ダイソーのヘッドホンはハイクオリティーでコスパ抜群!500円で買える?

ダイソーは、クオリティーの高い商品がたくさんある100均ショップとして人気があります。ダイソーは、今や生活雑貨だけでなく、ヘッドホンなどの電化製品も販売していて人気です。ダイソーでおすすめな300円や500円のヘッドホンを音質などをチェックしつつご紹介します。

ダイソーのヘッドホンはハイクオリティーでコスパ抜群!500円で買える?のイメージ

目次

  1. 1ダイソーの人気商品ヘッドホンの魅力を解説
  2. 2デザインがかっこいいダイソーのヘッドホン
  3. 3ダイソーのヘッドホンの音質を調査
  4. 4ダイソーのヘッドホンの口コミ評価
  5. 5ヘッドホンと一緒におすすめしたいダイソーの商品
  6. 6ダイソーのヘッドホンを購入する際に注意する点
  7. 7ダイソー以外にヘッドホンがおすすめな100均ショップ
  8. 8まだまだ進化し続けるダイソーのヘッドホン

ダイソーの人気商品ヘッドホンの魅力を解説

100均ショップの中でも、ナンバーワンの店舗数を誇るのが、ダイソーです。ダイソーでは、生活雑貨から家電製品まで生活にあったら良いなという商品を豊富な種類、取り扱っています。ダイソーは、数ある100均ショップの中でも人気のあるショップです。

そんな人気の100均ショップ、ダイソーでは、ヘッドホンが売っているのをご存知ですか。100円のイヤホンではなく、ヘッドホンです。今や、家電屋さんが取り扱うような商品も取り扱っています。

最近のダイソーを含めた100均ショップでは、100均だけでなく、300円や500円といった商品の取り扱いも多くなっています。300円や500円の商品は、とてもクオリティーが高いものが増えていておすすめです。

ダイソーで販売している300円や500円の商品の中に、ヘッドホンがあります。ヘッドホンというと、家電屋さんで5000円以上の商品が多い中、300円や500円のダイソーのヘッドホンのクオリティーが気になるのではないでしょうか。

ダイソーで販売している300円や500円のヘッドホンは、通勤・通学の際に十分使える音質なのか気になるところです。ダイソーで販売している300円や500円のヘッドホンの音質などのクオリティーや人気のヘッドホンをご紹介します。

Thumbダイソーの在庫確認&お取り寄せ方法は?問い合わせから注文の仕方までガイド!
ダイソーでお目当ての商品の在庫がなかった時、お取り寄せできることをご存じでしょうか。ダイソー...

デザインがかっこいいダイソーのヘッドホン

ここでは、デザインがかっこいいダイソーのヘッドホンについてご紹介しましょう。ダイソーのヘッドホンは、300円や500円といったリーズナブルでありながら、かっこいいと評判のヘッドホンということで、最近、ネット上でも話題となっています。

ダイソーは、商品開発力にも優れた会社であるため、あまりにもおもちゃのようなヘッドホンを販売するとは思えません。ダイソーのヘッドホンが、細部までこだわりのあるヘッドホンということで口コミでも評判となっています。

デザインがかっこいいと評判のダイソーのヘッドホンで、300円や500円のヘッドホンをご紹介しましょう。ダイソーの商品開発力を感じることのできるヘッドホンなのか、音質も含めて検証していきましょう。

300円のヘッドホン

まず、デザインがかっこいいと評判のダイソーのヘッドホンから300円のヘッドホンをご紹介しましょう。ダイソーには、300円のおしゃれでかっこいいヘッドホンがありおすすめです。ダイソーのこの300円のヘッドホンですが、常に進化している点がスゴいです。

以前発売になった500円のヘッドホンよりも音質が良くなっていると口コミでの評判です。音質は、多少のくもりがあるにしても、全体的には音楽が聞きやすくなっています。ポップな音楽を聞くだけでしたら、十分な音質となっています。

300円のヘッドホンのスペックですが、超低音(super bass)であるということで、12.5Hzから32Hzになります。このヘッドホンは、耳にかぶせるオーバーイヤー型です。

新しく販売されている300円のヘッドホンは、アルミケースということもあり、とてもおしゃれになりました。以前の300円ヘッドホンのときには、ケースがプラスチックだったので、多少安っぽさがありましたが、今回の300円のヘッドホンは、十分合格点があげれるのではないでしょうか。

500円のヘッドホン

ダイソーには、300円のヘッドホンの他に、500円のヘッドホンも販売されています。500円のヘッドホンは、300円のヘッドホンと比べて音質がどうなのかなどについてお話しをしていきましょう。

