ソロキャンプでおすすめの料理を紹介!簡単なレシピや便利な道具も!

今回は、ソロキャンプでおすすめの料理についてご紹介していきたいと思います。ソロキャンプで簡単に作れる料理のレシピや便利な道具などについてもご紹介したいと思います。ソロキャンプでの楽しい食事の参考にしてみてはいかがでしょうか。

ソロキャンプでおすすめの料理を紹介!簡単なレシピや便利な道具も!のイメージ

目次

  1. 1ソロキャンプでおすすめな簡単料理をご紹介!
  2. 2ソロキャンプで持っていきたい道具とは?
  3. 3ソロキャンプは下ごしらえをして簡単に!
  4. 4ソロキャンプでおすすめな簡単料理レシピ1:ホットドッグ
  5. 5ソロキャンプでおすすめな簡単料理レシピ2:アヒージョ
  6. 6ソロキャンプでおすすめな簡単料理レシピ3:ビーフポトフ
  7. 7ソロキャンプでおすすめな簡単料理レシピ4:カレーライス
  8. 8ソロキャンプでおすすめな簡単料理レシピ5:ステーキ
  9. 9ソロキャンプでおすすめな簡単料理レシピ6:チーズダッカルビ
  10. 10ソロキャンプで料理が面倒な場合はレトルト食品を活用しよう!
  11. 11ソロキャンプでストレスのない料理を楽しもう!

ソロキャンプでおすすめな簡単料理をご紹介!

最近は、気軽にソロキャンプを楽しむという方も多くおられます。そこで今回は、ソロキャンプでおすすめの簡単な料理についてご紹介したいと思います。

ソロキャンプで作ることができる簡単な料理のレシピをご紹介するとともに料理に使うことができる道具などについてもご紹介します。ぜひ、ソロキャンプの際におすすめの簡単料理を作ってソロキャンプを楽しむのはいかがでしょうか。

ソロキャンプで持っていきたい道具とは?

ソロキャンプで簡単に美味しい料理を作るために持って行くことができる道具にはどのようなものがあるのでしょうか。ソロキャンプでおすすめの料理のレシピをご紹介する前に、ソロキャンプに持って行くことができるおすすめの道具についてご紹介したいと思います。参考にしてみてください。

ソロキャンプに持って行って料理をするのにおすすめの道具には「クッカー」があります。クッカーは、キャンプの料理の鍋として使ったり、料理をした後そのまま器としても使うことができる使い勝手の良い道具です。

クッカーは様々な素材そして大きさがあります。また、浅いもの深いものとあります。クッカーを重ねてスタッキングできるという便利な道具もあります。ソロキャンプの時には調理の道具に関してもなるべくコンパクトにするのが必要です。そんな時にクッカーは大活躍です。

また、ソロキャンプの料理をする際の道具として、焚火台やマグカップ、バーナーなどの道具も必要です。さらにアウトドアナイフやカトラリー、料理によっては簡単に料理をするためにアルミホイルやまな板代わりや料理をする際にも便利に使うことができる牛乳パックなども用意します。

着火剤やキッチンペーパー、軍手なども料理に使う道具として準備します。ソロキャンプで洗い物をする時に便利な道具はアクリルたわしです。アクリルたわしは洗剤を使わなくても汚れが落ちやすい食器洗いの道具として人気です。

Thumbダイソーのフライパンは高品質と口コミで大人気!キャンプにも使える?
みなさんはダイソーでフライパンが買えるのをご存じでしょうか。実はダイソーのフライパンは口コミ...

ソロキャンプは下ごしらえをして簡単に!

