コールマンのコットは寝心地抜群と口コミで人気!おすすめの商品は?

皆さんは、車中泊やキャンプで人気のコットって知ってますか。コットはベッドにもなる折りたたみベッドのことです。アウトドアブランドであるコールマンのコットも人気となっています。コールマンで車中泊やキャンプにおすすめな人気コットを口コミとともにご紹介します。

コールマンのコットは寝心地抜群と口コミで人気!おすすめの商品は?のイメージ

目次

  1. 1寝心地抜群?コールマンのコットとは?
  2. 2コールマンのコットが人気の理由
  3. 3コールマンのおすすめコット
  4. 4コールマンのコットの気になるポイント
  5. 5コールマンのコットを使うシーン
  6. 6コールマンのコットを購入した人の口コミ
  7. 7コールマンのコットはどこで買える?
  8. 8コールマン以外でおすすめなコット
  9. 9コールマンのコットをチェックしてみるべし!

寝心地抜群?コールマンのコットとは?

ここ最近、車中泊やひとりキャンプなどひとりがキーワードの癒やしブームが来ています。そんなひとりでの車中泊やキャンプにおすすめなのが、コットというアイテムです。コットは、折りたたみの簡易ベッドのことで、車中泊やひとりキャンプにはおすすめのアイテムとなっています。

コールマンは、キャンパーに人気のアウトドアブランドで、車中泊やキャンプが快適になるアイテムを取り揃えているのでおすすめです。コールマンでもコットを販売していて人気があります。

コールマンのコットは、口コミでも評判もよくおすすめのコットです。折りたたみのできるコットは、これからの車中泊やひとりキャンプには必須ではないでしょうか。コールマンで車中泊やキャンプにおすすめの人気コットを口コミとともにご紹介します。

Thumbコールマンのエアーマットは寝心地最高でおすすめ!人気商品を紹介!
コールマンのエアーマットがアウトドアで使いやすいと人気があります。テントにフィットする大型の...

コールマンのコットが人気の理由

ここでは、コールマンのコットが人気の理由についてご紹介しましょう。コールマンのコットが人気の理由にはいくつかの理由がありますが、主に2つの理由が、コールマンのコットが人気となる理由ではないでしょうか。

コールマンのコットが人気の理由のひとつには、「寝心地の良さ」が挙げられます。もうひとつの理由には、「手軽に使える」ということではないでしょうか。これら2つの人気の理由について詳しくご紹介します。

寝心地の良さ

コールマンのコットが人気の理由の大きなものとしては、「寝心地の良さ」が挙げられます。色々なメーカーで、コットは販売されていますが、コールマンは、アウトドアブランドの中でも歴史もあり、キャンパーなどからの信頼も厚いブランドです。

その人気のアウトドアブランドのコールマンが販売するコットは、口コミでも「寝心地が良い」という方がとても多いです。車中泊やキャンプをされたことがある方にはおわかりのように、朝起きた時に体がこわばっていることが記憶にあるはずです。

寝袋がそれなりに厚みがあったとしても、やはり、体が痛いということがあるはずです。コールマンのコットを使うとそのような悩みから開放されるはずです。朝にスッキリと起きることができるのでおすすめです。

手軽に使える

コールマンのコットが人気であるもうひとつの理由は、「手軽に使える」ということです。折りたたみということで、車に載せておけば、いつでも車中泊することができます。また、キャンプ場でも折りたたみということで、最小限の荷物で快適な睡眠を取ることができます。

コールマンのコットは、折りたたみなので、あっという間にテント内にベッドを設置することができるのでおすすめです。この手軽さは、いつでも車に載せておいてもいいと思わせてくれるアイテムになります。

折りたたみということで、車中泊やキャンプにとらわれない使い方もできます。自宅で、友達が急に泊まることになっても、このコールマンのコットがあれば大丈夫です。使わないときには、折りたたみなので場所を取ることもありません。

コールマンのおすすめコット

こちらでは、コールマンのおすすめコットをご紹介しましょう。コールマンのコットには、いくつかのコットが発売されてきましたが、ここでは、2つの人気コットをご紹介しましょう。

コールマンのおすすめコットのひとつめは、「トレイルヘッドコット」です。もうひとつのおすすめコットは、「トレイルヘッドII 折りたたみベッド」になります。この2つの人気コットをご紹介します。

