車載用ロッドホルダーの自作方法を徹底解説!100均アイテムでも作れる!

釣りをする方の中には、車内での釣り竿をどうやって運ぶかというのは悩みのタネではないですか。車載用ロッドホルダーを購入するという選択もありますが、100均アイテムで自作することもできます。100均アイテムでも作れる車載用ロッドホルダーの自作方法を徹底解説します。

車載用ロッドホルダーの自作方法を徹底解説!100均アイテムでも作れる!のイメージ

目次

  1. 1車載用ロッドホルダーって自作できるの?
  2. 2自作できる車載用ロッドホルダーとは?
  3. 3車載用ロッドホルダーを自作するのに必要なアイテム
  4. 4自作の車載用ロッドホルダーの作り方
  5. 5車載用ロッドホルダーを使うシーン
  6. 6車載用ロッドホルダーを自作した人の口コミ
  7. 7自作以外でおすすめな車載用ロッドホルダー
  8. 8車載用ロッドホルダーを自作してみよう!

車載用ロッドホルダーって自作できるの?

釣りを始めたばかりの頃の悩みというと、車で釣りに出かける際に、車内でどうやって釣り竿(ロッド)を固定するかではないでしょうか。釣りを始めた頃に、車内にロッドをそのまま載せていて、何かの反動で折ってしまったこともあるのではないでしょうか。

釣りというと、車で川や湖、海などに出かけることも多いため、車で移動する際の釣り竿(ロッド)の固定は考えなくてはいけません。メーカーが出している車載用ロッドホルダーを購入する方も多いですが、ベテランの方の中には車載用ロッドホルダーを自作する方も多いです。

初めて、車載用ロッドホルダーを自作しようとする方は、どんな材料でどのように作るのか、皆目検討がつかないはずです。そこで、100均アイテムでも自作できる車載用ロッドホルダーの作り方を徹底解説します。

車載用ロッドホルダーとは?

100均アイテムでも自作できる車載用ロッドホルダーの作り方をご紹介する前に、車載用ロッドホルダーについて少しご紹介しましょう。車載用ロッドホルダーというのは、車内で釣り竿(ロッド)を固定するものです。

カー用品メーカーなどでも車載用ロッドホルダーを販売しています。ここ最近、釣りブームということもあり、車載用ロッドホルダーの需要が高まっています。カー用品メーカーなどが販売する車載用ロッドホルダーは、そこそこの金額がします。

そのためか、車載用ロッドホルダーを自作する人も増えています。ただ、しっかりと固定できるものが自作でできなくて、結局カー用品メーカーの車載用ロッドホルダーを購入する人もいます。

車載用ロッドホルダーを使うメリット

ここでは、車載用ロッドホルダーを使うメリットについて考えてみましょう。釣りを始めたばかりのころは、車にそのまま載せて、釣りに出かけることも多いです。ところが、移動している最中に、何かの反動で、ロッドが折れてしまったという方も多いです。

ロッドが、折れてしまわないようにするのが、車載用ロッドホルダーを使う最大のメリットと言えるでしょう。初心者用のロッドはともかく、上級者向けのロッドになると、かなり高価なものがあります。その高価なロッドが折れてしまうとかなりショックです。

また、車載用ロッドホルダーを使うメリットとしては、車内を整理整頓することができるということです。ロッドをそのまま車内に置いていると、場所もとってしまうので、車載用ロッドホルダーを使って車内をスッキリさせることができます。

自作できる車載用ロッドホルダーとは?

車載用ロッドホルダーは、様々なカー用品メーカーもその需要の高まりから、色々なタイプの車載用ロッドホルダーを販売しています。取り付けが簡単ということもあり人気ではありますが、やはり、それなりに高価なものになります。

そのため、車載用ロッドホルダーを自作している人も多いです。自作ができれば、もちろん、コストも安くなります。ただ、自作となると、どのように自作すればいいのかわからないものです。

自作の車載用ロッドホルダーを作るには、特別なアイテムがあるかというとそういうわけではありません。皆さんがよく利用するお店で手に入るものばかりです。ちょっとしたコツを掴めば、誰でも自作の車載用ロッドホルダーを作ることができます。

自作の車載用ロッドホルダーを作るにあたって考えておきたいこと

自作の車載用ロッドホルダーを作るにあたって考えておきたいことについてご紹介しましょう。まずは、自作といっても、やはり、着脱ができる限り簡単にするということです。着脱が面倒なものであると、結局使わなくなる事態になります。