ソロキャンプの道具についてご紹介しましたが、次にソロキャンプのレシピをご紹介する前に、ソロキャンプで料理をする際に楽しく簡単に料理を作る方法についてご紹介したいと思います。

ソロキャンプでの料理は簡単でありながらも、アウトドアならではの空間で食べることができる美味しい料理を作りたいと思うのではないでしょうか。簡単に作る際のポイントとして挙げることができるのは、ソロキャンプに出かける前に、キャンプの前日などにキャンプ飯の下ごしらえをしておくということです。

後ほどソロキャンプにおすすめの簡単レシピをご紹介する時にも下ごしらえについて触れますが、野菜など使う材料を予め切っておいたり、お肉などは切って味付けをしておいたりするならキャンプに行ってからの料理が簡単にできます。

下ごしらえをした材料などはジッパー付き保存袋に入れて冷蔵しておくことができます。材料によっては冷凍が可能なものもあります。冷凍しておくなら、食品の鮮度を保つための保冷剤の代わりとしても便利に使うことができるのでおすすめです。

下ごしらえをして、簡単に美味しいキャンプ飯を作る以外にも、缶詰などを使って簡単に美味しく料理を作ることができます。簡単に美味しいキャンプ飯に缶詰を使うのはおすすめポイントです。

ソロキャンプでおすすめな簡単料理レシピ1:ホットドッグ

これから、ソロキャンプでおすすめな簡単料理についてご紹介していきたいと思います。ソロキャンプでおすすめな簡単料理レシピ1つ目にご紹介するのは「ホットドッグ」です。

「ホットドッグ」は簡単に料理することができ、手軽に材料を揃えることができるというのもおすすめポイントです。ソロキャンプの朝食などに簡単に作ることができ、栄養もばっちりなおすすめメニューです。

「ホットドッグ」を道具として、ソーセージを焼く小さなフライパンなどがあれば簡単に料理することができるというのもソロキャンプにおすすめのメニューといえます。

カット生野菜とソーセージを挟むだけ

ソロキャンプで「ホットドッグ」を作るには、カット生野菜とソーセージを挟むだけと調理工程もとても簡単です。まず、「ホットドッグ」に使うパンですが、ロールパンやコッペパンなどお好きなパンを用意することができます。

「ホットドッグ」に挟むカット野菜は、レタスやサニーレタスなどを用意することができます。または、コンビニなどでカット野菜を手軽に調達することができるのでおすすめです。

挟む野菜の種類が違うだけでも味わいの異なる「ホットドッグ」を食べることができるので、ぜひ色々試してみるのはいかがでしょうか。

パンに挟む生野菜とともに用意するのはソーセージです。「ホットドッグ」に挟むソーセージも種類が色々ありますので、お好きな物を用意してください。パン1個に対して1本を目安に用意できます。

キャンプに行ってソーセージを焼き色が付くまで焼き、生野菜とともにパンに挟み、ケチャップなどをかけて食べることができます。粒マスタードなども加えるなら味に良いアクセントとなります。

「ホットドッグ」の生野菜を炒めた野菜にしても美味しく食べることができるのでおすすめです。その際は、キャンプに出かける前に、お好きな野菜を切って炒めたものを持って行くならより簡単にできます。

「ホットドッグ」は材料を色々変え、味や見た目の違いを楽しむことができ、簡単に料理して美味しく食べることができるソロキャンプにおすすめのレシピです。

ソロキャンプでおすすめな簡単料理レシピ2:アヒージョ

ソロキャンプでおすすめな簡単料理レシピ2つ目にご紹介するのは「アヒージョ」です。「アヒージョ」はキャンプ飯の中でもおしゃれで美味しく食べることができると人気のレシピです。

ソロキャンプでも「アヒージョ」を簡単に料理して食べることができます。お好きなワインなども用意してゆっくりと楽しい時間を過ごすのはいかがでしょうか。

マッシュルームの缶詰にきのこやエビを追加して

今回ご紹介するソロキャンプで料理が簡単に、そして美味しく食べることができる「アヒージョ」は、マッシュルームの缶詰を使った簡単レシピです。マッシュルームの缶詰を利用して料理するため、フライパンなどの道具も必要がないというのもおすすめポイントです。

用意する材料は、カットされたマッシュルームの缶詰、お好きなきのこやエビです。きのこ類やエビも、カットしたり、背ワタなどを取ったりして下ごしらえをしておいたものをキャンプに持って行くならより簡単にできます。調味料として、オリーブオイル、にんにく、塩コショウを用意します。