トレイルヘッドコット

トレイルヘッドコットは、型番が2000031295で、スチール製コットということで丈夫です。ベッドとして使用するときのサイズは、190センチ・87センチ・高さが40センチです。収納時には14センチ・18センチ・高さが93センチです。重さはおよそ9キロです。

材質ですが、シートがポリエステルで、フレームがスチールです。サイドにポケットが付いていて便利です。付属品は収納ケースがあります。価格は税込6980円になります。

公式サイトで購入できるコットが、もうひとつあります。型番が2000031296のパックアウェイ(TM)コットです。ベッドとして使うときには、190センチ・64センチ・高さが38センチになります。収納時には、94センチ・17センチ・高さが22センチです。重量がアルミフレームということで4.6キロと軽いです。価格は税込14800円です。

トレイルヘッドII 折りたたみベッド

トレイルヘッドII 折りたたみベッドは、2021年7月現在、コールマン公式サイトでは販売していませんが、アマゾンでは購入することができます。価格はアマゾンで16000円ほどになります。使用する際のサイズは、190.5センチ・76.2センチ・高さが43.2センチです。

折りたたみ時のサイズは、102センチ・20センチ・高さが10センチです。重量は8.3キロです。コールマンUSAからに輸入で、コールマン・ジャパンの保証書はつかないとのことです。

コールマンのコットの気になるポイント

こちらでは、コールマンのコットの気になるポイントについてご紹介しましょう。コールマンのコットの気になるポイントを理解しておくと、購入する際も参考になるはずです。

コールマンのコットの気になるポイントのひとつに、「耐荷重」があります。その他には、「持ち運びのしやすさ」も気になるポイントになります。さらに、「ハイとローどちらがおすすめ」なのかというポイントも考慮すべき点になります。これら3つの気になるポイントは理解して購入するようにしましょう。

耐重

耐荷重ですが、このポイントを理解せずに購入してしまうと、買い換えなくてはいけないといった事態にもなりかねないので、必ずチェックをするようにしましょう。ここでは、上記でご紹介した2つのモデルの耐荷重についてご紹介します。

トレイルヘッドコットの耐荷重は、コットとして使う際には、およそ80キロとなっています。ベンチとして使うときには、70キロが2名分となります。コットとベンチでは耐荷重が変わるのでご注意ください。

トレイルヘッドII 折りたたみベッドの耐荷重ですが、2021年7月現在、コールマンの公式サイトでは取り扱いがありませんので、アマゾンで掲載されている耐荷重をご紹介します。耐荷重はおよそ136キロとなります。

持ち運びのしやすさ

コールマンのコットの気になるポイントのひとつに、「持ち運びのしやすさ」という点がありますが、折りたたみということで、かなり持ち運びはしやすくなっています。重量はおよそ9キロほどになるので、その点も男性であればなんなく持ち運びができるはずです。

持ち運びがしやすいというのは、非常に重要なポイントで、キャンプの場合で、オートキャンプサイトは問題ないですが、フリーサイトのときには、駐車場から持ち運ばなければなりません。このようなときには、この持ち運びのしやすさというのは重要です。

ハイとローどちらがおすすめ?

もうひとつコットを選ぶ上で、ハイとローはどちらがおすすめなのかというポイントも考慮する必要があります。ハイとローとはどういう意味かといいますと、コットの足の長さです。ハイは高さがあり、地面からは離れますが、ローは低く地面スレスレに寝床がきます。

ハイについては、寝床が地面から離れるということで、晩秋などのキャンプの底冷えを回避することができます。また、コットの下が空間になるので、荷物などを入れ込むことができるので、テント内がスッキリとします。

ローのコットは、なんといってもそのコンパクトさになります。バイクでのひとりキャンプをしている方は、このロータイプのコット一択になるでしょう。ただし、コールマンの公式サイトでは、2021年7月現在、ロータイプのコットは販売されていません。かつては販売されていたことはあります。

コールマンのコットを使うシーン

ここでは、コールマンのコットを使うシーンを考えてみましょう。コールマンのコットは、色々な場面で活用することができるので人気があります。アウトドアだけでない使い方もできるので、コスパの良いコットでおすすめです。

コールマンのコットを使うシーンとしては、「急な来客」のときや「車中泊」、そして「キャンプ」です。これらそれぞれのシーンでの使い方をご紹介します。

急な来客

コールマンのコットを使うシーンして考えられるのは、急な来客で宿泊をするということになった場合です。来客用の部屋があり、布団などの予備があれば別ですが、そのような用意ができない場合でも、このコットがあれば対応できます。