そして、もうひとつには、確実に固定することができるかどうかということです。確実に固定ができなければば、ロッドを折ってしまうことにもなります。そして、もちろんですが、自作するということは、市販されている車載用ロッドホルダーよりも安くなくては意味がありません。

さらに、車体に固定することにはなりますが、原状復帰がしやすいということも念頭に自作する必要があります。これらのことを考えつつ、車載用ロッドホルダーを自作しましょう。

車載用ロッドホルダーを自作するのに必要なアイテム

こちらでは、車載用ロッドホルダーを自作するのに必要なアイテムについてご紹介しましょう。自作する車載用ロッドホルダーのタイプによって、揃えるアイテムは変わってきます。ただ、どのような方法で自作するかは別として、必要なアイテムはみなさんもよく利用するあのショップを利用します。

そのショップとは、100均ショップです。最近の100均ショップはどんなアイテムもあるのではと思うほど豊富なアイテムが揃います。そんな100均ショップで、自作する車載用ロッドホルダーを作るアイテムはほとんど揃います。

多くのアイテムは100均にて買える

100均ショップでほとんどのアイテムが揃う自作車載用ロッドホルダーは、リーズナブルに車載用ロッドホルダーを作ることができます。どんなアイテムを揃えればいいかといいますと、まずは、カーテンレールです。

その他には、洗濯ばさみやリング、マジックテープなどで、更には、カー用品店で売っているクレトムインテリアバーや両面テープ、マスキングテープなどです。100均ショップ以外にもホームセンターなどでも手に入ります。

できる限り、安く自作するということになれば、やはり、100均ショップである程度揃えることでコスパの良い車載用ロッドホルダーを作ることができるのでおすすめです。

万能ベルト

万能ベルトは、室内にあるアシストグリップを利用して、車載用ロッドホルダーを作るために利用します。簡易的ではありますが、この方法は、初めての方にも簡単なのでおすすめです。

万能ベルトを使った自作の仕方を少しご紹介しましょう。万能ベルトを使った車載用ロッドホルダーはかなり簡単です。まずは、左右のアシストグリップに万能ベルトのベルトを通して、ピンと張ってください。

この万能ベルトを後部座席のアシストグリップと運転席側のアシストグリップの2箇所にかけます。こうすることで、ロッドを並べることができます。固定は、ロッドベルトを使ってしっかりと固定します。万能ベルトにテンションをかけて使用するので、定期的にテンションをかける必要があります。

この万能ベルトを使っての自作の車載用ロッドホルダーは、ロッドを載せる場所が限定されないということです。

自作の車載用ロッドホルダーの作り方

ここでは、自作の車載用ロッドホルダーの作り方についてご紹介しましょう。自作の車載用ロッドホルダーの作り方は、順序立てて理解していけば、それほど難しいということはありません。

自作の車載用ロッドホルダーの作り方の手順は、まず、「天井の穴キャップを外す」ことからスタートして、「竿尻バー加工と取り付け」、「洗濯バサミの取り付け」という手順で設置します。

1. 天井の穴キャップを外す

自作の車載用ロッドホルダーの作り方のひとつめは、「天井の穴キャップを外す」ことから始めましょう。車内の天井には、キャップがあります。そのキャップをまずは外してください。そして、その穴を広げてアンカーを打ち込みます。

カーテンレールにもネジ穴を開けて、さきほどの天井の穴に、カーテンレールに開けた穴を合わせてネジで止めます。

2. 竿尻バー加工と取り付け

次に、竿尻バー加工と取り付けをします。竿尻バーは、両端にカーテンレールのエンドキャップを付けてください。

天井に取り付ける際には、ネジがボディーの外に突き抜けないように注意してください。さらに、洗濯バサミの加工ですが、洗濯バサミの内側にクッションテープを貼り付けてください。

3. 洗濯バサミの取り付け

最後に、洗濯バサミの取り付けをしましょう。カーテンレールを設置できましたら、カーテンレールに、洗濯バサミを二重リングで取り付けます。

そして、竿先側のバーの取り付けをしましたら完成です。それほど、時間もかからずに、車載用ロッドホルダーを取り付けることができるのでおすすめです。

車載用ロッドホルダーを使うシーン

こちらでは、車載用ロッドホルダーを使うシーンについて少し考察をしておきましょう。車載用ロッドホルダーでロッドをホールドするために設置するというのは当然ですが、実は、ほかの使い道もあります。

車載用ロッドホルダーというのは、ぶら下げることもできることから、ハンガーなどを用意しておけば、ジャケットなどをハンガーにかけておくことができるので便利です。ジャケットの他にも、洗濯バサミなどを使って帽子などもいいかもしれません。