「アヒージョ」を料理する時には、まず最初にマッシュルームの缶詰を開けて缶詰に入っている水分を出します。そこに、お好きなきのこやエビを加え、オリーブオイル、にんにく、塩コショウを少々して缶詰ごと火にかけます。火は弱火です。

「アヒージョ」は、きのこやエビに火が通ったら完成です。マッシュルームの缶詰を使った「アヒージョ」は、入れるきのこの種類やエビなどを色々変えて楽しむこともできます。

マッシュルームの缶詰を使った「アヒージョ」には、フランスパンを合わせたりして食べることができます。お好きなパンなども用意してください。

今回ソロキャンプにおすすめの簡単レシピとしてご紹介した、マッシュルームの缶詰を使った「アヒージョ」など、缶詰ごと火にかけて料理することができるキャンプ飯は、道具が少なくて済むうえ、洗い物なども少なくなるのでおすすめです。

また、一人分の量としても食べきれるちょうど良い量です。マッシュルームの缶詰を使った「アヒージョ」以外にもサバの缶詰など、色々な缶詰を使って「アヒージョ」を作ることができます。ぜひ、ソロキャンプで、簡単で美味しいと人気の缶詰料理を楽しむのはいかがでしょうか。

ソロキャンプでおすすめな簡単料理レシピ3:ビーフポトフ

ソロキャンプでおすすめな簡単料理レシピ3つ目にご紹介するのは「ビーフポトフ」です。お肉とお野菜からでる旨みたっぷりの「ビーフポトフ」は下ごしらえをして行くことにより、ソロキャンプで簡単に料理ができるおすすめレシピです。

「ビーフポトフ」をソロキャンプで簡単に作るために必要な道具は、バーナーと深めのクッカーです。後は、下ごしらえをした材料、調味料などを持って行きます。

お肉と野菜は切って持っていこう

「ビーフポトフ」の材料として、牛肉のブロックを一口大の大きさに切ったものをジッパー付き保存袋に入れて冷凍しておきます。「ビーフポトフ」に使うお肉は、タンやテール、スネ肉などを使うことができます。他の部位も煮込みに使うことが出来る部位のお肉であればお好きな部位を自由に使うことが出来ます。

「ビーフポトフ」に入れる野菜も下ごしらえをして持って行きます。「ビーフポトフ」に入れる野菜として、玉ねぎ、人参、じゃがいもなどを食べやすい大きさにカットし、こちらもジッパー付き保存袋に入れて持って行きます。

「ビーフポトフ」の時短料理を希望される方は、カレーに入れる野菜のセットで、すでに火を通してある状態でパックされてお店に販売されている商品などもあるので、便利に利用することができます。

キャンプに行ったら、深めのクッカーなどに切った牛肉、野菜を入れ、水と固形コンソメ2個を加えて野菜が柔らかくなるまで煮込みます。鍋に入れて火をかけるだけ、後は野菜に火が通るのを待ちます。最後にコショウを入れて味を整えたら出来上がりです。

「ビーフポトフ」は、お肉や野菜の下ごしらえをして行ったら、後は煮込むだけの料理なので簡単に作ることができます。ポトフに入れるお肉の種類をビーフ以外にアレンジしても美味しく食べることができます。

ソロキャンプでおすすめな簡単料理レシピ4:カレーライス

ソロキャンプでおすすめな簡単料理レシピ4つ目にご紹介するのは「カレーライス」です。「カレーライス」はソロキャンプをはじめ、キャンプを楽しむ人たちに人気のキャンプ飯です。

子供から大人までが好きなキャンプに人気の料理「カレーライス」は、予め下ごしらえをした材料を持って行くことでソロキャンプでもより簡単に作ることができます。

ソロキャンプで簡単に料理することが出来る「カレーライス」は深めのクッカーや鍋、バーナーなどを使って作ることができます。

炒めた材料を持っていって煮込むだけにするのもあり

今回、ソロキャンプで簡単に料理できる「カレーライス」のレシピとしてご紹介するのは、最後の煮込みだけをキャンプに行って行うという下ごしらえを万全にして、現地で簡単に料理するというメニューです。

