南房総の観光スポットおすすめまとめ!子供と楽しめる場所や穴場も!

東京から日帰りでも行ける南房総エリアは、おすすめの観光スポットがたくさんあります。本記事では、たくさんの人が気になるであろう南房総のおすすめ観光スポットまとめとして、定番スポットから子供連れにおすすめのスポット、さらには、穴場のスポットをご紹介します。

南房総の観光スポットおすすめまとめ!子供と楽しめる場所や穴場も!のイメージ

目次

  1. 1おすすめ観光スポット満載の南房総
  2. 2南房総の観光で訪れておきたいおすすめスポットとは?
  3. 3南房総のおすすめ観光スポット
  4. 4南房総の子供連れにおすすめの観光スポット
  5. 5南房総の穴場観光スポット
  6. 6南房総の観光の時に立ち寄りたいおすすめグルメスポット
  7. 7南房総エリアへのアクセス
  8. 8南房総観光のおすすめスポットをチェックしておこう!

おすすめ観光スポット満載の南房総

バラエティに富んだ観光スポットがある南房総エリア。東京からも手軽にアクセスすることができる人気の観光スポットとしても知られています。そんな南房総には、観光だけでなく、美味しいグルメを堪能することができるお店もたくさんあるのです。

本記事では、おすすめ観光スポット満載の南房総について、子供と楽しむことができる観光スポットから穴場の観光スポット、さらには、訪れるならば、チェックしておきたいおすすめのグルメスポットまでご紹介します。

南房総の観光で訪れておきたいおすすめスポットとは?

東京から車でも公共交通機関でもアクセスすることができる南房総エリア。自然、そして、魅力的な施設などバラエティに富んだ観光スポットがあることから、日帰りで観光に訪れるという人もたくさんいます。

南房総エリアへ観光で訪れるならば、訪れておきたいおすすめスポットとして、メディアでも取り上げられるスポットがいくつかあります。

その中でも特に魅力満載なスポットや穴場のスポットまでカップルでの旅行、そして、小さな子供を連れた家族連れの旅行でも訪れたい観光スポットをご紹介しますので、最後までお読みください。

南房総のおすすめ観光スポット

まず最初にご紹介するのは、南房総へ訪れるならば訪れておきたいおすすめの観光スポットについてです。メディアでもよく取り上げられるスポットから地元では定番の観光スポットといわれる場所まで順番にご紹介します。

おすすめ観光スポットがたくさんあることからすべてをご紹介することはできません。そこで、特に、カップルやご夫婦におすすめしたい観光スポットとして四つのスポットを厳選してご紹介します。

鋸山

頂上から一望する景色が人気の鋸山は、登山が好きなカップルやご夫婦から人気を集めています。標高が約330メートルということで、ハイキング気分で気軽に登山を楽しむことができます。

歩くのは苦手という人でも、ロープウェイがあるので、簡単に頂上まで行くことができます。頂上から眺める景色は、いつ見ても綺麗だと口コミで評判です。

ラピュタの壁と言われるインターネットメディアでも取り上げられる鋸山は、南房総エリアのおすすめ観光スポットなので、ぜひ立ち寄っておきたいところでしょう。

住所 千葉県富津市金谷

大山千枚田

千葉県の鴨川市にあるフォトスポットとして知られる大山千枚田。夏の時期にはとても綺麗な写真を撮ることができるということで、立ち寄る人もたくさんいる人気の観光スポットなのです。

棚田である大山千枚田は、フォトスポットだけでなく、体験型のプログラムもたくさんあるスポットです。この体験型のプログラムを経験したいということで、カップルや家族連れで訪れるという人も多くいるのです。

名所の観光地を巡るだけでなく、このような体験型の観光を楽しみたいという人も増えてきています。大山千枚田は、そんな体験型の観光を楽しみたいという人におすすめの観光スポットなのです。

住所 千葉県鴨川市平塚540
電話番号 04-7099-9050

野島埼

全国でもあまり多くない登れる灯台として有名な野島埼灯台がある『野島埼』。全国でも歴史のある灯台として知られており、この灯台から眺める景色がとても綺麗ということで口コミでも人気があります。

太平洋を望む景色はとても綺麗と口コミでも人気がある『野島埼』は、夕日のタイミングでいつも多くの人が訪れています。特にカップルから人気があり、夏休みの後の夕方には多くのカップルが足を運んでいるのです。

車でも簡単にアクセスすることができる『野島埼』。ドライブで南房総エリアを観光した最後に、『野島埼』にて、夕日を眺めて帰るのはいかがでしょうか。

住所 千葉県南房総市白浜町白浜630

マザー牧場

花と動物のエンターテイメントファームとして知られる『マザー牧場』も南房総のおすすめ観光スポットのひとつです。綺麗な花を観賞することができる『マザー牧場』は、子供連れからも人気のスポットです。