多少、シワになっても構わないものであれば、助手席などに置いておけばいいですが、できればシワにしたくないスーツのジャケットなどでは、とても重宝します。

釣りで主に使うケースが多い

とは言え、車載用ロッドホルダーは、やはり、釣りで主に使うケースが多いのは事実です。ですので、自作の車載用ロッドホルダーを作るには、その点をもっとも考慮して作る方が良いです。使うアイテムによって、設置できるロッドの数も変わってきます。

せっかく自作するのであれば、できる限り、しっかりとホールドするものを作りましょう。車載用ロッドホルダーがあるのとないのとでは、車内の快適性もかなり変わってきます。釣りをする人にとっては、必需品といってもいいくらいのアイテムになります。

初めて自作してから、ほとんどの方が、その使い勝手から、さらにリニューアルする人が多いです。自分の使い勝手でどんどんリニューアルしていくと、最終的に使いやすいものになります。最初から完璧を目指さずに、まずは、自作して車載用ロッドホルダーを車内に設置してみましょう。

車載用ロッドホルダーを自作した人の口コミ

ここでは、車載用ロッドホルダーを自作した人の口コミについていくつかご紹介しましょう。車載用ロッドホルダーを自作した人の口コミは、やはり、自作する前に知っておきたい点です。自作した人の口コミをみれば、どのような点を改善していったかについてもわかります。

車載用ロッドホルダーを自作した人の口コミを調べるには、インターネット検索を利用してください。インターネットで、「車載用ロッドホルダー、自作」と検索をすれば、数多くの自作した人の記事を目にすることができます。

車載用ロッドホルダーを自作した人の口コミを総合してみてみると、100均で簡単に作れて満足しているという口コミが多いです。材料の良し悪しなどの口コミも掲載されているので参考になります。

車載用ロッドホルダーを自作した人の口コミでは、設置したことで、車内の快適性が良くなったり、ロッドを折ることもなくなったという口コミも掲載されています。

自作以外でおすすめな車載用ロッドホルダー

ここでは、自作以外でおすすめな車載用ロッドホルダーについていくつかご紹介しましょう。車載用ロッドホルダーは、100均のアイテムで簡単に自作できますが、ロッドの数が多かったり、強度が欲しい場合には、市販の車載用ロッドホルダーもおすすめです。

自作以外でおすすめな車載用ロッドホルダーから、「カーメイト INNO ロッドホルダー」や「槌屋ヤック ヘッドレスト用ロッドホルダー」、「Terzo テルッツォ ロットホルダー」をご紹介します。

カーメイト INNO ロッドホルダー

カーメイト INNO ロッドホルダーは、左右どちらかのアシストグリップに設置するシンプルな車載ロッドホルダーです。本数はそれほど設置できませんが、片側にまとめられるので、車内もかなりすっきりとします。

車載アイテムを数多く手掛けてきたカーメイトならではの取り付けのしやすさが人気となっています。そして、しっかりとしたホールド感もあるのでおすすめです。

槌屋ヤック ヘッドレスト用ロッドホルダー

槌屋ヤック ヘッドレスト用ロッドホルダーは、ヘッドレストをうまく利用した車載ロッドホルダーになります。

ヘッドレストに簡単に固定することができるのでおすすめです。価格も通販で2000円以下とかなりリーズナブルです

Terzo テルッツォ ロットホルダー

Terzo テルッツォ ロットホルダーは、キャリアブランド「TERZO」が提供するブランドになります。

アタッチメントで簡単に取り付け、ホールド感のある車載ロッドホルダーでおすすめです。価格は3700円ほどから販売されています。

Thumbカーメイトはロッドホルダーの超定番メーカー!おすすめの人気モデルを紹介!
みなさんはカーメイトのロッドホルダーをご存じでしょうか。ロッドホルダーの定番メーカーとして知...

車載用ロッドホルダーを自作してみよう!

車載用ロッドホルダーの自作の方法を徹底的にご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。車載用ロッドホルダーは100均のアイテムで簡単に自作することができるのでおすすめです。

車載用ロッドホルダーの自作は、市販の車載用ロッドホルダーと比べると、リーズナブルに設置することができます。

車載用ロッドホルダーは、車で釣りに出かける人の必需品といってもいいアイテムです。車内もスッキリとして、ロッドを折るというトラブルを回避することができるのでおすすめです。車載用ロッドホルダーを取り付けたことのない方は、ぜひ、自作で作ってはいかがでしょうか。

関連記事

Noimage
この記事のライター
phoophiang

新着一覧

最近公開されたまとめ