3.5mmプラグですが、iPhoneとつなげるためには変換ケーブルが必要になります。ケーブルの長さが120センチです。本体の素材は、ABS樹脂でプラスチックなのでとても軽いのでおすすめです。

ダイソーのヘッドホンの音質を調査

こちらでは、ダイソーのヘッドホンの音質を調査してみましょう。ダイソーのヘッドホンの音質を300円と500円を比較しながら、ご紹介しましょう。300円のヘッドホンがリニューアルされたこともあり、500円の音質にも負けないくらいになってきました。

300円と500円のヘッドホンの音質を聴き比べると、重低音を楽しみたいうと言う方は、500円の方を購入する方が良いでしょう。ただ、ポップスなどを聴き比べをしてみても、とんでもないほど違いが明確ではないで、予算を押さえたい人は300円でもいいかもしれません。

音質は低音が強め

ダイソーのヘッドホンの音質は、低音が強めということで人気があります。特に、500円のヘッドホンは、300円に比べると、重低音は32Hzから80Hzとなっています。ただ、オーバーイヤー型ヘッドホンではありますが、そこまでぴったりとフィットするということではありません。

通勤や通学時にも十分使えるレベルなので、コスパの良いヘッドホンということで人気があります。音楽全体を聞くには十分のヘッドホンになります。オーバーイヤー型ヘッドホンがワンコインで購入できる時代がくるとは誰もがびっくりではないでしょうか。

特に、自宅で使う分には、周りの環境が静かであれば、ポップミュージックなどであれば、十分な音質を楽しむことができます。

ダイソーのヘッドホンの口コミ評価

こちらでは、ダイソーのヘッドホンの口コミ評価についていくつかご紹介していきましょう。やはり、300円や500円のヘッドホンというと、音質も含めて口コミを調べてから購入すると良いでしょう。

ダイソーのヘッドホンの口コミ評価については、どの様に調べればいいかといいますと、やはり、インターネットで「ダイソー、ヘッドホン、口コミ」と検索をすれば必要な口コミは手に入るはずです。

ダイソーのヘッドホンの口コミ評価を見ていくと、やはり、まずは、この価格にびっくりするようです。また、この金額から考えれば、妥当ということで納得して購入する方が多いようです。

音質についても、ポップミュージックなどであれば、ボーカルの音も音楽も十分聞こえるという口コミでも評価です。これらの口コミでの評価を鑑みて購入を検討しましょう。

ヘッドホンと一緒におすすめしたいダイソーの商品

こちらでは、ヘッドホンと一緒におすすめしたいダイソーの商品についてご紹介していきましょう。ダイソーというショップは、通常の目的に便利に使われるものから、発想の転換で、通常の使い勝手ではないけれども使いやすい商品もたくさんあります。

ダイソーではヘッドホンに便利に使える商品もあるのでおすすめです。ヘッドホンと一緒におすすめしたいダイソーの商品から、「バナナスタンド」と「延長コード」、「収納ボックス」をご紹介します。

バナナスタンド

バナナスタンドは、ダイソーで100均で売っているバナナをぶら下げておくためのアイテムとなっています。なぜ、このバナナをぶら下げるアイテムがおすすめかというと、バナナをぶら下げるところに、ヘッドホンをぶら下げて見てください。

そうすると、ピタッと収まりよくヘッドホンがぶら下がるではないでしょうか。自宅でヘッドホンを使っていると置き場に困るということもあるはずです。

そんなときには、このバナナスタンドを購入しておけば、簡単にヘッドホンをぶら下げておくことができます。100均のダイソーでは、このようにおすすめのアイテムがあるので人気です。

延長コード

延長コードは、やはり、300円も500円もヘッドホンには120センチのコードが付いていますが、それであると、短めということもあります。そんな時には、スマートフォンアクセサリーの売り場へいくと、コード類が売っています。

自宅の中でも外でも使う際に、コードが短いということもあるはずです。そのようなときには、100均で延長コードを買いましょう。なお、変換ケーブルですが、iPhone用のものは販売されていませんので、アマゾンなどで購入しましょう。

収納ボックス

収納ボックスは、購入したヘッドホンを閉まって奥にはおすすめなアイテムです。ヘッドホンの大きさの収納ボックスもあるのでおすすめです。300円や500円とかなりリーズナブルなヘッドホンのために、ケースなどは付属となっていません。

ですので、購入したヘッドホンを収納するボックスは人気があります。机の上で、コードとともにごちゃごちゃしやすいので、この収納ボックスで、そのような悩みも解決です。このように、ダイソーではアイディア次第で色々と活用できる商品があるので人気です。

