科書にも出てくるほど有名な国宝、火焔型土器が出たと述べましたが、その出た場所がこの「笹山遺跡」です。縄文時代と鎌倉時代から戦国時代の遺跡がある場所で、未発掘の場所を中心に移籍広場ができていて、竪穴住居なども復元されています。また「笹山縄文館」も併設されています。

歴史ファンならだれでも見たことがある火焔型土器が出た場所ということもあり人気が高く、子供連れでも興味を引く観光名所の一つです。なおこの火焔型土器は十日町市博物館にあり、タイミングが良ければ実物を見ることができます。

アクセスは「十日町」駅から車で10分ほどです。歴史探検を兼ねてレンタサイクルで来る方も多く、その場合は20分ほどかかります。また毎年、「笹山じょうもん市」もあり、特に多くの方でにぎわいます。

Thumb新潟の紅葉スポットおすすめ11選!人気の名所や見頃の時期も紹介!
全国には紅葉の美しいスポットが数多くありますが、今回は新潟のおすすめ紅葉スポットを11選にし...

十日町の子供にもおすすめの観光スポット4選

子供連れで十日町に観光に行くならば、子供が遊べる観光スポットはぜひ入れておきたいところではないでしょうか。先ほども述べたように、十日町はアートのまちとしても知られており、そのアートを一年中楽しめる観光スポットがあります。

子供が一緒に体験して楽しめるアートスポットなども多いので、子供がいるならもちろん、大人だけの場合でもぜひ加えて楽しいひと時を過ごしましょう。

まつだい「農舞台」

まつだいの「農舞台」は正式名称をまつだい雪国農耕文化村センター「農舞台」といい、こちらも2003年のアートトリエンナーレに合わせ作られたものです。さまざまなイベントを通じ、まつだいの農耕文化を体験できる施設になっており、センターの建物だけでなく、周辺の田畑や里山、森林などを総称してこのように呼ばれています。

床も天井もすべて黒板でできている部屋や円形の囲炉裏の部屋など、さまざまな部屋が用意されており、そこを巡る豊かな自然が体験できますし、またアート体験もできるなど、子供連れでも十分に楽しめます。

建物は「まつだい」駅に直結しており、観光名所めぐりの行き帰り、電車の時間までの間楽しみたいという方にもおすすめです。なお2021年7月末にリニューアルオープンする予定で現在工事中です。

住所 新潟県十日町市松代3743-1
電話番号 025-595-6180

越後妻有里山現代美術館 キナーレ

「越後妻有里山現代美術館 キナーレ」は2003年のアートトリエンナーレの拠点施設の一つとして作られた「越後妻有交流館キナーレ」の2階部分をリニューアルし、2012年にオープンしました。現在、2021年7月下旬にむけリニューアル工事をしています。

中央が吹き抜けで、ふだんは池、冬は雪原、アートトリエンナーレの時は特別展示の会場になるというのが特徴で、1階には「明石の湯」という温泉施設もあります。常設展示は2階で行われており、現代美術を収蔵しており、実際に子供などが入って楽しめるところもあります。

アクセスは「十日町」駅東口から徒歩で10分ほどです。営業時間は10時から17時まで、定休日は水曜日ですが、アートトリエンナーレの期間は営業時間が変わり、無休となります。

住所 新潟県十日町市本町六の一丁目71-26
電話番号 025-752-0117

絵本と木の実の美術館

「絵本と木の実の美術館」は十日町市の山に囲まれた鉢という集落にあった小学校を再利用しています。この学校は2005年に廃校になったのですが、その校舎を再利用して美術館としてオープンしました。

絵本作家、美術家の方がこの学校を舞台に作った物語を空間絵本としてこの建物内に具現化しており、流木や木の実、和紙などの自然素材を使ってさまざまなオブジェにしています。子供たちが物語の中に入って楽しめるため、特に人気の高い観光名所です。

最寄り駅は「十日町」駅ですが、駅から遠いので、車でのアクセスがおすすめです。営業時間は10時から17時ですが、10月と11月は16時までとなり、冬季間は休業です。水曜日、木曜日がお休みです。

