「コンビーフハッシュ」は沖縄で大人気の万能食材!おすすめの食べ方は?

沖縄名物としてメディアで紹介されたコンビーフハッシュは、沖縄で大人気の万能食材です。今回のは、コンビーフハッシュのおすすめの食べ方、人気レシピを中心にコンビーフハッシュの魅力をご案内します。そのままでも食べられるコンビーフハッシュは、おつまみにも大活躍です。

「コンビーフハッシュ」は沖縄で大人気の万能食材!おすすめの食べ方は?のイメージ

目次

  1. 1沖縄名物「コンビーフハッシュ」を食べてみよう
  2. 2コンビーフハッシュを徹底解説!
  3. 3コンビーフハッシュとは
  4. 4コンビーフハッシュのおすすめの食べ方
  5. 5コンビーフハッシュは食材としても万能
  6. 6コンビーフハッシュを使った人気レシピ
  7. 7コンビーフハッシュは沖縄以外でも購入可能!
  8. 8沖縄名物「コンビーフハッシュ」を食べてみよう

沖縄名物「コンビーフハッシュ」を食べてみよう

沖縄には、沖縄独自の料理文化があることで知られています。それに伴い、沖縄では他ではなかなか見かけることのできない独自の食材をみかけます。今回の記事でご案内する「コンビーフハッシュ」も、そんな沖縄独自の食材の1つです。

コンビーフハッシュといえば、人気のグルメ番組で大々的に取り上げられたことのある沖縄名物です。反響の大きさから現在では沖縄以外の地域でも気軽に購入できる、比較的身近な存在となっています。

コンビーフハッシュを徹底解説!

今回の記事では、沖縄名物・コンビーフハッシュを詳しく紹介します。コンビーフハッシュとはそもそもどのようなグルメなのか、おすすめの食べ方、そのまま食べられるのかなど、コンビーフハッシュに関する疑問を解決していきます。

記事の最後には、コンビーフハッシュを使った人気レシピ、コンビーフハッシュの簡単な購入方法についてもご案内します。

「以前番組で気になっていたコンビーフハッシュを使ってみたい!気になっているけど購入方法がわからない!」といった人に必見の情報が登場しますので、気になる人はぜひ最後までチェックしてみましょう。

なお紹介するのは2021年7月時点の情報となり、記事のなかで登場するコンビーフハッシュの購入方法・参考価格は時期によって異なる可能性があります。

コンビーフハッシュとは

そもそもコンビーフハッシュとは、どのような食材なのでしょうか。コンビーフハッシュは、株式会社沖縄ホーメルが製造・販売まで手掛けるロングセラー商品です。コンビーフハッシュのおもな原料は牛肉、ジャカイモです。

厳選した上質な牛肉、遺伝子組み換えでないジャガイモを使用していることが特徴です。そんなコンビーフハッシュには大きく分けて2種類の商品があります。

1つがレトルトパウチの「レトルトコンビーフハッシュ70g」、もう1つが缶詰タイプの「缶詰コンビーフハッシュ80g」です。

どちらも沖縄では食材として広く愛される存在ですが、実際には食材であり調味料でもあります。

ビーフハッシュとはそもそも、沖縄以外の地域でも愛されるロングセラー商品「コンビーフ」に、ジャガイモをたくさん入れたシンプルな食材です。

そのため、まだコンビーフハッシュを食べたことがなくても味の想像がしやすいという人も多いのではないでしょうか。

コンビーフの塩気・パンチのある味を、ジャガイモの淡泊な風味でまろやかに抑えているため、とても食べやすく感じる人も多いと言います。

特に缶詰タイプのコンビーフハッシュは賞味期限が3年と長く、常温保存が可能のため、沖縄では常備食として定番としても愛されています。コンビーフハッシュは、台風の多い沖縄ならではの常備食であり、食材でありながら調味料でもあるのです。

コンビーフハッシュのおすすめの食べ方

沖縄で愛される名物・コンビーフハッシュは、さまざまな食べ方に対応する万能食材です。チャンプルーをはじめ、さまざまな沖縄料理との相性が良いことはもちろん、オムレツ、サンドウィッチ、チャーハン、サラダなど、幅広い料理に利用するのにおすすめです。

和食にアクセントを加えたい時、中華料理の隠し味として、洋食ならメインとして利用するのもおすすめの食べ方となっています。コンビーフハッシュは通常のコンビーフと違い、ジャガイモはたくさん入っている分、塩分が抑えられています。

塩分が抑えられていることにより、味の調整がしやすく、メインとしても隠し味としても使い勝手が良いです。料理にパンチを加えたい時、ジャガイモのシャリシャリとした食感をプラスしたい時、コンビーフハッシュは大いに役立つことでしょう。

