初島のアスレチック「SARUTOBI」が子供から大人まで大人気!予約方法は?

静岡県熱海市の沖合に浮かぶ初島にはPICA初島というリゾート施設があり、ヨーロッパスタイルの本格アスレチック「SARUTOBI」が楽しめます。ハーネスを装着して木と木の間を渡りながらチャレンジしていきます。アスレチック「SARUTOBI」についてご紹介します。

初島のアスレチック「SARUTOBI」が子供から大人まで大人気!予約方法は?のイメージ

目次

  1. 1【静岡】初島のアスレチック「SARUTOBI」とは?
  2. 2初島のアスレチック「SARUTOBI」が人気の理由
  3. 3初島のアスレチック「SARUTOBI」のコース
  4. 4初島のアスレチック「SARUTOBI」の料金
  5. 5初島のアスレチック「SARUTOBI」の予約方法
  6. 6初島のアスレチック「SARUTOBI」へ訪れた人の感想
  7. 7初島のアスレチック「SARUTOBI」の施設情報とアクセス
  8. 8PICA初島の施設
  9. 9子供から大人まで楽しめる初島のアスレチック「SARUTOBI」へ行ってみよう!

【静岡】初島のアスレチック「SARUTOBI」とは?

初島は、静岡県熱海市の沖合、相模湾に浮かぶ島です。周囲約4キロの小さな島で、静岡県で唯一の有人島となります。熱海港からは高速船で約30分のところにあり、アクセスが便利なことから日帰り観光スポットとしても人気があります。

静岡の初島にはPICA初島というリゾート施設があります。キャンプ施設やグランピング、コテージなどの宿泊施設、温泉、レストランの他、アジアンガーデン、アドベンチャーアイランドVOTAN、宝探しアドベンチャーなどのレジャー施設が用意されています。

PICA初島の多彩なアクティビティの中で、最近注目されているのが本格アスレチック「SARUTOBI」です。2017年5月にリニューアルし、全部で21のポイントがあり、大人から子供まで楽しめます。

初島のアスレチック「SARUTOBI」が人気の理由

静岡のPICA初島のアスレチック「SARUTOBI」は、子供から大人まで安全に楽しく遊べるようデザインされています。初級コースと中級コースの2つがあり、初級コースは5歳の子供から参加でできます。

中級コースは難易度が高いポイントがあり、大人も夢中になるほどです。アスレチックに直接参加しなくても、子供を応援したり写真を撮ったりして楽しむことができます。

ヨーロッパで人気の自然体験型施設

静岡のPICA初島のアスレチック「SARUTOBI」は、ヨーロッパで人気の本格アスレチックで、専用のハーネスを装着して、木の上を渡りながら目標をクリアしていきます。

一般的なフィールドアスレチックとは異なり、木と木の間に渡された丸太の上を歩いたり、ロープを使ってジャンプをしたりと、スリル満点のアクティビティが楽しめます。

移動中は、木の上から海の風景を眺めたり、木々の間を抜けたりと、景色が楽しめるのも魅力です。ハーネスはアスレチックが終了するまで外さないので、安全で楽しく遊ぶことができ、子供にもおすすめです。

メディアでも取り上げられる人気スポット

静岡のPICA初島のアスレチック「SARUTOBI」は、テレビ番組でも紹介されることが多い人気レジャー施設です。芸能人がアスレチック「SARUTOBI」に挑戦する姿を見たことがある方もいるでしょう。

PICA初島のアスレチック「SARUTOBI」はガイドブックや旅行雑誌でも紹介されています。そのため大変人気があり、予約を取るのが難しいとも言われています。

初島のアスレチック「SARUTOBI」のコース

それでは、ここから静岡の初島の人気アスレチック「SARUTOBI」のコースについて詳しくご紹介しましょう。「SARUTOBI」は第1ステージと第2ステージの2つのコースに分かれています。

全部で21のポイントがあり、第1ステージは1番から13番まで、第2ステージは14番から21番までとなっています。第1ステージは比較的簡単で初級者向け、第2ステージは難易度の高いものが多く中級者向けです。

第1ステージ

静岡の初島の人気アスレチック「SARUTOBI」の第1ステージについて詳しく見てみましょう。「SARUTOBI」の第1ステージは全部で13のポイントがあります。所要時間は大人で約30分です。

「SARUTOBI」の第1ステージは6メートルの高さのところにアスレチックが作られています。第一関門は「イングリッシュクロッシング」で、すのこのような板が何枚か連結されている上を歩いて渡ります。両脇にワイヤーの手すりが付いているので安心して渡れます。