「カレーライス」に使う材料としてお好きなお肉と人参、玉ねぎ、じゃがいもを用意します。お肉を一口大に、野菜も食べやすい大きさに切ります。切ったらお肉と野菜類を炒めます。炒めた具材をタッパーなどに入れてキャンプに持って行きます。

「カレーライス」の持ち物には、炒めた具材の他に、カレールーを持って行きます。カレーと一緒に食べるご飯は炊いたものを持って行くのがおすすめです。

キャンプに行ったら深めのクッカーや鍋などにお湯を沸かします。そこに炒めた具材を入れ煮込みます。少し煮込んだところでカレールーを入れます。カレールーを入れたら10分ほど煮込んで出来上がりになります。

カレールーも固形のカレールーより、粉末のカレールーのほうが早く溶け、一人分のルーの調整などもしやすいのでおすすめです。予め炒めるというところまでの下ごしらえをした「カレーライス」は、簡単に料理することができ、美味しいと人気です。ソロキャンプの時短レシピとしておすすめです。

ソロキャンプでおすすめな簡単料理レシピ5:ステーキ

ソロキャンプでおすすめな簡単料理レシピ5つ目にご紹介するのは「ステーキ」です。「ステーキ」もソロキャンプで簡単に料理できると人気のレシピです。

ソロキャンプで「ステーキ」を料理する際に使うことができる道具には、鉄板やフライパンなどがあります。「ステーキ」などのお肉を焼く場合にはある程度の厚みのある鉄板やフライパンなどを使うのがおすすめです。

ソロキャンプにおすすめの調理道具の中には、ソロキャンプでお肉などを焼く際に便利に使うことができるミニタイプの鉄板などもあります。鉄板には厚さの異なる様々な種類があります。鉄板の厚みがあるとステーキなどのお肉類を美味しく焼くことができますが、それに伴い重さがあります。荷物の重量は重くなります。

また、鉄板によっても手入れが簡単な物や鉄板にハンドルが付いていて使い勝手の良いもの、鉄板が波型になっているものやフチのある鉄板などもあります。使い勝手の良い軽量差が人気の鉄板なども人気です。

ソロキャンプでどのような料理を作りたいかを考えて調理道具を買うのもおすすめです。メーカーによって様々な特徴がありますので、道具を選ぶこともソロキャンプの楽しみともいえます。

鉄板で焼いて塩コショウするだけ

ソロキャンプでおすすめの簡単料理「ステーキ」ですが、お肉を用意して鉄板で焼いて塩コショウするだけというとてもシンプルな料理でありながら、美味しく食べることができるので人気です。

「ステーキ」は、牛肉、豚肉、鶏肉など肉の種類、部位なども好みによりお好きなものを選ぶことが出来ます。塩コショウだけでも美味しく食べることができますが、タレやソースなどを用意するとさらに美味しく食べることができます。

「ステーキ」を焼く時にハーブを加えたり、スパイスなどを使うことによって料理の味に変化をもたせることもできます。ぜひ、おすすめです。

ソロキャンプでおすすめな簡単料理レシピ6:チーズダッカルビ

ソロキャンプでおすすめな簡単料理レシピ6つ目にご紹介するのは「チーズダッカルビ」です。人気の韓国料理「チーズダッカルビ」をソロキャンプで簡単に作って楽しむことができます。「チーズダッカルビ」をソロキャンプで簡単調理をして食べるためにも事前の下ごしらえが必要となってきます。

ソロキャンプで「チーズダッカルビ」を料理する際に使うことができる道具には、小さめのフライパンやスキレットなどがあります。また、フチの付いている鉄板などでも作ることができます。

小さめのフライパンやスキレットなどはソロキャンプの調理道具として持っておくと色々な料理に使うことができます。使い勝手の良いおすすめのソロキャンプの調理道具です。ソロキャンプの調理道具を買う際におすすめです。