アイディア次第で様々な食べ方で楽しめるコンビーフハッシュは、万能食材として紹介されるのにふさわしい商品です。

まずはそのまま食べてみよう

そんなコンビーフハッシュですが、じつはそのまま食べるというのもおすすめの食べ方です。コンビーフハッシュは加熱済みの食品となりますので、生でそのまま食べることもできます。

沖縄でコンビーフハッシュをそのまま食べる時は、ご飯と一緒に食べるというより、お酒のお供として食べられることが多くなっています。

「コンビーフをそのまま食べるのは塩辛いけど、ジャガイモが入っているコンビーフハッシュはさっぱりとしていて食べやすい」と、沖縄では定番のおつまみとして広く人気です。

そのまま食べる時のおすすめの食べ方ですが、お好きなサイズにカットしお皿に盛りつけるだけです。そのまま食べるのはもちろん、お好きな食材を添えて立派な一品料理を完成させるのも良いでしょう。

コンビーフハッシュはさまざまな食材、調味料との相性が良い商品ですが、なかでも相性が良いとされるのがマヨネーズです。マヨネーズを添えて味わってみるのもおすすめの食べ方です。

コンビーフハッシュは食材としても万能

調味料、そしてそのままおつまみとして食べられることの多い沖縄名物コンビーフハッシュですが、食材としても万能といわれています。和食・洋食・中華さまざまな料理に使えることはもちろん、自分だけの創作料理にも幅広く対応してくれるでしょう。

例えばインスタントラーメンのトッピングとして、たまごかけご飯のちょい足し食材として、豆腐に添えて一品料理を楽しむのも良いでしょう。アイディア次第でさまざまな食材に対応するコンビーフハッシュには、おすすめのアレンジレシピが数多くあります。

コンビーフハッシュを使った人気レシピ

ここからは、そんなコンビーフハッシュを使った人気レシピを紹介していきましょう。コンビーフハッシュの人気レシピとして紹介するのは、コンビーフハッシュオムレツ、コンビーフハッシュサンド、コンビーフハッシュ入りサラダ、コンビーフハッシュチャーハンの計4品となります。

コンビーフハッシュは、特にマヨネーズとの相性が良いとされる食材です。どのメニューにもマヨネーズが登場しますので、マヨネーズ好きの人にたまらないレシピばかりとなっています。

コンビーフハッシュオムレツ

コンビーフハッシュを使った人気レシピの1つ目に紹介するのは、コンビーフハッシュオムレツです。コンビーフハッシュオムレツは、コンビーフハッシュそのままの味わいを活かしたシンプルなレシピとなります。

このレシピをもとに、オリジナルの味付けをするのもおすすめです。材料はレトルトパウチのコンビーフハッシュ1袋、もしくは缶詰タイプのコンビーフハッシュ1缶です。

タマゴ2個、牛乳もしくは豆乳をおおさじ2杯、マヨネーズ大さじ1杯、レトルトパウチのコンビーフハッシュを使用する時は塩コショウ少々プラスしましょう。缶詰タイプならブラックペッパーで十分です。

チーズの効いたオムレツが好きな人はお好みの量のとろけるチーズを少々用意します。作り方の手順は、最初にコンビーフハッシュ、とろけるチーズ以外のすべての材料をボウルで混ぜ合わせます。

油を敷いたフライパンに混ぜ合わせた卵液を投入し、お好みの硬さにタマゴを焼き上げます。中火が調整しやすいため、火力は中火がおすすめです。半熟のオムレツが好きな人は早めにコンビーフハッシュ、とろけるチーズをフライパンに投入します。

しっかりと火の通った硬めのオムレツが好きな人は、焼き目が付くまでしっかり火を通すと良いでしょう。お皿に盛りつければ、コンビーフハッシュオムレツの完成となります。

コンビーフハッシュサンド

コンビーフハッシュを使った人気レシピの2つ目に紹介するのは、コンビーフハッシュサンドになります。コンビーフハッシュサンドのレシピには決まりがないため、ここではもっとも手軽で定番の、キャベツを使ったコンビーフハッシュサンドを紹介します。

使用するのはキャベツ3分の1枚、8枚切りの食パン2枚、コンビーフ35グラム、マヨネーズ小さじ2杯、ブラックペッパー少々です。作り方は簡単で、千切りキャベツ、コンビーフハッシュ、マヨネーズ、ブラックペッパーを和えます。

トーストした食パンに和えた食材をサンドし、お好みのサイズにカットするだけです。ホットサンドメーカーを使うのもおすすめの食べ方です。

コンビーフハッシュ入りサラダ

コンビーフハッシュを使った人気レシピの3つ目に紹介するのは、コンビーフハッシュ入りサラダです。コンビーフハッシュ入りサラダもアレンジの幅があり、どれもおすすめですが、ポイントは生で食べられる食材で手軽に作ることです。

