シーバスを美味しく食べる料理方法は?注意点や捌き方・おすすめメニューも紹介!

力強いルアーフィッシングを楽しめ、高級魚として知られる「シーバス」。シーバスは食べることができ、料理方法もたくさんあるので釣り人から人気があります。シーバスを食べる際はいくつか注意点もあり、料理方法を予め知っておくことでスムーズに捌くことが可能です。

シーバスを美味しく食べる料理方法は?注意点や捌き方・おすすめメニューも紹介!のイメージ

目次

  1. 1自分で釣ったシーバスを料理してみよう
  2. 2シーバスを美味しく食べるコツや料理方法は?
  3. 3シーバスについて
  4. 4シーバスを料理して食べる時の注意点
  5. 5シーバス料理をおいしく食べるための捌き方
  6. 6シーバスを使った人気料理
  7. 7シーバスの釣り方
  8. 8安全においしくシーバス料理を食べよう

自分で釣ったシーバスを料理してみよう

全国で釣ることができ、釣り人から密かな人気を集めている「シーバス」。シーバスは食べることができ、高級魚として貴重な魚種でもあります。シーバスは料理方法が多く、自分で釣った魚を美味しく味わうことが可能です。

今回はそんなシーバスの美味しい料理方法について詳しくご紹介します。ムニエルなどシーバスのおすすめ料理をはじめ、安全に食べるための注意点もお伝えしていくので、初めてシーバスを食べる方は目を通しておきましょう。

シーバスを美味しく食べるコツや料理方法は?

全国に生息しているシーバスは、別名「スズキ」とも呼ばれています。シーバスは力強いルアーフィッシングを楽しめることで釣り人から人気のある魚種ですが、そのほとんどが釣った後にリリースされています。

今回はそんなシーバスを美味しく食べるコツや料理方法について詳しくご紹介します。シーバスは美味しい白身魚となっており、料理方法も豊富にあることから優秀な食材として知られている地域も。大きめのサイズの場合は、持ち帰って食べるのはおすすめです。

シーバスを美味しく食べるための料理方法を伝授

シーバスは出世魚になるので、大きさによって呼び名が変わっていきます。また、日本では関西と関東でも呼び名が変わっていくので、釣りのポイントによって呼び名をわけていくのがおすすめです。

シーバスは食べることができますが、美味しく味わえるのが大きさが40cmから60cmである「フッコ」と呼ばれているサイズです。フッコ以上の大きさの場合はスズキと呼ばれており、釣った後に40cm以上であれば料理できます。

地域によってはシーバスがスーパーでも販売されている可能性も高く、その場合は名前が「フッコ」となっている場合もあるので注意しましょう。食べる方法によってサイズを変えていくことで、さまざまな料理に挑戦できます。

シーバスについて

高級魚として知られており、釣り人にも人気のある「シーバス」。シーバスは日本全国で見かけられる魚種になりますが、食べるのに美味しい旬の時期や食べることができるシーバスの特徴も変わっていきます。

今回はそんなシーバスについて詳しくご紹介します。シーバスはすべて美味しいわけではないので、生態や美味しい時期を知っておくことで料理のレパートリーも増えます。初めてシーバスを食べる方は最初に目を通しておくのがおすすめです。

美味しい旬の時期

シーバスが美味しいと言われている時期は、毎年夏になります。夏の時期になると春の産卵を終えたシーバスが体力回復のために動き始めます。産卵後すぐは細身のシーバスが多いですが、夏の時期には脂ののったシーバスが増えます。

シーバスは料理方法にもよりますが、脂ののっている白身の方が美味しいと言われています。刺身やムニエルなど白身の美味しさを思う存分楽しみたい方は、夏の暑い時期を待ってシーバスを狙うのがおすすめです。

一般的にシーバスの旬の時期は夏ですが、冬の産卵間近も脂がのっていて人気があります。ですが、冬の時期はあまり活発に動いていないので、釣り上級者でも釣り上げるのは難しいです。

食べることができるシーバスは「光沢ある銀色かどうか」

シーバスは基本的に海に生息していますが、河口近くでも釣れる魚になります。河口近くにいるシーバスは海にいるシーバスよりも匂いがきつく、味も落ちてしまうので食べるのには向いていません。

美味しいシーバスを瞬時に判断するのは、シーバスの「肌色」です。釣りあげたシーバスが光沢ある銀色の場合は食べることができるシーバスになります。ツヤがあり、新鮮な白身魚としてさまざまな料理方法で味わえます。

少しだけ黒色がかったシーバスは食べることができないので注意。シーバス初心者の方は、事前に写真などで見比べておくのがおすすめ。色で判別が難しい個体の場合は、不安な方は食べずにリリースするようにしましょう。