炒めた具材と調味料を温めた鉄板上で混ぜる

「チーズダッカルビ」をソロキャンプで簡単に料理して食べるには下ごしらえがポイントとなります。まず、揃える材料ですが、鶏モモ肉、玉ねぎ、人参、キャベツを用意します。

「チーズダッカルビ」の味の決めてとなるミックスチーズも忘れないように用意してください。ミックスチーズは使う分だけ小分けにしてジッパー付き保存袋などに入れて冷蔵保存しておきます。

「チーズダッカルビ」の下ごしらえとして、鶏モモ肉、玉ねぎ、人参、キャベツを切ってごま油で炒めておきます。炒めた具材は容器などに入れて持って行きます。その時に、味付けの調味料も合わせて炒めた具材に絡めて準備しておくなら便利に料理できるのでおすすめです。

「チーズダッカルビ」の合わせ調味料は、醤油が大さじ1/2・みりん大さじ1/2・砂糖大さじ1/4・コチュジャン10gです。炒めた具材に合わせ調味料を絡めてから冷まして容器に入れて持参します。

キャンプに行ったら、フライパンなどを温めて、ごま油をひきます。下ごしらえをして持ってきた具材をフライパンに入れて温めます。具材が温まったらミックスチーズを上から入れて溶けたら出来上がりです。

おしゃれで美味しく食べることができる人気の「チーズダッカルビ」も下ごしらえをしておくことによって揃えるも簡単に料理して食べることができます。ソロキャンプで食べる「チーズダッカルビ」はまた違った美味しさとなるに違いありません。

ソロキャンプで料理が面倒な場合はレトルト食品を活用しよう!

ソロキャンプでおすすめな簡単料理は他にも色々あります。レシピサイトなどで簡単キャンプ飯に関する情報を得ることが出来ますので、ソロキャンプに行かれる際に調べてメニューを考えるのはいかがでしょうか。

それでも、ソロキャンプで料理を作るのではなく、どちらかといったらゆっくりと過ごしたい、または料理が面倒という方は、無理をして料理をするのではなく、レトルト食品を上手に活用することが出来ます。

レトルト食品は持って行く際の手軽さやキャンプに行ってもお湯を沸かしたりするなどの調理が簡単なのがおすすめポイントです。美味しいレトルト食品がたくさんありますので、お好きな商品を持って行ってソロキャンプで食べるのもおすすめです。

手軽に食べることができることで人気のレトルト食品ですが、レトルト食品といっても、ソロキャンプではそのまま食べるのではなく、ちょい足しをして楽しむこともできます。レトルト食品にちょい足しをすることにより変化のある美味しいキャンプ飯として食べることができます。

レトルト食品にちょい足しをする方法として、薬味を入れたり、ハーブやスパイスなどを加えたり、レトルト食品をうまく組み合わせて料理をすることもできます。

Thumb缶詰で作れるキャンプ飯おすすめ11選!絶品で簡単なアヒージョも!
キャンプといえば、お手軽にアウトドアを満喫できると人気を集めている注目のアクティビティ。ここ...
Thumbおしゃれなキャンプ飯11選!簡単でインスタ映え抜群の人気料理紹介!
キャンプの楽しみの一つには「キャンプ飯」があります。皆さんはどのようなキャンプ飯を作りますか...

ソロキャンプでストレスのない料理を楽しもう!

ソロキャンプで簡単に料理できて美味しく食べることができるおすすめレシピについてご紹介していきましたが、いかがだったでしょうか。ソロキャンプで簡単に料理してキャンプ飯を楽しむためには、キャンプに出かける前の下ごしらえがポイントであるということも分かります。

また、手軽に利用することができる缶詰やレトルト食品、カット野菜や調理済みの野菜などを使うことによっても手軽に美味しいキャンプ飯を作ることができます。

ぜひ、様々な工夫をしながらソロキャンプでストレスなく簡単に料理を作り、楽しいひと時を過ごすのはいかがでしょうか。美味しい食事とともにソロキャンプの良い思い出を作ることができること間違いなしです。

関連記事

Original
この記事のライター
Canna

新着一覧

最近公開されたまとめ