また、動物とも触れ合える点も、子供連れから人気を集めているわけでもあります。体験型のプログラムを提供されており、様々な体験プログラムを楽しむことができるのです。

『マザー牧場』のおすすめは、新鮮なミルクを使ったソフトクリームです。濃厚な味わいのソフトクリームは、たくさんの人を虜にしています。口コミでも人気の『マザー牧場』のソフトクリームは、訪れるならば、必食でしょう。

住所 千葉県富津市田倉940-3
電話番号 0439-37-3211

南房総の子供連れにおすすめの観光スポット

東京からも車で行きやすいっていうことで南房総エリアへ子供連れが多く訪れるということでも知られています。そんな子供連れのファミリーにとって、どこかおすすめの観光スポットはないだろうかと探している人たちもいることでしょう。

続いては南房総にある子供連れにおすすめの観光スポットとして、『養老渓谷』、『沖ノ島』、『いすみ鉄道』、そして、『鴨川シーワールド』の4つの観光スポットをご紹介します。

養老渓谷

温泉郷として知られる『養老渓谷』は、夏の時期になると多彩なアクティビティを楽しむことができるということもあり子供連れから人気を集めています。

ハイキングや渓流釣り、そして、バーベキューなどを楽しむことができるということもあり小学生以上の子供連れから人気を集めています。

宿泊もできる『養老渓谷』は、小学生以上の子供連れで、夏休みの時期に思い出を作りたいという人におすすめの南房総にある観光スポットと言っても過言ではありません。

住所 千葉県市原市朝生原

沖ノ島

陸続きの島として知られる『沖ノ島』は、自然豊かな環境を楽しむことができるおすすめ観光スポットのひとつです。

多彩な海洋生物、そして、珊瑚などを見られるということで、夏の時期にはシュノーケリングを楽しむという子供たちも多いのです。また、海水浴を楽しむことができるスポットでもあります。

夏の時期に自然の環境下でアクティビティなどを楽しみたいという子供連れにおすすめの『沖ノ島』は、東京からアクセスすることができる夏の時期におすすめの観光スポットなのです。

住所 千葉県館山市富士見

いすみ鉄道

旧国鉄の車両が走る房総エリアを横断する『いすみ鉄道』は、撮り鉄、乗り鉄から愛される人気の鉄道会社なのです。昔ながらの車両が走っており、通常、目にすることのないような電車を見られるということで鉄道好きの子供におすすめです。

また、『いすみ鉄道』の沿線沿いには、菜の花が咲き乱れるエリアもあり、菜の花の季節になると『いすみ鉄道』の電車と菜の花を撮影しようと訪れる人もたくさんいるのです。

子供にも大人にも愛されている『いすみ鉄道』は、地元の人にとって、通勤通学の足、そして、それ以外の人からも観光列車として愛されているので、一度は乗ってみたい房総エリアを横断する電車でしょう。

住所 千葉県夷隅郡大多喜町大多喜264(大多喜駅)
電話番号 0470-82-2161

鴨川シーワールド

シャチやイルカ、ベルーガのショーを楽しむことができる『鴨川シーワールド』は、子供連れから人気の観光スポットです。子供にとって興味のある海の動物を間近で見られるということでとても人気があります。

南極から北極までの海の生態系を知ることができるエリア、さらには、体験型のイベントなども開催されており、小さな子供たちに貴重な体験をさせてあげられる機会として、週末を中心にたくさんの家族連れが訪れているのです。

オフィシャルホテルも併設してある『鴨川シーワールド』。南房総エリアを観光するにあたり、宿泊も計画しているという子供連れのファミリーは、『鴨川シーワールド』に宿泊してみるのも良いでしょう。

住所 千葉県鴨川市東町1464-18
電話番号 04-7093-4803

南房総の穴場観光スポット

ここまで南房総エリアにある定番のおすすめ観光スポットから子連れにおすすめの観光スポットまでご紹介してきました。最近では、メディアなどで取り上げられるこれらの定番スポットではなく、穴場スポットを探している人も増えてきています。

そこで、南房総にある穴場観光スポットとして、『小湊鐵道』と『房総フラワーライン』の2つの穴場スポットをご紹介します。

小湊鐵道

まず最初にご紹介するおすすめ穴場観光スポットは、『小湊鐵道』です。トロッコ列車が走る鉄道としても知られており、鉄道ファンの間では、有名な鉄道会社なのです。

先にご紹介した『いすみ鉄道』と同じく、ローカル線で、地元の人から愛されるだけでなく、観光客にもおすすめなのです。というのも、『小湊鐵道』では、他の鉄道会社ではなかなか見られない珍しい列車が走っているからです。

懐石料理を食べながら鉄道の旅を堪能する懐石料理列車は、普段はなかなか味わうことがない懐石料理を電車に乗りながら堪能することができます。穴場の観光スポットもたくさんある『小湊鐵道』は、ぜひ足を運んでおきたい穴場観光スポットでしょう。