習性と生態

シーバスの生息域は日本全国にもなり、沖の島々や川、沿岸部、汽水域などさまざまなポイントで釣り上げることができます。基本的には1年中釣ることができるので、釣り初心者の方からも人気のある魚種です。

シーバスは小魚や多毛類、甲殻類などエサの種類が豊富なので、時期に合わせてルアーやエサの種類を変えていきましょう。梅雨から秋にかけてはかなり活発に動いているので、釣果を上げたい方にもおすすめの時期になります。

シーバスを料理して食べる時の注意点

高級魚として人気のあるシーバスは、食べる際にいくつか注意点があります。シーバスは食べるのに良い個体、どんな料理でもあまり美味しくならない個体とわかれているので、見分け方も重要になっていきます。

今回はそんなシーバスを料理して食べる時の注意点について詳しくご紹介します。食べる前に注意点を把握しておくことで、より美味しいシーバスを味わうことが可能です。初めての方はチェックしてみてください。

食べることは出来るが臭みが強いシーバス

シーバスは基本的に匂いのきつい魚種になるので、釣りあげた後に匂いが気になる方は食べるのを避けるのがおすすめです。食べるのにおすすめのシーバスは匂いもそこまできつくないので、匂いで判断する方も。

食べることができるシーバスでも匂いがきついですが、河口付近にいるシーバスは匂いの種類が変わります。河口付近に生息しているシーバスは不純物を食べながら生活をしているので体内に毒素を溜めている可能性があります。

毒素は料理方法によって取り除ける可能性もありますが、食べるのには注意が必要。一方回遊性を持つシーバスは不純物をほとんど食べていないので、体液に匂いが染みついていません。

シーバスを食べる時はサーフ・磯釣りがおすすめ

釣ったシーバスを食べたい方への注意点が、釣りのポイントです。食べるシーバスを釣りたい方は、サーフ・磯釣りがおすすめになります。なるべく河口から離れているポイントを探しておきましょう。

サーフの場合は環境の良いポイントが多く、回遊個体のシーバスが生息しています。たまに居着きのシーバスも見られますが、環境が良いのであまり臭みを感じません。サーフ釣りのシーバスは基本的に食べることができます。

より新鮮なシーバスを狙いたい方におすすめなのが「磯釣り」。先ほど紹介したサーフ釣りよりも環境が良く、磯で釣れたシーバスが美味しく味わうことが可能です。居着きシーバスが多いですが、脂ものって臭みも少ない個体になります。

シーバスを釣ったらすぐに下処理をしよう

安全で美味しいシーバスを食べたい方に重要なのが「下処理」。食べるシーバスを釣った場合は、速やかに神経締めを行いましょう。神経締めが1番鮮度を保つのに適した処理方法になります。

シーバスの血を抜く際の注意点は、必ず海水で行うこと。真水で行った場合は身自体が水っぽくなってしまうので、鮮度も味も落ちてしまいます。また、「氷焼け」を避けるために直接氷につけるのはやめましょう。

シーバスを釣ったらすぐに締め、サイズに合う新聞紙に巻いていきます。その後、新聞紙の上から海水をかけていき、用意しておいたビニール袋に保管します。その後、氷を敷いているクーラーボックスなどで持ち帰るのがベスト。

シーバス料理をおいしく食べるための捌き方

釣り人から人気のあるシーバスは、料理方法によってさまざまな味わいを楽しむことができます。ですが、シーバスを美味しく味わうのに重要なのが「捌き方」。しっかりと取り除く臓器はきれいに取るようにしましょう。

シーバスの捌き方はまず、胴体のウロコをきれいに取り除いていきます。その後胸ビレと腹ビレに沿って包丁を入れていき、頭を落とします。そのままお腹部分を開けていき、エラやヒレ、内臓をすべて取ります。

内蔵を取った後は、見落としやすい「浮袋」を指や包丁で取り除くのがポイントです。中骨主骨には血ワタもあるので歯ブラシなどで取っていき、3枚おろしにしていきます。その後は料理方法によって切り方を変えていきましょう。

シーバスを使った人気料理

脂をしっかりと感じるシーバスは、さまざまな料理方法で味わうことができます。シーバスは定番の刺身や人気のムニエルなどいろんな料理の材料として使用可能なので、多くの人々に喜ばれる魚料理になります。

今回はそんなシーバスを使った人気料理をまとめてご紹介します。シーバスの人気料理は自宅でも簡単に作ることができるので、主婦層からも注目されています。レパートリーも多く、大きなサイズのシーバスでも最後まで美味しく味わえます。