住所 新潟県十日町市真田甲2310-1
電話番号 025-752-0066

越後松之山森の学校キョロロ

先ほど述べたように、「美人林」の入り口にあるのが「越後松之山森の学校キョロロ」です。雪降る里山である「雪里」の多様な生物や環境について学ぶことができる施設で、周辺には美人林のほかキョロロの森という里山があり、それらとともに自然について知ることができます。

多くの体験ツアーが用意されており、子供でも安全に里山体験をすることができるため、子供連れで十日町観光をしたいという方には特におすすめの人気施設です。特に自然観察や雪の中での体験は、他ではなかなか体験できません。

アクセスは前述した美人林と同じです。営業時間は9時から17時まで、毎週火曜日が休みです。体験ツアーなどを考えている方は予約が必要な場合もあるので、事前に確認することをおすすめします。

住所 新潟県十日町市松之山松口1712-2
電話番号 025-595-8311

十日町観光におすすめの宿泊・温泉施設3選

十日町の魅力的をたっぷり楽しんだら、その旅の疲れは温かい温泉と美味しい料理でゆっくりと癒しましょう。十日町に観光に行ったら宿泊したいところで、特に人気のあるおすすめのところをいくつか紹介します。

これらの宿泊施設は料理が美味しかったり、よい温泉があったりするので、ゆっくり癒されたい時にぴったりです。ぜひそのあたりもチェックしてみてください。

光の館

「光の館」は、2000年の第一回アートトリエンナーレで、光のアーティストと呼ばれる作家の方が、谷崎潤一郎の「陰翳礼讃」から構想を見出してつくった宿泊型体験作品です。作者の作品世界を体験できるという、世界的も例を見ない珍しい建物です。

可動式の屋根や光ファイバーを使った水の中の光など、空の色の変化や季節の変化などをじかに体験できる施設として人気が高く、リピーターの方も多く訪れるということです。

アクセスは「十日町」駅から車で15分ほどのところです。宿泊のほか、内部の見学だけもでき、4月から10月までは11時30分から15時30分、11月から3月までは15時まで受け付けています。

住所 新潟県十日町市上野甲2891
電話番号 025-761-1090

ひなの宿 ちとせ

先ほども紹介した日本三大薬湯の一つ、松之山温泉にある人気の温泉旅館が「ひなの宿ちとせ」です。松之山温泉の15倍濃度のお湯を源泉かけ流しで楽しむことができ、露天風呂などの施設もあります。また美味しいお米や山菜を使った料理もさすがの美味しさです。

アクセスですが、「まつだい」駅が最寄り駅となり、ここからはバスの無料送迎があります。また車を使ってアクセスすることももちろんできます。予約の際にアクセス方法についても問い合わせください。

住所 新潟県十日町市松之山湯本49-1
電話番号 025-596-2525

千手温泉 千年の湯

「千手温泉 千年の湯」は源泉かけ流しの天然温泉で、桧風呂のほか信濃川の自然石でできた玉石風呂、温度の違う露天風呂、一人用の信楽焼の浴槽など、さまざまなお風呂を楽しむことができる名所です。宿泊のほか、日帰りで楽しむこともできます。

炭酸水素ナトリウムを含む温泉で美肌の湯として人気が高く、また無料で足湯に入ることもできるため、観光名所めぐりの疲れを癒したい時にもぴったりです。時間帯や年齢により割引になる場合もあるので、行く前にチェックしておきましょう。

最寄り駅は「十日町」駅からバスで20分、タクシーで10分ほどです。車でのアクセスも可能です。日帰り温泉の営業時間は10時から22時までとなっており、年中無休で利用できます。

住所 新潟県十日町市水口沢121-7
電話番号 025-768-2988

Thumb十日町の温泉特集!宿泊も日帰りもできるおすすめの人気施設を紹介!
新潟・十日町には、たくさんの温泉があり、宿泊でも日帰りでもゆったりとした時間を過ごすことがで...

十日町観光を楽しもう!

十日町市には豊かな自然をたっぷり堪能できる施設やアート体験ができる施設、そして美味しい食事に温泉と、魅力的な観光名所がたくさんあります。

春の桜、夏の緑、秋の紅葉に冬の雪と、四季折々の自然の移り変わりもたっぷり感じられます。ぜひ十日町市の豊かな恵みをたっぷりと楽しんでください。

関連記事

Original
この記事のライター
茉莉花

新着一覧

最近公開されたまとめ