3番めのポイントは「チベットのブリッジ」というもので、高所に張ってある網の間を歩いて渡ります。その他にも、細い丸太の上を歩いて渡るものや、1本のワイヤーの上を渡るものなど、木と木の間を渡るポイントが続きます。

ハーネスを装着しているので万が一落ちても安全なのですが、アスレチックの下にはネットが張られているわけではないので、小さな子供は怖く感じることもあるようです。

「SARUTOBI」のアスレチックコースは途中で棄権して退場することはできなず、一度スタートしたら、最後までやり遂げなくてはいけません。そのため、子供はチャレンジする前にアスレチックコースを見学し、できるかどうか確認するのがおすすめです。

コースの最後、13番目のアスレチックポイントはジップスライドです。第1ステージのジップスライドは40mの距離があり、一気に滑降すると爽快感が味わえます。

第2ステージ

第1ステージをクリアしたら、第2ステージに進みましょう。第2ステージは第1ステージをクリアした人だけがチャレンジでき、第1ステージよりも難易度がアップします。

第2ステージは第14番から第21番まで8つのポイントがあります。第1ステージよりもポイントの数が少ないのですが難易度がアップするため、クリアするまでに時間がかかります。所要時間は、大人で約30分、子供はもう少し長い時間が必要です。

第2ステージの最初の関門は「アマゾン・ブリッジ」になります。1本のワイヤーの上を歩いて渡ります。頭上にサポート用のワイヤーがあるので、しっかりとつかみながら慎重に足を進めていきます。

第15番目のポイントは「スパイダー・ウェブ」です。網状に張られたロープの上を伝わって、反対側まで渡ります。ロープは揺れるので、バランスを取りながら上手に渡るようにしましょう。

その他にも吊り橋を渡ったり、細い板の上を歩いたりと、難しいコースが続きます。第1ステージは固定されている丸太や板の上を渡るものが多いのですが、第2ステージはロープや丸太は固定されておらず、揺れる上を歩かなくてはならないので、難しくなります。

全てのポイントをクリアすると、最後はジップスライドになります。こちらも6mの高さから一気に滑走するもので、達成感を味わうことができます。

初島のアスレチック「SARUTOBI」の料金

初島のPICAリゾートにある人気アスレチック「SARUTOBI」の料金をご紹介しましょう。中学生以上の大人料金は1,900円、5歳〜小学生の子供料金は1,500円です。

PICA初島の宿泊者は割引料金で利用できます。大人の割引料金は1,600円、子供の割引料金は1,300円です。ヘルメットは無料です。レンタルの料金は、レンタルシューズがソックス付きで300円です。レンタルパンツは女性のみで料金は00円となります。

初島のアスレチック「SARUTOBI」の予約方法

PICA初島の人気アスレチック「SARUTOBI」は、オンラインでの完全予約制となっています。PICA初島の公式サイトから予約ができるので、参加人数など必要事項を入力して予約してください。

PICA初島のアスレチック「SARUTOBI」は電話での予約は受け付けていないので、ご注意ください。空きがあれば当日予約ができますが。ゴールデンウィークや夏休みなどは予約でいっぱいになってしまうので、事前予約がおすすめです。

初島のアスレチック「SARUTOBI」へ訪れた人の感想

静岡のPICA初島のアスレチック「SARUTOBI」についての口コミを紹介しましょう。「SARUTOBI」は事前予約制なので、予約をする前にチャレンジできるかどうか口コミでチェックしておくのが大切です。

PICA初島のアスレチック「SARUTOBI」については、高評価の感想が多く寄せられています。最初は高さに驚きますが、慣れてくるとあせらずにできるようになるようです。子供を含め、ゴールへ到達できる人がほとんどなので、チャレンジしてみましょう。

親子でチャレンジする人も多く、中には子供のほうが簡単に渡ってしまうという口コミもあります。また、子供が必死になってチャレンジしている様子を見ると感動するという口コミみあります。

「SARUTOBI」の第2ステージは、第1ステージよりも難しく体力が必要のようです。難関が多いので、体力に自信のある人におすすめです。特に暑い時期は体力を消耗するので気を付けてください。

難しいポイントが続きますが、ゴールにたどり着いたときの達成感は、すばらしいものがあるようです。第1ステージをクリアしたら、第2ステージにもチャレンジしてみましょう。

初島のアスレチック「SARUTOBI」の施設情報とアクセス

静岡のPICA初島内にあるアスレチック「SARUTOBI」の基本情報とアクセスをご紹介しましょう。アスレチック「SARUTOBI」の営業時間と参加できる年齢などをご紹介します。

PICA初島は日帰りでも楽しめますが、宿泊をしていろいろなアクティビティにチャレンジするのもおすすめです。アクティビティとセットになった宿泊プランも用意されています。