刺し身

シーバスの定番料理として人気を集めているのが「刺身」。シーバスはクセが少なく、プリプリとした食感を楽しむことができます。夏の時期は脂がのっており、淡泊な味わいなので醤油やポン酢などで味わうことが可能です。

シーバスを刺身で食べる場合は、鮮度が重要になっていきます。釣りあげてからかなり時間が経っていたり、下処理を行っていないシーバスは寄生虫がいる場合もあるので刺身で食べる場合はしっかりと処理を行いましょう。

フライ

子供から大人まで人気のあるシーバス料理といえば「フライ」。シーバスを使用した定番料理でもあり、フライにしても身のプリプリ感を楽しむことができます。しっかりと火を通すことで、安全性も上がります。

シーバスフライを作る場合は、卵やパン粉、小麦粉、塩コショウを用意しましょう。3枚おろしのままフライにすれば、見た目にもインパクトがうまれます。塩コショウだけの味付けでも、深い旨味を楽しめると人気。

シーバスのフライは180度まで熱した油でさっと揚げるのがおすすめです。ソースやマヨネーズ、醤油、レモンなどお好みの調味料で味わうことができます。幅広い年代の方から美味しいと評判の高い料理になります。

味噌漬け

シーバスの臭みをなるべく消したい方におすすめの料理が「味噌漬け」。3枚おろししたシーバスをジップロックに入れて、味噌を追加していきます。味噌は普段食べている馴染みのある種類で充分美味しくなります。

味噌漬けは1日以上漬けておく場合もありますが、時間のない方は30分ほどでもしっかりと臭みを消すことができます。あとはフライパンやグリルで焼いていき、身まで火が通ったら完成です。簡単にできると主婦層からも人気があります。

ムニエル

おしゃれにシーバスを味わいたい方におすすめなのが「ムニエル」。シーバスのムニエルはバターの香りがとても良く、食欲をそそります。ムニエルは晩御飯などおかずにはもちろん、お酒のおつまみとしてもおすすめです。

ムニエルの作り方は、まず3枚おろししたシーバスに塩コショウやマジックソルトで味付けしていきます。その後小麦粉をまんべんなくつけていき、バターを溶かしたフライパンで焼き上げます。ムニエルは最後にレモンをかけるのがポイント。

ムニエルはシーバスの匂いも消してくれるので、魚の匂いが苦手な方にもおすすめ。ムニエルはシーバス料理の中でも上品な味わいになっているので、ワインやウイスキー、ビール片手に味わう方が多くいます。

シーバスの釣り方

美味しく味わえるシーバスは、釣り人の間でも力強いファイトを楽しめることでも人気があります。シーバスは専用のロッドなどが販売されているほど話題を集めており、全国で釣りができるので釣り初心者の方にもおすすめです。

今回はそんなシーバスの釣り方について詳しくご紹介します。美味しいシーバスを釣るためには、まず釣りの仕方を覚えておきましょう。ポイントや時期によって仕掛けを変えていくことで、釣果が上がります。

シーバスの釣りに必要な道具

食べることができるシーバスは基本的にサイズが40cmからとなっているので、釣りにはそれなりの装備が必要になります。シーバスにおすすめなのがロッド・リール・ライン・リーダー・ルアー・ランディングネットです。

シーバスにおすすめのルアーはトップウォーターからビッグベイトまでたくさんあります。ポイントによっていろんなルアーに挑戦することで、さまざまなサイズのシーバスを釣ることが可能。基本的にはトップウォータープラグを使用しています。

ラインは遠投性能を重視し、ロッドは8、10ft台のシーバス専用ロッドを使用している釣り人が多いです。食べることができるシーバスを狙いたい場合は、10ft台のロングロッドがおすすめ。大きなサイズでもパワーに負けることがありません。

Thumb利根川のシーバス釣りを楽しむコツ!おすすめのポイントや時期を徹底調査!
関東にまたがる大きな川として有名な利根川はシーバスが釣れるポイントが沢山あるんです。年間を通...

安全においしくシーバス料理を食べよう

力強いファイトを楽しめ、美味しく味わえると人気急上昇中の魚種「シーバス」。シーバスはムニエルや刺身など料理方法によって風味が変わっていくので、大きなサイズのシーバスを釣っていろんな料理で味わってみましょう。

シーバスは食べると美味しい個体の見分け方が重要になっていくので、事前に情報をしっかりと調べておくのがポイントです。ぜひ、自分で釣り上げたシーバスを食べたい方はこの記事を参考に味わってみてください。

関連記事

Original
この記事のライター
mdn

新着一覧

最近公開されたまとめ