住所 千葉県市原市五井中央東1-1-2(五井駅)
電話番号 0436-21-3133

房総フラワーライン

館山市から南房総市和田町までの合計約46キロメートルという海岸線を走る道路『房総フラワーライン』も南房総エリアにあるおすすめ穴場観光スポットなのです。

春にかけて菜の花、そして、夏にはマリーゴールドが道路の沿線沿いに咲き乱れており、とても美しいと地元で評判なのです。このような綺麗な景色を楽しみながらドライブを楽しむことができるということで、ドライブデートを楽しむ人におすすめです。

道路の沿線沿いには、観光スポットも充実している『房総フラワーライン』。穴場の観光スポットとして知る人ぞ知るドライブコースとして有名なので、冬から夏にかけてドライブを楽しみたいという人は、『房総フラワーライン』を走ってみましょう。

住所 千葉県館山市伊戸

南房総の観光の時に立ち寄りたいおすすめグルメスポット

南房総には観光の時に立ち寄りたいおすすめグルメスポットもいくつかあります。本記事では、南房総に観光で訪れたタイミングでチェックしておきたいおすすめグルメスポットとして、『みなとオアシス「渚の駅」たてやま』と『道の駅とみうら 枇杷倶楽部』の二つをご紹介します。

みなとオアシス「渚の駅」たてやま

館山港にある人気スポット『みなとオアシス「渚の駅」たてやま』は、美味しいグルメを堪能することができるということで、南房総エリアへ訪れたタイミングで立ち寄るという人も多くいます。

海を眺めながら美味しい海鮮を堪能することができる館山なぎさ食堂は、水揚げされた新鮮な魚介類を使った海鮮丼が人気です。海鮮丼以外にも、充実の海の幸のメニューが取り揃えてあります。

また、びわのソフトクリームは300円という値段で食べられるおすすめグルメで、テイクアウトして、散歩しながら食べるということもできます。『みなとオアシス「渚の駅」たてやま』の外の店舗で販売してるので、チェックしてみてはいかがでしょうか。

住所 千葉県館山市館山1564-1
電話番号 0470-22-3606

道の駅とみうら 枇杷倶楽部

『道の駅とみうら 枇杷倶楽部』も南房総にあるおすすめグルメスポットのひとつです。地元でとれた食材を使った美味しいグルメを堪能することができるということで、ドライブの途中に立ち寄る人もたくさんいます。

『道の駅とみうら 枇杷倶楽部』のおすすめグルメは、びわカレーです。ガーデンテラスで地元にて取れたびわを使ったカレーを堪能することができ、びわを使ったスイーツも味わうことができるのです。

もちろん、先にご紹介した。『みなとオアシス「渚の駅」たてやま』と同じく、テイクアウトでの日はのソフトクリームも販売しています。美味しいと口コミでも人気のグルメなので、南房総へ訪れたらば、チェックしておきましょう。

住所 千葉県南房総市富浦町青木123-1
電話番号 0470-33-4611

Thumb南房総『道の駅とみうら枇杷倶楽部』の見どころ特集!人気グルメやお土産など!
南房総市にある「道の駅とみうら枇杷倶楽部」は、名産のビワを使ったグルメやお土産などがそろった...
Thumb南房総のグルメおすすめ13選!人気の海鮮や絶品ランチの店を紹介!
千葉県の南部は南房総と呼ばれ、山海のグルメ食材に恵まれた地域として知られています。南房総グル...

南房総エリアへのアクセス

南房総のおすすめ観光スポットをご紹介してきました。次の機会に南房総まで観光で訪れてみようと考えている人もいるのではないでしょうか。

最後に南房総へのアクセス方法について、情報をまとめてご紹介します。南房総へのアクセス方法で最もおすすめなのは車でのアクセスです。車を利用すると人気の観光スポットから穴場の観光スポット、さらにはグルメスポットにも立ち寄ることができます。

もちろん、JRを利用した公共交通機関でもアクセスすることができます。公共交通機関を利用して館山などへ行き、レンタカーを借りて行動するというのも良いでしょう。多彩なアクセス方法があるので、ご自身にあったアクセスをを選んでみてはいかがでしょうか。

南房総観光のおすすめスポットをチェックしておこう!

千葉県の太平洋を望む南房総エリアには、定番のおすすめ観光スポットから子供連れにおすすめの観光スポット、さらには、穴場の観光スポットなどバラエティに富んだ観光スポットがあります。

また、美味しいグルメを堪能することができるスポットも充実しています。観光も食も楽しみたいという人で、その中で、小旅行を計画している人は、次のタイミングに南房総へ訪れてみてはいかがでしょうか。

関連記事

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
daiking

新着一覧

最近公開されたまとめ