施設情報

アスレチック「SARUTOBI」の営業時間は10時から17時で、15時が最終受付となります。定休日は木曜です。ゴールデンウィークと夏季は営業時間や定休日が変更になるのでご確認ください。

アスレチック「SARUTOBI」は子供5歳から、身長110cm以上から利用できます。子供は保護者同伴となるので、ご注意ください。

アクセス

初島のアスレチック「SARUTOBI」は、静岡県熱海市のPICA初島の内にあります。初島へは静岡県の熱海港からアクセスできます。熱海港は、熱海駅から「熱海港・後楽園行き」のバスに乗車し約10分となります。

車で静岡の熱海港へアクセスする場合、東京方面からは東名高速道路厚木ICから約60分、東名方面からは沼津ICから約60分です。熱海港に市営駐車場があるので利用しましょう。

PICAリゾートに宿泊する場合は、予約制で宿泊者専用駐車場が利用できます。駐車料金は1泊2日3,500円で、以後1日ごとに1,750円となります。

静岡の熱海港から初島へは高速フェリーでアクセスします。予約不要で乗船でき、所要時間は約30分となります。大人の往復料金は2,640円、子供の往復料金は1,320円となります。

PICA初島の宿泊者は割引料金があります。また日帰りの場合は、PICA初島のアクティビティとセットになったお得な乗車券があります。

初島の港からPICAリゾートまでは徒歩で約10分です。90段の階段があるので、荷物を少なくするのがおすすめです。

PICA初島の施設

アスレチック「SARUTOBI」があるPICA初島にはさまざまなアクティビティが用意されています。日帰りでも遊べますが、時間に余裕がある方はコテージやテントに宿泊して楽しむのもおすすめです。

ここからはPICA初島のおすすめアクティビティや宿泊施設、レストラン情報などについてもご紹介しましょう。アスレチック「SARUTOBI」と一緒に楽しんでください。

宿泊施設

静岡のPICA初島にはアジアンリゾートヴィラ、アジアンリゾートエリア、コテージの3種類の宿泊施設があります。

アジアンリゾートヴィラは2020年3月に新しくオープンした施設で、まるでホテルのように快適に過ごせます。屋外のデッキでバーベキューをしたり、ハンモックに入ってゆったりと過ごすのもおすすめです。

レストラン

「Terrace Restaurant ENAK(エナ)」は2020年10月にオープンしたレストランで、シーフードBBQやアジアンフードが楽しめます。

シーフードBBQは3,000円からで、ホタテやサザエ、イカなどのシーフードやタコのカルパッチョなど、豪華な内容になっています。キッズコースは2,500円です。アジアのビールやトロピカルドリンク、カクテルなども楽しめます。

アクティビティ

静岡のPICA初島にはアスレチック「SARUTOBI」以外にもさまざまなアクティビティがあります。「アドベンチャーアイランドVOTAN(ボウタン)」は、小さな子供が遊べるアスレチックで、蜘蛛の巣や難波船を模した遊具があります。

「宝探しアドベンチャー」はマップを片手に島の中を歩いて、宝物を探すゲームです。島内の7つのポイントを巡り、謎を解きながら進んで行きます。子供だけでもチャレンジできるおすすめのゲームです。

PICA初島では夏季限定で屋外プールがオープンします。海のすぐそばにある開放的なプールで、ファミリーで楽しめます。プールサイドでドリンクを楽しむのもいいでしょう。

その他に、露天風呂が楽しめる入浴施設もおすすめです。海岸線ぎりぎりに露天風呂が作られているので、海との一体感が楽しめます。地下40mから沸く井戸水を温めたもので、ミネラルが豊富に含まれていて、リラックスできると好評です。

Thumb初島でグランピング体験ができる!予約方法や料金まとめ!自然を満喫!
都心からのアクセスも良い初島で、今話題のグランピングが楽しめる施設があります。初島ならではの...
Thumb初島の観光スポットガイド!グルメ&温泉もあり!子供におすすめの場所は?
初島は伊豆半島の相模湾の海上にある観光地であり、関東からも近い浮島です。静岡県熱海市にある様...

子供から大人まで楽しめる初島のアスレチック「SARUTOBI」へ行ってみよう!

静岡のPICA初島のアスレチック「SARUTOBI」は一般的なアスレチックと異なり、木の上に作られています。初心者コースと中級コースがあるので、初めての方は初心者コースからチャレンジしてみましょう。

アスレチック「SARUTOBI」は平日は空いていますが、ゴールデンウィークや夏休みは大変混み合います。予定が決まったら、なるべく早く予約をするのがおすすめです。

関連記事

Original
この記事のライター
Momoko

新着一覧

最近公開されたまとめ