コンビーフハッシュ75グラムもしくは80グラム、千切りキャベツもしくはレタスをお好きな量、苦手でなければスライスタマネギを用意しましょう。

スライスタマネギの辛味が苦手な人は水にさらす、もしくは入れなくても問題ありません。お好きな野菜を用意しましょう。

コンビーフハッシュに相性抜群のマヨネーズを大さじ2分の1を和えれば、コンビーフハッシュ入りサラダの完成となります。

コンビーフハッシュチャーハン

コンビーフハッシュを使った人気レシピの4つ目に紹介するのは、コンビーフハッシュチャーハンです。コンビーフハッシュチャーハンもアレンジのしやすいメニューですが、ポイントは材料を極力少なくすることです。

材料を多くすると、コンビーフハッシュを入れた意味が薄れてしまうため、その他の材料は少なめにしましょう。おすすめは、タマゴ、ご飯、刻みタマネギ、ネギなどの材料だけで作ることです。

コンビーフハッシュチャーハンとマヨネーズの相性が良いため、マヨネーズを隠し味に入れるのもおすすめの食べ方です。

ラード、マヨネーズ、もしくはサラダ油を敷いたフライパンに刻みタマネギ、お椀一杯分のご飯、溶きタマゴ、コンビーフハッシュの順で投入します。

ご飯のダマがなくなるよう炒め、香ばしい香りがしてきたらコンビーフハッシュチャーハンの完成です。

コンビーフハッシュは沖縄以外でも購入可能!

最後に、今回の記事で紹介してきた沖縄名物コンビーフハッシュがどこで買えるのかについて見ていきましょう。コンビーフハッシュは、すでにご存じの通り沖縄名物のため、沖縄のスーパーマーケット、ギフトショップをはじめ、沖縄の至るところで発見できます。

沖縄旅行のついでに購入するのがもっとも確実な方法ですが、沖縄に行く予定のない人はどこで購入すれば良いのでしょうか。

沖縄以外での購入については、大きく分けて2つの方法があります。1つはオンラインショップを利用すること、もう1つはカルディを利用することです。

オンラインショップで購入

コンビーフハッシュを沖縄以外の場所で購入できる場所の1つ目は、オンラインショップです。コンビーフハッシュの元祖といわれる株式会社沖縄ホーメルでは、オンラインショップを開設していません。

オンライン上からコンビーフハッシュを購入する時は、Amazon、楽天といったオンラインショップからの購入をおすすめします。オンラインショップで購入することのメリットは、なんといっても自宅まで届けてくれることです。

デメリットは、1度に複数のコンビーフハッシュを購入しなければならないことです。Amazon、楽天などのオンラインショップでは、コンビーフハッシュを1袋単位で販売していません。

そのため「はじめてコンビーフハッシュを注文する、コンビーフハッシュを一度試してみたい」という人にとってハードルは高いといえるでしょう。1袋単位で購入したい人は、次に紹介するもう1つの購入方法を参考にしてみましょう。

カルディで購入

コンビーフハッシュを沖縄以外の場所で購入できる場所の2つ目は、カルディです。カルディとはご存じ、「コーヒーと輸入食品のワンダーショップ」として全国展開する人気チェーン店です。

全国の至るところに店舗を持つため、コンビーフハッシュをもっとも手軽に購入できる場所の1つといって言いでしょう。オンラインショップと違い、カルディで購入することのメリットは1袋単位で購入できること、そして送料が必要ないことです。

カルディの販売するコンビーフハッシュは、コンビーフハッシュの元祖といわれる株式会社沖縄ホーメルのコンビーフハッシュになります。

残念ながら缶詰タイプのコンビーフハッシュの用意はなく、レトルトパウチのみの用意となりますが、135グラム248円というお手頃価格で買えるためお買い得です。

普段の料理に取り入れるのにぴったりの値段設定なだけでなく、手軽に買えるお土産としてもおすすめの商品です。

沖縄名物「コンビーフハッシュ」を食べてみよう

沖縄名物コンビーフハッシュは、食材でもありそのままおつまみとしても楽しめる万能食材です。幅広いアレンジレシピにも対応するため、さまざまな食べ方が楽しめることが人気のポイントといって良いでしょう。

そんな沖縄名物コンビーフハッシュは、沖縄以外の場所でも手軽に購入することができます。まだ食べたことのない人は、沖縄名物コンビーフハッシュを一度食べてみてはいかがでしょうか。

関連記事

Original
この記事のライター
ピーナッツ

新着一覧

最近公開されたまとめ