コットは、簡易的なベッドということもあり、基本的には友人などの宿泊が想定されます。多少高さもあり、それほど大きなスペースでもないので、ご高齢の方というわけにはいかない点も考慮しておきましょう。

少なくとも、このようなコットが自宅にあれば、対応することができます。また、日頃は、折りたたんで置くことができるので収納して置くことができるのでおすすめです。

車中泊

コールマンのコットを使うシーンで、「車中泊」も想定することができます。ただし、乗用車というわけにはいきません。ある程度、ボディーの長い自動車でなければ、広げることができないので注意してください。

長さもベッド仕様時には190センチほどになるので、ある程度ロングボディーのハイエースなどで使用することができます。コールマンのコットは、車中泊での寝心地の悪さを解消するにはもってこいのアイテムとなります。

キャンプ

広げた時のサイズがシングルということもあり、ひとりキャンプでは、このコールマンのコットは大活躍してくれるはずです。また、天気の良い日には、テントサイドで昼寝をするときにもおすすめなアイテムです。

テント内にもぴたっと収まるサイズで使い勝手が良いのでおすすめです。車に収納するときには、折りたたんで収納しておくことができます。ベッドにもベンチ代わりにもなるのでおすすめのアイテムです。

コールマンのコットを購入した人の口コミ

ここでは、コールマンのコットを購入した人の口コミについてご紹介しましょう。コールマンのコットを購入した人の口コミは、ツイッターなどで、商品名を入れて検索をすると、利用している方の口コミがつぶやかれていることもあります。

また、アマゾンや楽天といった通販会社でも、商品詳細ページに口コミが掲載されていることが多いです。購入するときには、それらの口コミを参考に購入を検討することができます。

どのような口コミが掲載されいるかというと、やはり、折りたためるということで、自宅や車で収納するにも場所をそれほど取らなくても良いという方が多いです。また、車中泊やキャンプをする方からは、「なんでもっと早く購入しなかったんだろうか」と、その快適な寝心地をすでに体験しているようです。

コールマンのコットはどこで買える?

コールマンのコットはどこで買えるかといいますと、ひとつには「店舗」があります。さらに、「オンラインショッピング」でも購入することができます。それぞれのメリットとデメリットがあるので、ご自分にあった購入方法で購入すると良いでしょう。一番は、メリットを重要視して購入先を決めると良いです。

店舗

コールマンのコットは、「店舗」で購入することができます。ご自宅そばや通勤・通学圏内に店舗があれば、「店舗」での購入もおすすめです。店舗での購入のメリットは、やはり、コットに実際に触って素材感であったり、大きさや重さを実感して購入できるということです。

コールマンの店舗が自宅そばなどの生活圏にあるかどうかは、公式サイトの店舗検索で調べることができます。もし、お近くに店舗があるようでしたら、実物を触って折りたたみの仕方など確かめて購入しましょう。

オンラインショッピング

コールマンのコットは、店舗以外には、オンラインショッピングで購入することができます。オンラインショッピングは、ひとつはコールマンの通販サイトとアマゾンや楽天などの通販会社のサイトで購入できます。

生活圏に実店舗がなかったときには、オンラインでの購入もおすすめです。アマゾンや楽天での購入は、値段が多少安いことも多いです。公式サイトのオンラインでは、ポイントなども加算されます。

コールマン以外でおすすめなコット

コールマン以外でおすすめなコットですが、ヘリノックスのコットの中には、通常はローライプで、コットレッグを使うことでハイタイプにもなるスグレモノもあります。

その他にも、アウトドアブランドで人気のスノーピークからは、寝心地抜群と口コミでも評価の高いハイテンションというコットもあります。

Thumbコールマンのインフィニティチェアが快適すぎて口コミで超人気!価格は?
キャンパーにとって、コールマンは憧れのアウトドアブランドでもあります。そのコールマンで、今、...

コールマンのコットをチェックしてみるべし!

コールマンでおすすめな人気コットを口コミとともにご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。コールマンのコットは、丈夫なものや軽くて携帯性の良いコットもあります。

コールマンのコットは、車中泊でもキャンプでもその寝心地の良さから人気となっています。車中泊やキャンプをする人は、コールマンのコットを一度試してはいかがでしょうか。

関連記事

Noimage
この記事のライター
phoophiang

新着一覧

最近公開されたまとめ