ダイソーのヘッドホンを購入する際に注意する点

ここでは、ダイソーのヘッドホンを購入する際に注意する点についていくつかお話しをしておきましょう。製品のクオリティーからも注意しておくべきこともあります。その他には、遮音性についてもご紹介します。遮音性能を鑑みた注意事項があります。

ダイソーのヘッドホンを購入する際に注意する点は、「製品のクオリティー」や「遮音性」、「防水性能」、さらには外でヘッドホンを使う際の注意点もあります。

製品のクオリティー

ダイソーの300円や500円といった安いヘッドホンですが、製品のクオリティーについて知っておくと良いでしょう。製品のクオリティーですが、通常使う分には大きなトラブルというのはないですが、あまり、乱暴に扱うと壊れることもあります。

特に、ケーブルの根元部分に関しては、引っこ抜いたりはせずに、コードの根本をもって引き抜くようにしましょう。あくまで、丁寧に扱うようにしましょう。

また、落としたりといったことも頻繁に続くようですと、中の基盤が壊れてしまうことがあるので要注意です。とは言え、価格が300円や500円ということで、すぐに買い替えできるので安心です。

遮音性

ダイソーで300円や500円で購入できるヘッドホンですが、遮音性はどのようなものなのかを知っておく必要があります。遮音性ですが、オーバーヘッド型のヘッドホンとは言え、高級ヘッドホンのような吸い付くような感じはありません。

ですので、電車などに乗る際には、隙間から音が漏れることがあるので、大音量で音楽を聞くのは止めましょう。お互いに気持ちよく電車を利用する最低限のマナーは守りましょう。

防水性能

ダイソーで300円・500円とリーズナブルなヘッドホンの「防水性能」についてご紹介します。300円と500円というリーズナブルな価格ということもあり、防水性能はないと思ってください。雨の日での外での利用などには注意しましょう。

また、天気の良い日などでも、スポーツなどをする際には、汗をかくことがあります。そのような汗でも故障の原因となるので注意してください。

梅雨の時期などに、ヘッドホンを仕舞いっぱなしにしておくのは止めましょう。耳に当たるパット部分が傷んでしまうことがあるので注意です。

外でヘッドホンを使う際の注意点

外でヘッドホンを使う際の注意点を少しお話しをしておきましょう。高機能な高価なヘッドホンと違い、外部取り込み機能などは付いていないので、コンビニなどでは、ヘッドホンを外しておきましょう。レジなどで、スタッフさんとのやり取りがスムーズに行かないこともあります。

さらには、ヘッドホンをしたまま自転車に乗ったり、ヘッドホンをしたまま、歩きスマホなどには注意してください。とても危険な行為になり、事故を起こしかねません。

ダイソー以外にヘッドホンがおすすめな100均ショップ

こちらでは、ダイソー以外にヘッドホンがおすすめな100均ショップをいくつかご紹介しましょう。ダイソー以外の100均ショップにも実は、ヘッドホンが売っています。ダイソーと同じメーカーのものが売っていたり、そうでなかったりします。

カラーなども違うこともあるので、100均でヘッドホンを探す場合には、ダイソーを含めて他の100均ショップも近くにあればまわってみましょう。何店舗か回ることで、お気に入りのヘッドホンがきっと見つかるはずです。

セリア

セリアは、カラフルな商品も多いということで、女性にも人気のある100均ショップになります。セリアでも、数種類のヘッドホンが販売されています。

セリアのヘッドホンでは、クリップヘッドホンや折りたたみフラットステレオヘッドホン、ゴールドステレオヘッドホンなどのヘッドホンが発売されています。どれも300円から500円とダイソーと同じ料金です。

キャンドゥ

キャンドゥは、ダイソーやセリアにもないようなアイディア商品を取り扱っている人気店です。キャンドゥでも300円から500円で、ヘッドホンが販売されています。

キャンドゥのヘッドホンには、Headphoneというシンプルなヘッドホンやオーディオ用耳掛け式ミニヘッドホンなどが販売されています。なお、100均ショップのどのヘッドホンも商品の入れ替わりが激しいです。

まだまだ進化し続けるダイソーのヘッドホン

まだまだ進化し続けるダイソーのヘッドホンをご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。毎年、レベルが上っているダイソーのヘッドホンには注目です。

通勤・通学にも十分利用できるクオリティーのヘッドホンが、300円から500円で購入できるので、一度、購入して使ってみてはいかがですか。

関連記事

Noimage
この記事のライター
phoophiang

新着一覧

最近公開されたまとめ